スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanon第15話~第19話 

kanon第15話~第19話。
原作未プレイ+情報シャットアウトで視聴中。
17話までももちろん良かったのですが、18話19話は段違いに良かった…。




















■第15話

魔物=舞が生み出したもの=舞自身ってのは辛かった…。

モノに活力を与える力を持っている舞。
それでお母さんを救えたわけだけれど、
テレビに利用され、オカルト親子と言われ、住んでいた町から追い出さた。

引っ越した先で、祐一と出会って祐一に救われて。
だから別れたくなくて。

(祐一は魔物は舞が別れたくなくて言い出した嘘と言ってましたが、
あのとき舞が言った魔物ってのは麦畑を壊そうとするものではないの?
今も魔物が残ってるのは舞自身に原因があるけれど。)

この学校に魔物が出るのは麦畑だった場所だから。
舞は思い出のこの場所を守るために、
魔物を生み出してしまい、そして魔物と戦った。

魔物を倒すということは、
それを生み出してる自分自身を傷つけるということ。

不器用な子だよねえ…。

正直一番悪いのは過去のことを忘れてる祐一な気がします(笑)
この頃の祐一はあゆにお人形さんを渡し、舞にはウサミミを渡していて。
すげーなー。


舞が自分自身を刺した理由がぶっちゃけ分からなかったよ、すみません。

コメント表示させてみてやっと気づく。
佐祐理が魔物にやられたことを気にして、なわけですね。
本人にその意識はなくとも、魔物は舞が生み出してるものだから。
つまり、大切な佐祐理を傷つけたのは、彼女を大切にしてる自分なわけで。

やっぱ不器用すぎるよ…!
佐祐理はそんなこと気にしないと思うのに。

けれど、舞の持つ力が舞を癒して、なんとかなりました。

ラストシーンが朝日なのが素晴らしいですね。
位置とか時間とか、そういうもので表現するのってベタだけど素敵。
真琴のときなら祐一と美汐の距離が変わった。
今回は、ずっと夜だった学校の場面だけれど、朝を迎えた。
夢の終わり。
目覚めの時間。

お母さんに「動物園」を見せる場面も、
麦畑で祐一とともに走り回る場面もとても美しかったです。

しょっちゅう流れてる音楽もいいな~。
これは舞のテーマなのかな?
途中旋律がちょっと狂った感じになるのが
魔物と戦う舞の雰囲気に合ってます。

祐一と再会したし、もう魔物は出てきません。
佐祐理と二人で女の子らしい高校生活が始まるんだろうなー。

学校の後始末は大丈夫かしら?

今回は舞がヒロイントップと思いきや、そもそも登場人物が少なすぎでした。

予告見る限り次回からは栞編?
秋子さんにも何かあるらしい。た、倒れるとか?







■第16話

泣けた~!!!
AIRに比べてあまり泣かなかったこの作品ですが
真琴編終盤以来の泣きだわ…。

香里が栞を避ける理由は、栞が死んでしまうから。
彼女が死んでしまうことが耐えられなくて、
それなら最初から妹なんていなかったことにすればいい、と。
そうすれば妹を喪う悲しみなんてなくなるから。

このことを話す場面が本当に切なかった。
建物の影にいてよく見えない香里の姿。
そこから電灯の下にいる祐一に泣きついて。
涙を流す香里。呆然とする祐一。
淡々と降る雪も味を出していました。

栞が祐一と話す学校の場面も印象的でした。
窓枠にもきちんと夕日が当たっていて。
とても綺麗で切ない場面でした。

基本的に切ない場面が多かったのですが、コミカルな場面もありました。
「うぐぅは風邪を引かない」とか。
栞に「うぐぅ」と祐一が言ったり。野郎の「うぐぅ」は気持ち悪い(笑)
ゲーセンを知らない栞に狐かと言う場面も良かった。真琴…。
「俺なんかがモデルでいい?」に「やっぱりやめます」も。
あと雪合戦も忘れちゃいけませんね。

栞は学校に探し物だか忘れ物だかがあると言っていました。
それって香里のことなのかな?
お姉ちゃんと学校に行って一緒にお昼ご飯食べて寄り道して家でその日の話をする。
そんな願いが叶う日は来るのかな?


伏線としては、あゆと病院でしょうかね?
病院は苦手と言っていたあゆ。
女医さんはあゆのことを知っているようでした。
お母さんに関係があるのでしょうか?

妙にしっかりしてる名雪もポイントかな。
秋子さんのことでパニックになるあゆ。
実の娘である名雪は不安な顔をしつつも気丈に振舞っています。
以前香里が、名雪は頑張りすぎてるみたいなことを言ってましたし。

あと舞の言う「辛いことから目を背けてる人」とは誰のことなのか。
最初は身近にいるとのことであゆか名雪だと思ったのですが、
これは香里のことかな。
辛いから妹なんていないと思うようにしたって言ってるし。

だんだんOPの意味が分かってくるのが面白いですね。
真琴の鈴や草原、
舞の学校や昔の麦畑、
そして栞の噴水の場面。
原作ゲームをプレイしてる人なら、
1話の時点でこの場面のことを描いてるって分かる面白みがあるだろうし、
私みたいな原作未プレイの場合なら、
話が進むにつれて、この場面のことかって分かる面白みがある。
OPってやっぱり重要だな~。


「あの子、なんのために生まれてきたの?」
香里が言った一言。
死ぬのなら生まれてこなければよかったのに、という香里の想い。
この作品の中で一体どんな答えが出されるのでしょうか?







■第17話

噴水すごいよー!!!

前半の栞と祐一が噴水前で話す場面。
噴水の中からのアングルがすごかったですねえ。
水の揺らめき、電飾の変化。

あと栞が教室に来たときの北川の動きにもちょっと感動。
椅子の内側を通る動きとか細かいっす。
名雪の横を通り過ぎる祐一の動きも。


もう余命わずかだからでしょうか、登校の許可が下りた栞。
祐一と学食に行ったり寄り道をしたり思い出作りをする。

この辺は音楽が泣かせます。
学校にきちんと来た一日目、二人が別れるあたりから流れる音楽。
ピアノソロっぽいやつ。あれがすごくいい…!

姉を苦しませないために避ける栞。
妹を喪う辛さから逃げる香里。
祐一は栞のために何ができるのか精一杯考える。
そして見つけ出した答えは…。
香里と仲直り、できるのかしら?

切ない話ですが、でもきちんと笑わせる要素も残ってます。
栞が学校に来てる場面では全般に栞が可愛いです!
カレーの場面は特に良かったなあ。
タバスコは人類の敵ですか。私はタバスコ大好きです。

そうだ、アイス!
栞がアイス大好きなのはお姉ちゃんや家族と一緒に食べた思い出も強いのかな。
なんかそう思うと外でもアイスを食べたがる姿がいじらしくてたまらない。

奇跡のくだりもねえ。
以前真琴の奇跡の話をしていたら香里が「起こらないから奇跡っていうのよ」とぴしゃりと言いました。
そして栞も同じことを言った。
彼女たちには奇跡が起こらないから…。

あゆがいい子でしたね。
栞のことで思い悩む祐一の心情を察して傍にいてくれて。
祐一の部屋で帰りを待ってたり。
ってかいい夢見ろよと言ったのに怖い夢を見るあゆ。
原因は祐一でしょうか(笑)

なんか予告の音楽が普段と違う?
今まではOP曲だったと思いますが哀しい音楽に切り替わってます。
タイトルも「消え去りゆく」なんて別れを暗示しているような…。






■第18話

号泣だー!!!!!

これで栞編終了なんすか?
「さよなら」で終わりなの?
素敵な思い出をもらって、
香里とも仲直りできて、もう栞には思い残すことはないけれど。

奇跡は起こらないの!?

EDのキャストクレジットであゆを抑えて栞がヒロイントップだったわけで、
これで栞編終了?いやまさか…と思いながら予告を見てたら、
なんだか名雪中心の予告になってました。

いい話だったけど、切ないよー!!!!!


栞のために誕生日会を開く祐一。
香里も一応来てくれたけれど、非常~に気まずい雰囲気。
北川いい奴だなあ。
やっと仲直りできた姉妹。
よかったなあ。

そんなことより栞と祐一が噴水の前で話す場面で最高に泣けたわけですよ。

自殺しようとした話ではあのピアノの切ない音楽で、
祐一の「会えてよかった」は無音で、言葉だけが響いてきて、
そしてその言葉に「笑ってられましたか?」って栞の笑顔とOPアレンジ…。
呼応するかのように広がる噴水、そして水しぶきの光。

この流れは泣くよ!
今リピートしてまた泣いてしまいました…!!!
絵で心を物語る、アニメだからこその表現方法です。

栞がベッドの上で泣きじゃくる場面も切なくて。
死ぬのは怖くて。
一人は嫌で。
そんな気持ちだったんでしょう。
そりゃそうだよねえ。それでいいのですよ。

祐一が言った「起こる可能性があるから奇跡っていうんだ」

本当に奇跡は起こらないのでしょうか?
これさ、全体で一つのシナリオであるアニメだから難しいけど、
ゲームだったら各ヒロインごとにシナリオがあるわけで、
栞が最後に学食おごってくれたりするのかなあ?
…無理かな。

でもあんな別れ方はないよ!
どんな別れ方でも栞には辛いのでしょうが、
きちんとさよならを向き合っていってほしかったよ…!
でもあのスケッチブックで最高に泣いたわけで。

泣いたしいい話だし面白いけれど、でもやっぱり辛いし切ない。
なんか矛盾しまくりなわけです。

私の中では今までの中で一番好きな話になりました。
いやー、こんなに栞編が切ないとは…。

何気にカッターがリアルでした、さすがです。
刃の反対側のてっぺんが欠けてるところとか。






■第19話

こんなに切ないキスシーンを観たことがない。

普通は見せ場になるいい場面なはずなのに、
なぜだか涙が止まらなかった祐一とあゆのキスシーン。

お母さんの死を目の前で見たことを思い出し涙を流すあゆ。
真琴や舞、栞のことを思い出し苦しむ祐一。

二人の気持ちが同調したのでしょうか。

光の当たり具合。
アングル。カメラワーク。
全てが綺麗で哀しかったキスシーン。

これってアニメよね?
なんだか実写みたいな動きですごいと思った。
実写ではできないアニメの動きってあると思うけれど、
逆にアニメでは難しい実写の動きもあると思うんですよ。
OPの夜の学校にたたずむ舞にどんどん近づいていってさらに舞は振り向いて、みたいな。
作画には詳しくないけどあれって実写のような自然さで見るたびに感動します。
それと同じ気持ちをキスシーンのカメラワークで思った。

球体に風景が映ったシーン。
あれ、最初は名雪のビー玉に映ったのかと思ってちょっと驚きました。
あゆが流した涙に映った、でいいのよね?
名雪が見てたらかわいそうすぎる。

あゆの一つ目の約束「ボクのこと忘れないで」
…思い切り忘れてるよね?
やっぱり祐一が色々と忘れてるのがこの話をややこしくしてるような気が。
ま、忘れてることに理由がきっとあるんだと思ってますが。

OPであゆは森にいましたが、その意味も判明。
二人にとって思い出の場所だったわけですね。
あゆのモノローグでも出たことがある場所ですし、
今後どう物語に関わっていくのか注目ですね。


…名雪の話はないの?

名雪は祐一のことが好きで、
でも少なくとも昔の祐一はあゆのことが好きで、
だから諦めている様子です。

予告でもあゆ中心だったしこのままあゆ編になるのかな?

でもビー玉が活かされてないし、まだ彼女メインの何かがあると思うんだけどな~。

名雪はあゆについて知ってることがありそうですね。
祐一が気づかなくちゃ駄目なんだ、と言ってましたが。

しかし名雪視点で考えると、祐一は罪作りな男です。
傍でこんなに想ってくれてる女の子がいるのにそれにまったく気づかず、
色んな女の子と仲良くしていて。
それでも祐一を想う名雪は心底祐一バカなんだろうな。

次回タイトルに「別れ」って言葉があります。
最終話までまだ少しあるのに急接近した祐一とあゆ。
何か起こりそうです…みんなに幸せになってほしいな…。

とにかくキスシーンが印象的な19話なのでした。

あ、カチューシャは唯一笑ったシーンかも。
あゆのカチューシャは祐一のプレゼントだったとのことで、
「昔の俺はカチューシャをあげるのが趣味だったのか…」
舞にもあげてたもんね、しかもウサミミ付。
kanon第20話~第24話(最終話) | HOME | 空の境界&Dチーム

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。