スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanon第4話~第8話 

kanon4話~8話。
真綾キャラ登場回は感想が真綾キャラに偏ってる気がしないでもありませんが、でも気にしない。それでこその私だと思っております。


■第4話

AIRに比べて展開がゆっくりみたいですね。
でもその分、キャラの描写が多く愛着が湧いてくるのでいいなと思ったりも。

「月宮あゆ」に反応した秋子ママン。
何か知ってそうですねえ。
これは祐一の記憶が欠落してることにも関わってくるのかしら?

ってかそろそろ気になるのが、あゆの身辺。
祐一と同い年でたい焼きを全般とする甘いものが好きそうなことは分かりましたが、
たとえば家族とか、たとえば学校とか。
生活感がまったくないんですよね。
同じコート着てるし。格好も白いタートルネックのセーターでいつも一緒に見えます。

夢が終わらなくなったとOPで言っていたあゆ。
いつもならお母さんが目を覚ましてくれるけれど。
でも今は夢が終わらない。
お母さんも何か一つのポイント?


名雪は健気だ。
AIRのときも思ったのですが、こう、こっちを立てればあちらが立たずみたいな。
あゆと一緒にいれば、名雪が置いてけぼり。うーむ。
ヒロインズは何も気にしてないし、
そもそもそういうことを気にする作品ではないんだけれど(笑)

最後は舞。
彼女に関する話がこれから進むのかしら?
予告で魔物とか言ってました、やっぱりこの作品もファンタジー路線なのか!

祐一は国崎に比べたら酷い男だ、とどうでもいい感想を。
基本、ヒロインに攻撃を加えすぎです(笑)
国崎は、観鈴・佳乃・美凪には優しかったじゃない、その分みちると喧嘩してたけど。

絵では、あゆが帰る場面が綺麗だったな。
窓からそっと見ている真琴に手を振るあゆ。
で、真琴も手を振ると、嬉しそうにあゆが笑ってまた大きく手を振るわけですが、
そこであゆが笑って吐く息が綺麗に表現されてて。
笑って思わず白い息が出た、それがきちんと出てて、気持ちが伝わってくる。
いいなーと思った場面です。
そして、そこからあゆが帰っていく場面の夕日の光がまた美しかったです。



■第5話

まだ物語は本格的には進みません。

今回は舞が中心?
舞と祐一と佐祐理の場面が微笑ましかったわ~。

あとは真琴!
彼女は動き一つ一つが可愛いな~と思います。まさに愛らしい。
相変わらず寝込みを襲おうとしたり、驚かそうとしたり。

お風呂の場面、そりゃないわ。
ありくちゅん、たまくちゅんもいい味出してました。

舞と真琴は何か関係があるのかな?
真琴に優しくしてあげて、と言った舞。
その真意は何なのでしょうか?

そして舞は夜の学校で何をしてるのでしょうか?

あゆも謎です。
朝食を食べに来ていましたが、彼女の家とかはどうなってるの?

名雪に関しては、何もなさすぎて逆に怖い。
彼女もヒロインのようですし、何か秘密なり悩みなり抱えてそうですが、
今のところまだそんなことは何も出てません。
普段から眠そうにしてることが鍵だったりするのかしら?

っていうか祐一忙しいなとふと思った、そんな5話なのでした。
舞とご飯食べてると思ったら今度は栞と逢引、帰り道では真琴。
ハードスケジュールですなあ。


■第6話

相変わらず忙しい祐一。
キャラクター別に書いていった方が色々と忘れないということに気づく。

・あゆ
家のことはやっぱり謎なのですね。
OP恒例回想シーンを見る限りはやっぱりお母さんは死んでるっぽいです。
洋服のことも突っ込まれてましたね。
真琴が毎回毎回色々衣装チェンジしてる分、余計に毎回同じなあゆが気になってしまいます。

あゆのことをどうやら秋子さんは知ってるようです。
彼女に隠された秘密は何なのかしら?

・名雪
相変わらず彼女は何もありません。
怖いくらいに何も出てこない。
いつもどおり、眠そうにしながら部活動に出てるだけです。

・舞
魔物退治中。
真琴のことは知らないけど、真琴には祐一が必要になる、と言い残す。

・栞
何を待ってるのかは分からないけれど、
でも学校に何かがあって、自分が何を待ってるのか知るために、また学校へ。
うーむ、彼女もなかなか難しい。

・真琴
祐一に悪戯しかけながら、バイトを始める感じな真琴。
予告見る限り、彼女の話が少し進みそうな予感です。
家出娘なの?


あゆが「待ってる人が来たらそれだけで嬉しい」と言っていました。
名雪は昔、待ってると約束した祐一に置いてけぼりにされた。
栞は誰だかわからないけれど、誰かを何かを待っている。

「待つ」も一つのキーワード、なのかな?

一番可愛いのはあゆだな~と思います。
素直なところが微笑ましい。
一緒に映画に行きたがったりさ、
本当に祐一と再会できて嬉しいんだろうなって気持ちが前面に出ていて、
そういう姿を見るだけでなんだか心がほんわかするわけですよ。

やっぱり人間、明るく素直に生きるのが一番なんだ、と思った次第です。



■第7話

真綾キャラ喋った~!!!!!

すみませんね、こればっかりはテンション上がっちゃうの。
本編でちらっと出てきたのでおっと思ったら予告で喋った!
予告は基本的に次の回の場面をそのまま持ってきてるから、8話は必見ですな。

真琴と繋がりがあるキャラなのかしら?
飯塚雅弓ボイス…エスカですな。

今回は真琴メイン。

猫の場面は普通に驚いた。
ただまあ、ヒロインが考えなしにあんな行動するとは思わないし、
何かしら真琴の事情があるんでしょう。
この辺の解き明かしに期待です。

真琴は動きを含めた全体像で可愛いキャラだな~と思います。
祐一の後を追う場面とか面白かった!
憎めないキャラよね。

漫画が好きで、プリクラに興味がある真琴。
彼女には一体どんなヒミツがあるのかな?

家出先は物見の丘。(字、間違ってたらすみません)
真琴と物見の丘には何の関係があるのかな?

タグの「舞は攻略本」に笑った。
確かに真琴関係では舞がアドバイザーになってますね。

他のキャラについては今回は特に動きナシといったところでしょうか。

漫画で思い出した、何気に装丁もリアル志向ですよね。
真琴が初めて漫画を読む回では、「りぼん系」のコミックス装丁になってたし、その後は「白泉社(花ゆめ・LaLa)系」のコミックス装丁になってて。
さすがだわと思いました。
内容は完全にリスペクト・池田先生でしたが(笑)



■第8話

真綾キャラ喋ってますよ~。

これはいい真綾キャラです。
真綾ファンならぜひとも見る価値アリ、ってただ喋ってるだけなのですが。
こういう口調。こういうトーンが一番いいかもしれない。
特に祐一に色々説明をする場面はいいな~と思いながら聞いておりました。


で、本編は絶好調真琴編です。

彼女の正体は、昔飼っていた狐だった、と。

真琴が祐一に恨みがあると言っていたのは、
飼っていたのに捨てたことを指してるのかな?

何で真琴が今、目の前に現れたのかは謎のまま。
7歳の頃に飼ってたようですが、その頃はこの街に住んでなかったんですよね?

真琴が考えた名前は、昔祐一が好きだった人から取ったもの。
なかなか健気じゃないですか。
っていうか、そんな深いこと考えてなくて、
ただ記憶の片隅に残っていた女性の名前ってだけなのでしょうが。

真琴がなぜ今、目の前に現れたのか。
その辺は次回以降語られそうですね!

<追記>
真綾ボイスを堪能するので一杯一杯で美汐の台詞があまり頭に入ってなかったのでもう一度その部分だけ聞きなおす。
真琴が奇跡を起こせたのは、命と記憶、二つの犠牲があったから。
(美汐の、「記憶と、そして命」の言い方が良かった~!)
だから、真琴には記憶がない。
そしてお箸を持てなくなったり、転ぶことが多くなったり、肉体的にも弱っている、それは命を犠牲にしているから。

このままではいつか、真琴は…。

もちろんこの先に何かがあるんですよね??
まさか死んでさよならではない、と信じておりますよ!


何が面白いんだか分からないんだけど、
でも不思議とどんどん観続けてしまう魅力がある作品。
本当に何がここまで面白いんだろう?

私の中では、「笑わせる場面」が多いからかな、なんて思ってます。
真琴の話が本格的に進んでますが、他のヒロインはまだ伏線張りな段階のようで。
そんな中で、彼女たちの魅力を引き出しつつ笑えるような、飽きさせないお話になってるのかな、なんて思います。
日常生活を見てるんだけど、でもそれが不思議と飽きない。

勝手な分析なのであります。
最近のアメトークは何か微妙だと感じる今日この頃 | HOME | kanon第1話~第3話

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。