スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金八先生第21話~最終話/君に贈る言葉 

金八第7シリーズ最終話、泣きに泣きましたよー!!!
(本当の最終話はスペシャルなんでしょうが。)

時系列バラバラで、印象に残った順に書いていますよ。

○贈る言葉

卒業式の後、金八は生徒一人一人に、「漢字一字の手紙」を贈る。
特に印象に残ったのは、やっぱり舞子崇史



「人と別れがたく、その場に立ち尽くし、
まだ懸命に、去って行く人の後姿を見ている字です。
あなたによく似合う字です。

どうか、しゅうを愛してあげてください。

あなたは私の初恋の人によく似ていました。
おかげで私の心も少年に戻れました。」



舞子に贈られた言葉は「愛」
泣きました。
しゅうのことを想い続けた舞子に贈られた言葉。
舞子のことをきちんと見ていてくれたからこそ贈られた言葉。





「友達のしゅうをしっかり支えてやってくださいね。
よろしくお願いします。
しゅうと仲良くしてやってな。」



しゅうと崇史、二人の友情は確かなものだった。
確かなものだったから、二人は傷ついたんだと思う。
それでも「一緒の高校に行こう」と誓い合った二人のことを、金八はきちんと見ていてくれたんですよね。


他に印象に残った「贈る言葉」は…


玲子に贈られた言葉。
「美しい宝石」という意味。玲子らしい言葉です。


ヤヨに贈られた、優しい優しい言葉。
ゆっくりとヤヨのペースで、少し止まりながら進んでいけばいいのよね。


伸太郎に贈られた言葉。
伸太郎の「伸」と掛けてるのかな。
それよりも実は「今は相当(伸太郎のことが)好き」という金八の言葉のが印象的だったのですが(笑)
伸太郎なくして3Bは成立しなかったと言っても過言じゃないはず。



ソンに贈られた言葉。
弟想いで、弟のためなら何でもしてしまう熱い男にぴったりの言葉。



麻子に贈られた言葉。
「相手の心」と書く字。
相手を思いやる心を持ってる、優しい麻子のための言葉。



○卒業式

卒業生代表は、伸太郎。
確かに、3Bの代表と言ったら伸太郎がベストかもしれません。

伸太郎は堅苦しい言葉など使わず、
ありのままに、自分の気持ちを表現しようとした。
しゅうへの想い、後悔。

そこで伸太郎が、「もっと上手く、自分の気持ちを言葉にできたら、しゅうはあんなことにならなかったのに」と言うんですよね。
そして金八に向かって、「言葉って大切だな」と言う。
最高に熱い場面でした…!



○しゅうの審判

しゅうの少年院送致が決まった。

みんなと卒業式に出ることは出来なかった。
みんなが「保護観察」になるよう嘆願書を集め提出したことは、
結果的には実ることはなかった。

けれど、やっぱりこの結末が一番だったと思う。
悪いことは悪い、そうはっきりさせることは今回の金八のテーマ「薬物の無意味さを問う」という意味では重要だったと思います。

しゅうも金八やみんなに送った手紙の中で書いていたけれど、
罪は償わなければならない。
覚せい剤を抜くには、それ相応の覚悟と時間が必要である。
それはドラッグに冒されてるしゅう自身が一番、
身に染みて感じてることなのかも。


鑑別所にいたしゅうが徐々に徐々に元気を取り戻していくことが分かって、なんだか安心しました。
禁断症状でまだ少し苦しんでいるようですが、
崇史の手紙に素直に涙し、
舞子からの手紙に嬉しそうな表情を浮かべ、
食事が普通に出来るようになった。
麻薬中毒だったしゅうにとって、すごい前進だったと思います。



○消えない絆

たとえしゅうがドラッグをやってしまったとしても、
舞子との絆も、崇史との絆も、金八との絆も、3Bみんなとの絆も、
決して消えることはない。

舞子は、玲子の叱咤もあり、
大好きなしゅうのために出来ることをやろうと心に決めた。
しゅうは、素直に舞子のことを見られるようになったと思います。
(手紙に喜んでたり、ラストのソーラン節の場面でも「舞子…」と呟いてましたよね。)


崇史は、しゅうのために、受験を一年先延ばしにすることに決めた。
以前金八に、「崇史と一緒じゃなきゃ意味がないんです!」と志望校のランクを下げることを拒否したしゅう。
その想いは、きちんと崇史からも返ってきてるのよね。
(しゅうはともかく、崇史の受験についてはSPで描かれそう、かな?)


金八は、しゅうのために教師を辞めようとまで考えたのよ?
「しゅうだけの先生」として、しゅうの更正に自分の人生を捧げるつもりだったのよ。


3Bの生徒たちは、しゅうの最後の授業をしっかり胸に刻みつけている。
そして全員で、「麻薬撲滅キャンペーン」をやることを決意する。
しゅうを変えてしまった麻薬が憎いから。
これ以上、しゅうのような子を増やさないために、しゅうのために。




○しゅうに贈る言葉


卒業式に出られなかったしゅうだけど、
みんなはしゅうのために出来ることを考えた。

それは、少年院に行くしゅうを見送り、思い出のソーラン節を踊ることだった。
教官の計らいもあって、しゅうは車の中からそれを見ることが許された。


しゅうも自分の心の中で、みんなと踊るんですよね。
しゅうの心の中のイメージとして、みんなと一緒に踊り、最後にバク宙を決める映像、それを見て微笑む舞子の映像が出てきたあたりは、かなり切なかったです…!


この3Bのソーラン節は、しゅうの最後のバク宙なくして成り立たないでしょ?
ぜひ、スペシャルでもう一回やってくれないかしら。
崇史も当然入れて、みんなでもう一回、やってもらいたいよ…!


最後に金八が車の中のしゅうに「漢字一字の手紙」を贈る。

そこに書かれていた文字は、「命」

「人の内側に激しく叩く者がいる、と書きます。
29人の同級生たちが、君の心の扉をドンドン叩きながら、
頑張れ、頑張れって。」



しゅうに贈られる言葉は何だろうって考えたとき、
私は、「家族」に関係する言葉あたりかなと考えていました。
あとは「優しい」みたいな意味を表す言葉かな、と。

でも「命」
確かに納得です。
しゅうは今、改めて「生きること」を感じてるんですよね。
「命の授業」を通して、しゅうは色々感じることがあったはず。
もう一回、それを思い出して欲しいです。
麻薬でボロボロになった、命そのものがボロボロになってるしゅうの身体。
早く、元に戻ってほしいです。


しゅうの覚せい剤、少年院送致。
悲しげな状況なのに、どこか温かさを感じるのは、
何があっても消えることのない確かな絆がそこに存在するからでしょう。

少年院に行くしゅうを見送る3B。
いつかきっと、しゅうの卒業式をやってあげることを決意しながら――。



○エンディングロール

EDロールは、今までの名場面集。

おなじみの3B'sの踊りや、ヤヨや典子の笑顔、仲良く踊るギャル3人。
思い出のソーラン節。
ヤヨのためにみんなが集まったトーチラン。
しゅうと崇史の友情が芽生えた瞬間。
しゅうをおんぶしてあげる金八。
意識不明状態の崇史。
取っ組み合いの喧嘩をする舞子と玲子。
抱き合うしゅうと舞子。
ドラッグを前に葛藤するしゅう。
しゅうに「どうしてドラッグなんかやったんだよ!!!」と涙ながらに叫ぶ伸太郎。
補導される瞬間のしゅう。
答辞を終えた伸太郎。

その他にも、印象に残るたくさんの場面が出てきて、
なんか色々あったなーと切ない気持ちで見ていました。


あと残すはスペシャルのみ!
しゅうの卒業式、楽しみにしてますよ!




どうでもいいんだけど、
なんであのジャニーズの子がしゅう役だったのかって考えたら、
色々な意味でこの子じゃなくちゃ都合の悪い部分もあったのかも、なんて思いました。

演技が特別上手いわけでもありませんし、他のジャニーズの子でもいいと思ったのですが、あの身長は重要だったんじゃないかと、いやマジで。

しゅうは、ドラッグをやるという設定やヤクザに追われるという設定上、
金八におんぶされる場面や鑑別所の教官に抱えられる場面がありました。
他にも、禁断症状で暴れまわる場面なんかもありました。

これって、ガタイのいい子だとおかしくなっちゃうような気がしまして。
まず大きい子だったら、老いを感じてる金八がおんぶできない。
教官なら力はあるかもしれんが、そんな簡単に男の子は抱えられないでしょ。
暴れまわる場面も、大きい子だったらもっと力も強いんだろうし。

あとは、「一匹狼で最終的にドラッグをやる子が、ソーラン節ではバク宙をやる役に選ばれみんなの輪の中に入る」というときに、
バク宙をやれてなおかつ小さい子ってなると、あの子だったのでは?と。

役名が「丸山しゅう」と五十音順で最後だったのも計算じゃないかなーなんて考えたりしてしまいました。


もちろん、しゅう役の子はあの子でぴったりだと思いましたけどね!
(演技には難があったとは思いますが、表情の演技はすっごく良かったと思う!はにかんだような笑顔とか、結構印象に残ってますし。)
年末年始テレビ視聴予定覚書 | HOME | 金八先生第19話~第20話/しゅうに捧げる最後の授業

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。