スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanon第9話~第11話 

kanon第9話~第11話です。
原作未プレイ+情報シャットアウトで観ております。
続きは時間の都合上来週の水曜以降になりそうです。
余裕があれば1話ずつでも連休に観ていきたいのですが予定は未定。


■第9話

この作品で初泣きでございます。

駄目だ、真琴の仕草一つ一つに泣けてくる…。

学校に行こうとする祐一のコートの裾を掴んだりさ、
ってかその前にちょこんと座ってるところでやばかったわけで、
漫画読んでもらったり、みかん食べさせてもらったり。

どれもこれも切ないし可愛いし。

記憶と命を犠牲にしても祐一と会いたかった真琴。
その気持ちを考えると…!

ここ数回、鈴の音が印象的だったわけですが、
こういう風に繋がるわけですね。
真琴は鈴の音が大好きだ、と。
100円の安い安い鈴で喜ぶところもまた涙を誘います。

美汐はすごい酷い(笑)
祐一が声をかけても完全に存在無視ですよ。

彼女も祐一と同じ経験をしていた、と。
この二人が話す場面の吐息が相変わらず綺麗でした。

名雪や秋子さんは目立ってはないけれど、何気に優しい。
カレーライス出したのは、お箸を持てない真琴のことを気遣ってなのよね?
相変わらず名雪ネタが恐ろしいほど出てきません。
ここまで出てこないのは、逆に何か狙いがあるような気がしてきます。

次回のサブタイトルには「レクイエム」という言葉が入ってるし、
これで真琴編が終わるのかしら?

最近あゆが出てない…。




■第10話

いい最終回でした。

真琴編終了。
素晴らしい…。

最後から語るのは間違ってるかもしれませんが、真琴が最後寝てるってのがいい!
あれは何者なのか。
いつのことなのか。
奇跡が起きたのか。
もしかしたら、もしかしたら。

私は、こう思わせぶりなEDはあまり好みではないのですが、
これはクリティカルヒットでした。
いいよ、いいよ、この結末。

真琴が終始可愛い。
祐一をぽこぽこ殴るところが一番好きだったわ。

秋子ママンも味があった。
祐一&真琴が出かけた後、彼女が何かを感じ取って泣いた場面で、私も泣きました。

この作品の音楽は私の中の「いかにもこういうゲームの音楽」というイメージ通りで、
あまり好みではなかったのですが、
(AIRでもそう、キャラクターごとにテーマソングがあるっぽい時点で微妙だったの)
今回は内容が素晴らしいのかなんなのか、音楽も良いと初めて思いました。

音楽が一つ一つの場面に彩を加えてた、と本気で思った。

最後は美汐の語りでおしまい。
もしかしたら奇跡はそこらじゅうにあるのかもしれない、と。

祐一と美汐が初めて話す場面では異常なほど距離が離れていたけれど、
二人が最後に語らう場面では、距離が縮まっていた。
それもいいな~と思いました。

この作品は夕方の場面が一番、絵的に美しいと思います。
光の当たり具合が絶妙なのよね。
顔が光っているし、翳ってもいる。
光と影がある、それを感じ取れる、美しい映像です。

綺麗すぎてさ、道端とかの黒い部分が本物の汚れに見えて、何度かPCを拭いてしまったくらいです。

クレジット、今回は祐一→真琴と、
名雪らを抑えて真琴がヒロイントップ、お見事です。



■第11話

ここ数話続いていた切ない真琴編の雰囲気とは打って変わって、
少し生き抜きな感じでした。
舞の話になっていくのかな?

・冒頭の語り、あゆは何かを待ち続けている
・「同じ服だな」「制服だから当たり前じゃないか」「俺のは一見同じに見えるが」(以下エンドレス)
・なんだこのノリは!!!
・栞は相変わらず、そういえば最近祐一は学校休んでたんだな、と思い出した
・冬の寒空の下でのアイスはねーよ
・舞は器物破損で有名人
・祐一は佐祐理へ→佐祐理は舞へ→舞は祐一へ(以下エンドレス)
・今回はギャグ要素高め
・「誰が」「誰と」「どうして」
・やっぱりギャグか!面白いからアリですよ
・「近すぎて見えない」が可愛かった
・パフェ食べすぎ
・ある意味言いがかりなあゆたんかわいそう…
・ってか本当に久しぶりだなー!!!
・「「だぁれぇ?」」可愛い
・あゆの家族は旅行中
・授業中に祐一に視線を送る香里、なにやら秘密があるのでしょうか?
・魔物が来たため牛丼を急いで食べる舞、倒してから食べればいいのに(笑)
・牛丼食べながら戦う舞、口をもぐもぐさせてるのが可愛かった!
・今回の雲の美しさが異常、すっごい綺麗
・佐祐理と舞の友情も見所の一つなのかな?

次回は舞踏会!
なんか変な人が予告で出てきてます。

今更ながらに気づいたのですが、OPで真琴が手をひらひらさせてる、あの動きがなんだか可愛いです。あれは狐の耳でも表してるのか。単純に鈴の音を鳴らそうとしてるだけなのか。


しかしこれって男性が原作ゲームのシナリオ書かれてるのよね?
なんともロマンチックですごいな~と。
物見の丘で真琴と結婚式する場面とかさ、とても素敵で状況が状況だけに泣けてきたわけですが、一方でなんかむずむずするような不思議な感覚に陥りました。
雑記 | HOME | 最近のアメトークは何か微妙だと感じる今日この頃

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。