スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007 M-1グランプリ 

よく言えば接戦、悪く言えばどのコンビもパンチ不足な最終決戦でした。
3組とも決勝戦の方が面白かったなあ。

とりあえずサンドウィッチマンおめでとうございます!

私個人の感想としましては、決勝開始前は笑い飯とキングコングを応援、決勝終了直後はサンドウィッチマンを応援、最終決戦終了後はトータルテンボスだろうなーという感じでした。

3組の中ではトータルテンボスが一番決勝と同等のネタを披露してたと思ったので…。

参考:
2006 M-1グランプリ
2005 M-1グランプリ
2004 M-1グランプリ













○決勝戦

・笑い飯

私はもともと笑い飯贔屓なのですがやっぱり漫才はテンポが命なんだろうなあ。
Wボケという独特のスタイルを貫くコンビですがテンポ感がなくもっさりなんですよね。
私はそのもっさり感が好きなのですが王道ではない。

ロボットの動きでボケるネタ、動きを覚えなくてはならない分稽古大変だったろうな。
あれ、順番間違えちゃいそう。


・ポイズンガールバンド

相変わらずシュールです。
見えない鳥取と島根で遊ぶという不思議な世界観。
それはそれで面白いけどM-1チャンプにはなれないネタなんだろうなあ。


・ザブングル

顔の使い方というかハッタリがうまい。
ただやっぱりこのコンビがM-1チャンプになったらM-1の存在意義が薄れちゃうと思います。
ラサール石井の講評に納得。


・千鳥

4番目にようやく普通の漫才。
結局全てが繋がるわけではないのね。
正統派漫才という意味では評価したいな。


・トータルテンボス

この時点ではダントツで面白かった!
毎回毎回そうなのですが序盤微妙なコンビが続くと今年のM-1は失敗かな?なんて思うのですが、そこに突如として圧倒的に面白いコンビが表れるんですよね。
今年はトータルテンボスがそうでした。温度が上がりました。
相変わらず言葉の使い方が上手い。
ボイラー室に笑いました。


・キングコング

コテコテ正統派漫才。
このコンビは良い意味でも悪い意味でも正当な評価を受けてない気がするんだよなあ。
何本もレギュラー持ってるって意味では過大評価だし、
つまらない芸人って烙印は過小評価だと思うのよ。
はねトびでは運動神経以外見所のないコンビですが、漫才は好きです。
今年の爆笑ヒットパレードでこのコンビの漫才見て見る目が変わりました。

ハイタッチからの一連の動きは相当練習積んでいるだろうな。


・ハリセンボン

ここ数年は女性コンビが毎回決勝に来てますね。
ただ私は自虐ネタは基本的にそこまで好きではない。
そういうネタ中心のコンビは限界があると思うのですよ。
でもやっぱり女性漫才師として頑張ってほしい!


・ダイアン

どちらかといえばシュール系でしょうか?
テンション高めな漫才が続いたのでその路線とはちょっと違うコンビな気がしました。
キングコングなどと同期なようで独自の路線歩んで頑張って欲しいなー。


・サンドウィッチマン

やっぱり圧倒的に面白かった。
ボケの人の演技力がすさまじいっす。
YES、高須クリニックと焼きたてメロンパンには特に笑わせていただきましたー!
うどん派そば派のくだりも最高。
そりゃ中東紛争にうどん派だからって責任は感じないよなあ。
もうすごい、とにかく面白かった。


最終決戦にはトータルテンボス・キングコング・サンドウィッチマンの三組が進出することに。
決勝戦での点差はほとんどなく、それくらい三組とも面白かったし最終決戦進出も納得。


○最終決戦

・トータルテンボス

頭でも書きましたがこのコンビが一番決勝と最終決戦での平均点が高かった気がしました。
というかキングコング、サンドウィッチマンは決勝戦が面白すぎたのかも?
もちろん私の個人的な意見なのであしからず。

決勝戦で言われてましたがこのコンビはネタに無駄がないのですよね。
前半のボケが後半にも繋がってくるところがすごい。
あとやっぱり言葉の使い方と演技でしょうね。


・キングコング

このコンビはやっぱりマシンガン漫才。
ものすごい勢いで喋りまくり。圧倒的なパワー。
まったく噛まないところがすごい!
テンポを損なわずあの喋りを続けられる、それだけの練習を積んでいる結果なのでしょう。


・サンドウィッチマン

ボケの人の存在感がすごーい!
表情がすっごくいい。
この人、草野仁の息子に似てませんか?
記憶違い、徳光さんの息子さんでした。に、似てない?

ネタとしては決勝戦が面白すぎて…って感じでしたが、「僕はちゃんとピッツァって言いました」には笑った。
ああ、やっぱりボケの人がすごい。


優勝はサンドウィッチマン。
来年ブレイク必至?私はトータルテンボスを推します。
キングコングはテレビ的認知度は高いのだから問題ない。
BAMBOO BLADE第13話「先生たちと生徒たち」 | HOME | 幻水3漫画版第4巻感想

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。