スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球 

星野JAPANの裏でひーっそりと行われていた横浜×ヤクルト戦。
石川君登板、今回は7回0/3を1失点でしたが残念ながら勝ちはつきませんでした…。

まあでも今回はしょうがないかなあ。

0-0で途中まで投手戦でしたが8回表にようやくヤクルトが先制。

3者凡退が確か1イニングだけしかなく、わりとランナー背負いながらの投球だったので、ここで勝ち投手の権利も得ましたし降板だろうと思ったのですよ。

そうしたらまさかの8回続投。びっくりです。

球数も90越えて、基本的に120、130とたくさん投げまくる投手ではないですし粘りながらの投球が続いていたのでね、そこまで絶好調でもないしリリーフに託すかなと。

ここ最近リリーフ失敗が続いている押本はないにしても、松岡も控えてますし五十嵐もいますし、9回イムまでの繋ぎ役はいるのでね。

これは監督の判断なのか本人の志願なのか。
確かに(消去法とはいえ)エースならたとえ1点差でも8回まで投げて欲しいところですけど!

続投の8回表、先頭打者にヒットを許し、次の打者、セリーグ首位打者の内川がまさかのバントでやや動揺したのか悪送球でノーアウトでピンチを招いてしまいここで五十嵐にバトンタッチ。

代わった五十嵐がタイムリーを許してしまい同点に、この時点で勝ち投手の権利消滅。

ただ五十嵐はこの場面でよく1失点に抑えてくれたとむしろ褒められるべきですね。


たしかにランナーを一人許したものの、やっぱり次の打者の内川がせっかくアウト一個献上してくれるはずだったのに自らの悪送球でピンチを広げ、それが勝ち投手の権利消滅に繋がりました。
この辺、やっぱりもうちょっと締めてほしかったかな~。

ただ!
ただ!!


それよりも1点しか援護してくれない打線も酷いよね(笑)
確かに小林はよかったけど…。


試合作っても勝ちがつかないのが本当にファンとしてもどかしい!
リリーフに任せても自分が投げてもなかなか8回をうまく乗り越えられませんね。
ああああ、早く勝ちがつくことを願っています。

一番大切なことは試合を作ること。
結果としてそれが勝利数とか防御率とかそういう数字になって表れてくるものです。

それでもやっぱり先発投手にとって勝ち星っていうのは頑張った証みたいなものとして絶対に欲しいものだと思うんですよねえ。

どうかどうか、たまには楽に勝たせて欲しいものです。



おっと、試合の方は福地のおかげで勝利!
ああ、なんて頼れる選手なんでしょう。
もう本当にね、福地のおかげで勝った試合、数え切れませんね。
そして福地を見るとワクワクするこの気持ちも何物にも変えがたい価値がある。


石川君がミスで泣き、そして相手チームのミスに救われた試合でしたね!

8回裏ヤクルトにバント処理のミスが出たと思ったら、今度はその内川が直後の9回表に同じようにノーアウト一塁からの志田のバント処理で悪送球。

そのおかげで打撃不振にあえぐ福川にもバントを任せることができ、1アウト2塁3塁を作った結果、相手がスクイズ警戒をしすぎて代打(の代打)野口に四球、そして福地の打席といい流れがやってきました。

やっぱりミスは怖い!と思った試合でしたね。
些細なミスが命取りに。


最終回の松岡は怖かった、本当に怖かった。
押本大乱調の広島戦の悪夢がヤクルトファン全員の頭に思い出されたことでしょう(笑)




五輪の方は青木が活躍しててびっくりした~!!

でもこの試合のおかげでいかにチャンスで青木が打たないか、そしてチャンスではない場面の青木のすばらしさが伝わったと思います(笑)
青木は頼れる選手ですけどね。チャンスだって昔は強かったわけですしね。今シーズンだって6月中旬から7月上旬にかけては異常にチャンスに強かったんですよねえ。



エキサイトベースボールの解説者コメントより。

■解説者コメント 盛田幸妃

両チーム共に先発投手が丁寧に投げて、7回までは非常に締まったゲーム。8回にヤクルトが福地のスリーベースを足がかりに先制し、試合が動き出した。横浜も8回の攻撃、吉村のタイムリーで試合を振り出しに戻し、なお1・3塁のチャンスでビグビーが併殺打に倒れ、一気に逆転することが出来なかった。ここが今日の試合のポイントで、横浜の敗因。同点止まりに終わった為、9回頭から寺原を投入できず、結局バント処理のミスも出て勝ち越しを許すことになってしまった。ただここで別の考え方も出来る。8回を終わって同点の段階で、横浜は9回から寺原でもよかったのではないか。残りの投手で一番いいのは寺原。9・10回の2イニングを寺原がしっかり抑え、その間にサヨナラを狙う試合運びを選択する策もあったはず。ヤクルトには、松岡・押本・林昌勇の3枚が残っており、そこに対抗できるのはやはり寺原しかいないだろう。互角の勝負をしながら、最後の最後で後手にまわってしまった。横浜にとっては、惜しいゲームだった。



この選手で負けたら仕方ないとある程度割り切れる選手の存在ってありがたいなあ。
そして相手ベンチからある程度警戒される投手が残っているこのありがたさ。
まあ最近乱調続きですし、特に打力のあるチームには弱いのですが(笑)
岩隈16勝目キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!! | HOME | 野球

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

Benri-Navi

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。