スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞HiME(3/17) 


ぎゃーーーーー!!!

(ある意味予想の範疇な展開なのですが、でもやっぱり凹みます)

というわけで、舞HiMEです。
面白いんだけど、あまりに辛い展開で凹みそうです。

>>舞衣ちゃんの望む世界
とりあえず巧海君は元気な弟。
それで、命ちゃんもやっぱり妹なんですね。
そして、楯くんは当然彼氏で、詩帆ちゃんは楯くんの妹!(無意識のうちでしょうがある意味ヒドイかもですね、妹って・・・。)
なつきちゃんとも友達っぽくて、楯くんは一生懸命剣道やってて。

でもやっぱり、気付いてるんですよね、この世界は偽者だって。

そこで現れるのが、巧海君。

今まで、2人は手を取り合って頑張ってきた。
けれども、いつしかお互いに巣立ちの時が来ていた。
そして、それは今こそ。

(そういえば、前半あたりでは、たしか巧海君は楯くんに嫉妬とまではいかなくても、お姉ちゃんを取られた的な感情抱いてなかったっけ?曖昧ですが、そんな気が・・・。)

家族として互いに想い合ってるからこそ、遠慮してしまうことがあった。
自分の気持ちを抑えてでも、相手のために頑張ろうと思ってしまった。

そんな中で舞衣ちゃんが自然体でいられたのは、命ちゃんの前でだけ。
妹のように懐いてくる命ちゃんに、舞衣ちゃんは自然に遠慮も気兼ねもなしに付き合えた。

だからこそ、言ってはいけない一言も言ってしまった。

大切なものは何なのか。

>>シスターと先生
シスターの見せる幻影の中にいて呆然としてる舞衣ちゃんを見て、
今こそ舞衣ちゃんを倒せと命令する先生。嗚呼、ダメ男・・・。

シスターは止めようとするが、チャイルドは気持ちに反して舞衣ちゃんへと動いていく。

そして。
そこで舞衣ちゃんを助けに現れたのが、・・・・楯くん!
(やっと来た!)
(今までは、出番か?と思ったら別の人だったことが何度あったことやら・・・。)
やっとヒーロー見参です。

まだ諦めない先生を、シスターは赦します。
シスターは、たとえ石上先生がダメ男でも最低男でも、愛してるんですね。
(いい女はダメ男に惚れるものなのです。母性本能か?聖母マリアですか?)
止まらない自分のチャイルドの手によって、シスターは石上先生を抱きしめながら消えました。自分の愛した可哀相な人を抱きしめながら。

もー、どうしてこうキツイ展開にするかな!
このシスターの完全なる自己犠牲な愛情。
ある意味シスターらしい選択です。
どうしても自分が愛してる人を殺すことはできない。
それならば、自分も共に、行こうと。
その愛には感動しますが、でもやっぱりシスターには死んでほしくなかった。
(そして最後まで石上先生は改心しませんでしたね。それも悔しい!)

>>詩帆ちゃん
2人が初めて出会った記念日を祝うために待ち合わせをしていた詩帆ちゃん。
ところが楯くんは約束の時間になっても現れない。

そこで現れたのが、凪。

そして何故楯くんがここに来ないのかを言う。

つまり、楯くんが詩帆ちゃんではなく、舞衣ちゃんを選んでしまった事実を。

そして詩帆ちゃんは覚醒をする。
詩帆ちゃんは、楯くんを想うあまりに、その闇に囚われてしまった。
そして再び白無垢が。

>>なつきたち
先週、お家を待ち伏せされてたために奈緒ちゃんに捕まってしまったなつき。
しかしそこで彼女は奈緒ちゃんの哀しみに触れる。
なつきを殺そうとする奈緒ちゃんの前に現れました、静留さん!
(ここの演出は誰もが、貞子を思ったはずです・・・、恐かった!)
(静留さんの髪の毛が黒くないことだけが救いです・・・。)

静留さんの前に一捻りで終わってしまう奈緒ちゃん。
完全に怒っていらっしゃる静留さんは奈緒ちゃんをお殺しになられようとします。
(私もあまりの恐さにめちゃくちゃな敬語を使い始めてしまってます。)

ところがそこで静留さんの前に立ちはだかったのは、なつき。
奈緒ちゃんの哀しみに触れて。
「人を信じることを拒絶している姿」は過去の自分と同じで。

そして気付いた。
今の自分があることに。
人を信じることを拒絶する過去の自分と決別したことに。
そして、それは静留さんとの出会いで、他の色々な人との出会いで。

再び力を取り戻したなつき。
それを見て、嬉しそうに寂しそうに微笑む静留さん。
そして静留さんは、「あんたは私のもの」とだけ残してまた去っていく。

あれか、この人にとって優先順位はやっぱりなつきなんですね。
なつきの敵を倒してる途中に、何かがなつきの危険を察知して、駆けつけたわけだ。
何かって何だ?危険感知センサーでも静留さんにはあるのでしょうか。

この静留さんの狂おしい愛ってのに救いはあるのでしょうか?
(なつきとの出会いの場面での静留さんはかわいかったー。にっこり首を傾げながら笑って。)

>>舞衣ちゃん
楯くんを前に、舞衣ちゃんは呟き始める。

舞衣ちゃんは巧海君のために頑張ってきた。
だから、巧海君を消してしまった命ちゃんのことを許すことはできない。
ヒドイことを言ってしまったこともある。
でもやっぱり舞衣ちゃんにとって、それでも命ちゃんは大切な妹みたいな存在で。
いなくなればいい、なんてきっと思えることはできない。

前半から中盤にかけては、本当に2人の友情?は丁寧に描かれましたよねー。
本当に命ちゃんは舞衣ちゃんに懐いてたし、
命ちゃんのストレートな愛情に舞衣ちゃんはかなり癒されてたと思う。
舞衣がどうすれば笑う?なんて聞いてたときの命ちゃんは本当にかわいかった。

そして、苦悩する舞衣ちゃんに楯くんは告げる。
「誰かのため」じゃなくて、大切なのは「自分の気持ち」であることを。

舞衣ちゃんも楯くんも、今まで、自分の本当の気持ちを押し殺してきた。
責任感に駆られるかのように、
「巧海のため」「詩帆のため」と言い聞かせてきた。
でもそれでも消えることはないんですよね、本当の気持ちは。
むしろ、大きくなるばかりなんですよね。

そして、舞衣ちゃんが何か話そうとした瞬間。

>>舞衣ちゃんvs詩帆ちゃん
白無垢姿の詩帆ちゃん。
それは、あまりに純粋な楯くんへの愛情を表したものなのでしょうか。

闇に囚われてしまった詩帆ちゃんは楯くんに問う。
あのキスはなんだったのか。
毎日病院にお見舞いに来てくれたのは。
傍にいてくれたのは。

それは全て「詩帆ちゃんのため」と楯くんが自分に言い聞かせてきた行動。

そして楯くんの言葉に耳を塞ぐ詩帆ちゃん。
哀しみは全て舞衣ちゃんへの怒り憎しみとなってしまう。
自分からお兄ちゃんを奪った、舞衣ちゃんへの怒り。

そこでなつきと命ちゃんが現れる。

舞衣ちゃんは詩帆ちゃんのチャイルドを見て、
咄嗟に気付く。
晶くんを倒した存在の正体に。巧海君が消えた本当の真相に。
そして詩帆ちゃんへの憎しみがこみ上げてくるが、
そこでやっぱり気付いてしまう。この戦いのからくりに。

舞衣ちゃんと詩帆ちゃんは「想い人」が同じである。
どちらが勝っても、結局は失ってしまうのだ、楯くんを。

舞衣ちゃんは詩帆ちゃんを説得しようと試みるけど、やっぱり詩帆ちゃんは聞き入れない。

楯くんはやっとここで自分の過ちに気付く。
自分が「詩帆ちゃんのため」と思って責任感で行ってきた行動全てが、
結局、今の詩帆ちゃんを傷つけることになってしまったのだ。
詩帆ちゃんを責任感だけで選んでしまったことが、
彼女をこんな姿にしてしまったのだと。

覚悟を決めて、舞衣ちゃんに、詩帆ちゃんのチャイルドを倒せと叫ぶ楯くん。
(楯くんはもう既に想い人システムは知ってますよね?)
(既にこの時点で死ぬことを決意してたのですよね。)

しかし当たり前の話だけど、舞衣ちゃんには出来るわけがない。
みすみす自分の好きな人を失うわけにはいかない。
自分の手で殺すわけにはいかない。

それを見てた命ちゃんの頭に、黎人さんの言葉が過ぎる。
「舞衣ちゃんの前に最強の敵が現れる」
「もしものときは、君が・・・」

そしてやっぱりあのペンダントが輝いて、それに操られるかのように、
命ちゃんは詩帆ちゃんのチャイルドを倒してしまう。

命ちゃんに怒りを覚える舞衣ちゃん。
でも命ちゃんの目からは涙が零れ落ちていた。
巧海君たちのあの惨劇の直後と同じように、涙が零れ落ちてくる。

そして、別れの瞬間は来た。
詩帆ちゃんの想い人である楯くんは、消える運命になる。

この場面さー、もうさー。
覚悟はしてたよ、私だって。でもやっぱり・・・。
まだ2人はお互いの気持ちを言い合ってない。
肝心なことを伝え合ってない。
だけど、どんどん身体は消えていく。
自分を見て、何か泣き叫ぶ舞衣ちゃんを前に楯くんは笑っていた。
辛そうだけど、でもやっぱりそれは穏やかな笑顔で。
その笑顔を見て、舞衣ちゃんは静かに、顔を近づけて。
キスをした瞬間、楯くんは消えてしまった。

ふらふらになる舞衣ちゃん。
それを一生懸命なつきは支える。
舞衣ちゃんは、ただただ、泣き叫んだ。

>>黎人さん
一部始終を見ていた黎人さん。

楯くんにはもっとみっともなく死んでもらうつもりだった
って言ってますが、やっぱりこれってヤキモチですよね?
舞衣ちゃんが楯くんのことを好きだということが面白くなかったんでしょうね。
うーん、それなのにこの仕打ち。歪んでます。

舞衣ちゃんの大切なものを奪うこと。
命ちゃんと舞衣ちゃんの仲を完全に引き裂くこと。

準備は整ったそうです。

>>次回予告
まずナレーションが!
なんですか、この舞衣ちゃんと楯くんのラブっぷりは。
成仏しないでくれー。
よし、絶対に舞衣ちゃん言うなよ!
楯くんを成仏させちゃだめだ(笑)

来週は本当に最終回の一個前かってくらい、なんか落ち着いた次回予告映像でした。


あーやっぱり死んじゃったよ。
楯くん、覚悟はしてましたよ。
絶対に、ここは避けられない戦いだったし。

でもよかったのは楯くんが自分の過ちにしっかり気付いたこと。

こんなことは言いたくないけど、やっぱり詩帆ちゃんをああにした一因は楯くんにもありますからねー。詩帆ちゃんは可哀相な子でもあるんです。
自分は舞衣ちゃんへの気持ちに素直になります、はい以上。
じゃ、ちょっと詩帆ちゃんに対してヒドイと思います。

ところで想い人を失った舞衣ちゃんはチャイルド発動可能なのですかね。

黎人さんのヤキモチにもちょっと笑った。
やっぱり気持ちは残ってるんですねー舞衣ちゃんに。
あと黎人さんに頬を触れられて顔を赤くする命ちゃんもかわいかった。
わりと兄妹設定好きです(笑)
なので黎人さん、命ちゃんを利用するだけしといてポイは止めてください(切実)
(個人的には舞衣ちゃんのことは普通に異性として好きで、命ちゃんのことは家族(妹)として好きであってほしいです・・・。)
(真白さんについては、300年前の黒曜の君として過去に好きだったってことかな。)

とりあえず、あと2回で終わるのか。それが心配です。

あと、私としては全員復活もありえるかもとちょっと一瞬思った。
楯くんと舞衣ちゃんに関してはちょっと中途半端に終わってしまったから。
(2人とも告白はできずじまいでしたよね、お互いの気持ちはもう分かってても。)
舞HiME(3/24) | HOME | 舞HiME(3/10)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。