スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARMS&モチカリ 

○漫画

久々に漫画を色々読み込んでおりました。
と言っても新しく買ったのではなく、家にあるお気に入りのものを。

ARMS 1 (1) ARMS 1 (1)
皆川 亮二 (2007/06/18)
小学館
この商品の詳細を見る

時々ふと読み返したくなるARMS。
これ以上の作品に出会ったことがないというくらい好きな漫画。
一巻から読み始めると最後まで思わず読んでしまうから困ったものです。
何度読んでも同じポイントで泣いてしまうんだな、これが。
(四部です、四部は泣きポイントが多い。アリスの話(ARMS誕生秘話)とかカツミ&グリーンのエピソードとかユーゴーの「これが最後のテレパシー」とか…!)
一部や二部は熱い展開で、四部は泣かせてくれる。幅広い面白さがございます。三部も好きですよ。五部は蛇足だった気もしないでもありませんが、ブルーvsホワイトの場面は好きだったりします。

文庫版が出たのですか。ほ~。
単行本あるので買いはしませんが(大きい方が読みやすいし)、
表紙の絵柄だけは気になるな。

現在、MXテレビでアニメが再放送中。
ほとんどアニメは見なかったので、なかなか新鮮です。
(アニメ開始時にはすでにARMSにはまってました。駅がどこかでARMSアニメ化のチラシを配っていたようで、友達がそれをもらってきて私にくれたのが印象的。)
最終話近辺は見たんだ。なんかアリスが大暴れしてました。


・モチカリ(望月花梨)

ベストオブ少女漫画家です、私にとって。
どの作品も大好きな人。「作家買い」をしていました!

今のところ最新コミックス(であり最後のコミックスかもしれない)「鍵」は受験直前に発売しておりまして!
一月二月は図書館に篭って勉強したりわりとストイックな生活をしていましたが、それでも我慢できず、センターが終わった次の日とかに買いに行ったのを覚えています。
(そして「犬と夏服」を読んで感動した。大好き、こういう話。)

お気に入りは「緑の黒髪」か「スイッチ」ですねえ。

「緑の黒髪」は親の再婚で義理の姉弟になった少年少女の繊細な気持ちを描いてるのですが、きちんとモチカリらしい毒が混ぜられてて。
女を感じさせるアイテムとして長い黒髪を出してるところが好き。
生々しさもあり色気もあり、そして不思議と清潔感もある。
清潔感と色気が共存してるのがモチカリ作品の味です!


「スイッチ」はある意味少女漫画の王道である先生×生徒のお話。
清潔感と色気の共存はありますが、毒気が薄い。
その分とても読みやすいし、モチカリ色が苦手な人でも楽しめる作品。

今改めて読み返すと、主人公のケイより親友の梢の方に好感を持ってしまうのはなぜでしょう?昔から梢も好きだったけれど。今でもケイも好きだけれど。

ケイはしっかりしてて、落ち着いてて、大人びた印象の娘です。
一方の梢は、親友のケイに甘えてるところがあったり、自分の気持ちに素直すぎて嫌なことから逃げたりケイを巻き込んだりする。

でもなぜだか今読むと、梢のが大人なのでは、という気がしてくる。
だって、最初は梢が広田のことを好きだったのに、気づけばケイと広田のことを普通に応援してるし、手助けもしてる。
ケイにちょっかいを出す奴にはさりげなくチクリと言ってくれたりする。
友達思いの良い娘じゃないか!
梢は自分の気持ちに素直であると同時に、他人が自分の気持ちに素直であることを心から応援できる子なんだよ。良い子じゃないか。

…語りすぎた!

先生と生徒モードをスイッチON、
先生と生徒から一人の男女になる状態をスイッチOFF。
こういう発想も好きだな。

最終話の淡白さも良い。
二人の関係がばれそうになる、そんな劇的な展開なんて一切訪れず。
最後のお話は、広田視点で二人の何気ない一日を描く。
意外とすぐに大人になるかもしれなくて安心した、という広田のモノローグが素敵でした。一歩一歩着実に前に進んでる感じがよかったのかも。

やっぱり語りすぎた!


○せりふの時代

真綾さんのインタビューが載ってるらしい雑誌。
本屋に行くたびに探してはいるのですが見つからない…。
そもそもジャンルはいったい何なのかしら?


○ビデオを整理していたら

内Pスペシャルが出てきた~!
SPは基本的に全部録画してあるけどどれがどこにあるのか分からなくなってるのでちょっと感動しました!

2006年4月のものかな?
三村氏ドッキリでサイン会開催とか、ウッチャンドッキリもあった!
ウッチャンのはすぐに気づかれてしまってドッキリと言えるか微妙ですが。

そして同じビデオにいいとも年末特大号まで録画されてた!
オリンピックネタが多いので2004年のものだと思います。
後半恒例の物まね大会で爆笑問題がアニマル親子をやっていましたし、品庄が北島康介の「超気持ちいい」をやってましたし。

これ、途中のレギュラーの初恋の人が登場ってコーナーが気に入ってて保存してあるんだと思います。
初恋の人が登場!ってところで太田さんがなぜだか出てきちゃって。
そういう自由で、常にボケようみたいな姿勢が大好きです。
ジャポニカロゴスでも常にボケようとしてるし。
三村氏の「赤い四角いヤツ!」にも笑いました。この突っ込みは誰にも真似できません。
で、さまぁ~ずの雰囲気を内P・いいともで比べてみると内Pに比べいいともでは多少の遠慮があるのもいい(笑)

ビデオ整理してると色んなものが出てきてなかなか面白いです。


○テレビ繋がりで

ぴったんこかんかん?を見ていたら

たっちひろし!たっちひろし!うるさいっ!ニャー!!

なんて素敵な人なんだ~!!!サービス精神旺盛なんだなあ。
猫ひろしも舘ひろしも大好きなもので感動してしまいました。
山おんな壁おんな第3話 | HOME | ロマサガミンストプレイ日記65(9周目/アルベルト)

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。