スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界第二章殺人考察(前) 

パンフレット

観に行ってきました~!
一章とはいい意味で雰囲気が違いました。
もちろん別の話なので当たり前なのですが、ちょっと不気味で幻想的だった一章に比べるととても人間的に思えたな~。
98年度を基準に考えると過去の話になりますからなんだろう…初々しくて切ない。

以下ネタバレ感想。






パンフレットを読んで納得なのですが、式と織と黒桐がメインで一章とは違います。
ネットラジオで講談社の方が仰ってましたが空の境界には式の戦いと式と黒桐の恋物語の二面があって、例えば一章は式の戦いを描きながらもその中で黒桐の不在を寂しく思う様子が描かれていて二面がバランスよく入ってる、ということのようです。

で、この二章は式と黒桐の恋物語の要素が強いお話なので、一章のような雰囲気とは違う味がありました。

音楽も全然違いますねえ!
二章のメインテーマなのか分かりませんがOP等で流れた曲が良かった。
特に、式が殺人犯かもしれないと黒桐が疑い始めた(と書くとやや語弊があるけど…)あたりで
この曲が流れてきたときには…!
下校する式を黒桐が見ていたりするわけですよ、この音楽をバックに。
あまりの切なさに正直泣きそうになった。


しかしグロテスク具合は相変わらず…。ちょっと目をそらしたくなるような場面も。
血のシャワーとかもキツイです。
恍惚とした表情を浮かべる式は綺麗だけれどやっぱり怖い。

織がカワイイという意見が多数です。
たしかにデート場面とかちょっと可愛かった。

でも私はやっぱり高校生式の可愛さにやられた…!

式と織で声が違いまして、私は高校生式みたいな真綾ボイスが一番好きなのかもしれません。

もう本当に可愛かった。ひたすら可愛い。

あとやっぱり最後の竹林の追いかけっこはすごかったですねー。
黒桐の怖がりっぷりがすごかった(笑)
でもそりゃあんなのに追いかけられたら怖いよなあ。
パンフレットを見てさらに感動。ものすごい力の入りようだー。

最後の「お前を殺したい」はもう…!真綾ボイス最高っす。

(しかし今回声優さんで一番感動したのは次章予告の能登ボイスによる「まがれー」だなあ…あの破壊力はすさまじいことこの上ありません)

パンフレットを読むとモノローグを少なくしたとありました。
これは小説のアニメ化のときに難しいことだろうなあ。
特に空の境界は一人称視点で説明をいい意味でね、大仰にやっていたりする部分があるから、文章で説明されたことを絵で説明するって難しいことですよね、たぶん。

先輩が保志さんでビックリ。エンドロール観て吹きそうになった(笑)
これは七章が楽しみです。

秋隆が極道の人みたいな渋さがあってそれもなんか笑ってしまいました。
別にバカにしてるわけじゃないですよ。おおー!と思ったのですよ。


式が黒桐を殺そうとしていたのに、
なぜ式が病室で寝ているのか、二年間のこん睡状態に陥ってしまったのか。
連続殺人事件と式にはどういう関係があるのか。

全ての答えは第七章に!


-----------------

追記。

式のサラシ姿!
あられもなく出してましたねえ。
いや、あられもなく出す感じが式らしい気もする。

作画としてはみかんやトマトサンドやメロンパンがすごいのでしょうが(すき焼き見たかった)
一章のハーゲンダッツやvolvicと同じ流れで原作の表現そのままを意識してると感じたのは黒桐の鼻唄。
わざわざ原作通り、実在する曲を使ってるんですねー。
私は残念ながら元の曲を知らなかったのでエンドロールでこの曲の名前が出るまで気づかなかったのですが。
鼻唄からだんだん本物の音楽になりBGMとなるところは甘酸っぱかったです。

ツボだったのは式の部屋。
当たり前ですが純和風で、夜は手鏡片手に櫛で髪の毛を解かしているわけですよ!
なんかこれが高校生式らしくて可愛かったなー。お嬢さんですよ。

絵はさすがに綺麗。風景は一つ一つがリアル志向。
私はOPの春の場面が特に綺麗で好きでした。

モノローグでの説明を省いたとありますが、ここは戦いより心理描写が大切な話だからもうちょっとあってもいいんじゃないかな?と思ったりもしました。
DVDで何度も見返す分には多少説明を少なくしても、何度も見返し想像する楽しみがあるけれど映画だと少なくともDVD版が出るまではそれができないのだし…。


二章そのものは一作で完結する話というより、
ここで二人が出会って、こういう過去を経て今の彼らがいる、それを感じさせるためのエピソードと捉えるといいかもしれません。
原作者の奈須先生のインタビューでもあったけど高校生の二人を見てるだけで何か癒されるものがあるのは事実。


これくらいかな。ブツ切りに思いついたことをつらつら書いてみただけですが。
テレビ感想は後ほど | HOME | 2007年お気に入り

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。