スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイラルアライヴ3巻感想 

スパイラル・アライヴ 3 (3) (ガンガンコミックス) スパイラル・アライヴ 3 (3) (ガンガンコミックス)
城平 京 (2007/09/22)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

発売日当日に買ってすぐに感想を途中まで書いたのですがなんとなーくそのまま放置されていたアライヴ3巻感想です。
















一番驚いたのは後書きの「全五巻で完結予定」の一文でした。
早っ!!!



・表紙&カバー裏

今回は沢村&亮子。
前回が伊万里&浅月だったのを踏まえますと、
次回は雨苗&理緒っぽい?

・沢村の事情

なぜ清隆にこだわるのか、という沢村の事情が明らかに。

殺人を犯した女性に「自殺」という救いを与えた清隆。

沢村にはそれが正しいとは思えない。
けれど、沢村自身はその女性が救いを求めてるのを知っていても、何も与えることができなかった、手を握ってあげることすらできなかった。

たとえ結果が「死」でも、彼女に救いを与えたのは清隆だった。

だから沢村は清隆を目指す。
「死」という救いが本当に正しいことなのか知るために。
清隆と同じ場所まで昇ることを願う。
そして、今、同じ境遇にいる雨苗に「死」ではない救いを与えたいと願っている。

雨苗にこだわるのにはそういう理由もあったのね。
こりゃ本格的に伊万里に勝ち目はない気がしてきました(笑)
雨苗が苦境に立てば立つほど、孤独になればなるほど、沢村の雨苗を救いたいという気持ちは強くなっていきそうです。

スパイラル本編を読んでいると、清隆のやり方もねえ、否定できないというかなんというか。
清隆はどんなに頑張っても自殺できません、そういう運命だから。
歩に殺してもらう以外に清隆には死ぬ方法がない。
(いくら清隆でも寿命はあると思うけど・笑)
自分の意思で死を選べない人間にとって、自分で死を選択できるってのはとても価値のあることなんだろうなあ。

自分で死を選べる人にとっては、そこで踏みとどまることに価値がある。
死に流されず生き続けることに意味がある。
でも、選べない人にとっては、逆なんだろうな。

駄目だ、一番かわいそうなのは自殺も選べず病気(っていうには語弊があるかしら?)による死が決まってる、清隆のコピーという呪縛に囚われ続ける歩だろ…と思うので、このあたりで止めておこう。不幸比べなんて不毛です。



・浅月&亮子

浅月の青臭い心情描写も多いアライヴ。

亮子のことを大切に想うから、何も話さず距離を置こうとする。
でも、亮子のことが大切だから、辛く当たることは出来ず、離れることができない。

理緒にははっきりしなくちゃと一刀両断されとります。

浅月はスパイラルキャラでは一番出来た男だと思ってるわけですが、
亮子が関わると途端に青臭い少年になってしまいますねえ。
青春ですねえ。

浅月が清隆の命令を受け入れイギリスに行っていたのは、亮子を守るためだった、と。

なんて出来た中学生なんでしょう!

喧嘩で亮子に負け続ける浅月、
それも亮子との上手い距離のとり方が分からないが故なのですか。
好きな女の子に手を出せないのか(笑)
お前はどこまで亮子に弱いんだ。

普通はさー、なよなよっとした少年がよ、
ヒロインがピンチだったりここぞというときにものすごい力を発揮して困難に立ち向かうってのが王道だと思うわけですよ。
歩なんかはやや変則的ですがこのパターンでしたよね。
(ひよのが自らこの状況を作り出して力を発揮させようとしてたので変則的かと・笑)

浅月は完全に逆ですね。
普段はそりゃ理緒に比べたらアホですがでも概ねしっかりしてて、
そこそこに強くて、上手いこと立ち回れるタイプです。
が、亮子が関わってきた途端に弱体化する。
亮子補正はマイナス補正なのか(笑)

このカップルがスパイラルの中では一番好きなので描写がたくさんあって嬉しい限りなのですが、なんでこんなにあるのか意味が分からなかったりもします。
人気キャラならアイズやカノンのがよかったんじゃないかしらね?


・伏線

雨苗関係の話についてはまだ仕掛けを準備してる最中といったところでしょうか。
本格的には進んでません。

次からは進むようなので楽しみに待ってまーす。


・アライヴは誰のお話?

スパイラルはあくまで歩の話だった気がします。
歩が、目の前に立ちふさがる事件を解決しながら、自分の真実を知り、清隆とそして自分自身に打ち勝っていく話だったと思うのです。
歩の成長の物語でした。

アライヴは誰の話なのかなあ?

一巻読むと伊万里の話な気がします。
が、二巻以降は浅月の話のような気もします。

ってか伊万里がどんどんギャグキャラになってるのでね。
浅月にもコメディパートはあるけれど、亮子関係では真面目な場面もきちんとあるからな~。

物語の鍵を握ってるのは伊万里みたいだし、彼女に期待してますよ~。
美女か野獣再放送! | HOME | CLANNAD第2話「最初の一歩」

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。