スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝ティアクライスプレイ日記20 

リジッドフォークを味方に終了。
いよいよ終盤戦?主人公のレベルは46。


(今回のストーリー)
捕虜になったディアドラは主人公の言葉に心動かされ、しるべの塔へのトビラを作り主人公を導く。
ベルフレイドの部屋には、ベルフレイドの意のまま書を体内に埋め込むソフィアと彼女に攻撃されるノーヴァの姿が。ディアドラはたまらず飛び出してしまい見つかってしまう。
ノーヴァを連れて一行は本拠地へ逃げ延びる。
トビラ経由で行くことは諦めフォートアーク経由で正面から侵攻することに決定。
ところがフォートアークでソフィアの生み出したモンスターの前に成す術なく敗走。
モンスターを倒すためにはリジッドフォークの力を借りるしかないということで、フォートアークで書に触れ記憶を取り戻したヴァズロフとともにリジッドフォークの集落へ行くことに。
当初族長は主人公軍への協力を拒んだが書の力で始祖が復活、始祖の導きでリジッドフォークも主人公軍に協力を約束してくれるのだった。



ディアドラの持ってる書は、もともとディアドラがいた世界の書だったことが判明。
この世界の書はベルフレイドが持つ真正なる一書だけであり、偽書は「もともとあった世界」の書でありその世界の記憶を持っているようです。
主人公たちの本拠地も、もともとはあの幻の中の戦士の世界だった。
それが一なる王との戦いに負けると世界は消滅、その断片が他の百万世界へ散らばっていくようです。

ディアドラは元の世界で108星が一なる王に負けたことからもう誰にも無駄なあがきをしてほしくないがために協会に協力をしていたようです。
主人公の言葉いいですね。
その書には、戦った108星の気持ちが残ってる。
それを無駄と言ってしまっていいのか
、と。

前にアトリが言っていた言葉。
「未来を知らない過去の自分の過ちを責めてはいけない」
深いですよねえ。
あのときこうしてれば良かったって後から思うことはたくさんあるけれど、でもそのときの自分に未来は分からないんだから悔いることはないんですよね。そのときはベストだと思ったのならね。


ディアドラの導きでしるべの塔潜入。
ソフィア・ノーヴァ父娘の過去が切なすぎる…!
顔を見ると過去を思い出し泣き出してしまうから仮面で隠す。
…早く素顔を見せてあげられるといいですねえ。

仮面繋がりで、帝国消滅後に本拠地でヨベルに話しかけると「今だけは仮面をつけてて良かったと思う、帝国の人たちにどんな顔すればいいか分からないから」と言うのです。これも切なかった…。
(姉ちゃんは「ずっと私のそばにいればいいのに」ととうとうデレが出てきました・笑)

ディルクはもうなんかどうでもいいや…。

さてしるべの塔に潜入して直接書を奪い返す作戦は失敗に終わったのでこうなったら正攻法しかありません。フォートアーク経由でサイナスへ殴りこみ!
てなわけでフォートアーク攻略戦。

ここで3部隊に分けるわけですが、いつも私は主人公部隊を弱めに作ってしまいます。
回復役さえいれば主人公が地力あるわけでなんとかなるだろうと。
で、他の部隊にはゼノアやリウのような星の印が強力な魔法使いキャラを入れるようにしてます。

が、今回他の部隊はボス戦が一切なく主人公部隊だけあったのでびっくりです。

しかもリジッドフォークは斬耐性があるようで、主人公・フレデグンドが主力でしたがどちらの攻撃もあまり効かない…!
ま、直防魔法掛けつつ回復しつつチビチビ攻撃で何とかなるのですが…。

ヴァズロフ戦でヴァズロフの記憶が蘇り108星入りです!

ソフィア大暴走を止めるため今度はリジッドフォークの故郷へ。

ここで火山と通るわけですが、とにかくこの火山が広い広い。
軽い気持ちで入ったらなかなか出口が見えてこなくて、レベルがグングン上がってしまいました。ま、いいことなんですけど。

中で見つけた「鬼の金棒」
ヴァズロフに装備させてみました、似合いすぎです。

ゼノアに言われるがままグレイリッジ鉱山で見つかった書を手土産に集落を訪ねるわけですが、その書はもともとリジッドフォークの物だったのを協会が盗み出しただけだったようです。

書があるということは、リジッドフォークももちろん「他の世界からやってきた種族」
アストラシアもジャナムもポーパス族もフューリーロアもそうだったように。
一なる王に負けた世界からやってきた者たち。

書と世界の関係が分かってきましたが、それでも分からないのが主人公の出自。

終盤にきたわけで、そろそろ謎解きがあると思っていいのかな。

始祖の助けもあり、リジッドフォークの協力取り付けに成功。
さー、今度こそフォートアーク攻略できるかな!
幻想水滸伝ティアクライスプレイ日記21 | HOME | 幻想水滸伝ティアクライスプレイ日記19

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。