スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界&Dチーム 

・空の境界

読了しました。
お、面白かった…!
下巻なんぞは夜10時前から読み始めて(途中Dチーム観たり感想書いたりで一時間強休憩を挟んで)気づいたら朝5時すぎてました。
睡眠時間二時間でお出かけですよ。

アホですみません。

真綾さんが出るからということで手に取ってみた作品ですが、
良かったっす。

最初に微妙だった点を挙げておくと理解しづらい。
私はもう割り切って、まずは概要だけ抑えられればいい、という体で読み進めました。
魔術や魔法使いに関する設定がちんぷんかんぷんです。

観念的な部分も難しかったなあ。
まだ自分の中で咀嚼しきれていないものがいっぱいあります。
特に6章。
次がラストなわけでやや読み急ぎすぎた気がします。
でもある程度話を掴んだ上でもう一回読み直せば、また新しく見えてくることもあると思っています。


いやー、でも面白かったな~。

話として好きだったのは第2章と第7章、つまりは殺人考察上下です。
始まりと終わりの部分であり、
主人公の式という人間にとっては一番重要な部分だからでしょうかね。

情が強く関わってるのが私好みでした。
鹿男の感想でも書きましたが、友情でも恋でも家族愛でも、そういう人と人との繋がりがメインになるような話が基本的には好きなのです。師弟愛でもなんでもいいの!

殺人考察でいえば、式と幹也の関係が重要になってくるので、
そういう点で楽しめたな。
第7章・殺人考察下の終盤はもう泣いたよ…。
幹也が「許さない」と言うから人を殺せない式。
でもその幹也がやられたら最後の一線が切れてしまって。
ナイフを抱きしめてからの場面は本当に号泣でした。

関係性でいえば、式と織の繋がりにも泣けたなあ。
式が織を大切に想う気持ちがね、なかなか健気じゃないですか。
…織っていい奴よね。

真綾補正がかかるし主人公だしってことで式はいいキャラクターだと思いますが、個人的に外せないのは巴くんだ!!!
この子もいい奴でした。
この作品で一番人として出来ているのはどう考えても幹也ですが、逆に出来すぎ君なくらいの人としての精神的な完璧さに時々イラッとしたので(笑)
やっぱり燃える要素は「壁を乗り越えること、成長すること」なんだと改めて思いました。その要素を持っていたのは式や巴くんだと思う。

そうだ、後半になると話の分量が多くなりますねえ。
映画は別に1章何分とは決まってないのでしょうが、1章と終章ではすごく時間差が出そうですね。


ま、基本的に映画を観ない人間なので、劇場に足を運ぶことはないと思いますが、とっても楽しめた作品なのでした!


あと残ってる本は「キサラギ」
(砂漠・鹿男・空の境界と一緒に買った。)
映画のノベライズ版です。やっぱり映画は観ないのです。
気になってた作品なので本屋で偶然見かけたときにはすぐに手にとってしまいました。薄っぺらいので読むスピードが遅い私でもすぐに読み終わってしまいそうです。

また本を補充せねば。
活字中毒ではないし無人島に持っていくなら絶対テレビなテレビっ子ですが、せっかく秋になるので読書の秋を堪能しようと思っとります。



・Dチーム
環境野郎Dチーム vol.1 環境野郎Dチーム vol.1
TVバラエティ、伊吹吾郎 他 (2007/10/03)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

amazonの紹介文が…!

団塊世代のDチームが世間に与えた、笑撃的な“エコ笑い”!これからの地球環境をまじめにを考えるエコロジーバラエティー!
奇跡…いや“神”と呼ばれた番組が待望のDVD化!

■番組放送開始後、2ちゃんねる、mixi、個人ブログなどネットを中心に大絶賛!新種でも発見したかのような盛り上がりとともに、久々の神番組として崇拝され、ネット局以外の視聴者からはDVD化の声が殺到!
■団塊世代の大御所俳優陣(伊吹吾郎・麻丘めぐみ・小野寺昭・大和田伸也・ 小倉一郎・笹野高史)たちのバラエティートークは必見!その計算された異種独特の“間”はアドリブなのか?
■地球環境問題に対してはまじめに取り組んでおり、その功績が評価され、環境庁からチーム-6%への参加を正式に求められるほどに!まさに政府公認!?
■エンディングテーマの平井理央アナが歌う味のある応援歌も大好評!
■団塊世代に挟まれたヤングゲスト(アイドル)が見せる“こらえ笑い”は、 新たな萌えジャンル!



政府公認で新たな萌えジャンルまで作ったDチーム…すごいわ!


本当に知らないのは損です!
ぶっちゃけニコニコにもあるので一度それで観て欲しい。
(だから偉い人たち、消さないで…!)
そうしたら絶対にはまります。そしてDVDが欲しくなるはず!

でも特典映像は大喜利より2巻のネタ王のが気になる(笑)

私にできることは感謝の念を抱きつつ感想を書くことだけ。
DVDが届いたらすぐにレビューします!!
早く10月にならないかなー!


最後に一言。
小野寺さん、お誕生日おめでとうございまーす!
kanon第15話~第19話 | HOME | kanon第12話~第14話

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。