スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきく振りかぶって5巻感想 

先日は幻水3漫画版10巻の感想を書きましたので、
本日はおお振り5巻の感想に行きます!


表紙は栄口くんと・・・・・・・名前分からない(涙)
(巣山・沖で正解でしょうか?)

本編では桐青戦がスタート。



















○基本を大切に、な野手陣

桐青のエース準太が本人も何が何だか分かってない緊張っぷりで、
初回からペースが乱れています。

(この準太くんの緊張っぷりがすごくかわいかった。いや、そういう問題じゃないんだけど)
(こいつは守備はどこだ?すごいバッターだったっけ?と明らかに落ち着いてないですよね、焦ってるというか。しかも「焦っている」という自覚すら出来ないという焦りっぷり。)

強豪校のエースでも初戦は焦ったりしますよね。
ピッチャーって難しいポジションなんですよ、本当に。

(でも某プロ野球選手は、満塁になったりしても、「そこで俺が抑えたらめちゃくちゃカッコいいじゃん」と考えてたりするお気楽っぷりでしたが;;あ、現実にいる選手ですよ、インタ記事読んで驚きました。)


そしてチャンスは着実に堅実にモノにしていこうという西浦!
基本って大事だよね。

一番バッターが出る→二番バッターバントで一死二塁。
基本中の基本ではありますが、バントってすーーーっごく難しい技術なんですよ。
プロでも苦手な方は非常に多かったりしますしね。
(プロの方はバントなんて学生・アマ時代には要求されなかったってのもあるんでしょうが。)

栄口くんや三番の巣山くんが自分のポジションの意味を理解していて、
打線とはどういうものなのか、打線の繋がりを考えてるところが偉いなーと思っちゃいました。

四番の田島のためにみんなお膳立てをするんです。
田島は小柄だからHRは打てない、だからこそ彼がヒットを打ったときに得点になるよう他の選手が出ていなくてはならない。打線とはこういう一連の流れなんですよね。



○投手と捕手の信頼

とりあえず阿部、落ち着け!!


相変わらずな三橋と阿部で非常に満足です(笑)
とりあえず阿部は三橋バカすぎます、分かったからお前が三橋に全幅の自信を寄せてるのは分かったから!!

「ウチのエースのお披露目だ」に始まり、
(なんなんだよ、その自信!)
三橋が走塁で転べば、異常な心配っぷり。
(投手は体が大事ですから、全力疾走も少ないんですよね、普通。)
自分の打順なのも少々頭から外れるほど心配しています、遠くから突っ込みすぎです。
そして「(ここで俺が打たなくちゃ三橋は)転がり損だ」
・・・・・・・・・・・本当に君はいい捕手になったよ(涙)

挙句の果てには、三橋に「三振取れたのは阿部君のおかげだ!」と言われて、
試合中のベンチで本気で涙ぐむ男、阿部隆也15歳。

でもこれは全て、最初に阿部が「三橋にために尽くそう」と考えたからこそ三橋からも返される信頼関係なわけですよ。だから阿部の努力の賜物でもあるわけです。


「阿部君の構えたところに投げるだけだ」
そう考えている三橋。

でも何も考えてないわけじゃない、ってのが今回分かりました。
なぜ阿部がそこに構えてるのか
それを自分なりに考えてるところが垣間見れて、
「どこに投げて欲しいのか、どこに投げてはいけないのか」
これを落ち着いて考えることって大切なんですよね。

古田捕手も、よくコメントで、「投手にはただ投げるんじゃなくて、どうして自分がそこに構えてるのかを意識的に考えてもらいたい、勝つ投手ってのはそれが分かってる」みたいなことを言ってましたし。



ただし三橋はどうやら初戦という不思議な空気の相まって、
今非常にテンションが高いというか、自分の力をセーブできていないようです。
野球は九回もあります、どんなに短くても二時間近く行う長い長い試合になります。
だからこそ力のセーブは大切なんですが、
どうやら今の三橋は「飛ばしすぎ」感があるようで、これが今後どう響いてくるのか心配。。。



○その他

全体的に非常に面白かったのですが、やっぱりまずは田島ですかね。

ヒットこそまともには打ててませんが、選球眼といい二球でモーションを盗んだという事実といい、相変わらず大物っぷりを見せ付けております。

(ちなみに「盗塁のうまい選手」っていうのは俊足っていうのも大事なんですがそれ以上に「モーションを盗む」ことが重要って言いますよね?たしか赤星選手は「モーションを盗むこと」がすごく上手いと聞いた覚えが…。田島はプロになったら四番よりは一番タイプでしょうか。ロッテみたいなチームなら四番でも良さそうです。ロッテはみんなが同じポジションって感じですからね。皆が一番でもあり二番でもあり四番でもあり、みたいな。)

どうやら田島は序盤は「ため」の時期なようで、
序盤で「飛ばし」が来ている三橋が中盤以降荒れだしたとき、
どう田島が「飛ばし」の時期に移行していくかも楽しみ。
(この試合中全部「ため」だったらどうしよう・・・)


あと最後の最後にルリちゃーん!!ルリルリが出てきました。
ちょっとまともに喋るのは次以降ですが楽しみ。


全体的に非常に良かったです。
これからどうなるのか全然想像がつかないので、ちょっと不安ですが;;

(ぶっちゃけ全員一年だから負け展開もありそうで;;)
(しかも準太くんもそうだし榛名もそうですが強い選手は二年設定が多いので来年リベンジ可能なんですよねー。さあどうなることやら。)
舞乙感想・幻水最終巻表紙予想・雑記 | HOME | 幻水3漫画版10巻購入

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。