スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIR第10話~第12話(最終話) 

*「ハルコ」の時が間違って全部「春子」になってます。すみません。

■第10話

前半はこういう意味だったのか~と頷きながら観てたのですが、
中盤あたりから(観鈴が倒れたあたりから)は号泣モードです。

・観鈴が国崎に話しかけたワケ
田舎娘だからアホの娘だから誰にも気軽に話しかけたわけじゃないのよね…!
ここに至るまでの観鈴の気持ちを考えただけで泣けてきます。
友達がほしくてほしくて。
でも学校の友達は自分の発作のことを知ってるからもうそれは叶わぬ夢で。
そんなときに国崎が目の前に現れた。
そりゃ話しかけたくなるよね!

二人が初めて出会ったとき、観鈴が腕をいっぱいに広げていたのは、
初めて話しかける緊張や興奮を抑えるための深呼吸だったわけですね。

もうこの作品観る度に観鈴の健気さ可愛さにほだされてる自分がいる…。


・絵日記
絵日記に込められた想いにも泣いたわー。
以前出たとき、国崎のことばっか書いてたってだけでも泣けてきたのに、
こう色々バックボーンを知った上で見るとまた泣ける。

そう、倒れたときに国崎には内緒にしようとする観鈴もまたねえ。
「往人さんの前では普通の女の子でいたい」って。
こんな自分では迷惑がかかるからって想いが強いのよねえ。

でも大丈夫。
佳乃に美凪に親切な様子を見る限り、国崎は変人趣味です(笑)


・そうそう久々の佳乃&美凪
嬉しかったわ~!
佳乃や美凪の話は確かに完結してるけれど、
もうちょっと出しても良いものじゃありません?
尺の問題とか観鈴の話なのにテーマが逸れるとか問題があるのでしょうが。


・春子さん
観鈴に距離を置く理由は、迷惑だからなんかではなく、
近づきすぎたら、離れるときに辛くなってしまうから。
なんて不器用なお母さんなんだよー!!!
観鈴が倒れたら真っ先に駆けつける。誰よりも心配している。
あんたは間違いなくお母さんっすよ!!!!
血の繋がりなんかじゃない、心の繋がりがあるじゃないかー!!!

ケーキの人はやっぱりお父さんだったのですね。
観鈴の誕生日にわざわざケーキを届けてくれるし予告もあるし、なんかありそう。



・カラスと国崎
この繋がりがまだよく分かりませんが?

観鈴に出逢った国崎→出逢った瞬間に戻りたいと願う
→過去に戻る→現在のカラスにその魂が宿る(だから国崎が二人いる?)

こんな感じ?

あと観鈴が多少救われたようですが、これはなんで?
国崎の人形劇のおかげなのでしょうか?


国崎と観鈴の場面はもう素直に泣けるでしょー!
光の中で抱き合う二人とか、ベルばらでもやってそうな古典的手法にも思えますが(笑)
でもね、泣けるの。
観鈴と国崎の互いを想いあう気持ちで溢れててさー。
傍にいてって願い続ける美鈴が本当に可愛くて。
何度も何度も観鈴を励ます国崎は本当に良い奴で。

大好きだー!!!



毎回毎回似たようなことしか書いてませんが、
最高に観鈴が健気で可愛いのです!!



■第11話

春子はすごいお母さんだよ…!!!

観鈴にとって春子以上のお母さんはいないし、
春子以外の母親も必要ないのです!!!

海辺の場面ヤバイでしょ。
あの叫びは泣くよ!!!

今までこの作品のタイトルの意味って考えたことがそういえばなかったのですが、
「うみ」ってサブタイトルなんですよね。

やっと観鈴が海に行くことができて。
ずっとずっと行きたいと思ってた砂浜に行けて。


セミ取りおばさんには笑いました。最高っすよ。


あと「一人で頑張る」と連呼する場面も外せませんね。
観鈴にとって春子は誰よりも大切な人、誰よりも大好きなお母さん。
だから傷つけたくなくて。
もうアホだよ、本当にアホだよ。
観鈴のためだったら春子は喜んで傷つくだろうに。
もっと甘えていいのに!!!


でも今回一番の名シーンは二人で一緒に寝るところでしょう。
互いを抱きしめながら眠る場面は、完全に母と娘でしたよ。
いや、普通の母と娘ならあそこまで抱き合っては眠らないけれどさ(笑)
すごくそれだけで救われた。


もうね、観鈴と春子の互いを気遣う気持ち、愛する気持ちがひしひしと伝わってきて、
足をバタバタを動かしながら泣いてしまう、完全に挙動不審者でした…。
だってこの親子が本当にいいんだもん!!!!


やっぱり私は家族愛に弱いのね。

髪切る場面は定番でしょうか。
個人的には長い方が好きだった…!


そして次回最終話。
全13話だと思い込んでたのでちょっとビックリです。
最終話のタイトルは作品タイトルでもある「そら」
どんな話になるのかな。




■最終話

ふ、複雑…


春子に向かって歩く場面が最高だった!
もう観鈴は本当によく頑張ったと思う!!!

神奈はお母さんとはあまり時を過ごせなかったけれど、
でもその魂を受け継いだ?観鈴は春子とかけがえのない日々を過ごせた。
それだけで何か救われてるものがあるなと思うのですよ。

あと最後。
カラスが翼を広げて空に行く場面とかもすごく感動したわけですよ。
国崎が黒い服を着ていたこととリンクしてるのかなーなんて思うと余計に熱くなったり。


なので最高に泣けたわけですが、いやでも複雑。



私はハッピーエンド至上主義なのですね。
ご都合主義でいいから最後は心置きなく誰もが笑えるような、そんなEDが好きなのですよ。
むしろ私は、ハッピーエンドありきで、いかにそこに向かって、受け取り手が納得できて感動できるような展開に持っていけるか、が作り手の腕の見せ所だとも思ってるのです。
大抵の作品は、ある程度見てる方だって「最後は上手く行くんでしょ?」と思いながら見ています。それでも見るのは、そこに行くまでの過程が気になるからなわけで。

このEDは余韻たっぷりで叙情的で本当に素敵だと思うけど、
私が望んでいたEDではなかった。

観鈴の病気が治って、
神奈の夢が終わって、
国崎も戻ってきて、
そして春子と3人仲良く暮らすような、そんなEDが良かったのよ。


この想いはあの砂浜の子供に引き継がれたのかな?
それとも神奈の夢は終わって、観鈴と国崎ってか神奈と柳也と裏葉は空で幸せになってるのかな?

観鈴で神奈の夢は終わったのよね?
国崎の人形劇が神奈の呪いを解いたのよね?
国崎が消えたってことは命がけの人形劇になってしまったのかな?
よく分からないけどまー命を賭けて観鈴ってか神奈を救った、と。
(国崎の意識としては観鈴のためでしょうが)

じゃあ、からすは何者だったの?国崎的なものなの?

もう一回観返す必要がありそうです。

全部見終わって、やっといくつかよそ様の感想を見たわけですが、
一周目で消化不良を起こすのはわりと普通らしい。
二周目からが本番ということで、ミンサガを9週やった私の意地を見せることにしましょう(笑)

ってかね、一見すると否定的に見えますが、1話から観返そうと思うほどに気に入ってる作品ですよ!




秋からはクラナド観ることに決定です!
その前に頑張ってkanonも観られたらと思ってます。
が、その前にAIRを一話からおさらいです。

-------------------
早速、1話をおさらい。高画質コメント開放です。

二人が出会う瞬間でホロリと来る。
あの、「友達」って言うときの一瞬の躊躇がいいよね、また。
観鈴は勇気を出してるのです。
晴子が国崎を置くことを決めた心情を察するとホロリと来る。
佳乃の何気ない一言一言にもほーと思わされるものがある。
美凪も1話では印象が薄かったのですが改めてみればやっぱり天然。
ってか天文部部長って…。正しいけど少数精鋭だからな(笑)

コメントも表示させてたのですが(あまりに多いときは消した)、
観鈴が国崎を海に誘う場面で、「いいから行ってやれ」という意見が多くて吹きました。私もそう思うわ。とりあえず行っとけ、まず行っとけ。

やっぱ面白い。

kanonもOPだけ観てみました。
私が知ってるのは、タイヤキがなんか出てくるらしいことと脇役で真綾さんが出てることくらいなわけですが。
冬が舞台ということで秋口になんとなく合いそうですね。
OPのビジュアルだけなら、ストールの子が好きだな。
光が綺麗だなーとOPを見て思いました。輝きが綺麗なの。
いや、本格的に秋になる前にAIRおさらい終わらせますよー!
雑記 | HOME | 雑記

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。