スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃移籍 

つば先生移籍キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

つば九郎一言日記
http://ameblo.jp/2896-blog/


アメブロってサイバーエージェンシーでしたっけ?
…去年いろいろスワローズとの間にありましたねえ(笑)

sporaがシステム変更後、写真が小さくなったり非常に見にくくなっていてつば先生ファンとして困るわーと思っていたところなのでこの移籍は大歓迎です♪
昨日燕太郎&ナベツネ投手が移籍していたので先生も移籍するかなと期待はしていたものの、先生はおそらくsporaで一番のブロガーだろうからそんな簡単に移籍できないのかもと思ったりもしていて、円満移籍できたようでよかったです。

いわゆるひとつの(@長嶋監督)とかよ・ろ・し・く!(@三浦投手)とかこう何気なく野球ファンならニヤリとできるネタを詰め込んでるのがつば先生の魅力でございます。これを機にファンが増えるといいな!

ひっこしおばさん懐かしい!


ファン感に向け、神宮ベストゲーム投票実施中。

うううーん、どの試合が一位になるんだろうなあ。
CSまで含まれるので、やっぱりファイナル進出決めたCS第3戦でしょうかね。
個人的には9月のタイガース戦とか7月のドラゴンズ戦、6月のサヨナラ勝ちしたライオンズ戦なんかも忘れられないなー。あ、GWも熱かったな。

あと一週間ちょっとで結果が出ます。どんな結果になるのかな。
スポンサーサイト

二人のMVP 

@DragonsOfficial中日ドラゴンズ公式アカウント
控え室に戻ってきたら、つば九郎さんがメッセージを残して帰られた後でした。つば九郎さんありがとうございました。セ・リーグ代表として頑張ります! http://twitpic.com/7bft1t


@DragonsOfficial中日ドラゴンズ公式アカウント
つば九郎さんからの控え室のポスターに残してくれたコメントです。 どあら、しゃお、ぱお ちあどらごんずのみなさんの ちーむわーくにまけました またあいましょう つばくろう(サイン) 以上です。つば九郎さんありがとうございました。コナミ日本シリーズ!猛烈に頑張ります!

勝者が敗者の控室に行ったとき、もう控室はもぬけの殻。
そしてポスターに一言残されたメッセージ。

つば先生、行動が粋すぎるでしょー( ;∀;)

セレモニーにも参加して、三塁ベンチから一生懸命手羽をパチパチさせる先生。
敗者のプライドを感じました><
私もこういう敗者でありたい。

そういえば今回もパオ公式ツイッターで、「へんなポスターを見つめるパオ」が見られて満足♪
ナゴド控室に飾られるつば先生のポスターを不思議そうに眺めるパオの図はかなり和みます。
前回は花火ナイターポスターでしたが、今回は開幕前に作られたポスターでしたね!


最後に。公式サイトより。

■6回に2ランを浴びるも中2日で先発し力投の館山投手
「気持ちの整理がつかない。そっとしておいてください」

ファン全員が思っています、2011年、ここまで躍進できたのは館山君のおかげだって!!!
そしてCS1stを突破し、ファイナルステージでここまで善戦したのも、リリーフに先発にフル回転してくれた館山君の存在あってこそだったよ。

誰もが認める、2011年のMVPです。

本当なら今すぐにでも手術しなければならないほどボロボロの身体に鞭打って、チームのためにひたすら腕を振ってくれたこの数か月。
それがあったから私たちファンはここまで野球を見続けることができたのです。

これでオフには肘(でしたっけ?)の手術をすることになるでしょう。
もう来年の開幕なんて気にしないでいいです。
とにかく心おきなく休んで、リハビリに時間をきちんと充ててください。誰も文句言わない、言えません。

本当にこの1年ありがとうございました、館山投手!!!

大丈夫、休んでる間はいしかーさんが守ってくれます。
っていうか守ってくれなきゃ!!!

2011年シーズン終了!! 

2007年、屈辱の最下位でシーズン終了。
古田、石井一久、高津といった黄金時代を支えた選手たちがこぞってチームを去りました。

2008年、高田新監督を迎え新しいチームを作り始めるも力及ばず5位。
それでも、左右のエース・中継ぎリレーの構築と投手陣の整備は進み、これからのスワローズの成長を予感させてくれるシーズンでした。

2009年、3位。
08年オフにかねてより課題だった捕手の補強として初めてFAにて相川を獲得。
その甲斐あって前半戦は2位で折り返すも後半大失速。
タイガースとのし烈な3位争いを左右のエースで制し、球団史上初のCS出場に導きました。
この3位争いは本当に厳しく、怪我人続出で二軍選手ばかりが名を連ね、あげく「四番・青木」という超スクランブル体制だったのも今となってはいい思い出です。

2010年、4位。
5月に大失速をし、最大借金19を記録、そして高田監督、開幕二か月で引責辞任。
しかしそのあとを受けた小川代行によって「ミルミル」借金を返済。
CS争い戦線にまで名乗りを上げるも最後は力尽き、四位。
由規・村中が二桁勝利を果たし、2011年への期待感で満ちたシーズンでもありました。

そして、2011年。

開幕3連敗を喫するも、そこから首位街道まっしぐら。

けれど。
悪夢のナゴド3連敗に4連敗。
最後に力及ばず、10ゲーム差をひっくり返され、まさかのV逸、2位終了。
1年戦うことのむずかしさを痛感したシーズンでした。

それでも初めての神宮でのCS開催
そして、2007年から続いていたセリーグのCSファイナル「ドラゴンズvsジャイアンツ」の構図を初めて打ち破り、この2チーム以外で初のファイナル出場を果たしました。


2008年からこのブログで野球のことを中心に書くようになり、三年半の月日が経ちました。


今の感情を言葉にするのは難しいな。

心から本当に悔しい。
たぶん、今年のスワローズファンは、優勝できるなら、CSで負けてもいいと思ってた人が多いと思います。

だって館山君が血行障害の身体に鞭打ってあれだけ投げてるのは、優勝したいから、でしょう?

3時間半ルールや、ジャイアンツ・タイガースの不調にも助けられた今年のこの成績。
このチャンスを逃したくない。
プロ野球やっていて、優勝したくない人なんているわけがない。

そんな館山君の気持ちを感じるから、余計に優勝以外何もいらないと思いました。


でも力及ばなかった。
俺竜の経験、体力、すべてが最後はスワローズを上回っていました。
まだまだ今のスワローズには足りないものがたくさんあると痛感しました。


でも悔しい一方で、充実感とかありがとうって感謝したい気持ち、よくやったよ!って選手や監督、コーチ、裏方のスタッフさん、チーム全体を讃えたい気持ちもすごくあります。

2007年の最下位から、4年で、チームをここまで変えてくれました。
三強三弱とさんざんバカにされてきたセリーグに新しい風を吹かせてくれました。

手に取るように成長しているのが、変わっていってるのが分かるチームなんてそうないと思う。

こんな面白いものを見せてくれたことに感謝したいし、すっごい幸せなことだと思うのですよ。


そしてこんなに順位にこだわって野球を見たのもとても久しぶりの経験でした。
11月までスワローズの選手たちが試合をしている姿を見られるなんて幸せなこと。
クライマックスシリーズが他人事じゃないっていうことに喜びを覚えるべきなのかもしれません。

とはいえスポーツは勝ってなんぼ。
参加することに意義があるのは学生さんの部活だけです。

だからやっぱり勝ってほしかった。

でも今まで見てきて、最下位に終わってからの四年間を知っているから、その道のりを思うと、もうこれだけでも十分って思っちゃう自分もいる。


あああああ、まだうまく整理できないなー!!!


とにかくこれで終了です。
やるだけのことはやりました。CSでの全員野球、興奮しないはずがない。


選手の皆さん、今年一年、お疲れ様でした!!!
また来年、神宮でお会いしましょう。

豪華リレーどころの騒ぎじゃない 

(クライマックスシリーズ・セ ファイナルS第2戦、中日1-3ヤクルト、中日2勝1敗、3日、ナゴヤドーム)ヤクルトが中日に競り勝ち、CSファイナルステージで初勝利。八回に飯原が均衡を破る先制ソロを放つと、九回には途中出場の畠山が2点適時打を放った。投げては先発・石川2番手・館山という豪華リレーで中日打線を1点に抑えた。


すべてが終わるまでいろいろ書かないでおこうと思ったんだけれど、これだけは。


もうこの投手リレーだけで号泣でした。
村中かなーと思ったら館山君登場。左エースと右エースでもぎ取った一勝。何この漫画みたいな展開。

駄目だ、書いててまた涙が出てきてしまいました。


(追記)
NHKBSの野球中継終了時のハイライト、いしかーさんについては投げる場面よりまず先にきっちりいつもの「ロージンを吹くところ」を入れてるあたり、NHKBSのスポーツ班はよく分かってらっしゃる!!!!!
ロージン手に取って、ぽんぽんして、ふっ(ぼわわ)。これあってのいしかーさんです。


産経新聞より。

ヤクルト自慢の左右両エースが勝利呼び込む好リレー
2011.11.4 00:56

 ヤクルトが誇る左右両エースが、短期決戦を占う一戦で絶好の投手リレーを披露した。先発の石川が7回1安打無失点の好投を見せると、本来は先発の館山が救援に回り、森野の本塁打1本に抑えた。荒木チーフ兼投手コーチは「シミュレーション通り(の継投)」とにやりと笑った。

 石川は中3日で先発。負けられない試合に「疲れや(体の)重さは気にならなかった」とかける思いが違った。優勝をかけた10月10日の直接対決4連戦初戦で黒星を喫した。この日も悔しさが頭をよぎり、「やり返したかった。(救援陣に)いい投手もそろっている」と初回から飛ばし、持ち味の打たせて取る投球を存分に出した。

 救援陣の層を厚くしたのが館山。小川監督は、ナゴヤドームで今季3戦3敗の右腕を前夜からベンチに用意。短いイニングでペース配分を考えず、持てる力を出し切れる環境に置いた。「うちは先を見据えて戦うことはできない。全力で勝つだけ」と指揮官。その思いが継投に凝縮されていた。(小川寛太)

記事のタイトルだけでごはん三杯いけます(*´Д`)ハァハァ

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
10« 2011/11 »12

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。