スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスト部好きな話ベスト3 

ホスト部好きな話ベスト3!
そういえばずっと書いてなかったことに気づいたのでこっそり追加です。

しかし迷う。
ガンソのときはわりとスパッと決められたのですが、
ホスト部は笑える話とグッと来た話とでどちらがすごいか優劣なんてつけられないしどっちも好きだからな~!難しいです。

1位:第23話「環の無自覚な憂鬱」

最高に笑った話です。
殿が終始弾けていて楽しかった!
特にこの辺では双子(というか馨)が一人色々と考えてアンニュイになっていたのですが、馨のそんな気持ちをこの話で殿が一蹴するわけで、ホスト部ってやっぱりコメディなんだよなと改めて教えてくれる、そんなお話だったと思います。
切なさとか心が温まるハートフルなものも詰まってるけれど、ホスト部の根底にあるものはやっぱりギャグであり、前向きなものであり、それって殿そのものでもあるのかな。


2位:第21話「いつかカボチャになる日まで」

タイトルに込められた意味。
終わり方。
もー全てに圧倒された話でした。何度見返しても切ない。
双子の話(5話(ケンカ)&20話(入部秘話)&21話)はどれも好きなのですがその中でも一番好きです。

双子話のEDの入り方は毎回毎回すごくいいんですよね。
馨のモノローグからチャラララララってあの音楽が流れてきて、EDロール。
切なさ大爆発です。余韻がものすごい。


3位:第9話「ロベリア女学院の挑戦」

最高にアホな話でした。
ホスト部メンバーの歌が全てです(笑)
あれに笑わずして何に笑えと言うんでしょう?

あの歌の部分だけ面白くて何度も見返してしまいます。


次点で双子話でしょうね、やっぱ。
21話だけ上で挙げましたが、本当にどれも好きなのです。

あと地味に私が推してるのは11話「お兄ちゃまは王子様」
これもエピローグがすごく好き!
霧美ちゃんが肖像画にベルゼネフを加えていて、
そこに通りがかった猫澤先輩、裾を掴む霧美ちゃん、照れたように笑う先輩&ベルゼネフ。そして、霧美ちゃんのモノローグ。こんなに優しい愛に溢れた場面はありませんよ!

世間の評価が個人的には低すぎると思うくらい(笑)
双子話とか23話とか8話(海&ハルヒ殿のケンカ)とか10話(ハルヒ宅訪問)とかとかがわりと人気だと思うのですが、それと同じくらい11話っていい話だと私は思うんですよね~。
…私は家族愛に弱いなと改めて思った次第です。

あ、8話も素敵。
8話は殿とハルヒのラブコメの王道を突き進む感じがたまらない!
鏡夜先輩の部屋で二人になる場面からが最高に素敵。
本当に「素敵」という言葉がぴったりなのですよ。
特に殿が「おいで」ってタンスの扉を開いて、雷が鳴った瞬間、ハルヒが殿の胸に飛び込む場面の美しさ。音楽も綺麗なんですよね。
全26話の中でハルヒと殿が一番ラブコメをしていた話でしょうね~。
これ以降、まったくこんなロマンチックなお話はございません(笑)

ハニー先輩が主役の12話&18話はリアルタイムで見たときにはそこまで嵌らなかったのですが、脚本の榎戸氏の(ハニー先輩のテーマは)「好きなものを好きと認める」という言葉を考えてから改めて見直すと、おお~!と思ってしまうものがあります。

その場のノリと勢いを重視したコメディなのが原作。
話にテーマを持たせ、テーマありきで話を進めるのがアニメ。


その違いが一番表れたのが18話なんでしょう。
コメディ色を強めてくれる、出オチ感たっぷりの悟をカットし、
ハニー先輩の「好きなものを好きと認める」というテーマを優先して描いた。
最後の場面、原作はチカ君&悟に関するものでしたが、アニメでは満面の笑みを浮かべるハニー先輩。アニメはハニー先輩のテーマを強めてるのですから、最後がハニー先輩だとすごく締まりますよね!

ホスト部アニメは、色々とオリジナルの演出が入っていて、「忠実」なアニメ化ではないのに、原作の良いところが引き出されてる。
本当にいい作品だったんだろうな~。

ここ一週間、ホスト部を全話見返してたんですが(暇人でごめんなさい)、
印象に残ったのは青色の美しさ

やっぱり桜蘭といえばピンクなんですけど!
でも青空とか水の色が妙に綺麗で印象に残ってるんですよね~。
特に青が話に彩りを加えてたのは1話20話でしょうか。
ハルヒの財布を探す場面の水の青さ。(これは空の色が映ってるから空の色と言った方がいいのかしら?)
20話は、殿が「矛盾してるのがお前たちだろ」と双子の矛盾を個性だと言い切った場面からの、あの空の青さ
双子の心に光が差し込んだ、そんな場面で。
しかも気づかぬ間に実は未来のホスト部員たちが集合していた場面で。

そうそう、こういう象徴する場面があるのがいいんですよね。
こう、ババーンと見せ場があるというか。盛り上がりがあるというか。

OPも大好きでした。
何度も見返しちゃうくらい。
キャラクターがたくさん動いてて見てるのが面白い!
コマ送りにして見てみるとまた違った面白さがあります。


後半は話がどんどん脱線してしまいましたが。
まあこんな感じです。
放映終了して半年以上経過するわけですが、まだ色褪せない面白さが残っていて輝いてる。真綾さんが出てるから、だけではなく、本当に素敵な作品だと感じています。いや、もちろん真綾さん出てなかったら見てなかったと思いますが(笑)
ロマサガMS好きに100の質問 | HOME | 彩雲国物語を初めて見ました

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。