スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンブラザーズ 

ペンギン☆ブラザーズ (1) (りぼんマスコットコミックス (1237))ペンギン☆ブラザーズ (1) (りぼんマスコットコミックス (1237))
(2000/11)
椎名 あゆみ

商品詳細を見る

出版社/著者からの内容紹介
三嶋陽菜が転入した常磐学園の生徒たちは、白と黒の制服のグループに分かれて争っていた。少数派の私服組、グレイとなった陽菜を待ち受けていたのは!?


高校生の頃の漫画で、さすがに当時りぼんは卒業していましたが好きな作家さんだったというのもあってハマってました。
好きすぎて高校生にもなって久々にりぼん本誌を買ったくらいです。
その後売り払ってしまったのですが、つい先日本屋で目にして思わず買ってしまいました。(4巻だけは手元にまだ残っていたのでそれ以外)

いやー、何度読んでも面白い漫画は面白いわー。
以下気持ち悪いほどに熱く語りすぎたので追記です。




白・黒の制服に分かれ生徒同士が争っている学校に転入したヒロインが、私服組のグレイを選択し、学校を変えていくというシンプルなストーリー。
陽菜が白・黒両グループのグレイ抹殺部隊に対抗しながらどうグレイの仲間を増やしていくかが見所ですが、もちろんホワイトのリーダー・一色君グレイの参謀役・小柴との恋模様もあったりなかったり。

とにかく一色君かわいいよの一言に尽きますね。

一色君の行動履歴
・陽菜、ハンカチ忘れる→極度の潔癖症なのにハンカチ貸す
・陽菜、西崎に捕まり坊主にされそうになる→黒の陣地で土下座
・陽菜、流羽ちゃんまで被害が及びマジ切れ→なだめに行く
・陽菜、西崎に殴られる→西崎をおちょくり助ける
・陽菜、かまいたちに傷つけられる→手当てのみ(坊主の危機では土下座したのに顔傷つけられてそれだけかよ!とちょっと思ったこともありました・笑)
・陽菜、スネークに陥れられる→スネークに「陽菜に手を出したら殺す」とマジ脅し
・陽菜、一色のことを「(味方か敵か分からず)気持ち悪い」→砂になる
・陽菜、ナイフを投げつけられる→謎の仮面姿でナイフをキャッチ、左手負傷
・陽菜の過去を知る→過去を思い出すことないよう距離を置こうとする
・陽菜、西崎と一緒のベッドで寝る→ドアに頭をぶつけ転びそうになるなどボロボロ

一色君は冷徹で何事にも無関心で白・黒派閥争いにだって興味がないのですが、陽菜のことになると自分から動き出さずにはいられないってのが萌えですよ、萌え。

でも、改めて今読むと小柴も相当かっこいいということに気づかされます。
陽菜にとって最初の仲間は小柴で、いつも小柴と一緒に行動していて、小柴がいなければ陽菜は絶対に戦ってはこれなかった
ううーん、振られ役にするには惜しい。
そのせいか、一色君寄りではあったもののラストは小柴にまったく望みがない、という描かれ方ではなかったんですよね。それくらい小柴もかっこいいんだなー、これが。
昔は、小柴は白鳥さんとくっつけばいいのにと思ってました。
決して誰も逆らえない最恐コンビになるかと(笑)

少女漫画の王道を考えればヒーローは一色君です。
幼馴染で、複雑な家庭事情があって、クール無関心冷徹ながら陽菜のことには熱くて。
作中、何度か小柴が一色君に対して「おいしいとこどり」と愚痴る場面がありますが、まさにその通りですよね。
いつも、いつでも、陽菜を助けるのは傍にいる小柴ではなく遠くにいる一色君なのです。

でもこれ、少年漫画だったらヒーローは小柴なんだろうなーと思うんです。

メイン男キャラ3人(一色君・西崎・小柴)の中で一色君は「チートキャラ」です。
西崎は腕っ節は強いけれど極度のバカですし、小柴は天才少年だけど肉体労働は苦手
その点、一色君は小柴の作ったプログラムを抑えられるほど頭が良く、西崎と互角に戦えるほど喧嘩も強い。ヒロイン陽菜との関係で言えば過去の繋がりがある時点で二歩も三歩も先を行っている。

でも、お膳立てされすぎてて燃えがないですよね~。
いつもヒロインの傍にいる少年が、よく分からない幼馴染をやっつける。
少年漫画的に考えたら、チートキャラ一色君小柴が打ち勝つ方が面白そうです。


4巻終盤~5巻(最終巻)の展開ははっきり言って気に食わないんですけど。
つまらないというかなんか放り投げられた印象があって。
結局陽菜の恋はどうなったのか曖昧なままなのが不完全燃焼すぎます。

一色君にとって自分はその他大勢と一緒かもしれないというところで「絶対イヤ」と言う陽菜の描写があるし、チョコ受け取ってもらって「新しい予感」なんてモノローグもついてる。
このまま話が続くなら一色君とくっつくんだろうなあと思わせつつも、けれども結局のところ、はっきりしないまま終わってしまいました。もう、何を考えても続きが出ることはなく決して答えは出ないわけで、寂しいものです。

あ、もちろん西崎コンビも大好きです。
今の険悪状態の二人に萌える。険悪になるのは、たった三日とはいえ二人がその三日を大事にしていたからでしょー。その気持ちを想像するとやばいやばい。

もうすぐ2月 | HOME | ガイエル&新ユニフォーム

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。