スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝ティアクライスプレイ日記28 

ティアクライス感想1。
(2があるかは分からないけど念のため)

ティアクライスだけでなくこれまでのシリーズのことなどに話が脱線していった結果、異常に長くなってしまいました。


クリアしたので色々まとめてみようかなーと。

・ストーリー

まずは今までと世界はまったく違います。
ハルモニアとか一切出てきませんしレックナートも出てきません、ジーンもビッキーも出てきませんし、そもそも紋章という存在すらまったく出てきません。

あと国vs国の戦争では今回ありませんでしたね。
でも色々な部族の協力を取り付けつつ敵勢力と対抗していくってあたりは一緒かな。

同じ世界の話で端々に繋がりを感じられるのが幻水の面白さだっただけに、世界観一新の新作はちょっと寂しさもありますが、軽い気持ちで臨めば楽しいゲームだろうなーと思います。
もし今後もDSで新作出す予定があるならティアクライスと同じ世界の話にしてほしいなあ。
色々な国(銃の方々とかユラの国とか)出てきましたし広げようと思えばいくらでも広げられるじゃないですか。でもDSだとコンバートは無理そうですね。

…改めて思ったけど幻水って「約束事」が多いゲームですよね。
まず108人仲間作らなくてはいけないし、
天魁星を中心に戦争するゲームにしなくてはいけないし、
宿星ごとにこういうキャラ配置っいうシリーズの約束もあるし、
主人公は赤い服着なくてはいけないし、
真の紋章出さなくてはいけないし、
しかもその紋章には呪いがあって108人集めたらなんかいいことが起きなくてはいけないし。

そう考えるとそういう世界切り捨てて新作出したのは正解なんだろうなー。
ファンとしてはさびしいですけどね!

アニメーション見るたびに、3の漫画版のアニメが見たいなーと思う今日この頃。
クリス様とクロデキルド様が似すぎてて困ります。
(見た目だけならフレデグンドの方がクリスに近いかな~)
セラは真綾さんでお願いします。

一なる王は、108星玉砕作戦を選択した天魁星の末路…っていう設定はなかなか奥深いと思いました。主人公も一なる王になってしまう可能性があったってことですね。


・キャラクター

最大の変更点は何と言っても主人公が喋る喋る、よく喋る。
幻水の主人公は基本無個性で選択肢が出るほかは喋らないのでびっくり。
でもこれに関しては無個性主人公では作りにくいだろうし全然アリアリ。

それに付随してか、おともキャラの印象が薄くなりましたね。

今までは主人公の分も喋るようなキャラでした。

無個性がゆえ、幻水の主人公は基本ノーリアクション。
喜怒哀楽をなかなか出せません。

まー喋らずとも動きで見せることは多いしだからこそ時折見せる喜怒哀楽がより印象深くなったりもするんですけどね。
ナナミを抱きかかえてがっくりうな垂れる2主の姿とか…。

そんなノーリアクション主人公を補ってくれたのがおもとキャラでした。
主人公に無理難題が押し付けられようとしたとき、グレミオやナナミやリオンが相手に突っかかったり怒ったり励ましてくれたり色々してくれました。
特にナナミはなあ…!
リドリーには申し訳ないけれど逃亡ルートのナナミはそりゃもう泣かせてくれます。

でも今回は主人公が自分でそれを出来るようになったのでおともキャラ、ジェイルやマリカはあくまでお友達って感じでした。4でいうラズリルメンバーくらいの立ち位置をイメージしていただければ…。


それともうひとつ、ジーンとビッキーがいないのも最大の特徴ですね。
ついでに探偵さんもいません。風呂屋もいません。(風呂イベントがない…)

ただ宿星ごとにシリーズごとの傾向を踏襲してる部分はきっちり踏襲しています。
医者コンビやマクシミリアン主従(とはいえマクシミリアンって名前ではないけど)、3人組宿星や忍者系コンビなどなどいつもどおりの配置も多いです。

軍師天機星、石板守天間星、将軍系宿星、ダッシュ機能つき&うさんくさい天速星、魔法のスペシャリスト地然星、本拠地施設系メンバーもほぼ宿星は継承。

ただやっぱり天孤星は他にいなかったんかいと言いたくなります…。
いえね、ルバイスもものすっごいすごいキャラな気がしますよ。
辛い過去を抱えつつ飄々と生きる素敵なおじさんだと思いますよ。

でもやっぱりここは本筋に関わる兄貴・姉御キャラを…。

…ここまで書いて思いましたがそういうキャラが今回の幻水にはいないんだよなあ。

「よぉ、主人公。
 リドリーのことは気にすんな。
 ヤツも軍人で戦士だった。
 戦いの中で、一人の戦士が死ぬ。
 よくあることだ。

 リドリーのことに涙するなら、
 今までの戦いで死んでいった全ての兵士に涙する必要がある。

 だから今は先を、未来をよおっく見据えて、
 涙を流すなら、後にしておけ。」


とか

「おい!生意気言うなよ小僧。
 守れなかっただって?
 おまえいつからそんなに偉くなったんだ。
 
 ルルは剣を持って戦いに挑んだ。
 相手の死を覚悟するなら自分の死も覚悟せねばならない。
 お前の剣は狩りにも使えるが人をあやめることのできる武器でもある。
 
 戦士ならそれぐらいの覚悟が必要なんだ。」


とか

「ああ、語るさ。

 オレはね、アルシュタート様もフェリド様も
 サイアリーズ様も王子も姫様も好きだった。

 だから、女王騎士になった。
 だから、オレの好きな人たちを裏切ったあんたが許せない。

 オトシマエ、つけてもらうよ?」


とか。
(4は一回しかプレイしてないからキカの台詞思い出せないですすみません!)


天孤といったらかっこいい兄貴キャラじゃないですかー!

それがなんですかティアクライスのお兄ちゃんは「俺が一番主人公のこと分かってるんだ!」と異世界の友達に嫉妬心丸出しですよ(笑)

やっぱりアスアドでよかった気がしますけどねー天孤星。
でもあの人主人公よりクロデキルド様のことしか考えてないから駄目ですか…。


・システム

一番の変更点は何と言っても紋章がなくなったこと。
似たようなものとして星の印と呼ばれるものがありますが、紋章と違いキャラクターごとに使える星の印は固定されてます。

だから今までは微妙なキャラでも水の紋章系をつけさせて回復役にして無理やり使うことも可能でしたが今回はなかなかそういかずそれだけが残念でした。

あとは武器。
今回は鍛冶屋が鍛えるのではなく、武器屋で強い武器を買うシステムになってます。
もちろんキャラクターごとに装備可能な武器は限定されてますが、結構武器の種類は多く色々な武器を装備できるキャラも多いのでこの辺はなかなか自由度が高くて面白いかもしれません。

本拠地は概ね使いやすいです。
前作と違いロードが快適なので動き回るのが苦ではありません。

ただ唯一難点を挙げるならば、本拠地で仲間全員の装備を管理できないところだけはやりにくかったです><
いちいちパーティに入れて装備を外して…って作業が面倒で面倒で。
星の印は本拠地なら全員付け替え可能ですし、本拠地で仲間全員の武器・防具・アクセサリを買えて装備することは従来通り可能だったんですけどねー。
おそらくこれはティアクライスには倉庫がない関係なんでしょう。

お金には余裕があったので結局装備品はどんどん買っていくようにしました。

そうだ、お金も今までとは大きく違います。
ポッチという単位は変わらずですが、戦闘でポッチを直接稼ぐのではなく、戦利品で手に入った交易品の売買でお金をためていく形になりました。
今までのシリーズに比べて格段と交易の重要度が上がってます。

今回のシリーズは骨董品がなくなりました。鑑定士がいません。

戦闘は4人編成+サポートキャラ一人で行われる、4のような形式に。
ヒーリングスキルがシリーズ進むごとに使えないスキルになりつつあり、今回にいたっては一人しか回復してくれません。とはいえありがたいですけどね。
ポッチ増やしてくれる人がいない代わりに経験値増やしてくれる人が出てきました。

戦争イベントみたいなものは一応あるものの、今までのいかにもな戦争イベントはなく、部隊を作り各部隊で通常戦闘をする程度のものでした。



幻水と思わず新作と思った方が楽しみやすいゲームでした!
書くことがなくて困ってます | HOME | 幻想水滸伝ティアクライスプレイ日記27

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。