スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武戦2連戦 

西武2連戦が終了してオープン戦全日程終了。
なんとスワローズは12球団中第二位で終えることに。
無駄に好調だけれども最後に負けて後味悪く終了するのがなんともね。
オープン戦が良くてもシーズンで結果を出せなくては意味がありません。しかも今年はかなり補強をしていて、つまりは結果を求められる一年。どうなることやら…。

とりあえずシーズン直前になって先発が実質4人しかいないってどういうことだと。
(笑)とかつけられない事態ですよー!
でも木田を入れれば5人。なんとか・・・・な、なる、かな・・・・?
あとは雨天中止に期待するっきゃないか!

村中が復帰するまでの我慢…。
増渕は二軍で投げてるようですがまだ不調なのかな?
あとは一場ですか一場しかいないんですか。今日投げたものの、サンスポによるとまず二軍での調整になるようですね。
環境が変わればもしかしてもしかすると?

ヘチョン&バレットはやや外れ感が漂っていますが、デントナは期待してもよさそう?
前も書いた通り、彼は若いのが何より。青木よりも若い!
今年はそこそこやってくれるだけでも十分。
ガイエルがいるうちは日本球界に慣れることを第一に、長く在籍してほしい選手ですね~。

さて、今度の金曜日にはもう開幕。今年はどういうシーズンになるのかな。

久しぶりのブラウンシフトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
以下スポニチより。

広島内野5人!まんまと“三遊間左ゴロ!”

 【広島3―3ソフトバンク】広島は3―3で迎えた9回裏の守り。林が先頭の長谷川に三塁打を打たれ、続く柴原のカウントが1―2となったところでブラウン監督が動いた。左翼の広瀬に代えて守備のスペシャリスト・木村を投入。その木村を前進守備を敷く内野の三遊間に配置した。

 メジャーでは時々見られる内野5人シフト。ブラウン監督は就任初年度の06年にも2度、同様のシフトを敢行している。過去2度は失敗に終わっていたが、この日は奇策がピタリとはまった。まずは柴原を二ゴロ。続く中西の打球は三遊間を守る“左翼手”へのゴロとなった。「テレビでは見たことあるけど、実際にやったのは初めて。でも落ち着いて、いつも通り守りました」と木村は冷静にさばいて、三塁走者の代走・辻はくぎ付け。ここでナインは本来の守備位置に戻り、最後は高谷を一ゴロに打ち取って引き分けに持ち込んだ。

 「今日はたまたま、うまくいったけど、なかなか、そうはいかないプレーだ」とブラウン監督。だが、新本拠地のマツダスタジアムは内野も天然芝で打球が遅く、内野守備が鍵を握るだけにシーズンでも驚きのシフトが見られるかもしれない。

前のブラウンシフト時は、まさかのバッテリーミス(ワイルドピッチかパスボールか忘れたけれど)で内野どころかボールがキャッチャーの後ろに行ってしまい、内野5人体制の意味がまるでなかったけれど!今回は無事成功してよかったよかった。
結果としては「左ゴロ」なのかな?

スポニチには他にもイムの話も。
「WBCの質問は訳さない」慎さんかっこいい!
スポンサーサイト

青木&イム合流 

WBCに参加していた青木&イムがチームに合流。
青木はそらもうノリにノッってる感じでしょうし心配ないかな。
明日・明後日のオープン戦には志願出場するようで、体力的にも心配なさそうです。
今年こそスワローズの不動の三番バッターと呼ばれるようになってほしいなあ。「燕のリードオフマン」は別の選手に譲りましょ!

公式サイトより。

27日、オープン戦のなかったチームは神宮球場、軟式野球場で全体練習。この日から先のWBCでそれぞれ日本代表、韓国代表として活躍した青木宣親選手と林昌勇投手がチームに合流し、汗を流しました。

練習開始前、ナインと対面し「おめでとう」「お疲れさま」とねぎらいの言葉をかけられた二人。全員の前で青木選手「WBCで世界一を取った青木です! WBCの勢いのまま、日本一を取りたいと思います。みんな力を合わせて日本一になりましょう!!」と挨拶すると、林昌勇投手「世界2位になりました。立派な仕事、恥ずかしくないピッチングをしました。スワローズが優勝できるように頑張ります!!」と決意を表しました。

(フォトギャラリーより)
一方、準優勝した韓国代表のクローザーを務め上げた林昌勇投手は、この日の午前中に来日しすぐの練習参加。「応援ありがとうございました。スワローズに帰ってきて、自分の家に戻ってきた感じがします。これからもチームの優勝目指して頑張ります!!」と、さらにたくましくなった守護神に、熱い声援をお願いします!

気持ちはもうシーズンモードに突入でしょうか。
イムは精神的に心配でしたが、フォトギャラリーなどで笑顔も見せてましたし大丈夫かなー。でも、ついこの間まで戦ってたのに今度は味方ってのは不思議な感じです。

来週の今頃は開幕戦の結果がもう出てるんだよなあ。
どうなってることやら。
石川君はサンスポに、昨日の登板後、完投を想定してさらに投げ込みを行ったという記事が出ていました。気合は十分ですね。開幕戦は今のところ無敗かな?今年も記録を伸ばせるかどうか。すべては来週の金曜に。

さてイムに関しては色々と気になる記事が。

韓国 金監督、高田監督に「申し訳ない」
 【WBC】韓国の金寅植監督は決勝戦に敗れた翌24日朝に、林昌勇の起用法について「林昌勇は日本に帰ってまた投げなければならない。ところが決勝戦は球数(47球)が多かった。林昌勇には高田監督に“私が申し訳ないことをした”と伝えるよう申し付けておいた」と話していたと韓国メディアが報じた。

監督が変われば起用法だって当然変わるわけで誰が悪いという問題でもないと思いますけどねー。(もちろんファンとしては思うところがそりゃ色々とあるけど、あくまでそれはイムに好意的な視点から物を見たときの話というか。)

最終調整 

予告通り石川君がベイスターズ戦に先発登板。
5回80球5安打1失点。今回は無四球なのが良かった良かった。
前回が5回77球6安打2四死球ですから、前回登板では調子が最悪と言っていましたが、そこから持ち直したと見てよさそうです。
ベイスターズの新外国人ジョンソンには2安打。
なんかまた怖い助っ人が来たものだ!
ガイエルみたいな人なんですよね、よく分からないけどなんかすごいみたいな。
これはスワローズの裏方さんにきちんと研究してもらって対策を練らねば。

以下サンスポより引用。

燕・石川、スライドの影響なし「いよいよ」
 オープン戦(ヤクルト10-1横浜、26日、神宮)
 25日が雨天中止となった影響で、石川はスライドで先発した。ボールを内外に散らし、5回1失点と無難な内容。開幕投手が予想される左腕は「いよいよ、という感じ。あとはシーズンに入るだけ」と静かに気持ちを高ぶらせた。

 本来は先発の予定だった由規が、六回から2番手で登板。4回を1安打無失点だったが、5四球を与えた。「四球が多くなると自分を追いつめてしまう」と修正点を口にした。

ヤクルト・高田監督
(石川のスライド登板に)「開幕まであと1週間だから、どうしても投げさせないといけなかった」

ヤクルト・田中浩
(三回に1号満塁本塁打)「打撃に関して内容は悪くなかった。いろいろやっていることが、必ずシーズンでプラスになる」

石川君-由規君と無駄に豪華なリレー(笑)
スライドがなければ、由規先発予定だったのかな?
去年は雨かなんかで先発予定が崩れてしまって、開幕に向けて調整するために二軍の開幕戦でも投げW開幕投手なんて言われましたが、今年はそういうこともなく。

打線は去年の主力選手たちの不調が気になっていましたが、なんか気づいたらほとんどの選手が復調してましたねー。
今日はダブルスチールなんかもあったようで、今年も走りまくる野球は健在!

公式サイトより本日の試合のコメント引用。

■前日からスライド登板も、5回1失点で勝利投手となった石川投手
「腕も振れていたし、同一リーグということで意識しましたが、初回にヒットを打たれたけど0点に抑えられてよかった。ある程度乗っていけました。(シーズンに向け)試合に入るといろんな状況が出てくるので、シーズンと同じ感じでなげました。(スライド登板については)シーズン中もあることだと思うのでうまくできたと思います。オフ、キャンプと、シーズンを乗り切るためにやってきた。後はシーズンに入っていけるかだけ。いよいよだと思う。(オープン戦でやり残したことは)特にない。何がいいかもわからないが、時間は待ってくれないし、自分なりの調整ができているので不安はない。ただ、打席に立っていないので、送りバントとかができるかとか(笑)。でも、今日は点を取られたあとに点を取られたのでそういうところをしっかり抑えたいです」

石川君は何気にバント上手だと思うのですがいかがでしょうか。
サクっと決めることが多くて見ていて気持ちよいものです。

青木ベストナインおめでとう! 

今日のオープン戦は中止!
ラジオ情報によると石川君は明日へスライドだそうです。
「シーズン中もスライドすることがあるだろうからいい練習になります」
というわけで明日ベイスターズ戦に先発。
二週連続同じチームよりかえって良かったかもしれませんねー。
先週はライオンズでした!ファイターズに投げたのは今月頭ですね。
しかし天敵・吉村がいるわけで非常に結果が怖い。HR打たれませんように!

先日の出陣式では友達がいないと冗談交じりに言っていた相川もラジオでは石川君のことを「マサくん」と呼んでいて、バッテリーのコミュニケーションは大丈夫そう?
癖の話は移籍したばかりの頃にも出てましたよね。
ベイスターズには癖を見抜かれてた、と。
カツオカーブを駆使して今年も一年ローテを守ってくださいー。


WBCでは青木がベストナイン(正確にはベストチーム)に選ばれたー!!!
日本人野手では青木だけ!
終盤はちょっと息切れしたのか、最後美味しいところはイチローや松坂に取られてしまい、スター性の違いと割り切ってはいたもののちょっと複雑だったのでこういう評価が出て嬉しいなー!
もう弱いチームでのびのびやってるだけだなんて言わせません!

サンスポにはこんな頼もしい言葉が。

メジャーの投手と対戦する機会はないから、貴重な経験だった。いい勉強にもなって、自信にもなった。いつかはメジャーでやってみたいと思うけど、今はヤクルトの人間なので。もちろん、夢はあるけど、まずは世界一になった勢いでヤクルトでも日本一になりたい。

無理無理という声も聞こえてきそうですが、私は信じてますよー。
ほとんどの選手が日本一どころかリーグ優勝の経験もなくて、シャンパンファイトというかビールかけをしたことも当然なくて。
シャンパンファイトの様子がたくさんニュースで流れて、それをスワローズの選手たちも見ていて絶対に刺激になったと思います。うらやましさと少しばかりの悔しさ的な気持ちだってあると思います。
それを力にして、リーグ優勝、そして日本一。
言うだけなら自由!夢は大きく!!!

青木の「イチローさんにばっか頼っていられない」って言葉も突き刺さるものが。
スワローズも青木にばっか頼っててはいけないってことですよね。
青木がイチローのフォローをしたように、青木のフォローを若手選手が!
そうなればいいなあ。

どこもかしこもスワローズ 

青木に岩村に稲葉にイムにみんな暴れてました色んな意味で。
イチローのスターっぷりはもうすべてのメディアで取り上げられるだろうしいいとして。

イムのメンタル面が心配になっちゃう試合でした。
10回表はもう観るのが辛かった。
あの場面で思い切ってイチローと勝負して打たれて、中島には死球で、青木には上手く投げられなくて、結局敬遠。痛々しすぎる…。
基本1イニングの選手ですから…と前向きに。
もともと故障だって持ってるわけだし、あまり酷使しないでください><
とりあえずイムが無事日本に帰って来れますように!


さて本日の青木。

青木キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

走塁ミス/(^o^)\ナンテコッタイ

センターの守備は普通にこなせるε-(´∀`*)ホッ

また青木vsイムかよどれだけその対決好きなんだよ(#^ω^)

青木敬遠ε-(´∀`*)ホッ

(この後についてはもうイムで切ない気持ちでいっぱいなので省略。)


いろんな意味で青木が活躍していた試合・・・で・・・した・・・・。
エラーでの出塁。
ヒット。
盗塁したら走りすぎてタッチアウト。
めちゃくちゃ惜しい当たりのフライ。
センターへの当たりをジャンプしながらナイスキャッチ。
次4番なのに ま さ か の 敬 遠 。
青木ずいぶんと評価されてる!(え?ただ守りやすくしただけ?)

青木でもそりゃ調子落としちゃうときはあるもんね!
でも打撃で貢献できないときこそ守備走塁のミスは惜しい。

日曜日に川島君がオーバーランを見越してアウトを取る好守を見せましたが、まさかアメリカでは青木がオーバーランで刺されるとはね。
走塁重視、盗塁大好きなスワローズとしてもああいう走塁ミスはいかんですよ!
(思い切ってホーム突入とかそういうのはアリアリなチームだと思うけれど。)

とはいえWBC振り返ると青木はなかなか日本代表の勝利に貢献してきた方だと思います。メジャー選手差し置いて全試合で3番任されたってのもすごいと思うし、打点だってあげていた。
控え選手だった前回WBCから着実に成長をしていて、結果も残した。
やっぱり青木はすごいなあと思った大会でした。
でもイチローとか松坂を見るとスター性はさすがにまだまだと思いました(笑)


とりあえず、大会お疲れ様でしたー。
早くスワローズのユニフォームを着る二人を見たい!

何はともあれ勝ちは勝ち 

(追記)

みみみみみ宮出と一場のトレードって何考えてるんだああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

ヤ ク ル ト 始 ま っ た な !

意外とアリだと思うんですけど!

(追記終了)



青木\(^o^)/


今日ほど勝ってよかったと思える日はなかった…。
これで負けてたら青木は日本に帰れないレベルです。(ぶっちゃけ本人はそのままアメリカにいたい気分かもしれませんけどね!いやいや、あと何年かはスワローズにいてもらわねば。)

打てない日はいくら青木でもあるとは思うのですが守備は…。
せめて打てないなら守備で貢献すればいいものを守備でも足引っ張るとは、びっくりするくらい今日の青木はグダグダでした。

で、でも青木は本職センターですから!
2005年の一軍定着以降、公式戦はほぼ全試合、センターで出場。
レフトにはラミちゃんがずっといたこともあって、一軍公式戦でレフト守ったことはないんです!今年のスワローズキャンプでWBCに備えレフトで練習したくらいですからね。
とスワローズファンとして精一杯フォローを(笑)

今日の分も明日取り返してほしいものです。
そしてもうイムvs青木は見たくありません><


さてさて昨日のOP戦はスワローズの快勝。
不調だった福地&川島が調子を戻してきました。
川島は好守でも魅せてくれたみたいです。去年夏にショート始めたわけで、まだショート歴一年未満なのによくやりますね。もちろん宮本に比べればまだまだなんでしょうけど。
これで浩康が帰ってきてくれれば二遊間がガッチリと。

出陣式のレポートも公式に来てましたー。

そして、笑いいっぱいのトークショーへ。注目の開幕投手について、高田監督「去年のシーズンが終わった頃には決まっていた」と話すと、参加していた投手陣は不敵な笑みがこぼれます。石川投手「まだ聞いてないんですけど、館山に負けないように頑張ってきました!」と言うと、館山投手からは「去年シーズンが終わった時に言われました」と衝撃告白! さらに横にいた由規投手「あのー、ボクも言われました…」と、開幕投手候補が続々と出現しました。これには高田監督「こんなとこでバラされるとは…ちょっと頭がこんがらがって来ました」とオトボケ。さて、本当の開幕投手は一体誰なんでしょうか?

なんというボケ合戦。
フォトギャラリーでは松岡まで開幕投手に立候補してるし!
館山くんは少し石川君に対して失礼になってきた気がします(笑)
まだ170cm諦めてない発言といいね。左右エースがんばってー!

相川は友達がいないんかい!
みんなもっと相川の誘いに乗ってあげてください><

さて、OP戦は残るところ5試合。全部関東だから体力的には楽でしょうかね。

連戦は明日まで 

李はあまり期待できない感じでしょうかねえ。
でも6回6失点で勝ち投手になるあたりは石川君に通じるものも(笑)
か、勝ち運はありそう?
東スポにはスワローズにせんとくんが現れたなんて書かれてるくらい、なかなか愛嬌のあるお顔立ちをしてまして、そんな嫌いではない、顔は。
でもなー、去年はリオス登板日は罰ゲームとすら思ってたわけで、今年はそういうことがないことを願っていますほんとにお願いします。

逆にデントナは良すぎて怖い。
こ、これは期待していいの?
ペタレベルとは言わない。ラミちゃんレベルとも言わない。ベッツでいいから!
(私は観にいった試合(石川君先発の試合)でベッツの2HRで勝ったということがあり、ベッツが結構好きだったんですよー。でも実際問題、勝つならベッツでは駄目…?)
助っ人はシーズン始まってみなくては実際どんなものか分かりはしませんね。

ここ最近不調だった浩康君がスタメン落ち。
浩康&川島不調は困る。この新二遊間に期待してるんだけどなあ!
(川島はOP戦開幕直後より、調子は上向きな感じですかね。)
とはいえ、去年も一回スタメン落ちがあった翌日には思い切り活躍していたので、その負けん気を信じましょー。

宮本が週べの相川との対談で「二遊間にはチームを引っ張る気持ちでいてもらいたい」「自分がサードになったのは仕方ないと思えるショートになってほしい」と言っておりました。
ポジションを空けてもらったではなく、ポジションを奪った。
そう言える日が早く訪れますように!
(週べでは相川の「最初にヤクルトがずっと待ってると言ってくれたから、(国内球団なら)最初からヤクルト以外行く気はなかった」(意訳)という発言に感動しました。こんなこと言われちゃ相川を応援するっきゃないじゃないかー!)
(そして宮本の「FAは少し迷ったけれど、今いる選手を置いて出てはいけないと思った」との発言にもホロリと。それは駄目な子ほどかわいいみたいな感じですか。まだまだプロとして一人前とは言いがたい選手ばっかのチームを放ってはおかねい、と。優しいキャプテンじゃないか。しかし若手選手とのコミュニケーションについてはなかなか難しいみたいです。)

最後に。今日のフォトギャラリーの石川君には笑った。

リベンジ 

韓国戦は日本の勝利。
青木は今回も勝利に多少なりとも貢献したようで良かった良かった!
勝ち越しのきっかけとなるセーフティバントにダメ押しタイムリー。好調だな~。
試合は見られなかったのですが、9回の飛び出しアウトが気になる…。
打球判断はしっかり><

それよりも村田が重症で栗原と入れ替えってことで…。
肉離れってどれくらい復帰までにかかるんでしょうかねえ。
癖になるって言いますよね。
去年、川本が肉離れで開幕間に合わず、結局復帰したのは5月最後の試合。
その川本も、一回治ったんだけれどまたやって復帰まで時間がかかったような。
五十嵐は開幕戦で肉離れを起こして、5月GWの試合で復帰。人によりけりかな。
捕手・投手と野手ではまた違うし比べられないか。

プレーする以上怪我のリスクは背負わなければなりませんが、でも選手にとってWBCがすべてではなく、その後にはシーズンが待っています。
WBCで燃え尽きてはいけません。
やっぱり怪我だけは気をつけて欲しい。


スワローズは本日は残念ながら敗戦。
0-0で来て、9回にHR許して0-1の悔しい敗戦。
とはいえ投手の調整はいい感じに進んでるのでしょうかねー。
野手もまあ、いい投手がきたらそう打てるものでもないでしょうし。
ファイターズの捕手・大野君はルーキーの子でしたっけ?
ドラフト時の目玉捕手だったような。


神宮連戦はあと2試合。投げるのは李と川島かな?

W勝利 

スワローズ&日本代表どっちも勝って嬉しいものです。
青木はやっぱりすごいなー!
でも日本代表でも牽制死を披露していて、青木は青木なんだと多少ホッとしたりも(笑)
今年は3番青木に期待できそう?

さてスワローズ、本日はライオンズに逆転勝利!
先発由規が不安定でリリーフの高井も打たれましたが、打線が奮起。

こういう試合展開は珍しいものですねー。
その立役者は新助っ人のデントナ?
二打席連続HRと、なんだかやりそうな雰囲気を醸し出してます。
怪我で開幕間に合うかは微妙みたいですが、去年は助っ人の乱調に泣かされた一年だったわけで、今年は、去年チャンスを掴んだ若手選手と今年新加入の助っ人選手で力を合わせて上を目指してほしいですねー。

デントナの何がいいって若いことだと思うのです。
スワローズ的黄金世代82年組の一人。これから脂が乗ってきてもおかしくない。
何年もスワローズにいて、愛される助っ人になってほしいなあ。
もちろんガイエルの活躍も楽しみにしてますよー。

今週も直接対決 

本日のライオンズ戦に石川君が登板!
ライオンズ先発は石井一、また元チームメイト左腕との直接対決です。
5回77球1失点(被安打6四球1死球1)
6安打からも分かる通り、今日は調子が芳しくなかったようです。
とはいえ悪いながらも5回投げて1失点は十分。粘りの投球!
日刊スコアを参考にしてますが、3回の先頭打者に二塁打、続く打者に死球でノーアウト一塁・二塁。しかも上位打線相手。ここを無失点で切り抜けるところがいいなーと思いました。

今週の週べに石川君は得点圏にランナーがいるときの被打率がセの投手の中でかなり低いというデータが出ていました。(といっても規定満たした10人の比較だけど。)
満塁のときはワーストだったけど(笑)これが粘りの投球ってやつですか。

中島・片岡がいなくて、細川もスタメンではなかったわけで本気モードのライオンズ相手ではありませんが、勝ってよかったです。


時事通信より引用。

石川、技巧派の本領発揮
 ヤクルトの石川が技巧派投手の見本ともいえる投球術で、西武打線を5回1失点に抑えた。
 1回、先頭の赤田、続く栗山に連打を許した。それでもG佐藤を狙い通りに併殺に仕留めるなど、何とかこの回を1点だけにしのぎ、「悪いなりにも最少失点に切り抜けられた」
 2回以降も調子は戻らない。捕手・相川の構えるミットとは反対の逆球も多く、苦しい投球が続いた。相川から「調子の悪いときもあるだろうが、これをどう乗り切るかがいい投手との境」と言われ、粘り強く投げることを心掛けた。
 今年から取り組むカーブを交えながら、低めを丁寧に突く。微妙な制球こそ欠いたが、低めに集めたことで連打を許さず、終わってみれば失点は1回の1点だけと粘りを発揮した。
 キャンプからここまでは順調にきた開幕投手候補。それだけに荒木投手コーチも「悪い日の投球を見たかった。シーズン前にいい練習になったのでは」。シーズンは好調なときばかりではない。不調でも試合を壊さなかったこの日の石川の投球は、首脳陣の信頼を厚くした。(了)

相川とのコミュニケーションも心配なさそう!

もうひとつ大切なのは、次の登板、でしょうかね。
もちろん悪いなりに踏ん張った今日はOKとして、次までに調子を戻せるか。
次回登板に注目です。


最後に本日の登板に関して公式よりコメント引用。

■走者を背負いながらも5回1失点の粘りの投球を見せた先発・石川投手
「調子はよくなかったけど、悪いなりに最小失点でいけました。コントロールが定まらなかったり、苦しい時でもゴロを打たせたり、点を与えなかったり、シーズン中も粘り強く投げていきたい。(キャッチャーの相川選手と)1、2回を終わったところで『こういう日もあるから。どう乗り切るかが、いいピッチャーかそうじゃないかの違い』という話をしました。勝てるピッチャーは(調子の)波が小さい。波を小さく、シーズンを乗り切りたいです」

防御率を良くするという目標は去年クリアできました。
投球回数も稼ぎました。
残る課題は、負け数ですね。
ファンとしては1失点で負けがついた試合だってあるんだから!!!と言いたいところですけど、まあでも打線が一点も取れなければ、一点もやらないという気持ちで!


韓国戦は残念ながら敗戦。
またイムを見る羽目にっ!!
でも今日のイムは抑えてたけれど絶好調ではなさげ?
メジャーとの練習試合では打ち込まれたようですし、シーズンに向け心配ですね。

キューバ戦勝利 



もうあえて書くまでもないとおもいますが

164cm左腕をあっさり攻略

と見間違えただけという話です。
もう16という数字と左腕という数字があれば自動的に身長の話だとはじき出す自分の頭が恨めしい。

青木がまた打点をあげただけでもう大満足です。
けれども、それよりも先制となったWPの方がよく取り上げられるせいか、タイムリーを打った場面よりも岩村に「来い来い」している場面の方が目に付きます。もっとタイムリーのところも映してください><

そしてスワローズでもそれをやれ!



大事なこと書き忘れてました。
東京ヤクルトスワローズ40周年の記念サイトができあがってましたねー。
しかし凝りすぎてて結構迷子になる(笑)
伝統の背番号の話で19も出ていました。
今でこそ左腕エースのイメージであるものの最初は右腕エースの番号だったとか。
18も意味のある番号な気がしますが…。
17・18・19がスワローズの投手にとって特に重い番号なのかな。
もちろん1と27は別格です!

ジャンクスポーツ感想 

石川君&由規君が出演したジャンク感想でーす。

・紹介VTR

由規のことは「泣き虫王子」
ドラフト会議で泣き、交渉で泣き、寮入るときにも泣き。
改めてこう見ると泣きすぎだわ(笑)
でも初勝利のときは泣きませんでしたね。成長したのかな!

で、石川君の紹介が「選手会長」
このテロップが出た瞬間、ワイプで映ってた浜ちゃんが「え!?マジ!?」とおいおいスワローズの人選間違ってるぞと言わんばかりの反応を。
こ、これでも一軍メンバーの中では年齢上の方ですしね!先発陣最年長!!


・防御率トップの話

最後の先発試合で好投、あと1アウトで防御率トップというところまでなりましたが!
その後のベンチ裏・・・
監督・コーチ「(防御率トップまで)1アウト足りねーぞ」
石川君「おいおい、調べといてくれよ…」

工エエェェ(´゜д゜`)ェェエエ工
やっぱりあれはうっかりミスだったのかあああああ!

私はあれはわざとだと信じてたのにっ!
まだ同じく防御率タイトル争いをしていた内海の登板が残っていて、その結果次第で最終戦に先発で登板するか中継ぎで調整登板にするか決めるだけだと好意的に解釈してたのにいいいいい。

こちらの記事

ルイスを0.04差で追う2位石川は6日、神宮球場で阪神戦に先発。6回を終えて1失点と、あと1人抑えればルイスを抜いてトップに立てたが、ベンチは7回から2番手の松岡をマウンドへ。これで石川はルイスにわずか0.002差にまで迫ったが2位のまま…。

 すでに5位が確定しているヤクルトにとっては消化ゲーム。個人タイトル重視の采配でもいいはずだ。一体、ベンチの意図はどこにあったのか?

 ところが試合後、ヤクルト・高田監督の第一声は「石川どう? (ルイスを)超えたか?」。荒木投手コーチも「抜いたの?」。なんと、首脳陣は細かい数字を知らずに石川を下げたのだった。

 当然、石川は釈然としない。「行けと言われているところまで行くだけ。タイトル? 狙うチャンスはあると思うので、次がんばります」と語るにとどまった。

 高田監督は「何とかしたいね」と石川のタイトル支援のため、次回登板を明言したが、この日の降板劇が吉と出るか凶と出るか。

所詮夕刊フジの記事だろ…と馬鹿にしてたわけですが正しかったということかー!

あと1アウト取れば防御率トップ確定というところで、最終戦に登板。
なんだか少し緊迫感すらあるVTR構成でしたが。
結果はご存知の通り、相手のベイスターズ石川君のバントでわりとあっさり。
これには浜ちゃんも「バントかい!」と突っ込んでいました。
石川君もなんだか球場の雰囲気が「あ…ああ~」と拍子抜けな感じで複雑だったようです。


・スピードの話

由規は最初内野手としてスタートするも、その後投げてみたら143が出てしまい投手になったという経歴を持っているとのことで…。

「カツオがっかりだなあ!」
「こっちは頑張っても130とか140なのに!」

浜ちゃん酷いです><
でもそれよりもナチュラルにカツオ呼びしててそれに驚いた!

そして速球を武器にHRバッターを相手にするのはとっても楽しいと由規が話すと…

「(球の遅い)カツオもアドレナリン出るんだぞ!」

なぜかフォローを入れてくれる浜ちゃん(笑)
さて、そんな由規君がまだ19歳であることにびっくりした浜ちゃん。

「(160キロ)出るよ!!(←めちゃくちゃ力強く)
 となり(石川君のこと)は今から衰えていくんだから!」


やっぱり酷い><


・はじめてのけいやくこうかい

この話が出てました。
球団本社と飲料水の本社は別なんですねー。


・チャレンジ

今週のテーマはチャレンジということで石川君は「キャラ変え」を。

革のジャケット着てみたり、エリを立ててみたり、ヒゲを生やしてみたりするものの、うまくいかない。
というか、二週間生やし続けてその程度なんですか?ヒゲ!
というわけで浜ちゃんから一言。「ヒゲを描け!」

スポーツフェスティバルの話も。
毎年企画で小学生と対決するコーナーがありますが、石川君はその企画の常連。
その理由が「石川は小さいから」「あいつの球は遅いから」などで、これには石川君もカチンと来たようで、小学生に華を持たせるため手を抜くほかの選手をよそに本気でボールを投げ、挙句の果てには勝ってガッツポーズまでした、と。

大人気ないにもほどがある!!!!
子供の夢を奪わないでください(笑)

まあ、スワローズにヒゲキャラは他にもいるわけで、石川君は今の感じでいいと思いますけどねー。
それよりぜひともスワローズに「中島君」を。カツオ的な意味で。

えっと、カツオボーイについてはね、気にしない方向でね。


・ファン感謝デーの話

由規君が女装を披露したわけですが。

「本番になったらすごく楽しくて」
「ものすっごい美脚で。コイツ~と思いました」

こ、こいつ~。


・質問コーナー

プロゴルファーの方から野球以外でやってみたいことは?という質問が。
その回答「バスを運転してみたい」
熱く語ってましたが、浜ちゃんには「どうでもいいわ!」と言われてました(笑)
由規君は「国歌斉唱」
石川君が「神宮の開幕戦で歌っちゃえばいいんだよ」
そういう問題じゃないです><
いつか日本代表に選ばれれば…!


イケてる瞬間の話になり出演者にどんどん話が振られていきますが!
ウッチー「石川投手―」
浜ちゃん「ないないない」

あ、あるもん!!!!!!!
石川君の回答はロージンフーフーでした。

「ロジンをポンポンポンとやって、フッてやるとき」

これはもう石川君の癖ですよねー。
他球団ファンの人のブログでもこれについて言及されてたときには笑ってしまいました。
これはイケてると思う。というか、観られると嬉しい一場面。
あの悪夢の3夜連続サヨナラ負けの試合でこれについて書いてました。

ちなみに昔はフーフーはなかったそうです。
確かにフーフーやるくらいなら最初からつけるなって話です。
ではなぜフーフーをやることになったかというと。

「投げる瞬間ボールの周りが(ロジンの粉で)白くなって、
 とある大物選手に『見にくいんだよ、やめろ!!』と言われて…」


((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
大物選手って誰ですか?
とりあえず対戦した相手ってことでスワローズ以外、交流戦もなかった頃ですし当時セにいた大物選手…。
な、何も知らない方が幸せだよね!!



意外と出番が多く、しかも面白かった一時間でしたー。
他の選手ももっと出て欲しいなあ!

空の境界未来福音 

空の境界未来福音
今回の再販でようやくゲットしました。
というわけで以下ネタバレ感想どぞー。

▼... Read more ≫

ロマサガミンストプレイ日記73(10週目/バーバラ) 

一年以上ぶりのミンサガプレイ日記更新のわけは・・・
真サルーイン撃破成功!
かなり今さらな感じではありますがそんなの気にしない!!
世の中には一人パーティで真サルーインを倒してる猛者とかいますが、もちろん私はそんなことできず、五人パーティでちまちま戦いました。

詳しい話は追記でどぞー。

▼... Read more ≫

本日、登板? 

今日一軍のオープン戦は由規君が登板していますが、どうやら二軍オープン戦(春季教育リーグ)のファイターズ戦には石川君が登板したようです。
公式の更新待ちだ~。
公式更新されましたね。3回0失点(被安打1与四球1)。調整は順調みたいですね。

今週の週べに活躍している世代を調べる特集がありました。
井川がメジャーに行ってしまったことで、なんと79年組の投手で一番活躍しているのは石川君という結果に。意外だ~。(失礼ですか・笑)
79年組は投手は残念ながら不作の年で(次の松坂世代(80年組)に取られたか!)、でも石原・細川と一軍級捕手が二人もいる珍しい年代でもあるようです。
リストに載ってる選手の獲得タイトル数も出ていましたが、青木の☆7(つまり7つのタイトルを獲得している)にはもうなんか笑うしかなかった。すごいなーまったく。

あと各チームの世代交代についても触れられてました。
当然のことながら、スワローズは世代交代についてはかなり高評価。
よくも悪くも若手ばかりのチームです。
そんな中でチームを引っ張ってくれる中堅・ベテラン組もいるわけで、宮本&相川の対談が載るってことで楽しみでーす。

しかし2003年と今年のチームの変化が載ってましたが、2003年の三本柱が「石川・鎌田・ベバリン」となんだかまあ懐かしい名前が。
(今年の三本柱は「石川・館山・村中」に…。そこは川島か由規じゃないの!?)

有効利用 

幻水Tプレイ日記を書こうと思って借りたもう一個のブログですが、あまりに使い勝手が悪く、結局こっちのブログで書くことになり、実質放置状態に。
せっかく借りたのにもったいないので漫画の感想をあっちに載せておきました。
有効利用法を考えねば…。まあ、使わなければ単純に撤去すればいい話ですが。


さてさて。
今、WBCのニュースがやっていましたが「チャララーチャララーチャララララララララッラッラッ」、このメロディだけはやっぱり聞き慣れすぎてて不思議な感じだわ(笑)

今日はルーキー赤川君がオープン戦に登板したものの2回途中6失点の大炎上。
(追記訂正:2回途中9失点ですね。)
プロの洗礼を浴びた結果に終わった、と。内容的には四球連発で自滅の感が?
とはいえ高校BIG3と騒がれた由規君だって結局開幕二軍で一軍に上がったのはシーズン終盤、村中の登録抹消で一軍の先発投手がどうしても足りなくなってからでした。
赤川君も自分のペースで進んでもらいたいですね!
無理に一軍にこだわらなくても…ってのは高井を見ると思うんです。
その高井はなかなか調子よさそう?開幕一軍目指してもらいたいですね。

石川君は次いつ投げるのかな?

ヤクルトが勝ってヤクルトが負けた 

ふ、複雑すぎる…!


イムが好投して喜べない日が来るとはね…。
原監督も韓国代表の金監督もスワローズファンに対して酷いお膳立てを!
何度か直接対決が見たいと書いてきましたが実現してしまうとはもうね。


1点を追う8回裏、1死からイチローにヒットを打たれ、ここで金監督がイムにスイッチ。
そして原監督はこの場面で中島にバントを指示。
青木勝負かよっ!!!!!!
ジャイアンツ戦で基本的にスワローズの選手は不甲斐ないところしか見せておらず、青木も例外ではないわけで、中島にバントさせてまで青木勝負にびっくりしちゃいましたよ。信頼されてる…?(慎重に行っただけでしょうけどね!)
原監督もよっぽどスワローズ対決を見たかったんでしょうか。
超重要な場面でまさかのスワローズ対決実現にもうなんかどうしたらいいのかよく分からない状態になってしまいました。

しかし青木はイムに打ち取られてしまい、青木vsイムはイムの勝利で終わりました。

日本代表の中で、青木は一番イムをよく知っているし、また同時に知らずもあるんでしょうかねえ。
いつも、青木はイムをセンターから見ていて、バッターボックスからイムの投球を見る機会なんてそうそうあるもんじゃありませんし…。

勝負を抜きにして考えてみると、こんな大舞台で(スワローズファンにとっては)最高の対決が観られて、結構嬉しかったりしました。もちろん出来たら青木に勝ってもらいたかったけれど。

ドラゴンズとの練習試合での打撲については、村田・稲葉・小笠原をきっちり抑えたところを見る限り心配なしと言ってもいいんでしょうかね。
その調子の良さをシーズンに取っておいてもらいたかった><

でも、北京五輪はスワローズの事情で派遣拒否した背景があるだけに、イムが韓国代表のユニフォームを着てチームの勝利に貢献できる姿を見られてそれはそれでよかったと思います。
でもやっぱりそれはできたら日本戦以外で見たかった…。

苦手意識は払拭できず 

本日の阪神戦も残念ながら敗戦。
オープン戦ですから勝ち負けより内容が重要なわけで、負けたからって今シーズン絶望ってわけではないけれど…。

ただ阪神はエース安藤に去年は不振だったものの実績は十分の金村のリレーで来たわけで、そりゃ一軍トップレベルが来たらそう簡単には打ち崩せませんよね。

試合後のコメントに出てる選手が少なすぎて残念でした。

去年は安藤に抑えられた記憶しかないわけで、嫌だなあ。
調べてみたところ、去年の安藤との対戦成績は4戦3勝0敗防御率2.05
完全にカモられてます\(^o^)/
1試合安藤に勝利がついてないやつは、早々に安藤引っ込めてヤクルトが逆転劇を繰り広げたあの試合です。あの試合も6回まで安藤の前に完全に抑えられてましたからね…。

そうだよなあ、石川君が7回2失点で負け投手になったんだもんなあ(´Д⊂ヽ
あの試合は本当に悔しかった。

順当に行けば開幕戦は石川君vs安藤になるはずです。
今度は勝ち投手になってほしいなあ!

誰がなんと言おうと青木が主役 

WBC韓国戦大勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
正直あそこまで簡単に勝てちゃうとはびっくりです。
韓国先発は一応左のエースだった、んですよね?

青木は先制タイムリー以降は一回凡退をしたものの、犠牲フライ・ゲッツー崩れの1点、振り逃げと100点満点ではないにしろ仕事をした感じで終わって何よりです。
全打席得点圏で回ってくるとかどんだけ~って感じです。
お願いだからそれをリーグ戦でもやってくれい。
今年は3番青木に期待してもよろしいのでしょうか。
(もうこんなこと書かせないでくださいね!)

おそらく今日の試合はイチロー復活と攻守にわたる村田のプレーが大きく取り上げられることになるでしょうが、スワローズファンとして青木の活躍を忘れませんよ!

村田のHRはスカっとしましたね!
北京五輪ではいまいち乗り切れなかった村田に多少批判なんかもありました。
もうそれが悔しくて悔しくて。
スワローズ投手陣は村田に何本もHRを献上し、挙句HR王のお膳立てまでしてしまい、村田とラミレスの顔はもう見たくないくらいでしたから(笑)
これで村田の怖さが伝わったでしょう。良かった良かった。

イムが見られなかったのが少しだけ残念。
登板されても純粋には応援しにくいんですけどちょっとだけやっぱり青木vsイムを見てみたかったな、と思っちゃうわけで。


さてさて本日のオープン戦は残念ながら敗戦、と。

バレットについては、スポーツ紙に「高田監督もおかんむりだった」と書かれてしまうほどのもので、ちょーっと厳しい感じですね。
今年もブルペンには右ばっかりの日々を送ることになるんでしょうか…。
まあ、ある意味深く考えないで継投できそうでいいかも…なわけないですね。
開幕一軍を掴める中継ぎ左腕はいったい誰になるんだろう。

一・三塁から得意のディレードスチールが今日の試合でもあったみたいですね。
本当に足に不調はないですねえ。今年も機動力は健在!


明日は阪神戦!

直接対決その後 

WBC初戦は勝利。
青木(とイム)が怪我せず無事に帰ってきてくれるだけでいいのですが、やっぱり活躍してくれると嬉しいものです!
イムもこの前の練習試合の打撲が心配なところでしたが、その後の韓国代表vsジャイアンツの強化試合では抑えてたようで。でも対戦した打者は二軍、ベンチの選手みたいなので安心はできないか…。

さてさて。
昨日直接対決が実現しましたが、その後は食事ゲームと…。

「フジイさん、ほんとは145もスピード出ないじゃん」って言われたし(;^_^A

石川君、先輩に対して失礼です><
スワローズの選手は基本「先輩に対する失礼」を標準装備してるみたいです(笑)
後姿が中学生にしか見えない…。
これで二児のパパ。あと一年で30歳のおっさんお兄さんとは思えません!


本日のオープン戦は勝利で終わって何よりです。
個人的には川島に1本出たのが嬉しいな~。ちっこい選手を優先的に応援してます(笑)

直接対決キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !! 

石川君が本日のファイターズ戦で09年オープン戦初登板。
なななんと!
4回を一人も走者を出さないパーフェクトピッチングで終えました。
しかもファイターズ先発は藤井キタ━(゚∀゚)━!直接対決実現です。去年もOP戦では直接対決があったような気がしますが…。早く公式戦(交流戦)で見たいものですねー。
(試合後に藤井ブログが更新!"ヤクルト相手だったしオープン戦とはいえマサとの投げ合いだっから気合い入ったなp(^-^)q"石川君も気合入ってたのかしら?)

まずは公式サイトよりコメント引用。

■新球のカーブを多投するなど緩急自在の投球で4回パーフェクトの先発・石川投手
「(キャッチャー)相川さんのサイン通り投げました。初めてのバッテリーだったけど、持ち味を出せました。(4回パーフェクトで)シーズンにとっておきたいくらい。まだ開幕まで1ヵ月ばかり残ってるので、最高の状態にもっていきたい。今日はランナーが出なかったから、ランナーが出たときのピッチングが課題。(カーブは)使いたいので試してます。緩いボールを投げるのは怖いけど、得るものも大きい。もっと腕を振って変化させたいです。効果的に使えました」

監督も試合後コメントで「今よくてもね(笑)」と言ってましたが、まあその通りで、今いいからって別に何だって話ですけど、調子悪いよりは良い方がファンとしては嬉しいってものです。

前回の登板では少し噂のカツオカーブを投げたものの納得いっていないようなコメントを残していただけに、一週間でカーブがかなり進化してるようでこれは楽しみですねー!
だいたい90~100くらいの緩~いボールみたいです。
石川君のストレートが基本130台だからこれが緩急ってやつですね。基本的に全部遅いとか気にせず(笑)想いっきり腕振って速い球(石川君基準)が来ると思わせて緩々カーブで打ち取る姿、見てみたいなー!

次はサンスポより。

ヤクルト・石川、“カツオカーブ”に手応え
2009.3.4 22:43
 オープン戦(日本ハム5x-4ヤクルト、4日、札幌ドーム)あと1カ月先の開幕まで取っておきたい。そう思わせる石川の好投だった。日本ハムを相手に4回を無安打。「走者が出てないので、出てからの粘りの投球ができなかった」。登板後は、軽口でのぜいたくな注文まで飛び出した。

 抜群の制球だった。全球種を試し、新たに取り組む「カツオカーブ」も5球投げた。「タイミングをずらしたり、低めなら、いい武器になる」と手応えを話す。打者の目先をそらすものもあれば、二回にスレッジと対したときのように、追い込んでから空振りを奪ったりと、決め球としても有効だった。

 130キロ台の直球が中心で、多彩な変化球を持つからこそ、90キロ台のカーブが加われば、幅が広がる。「開幕までに(完ぺきに)投げられるように」と目標を立てた。この日の投球内容なら、4月には新しい左腕の姿が見られそうだ。

カツオカーブ、楽しみにしてまーす!

明日は由規!クイックが課題だとかなんとか。
わざとランナー出してしまえ!


ヤクルトパワーがラグビーに。

法大、ヤクルト飲んでパワーアップだ!
2009年3月4日(水) 8時2分 サンケイスポーツ

 3日、昨季のラグビー大学選手権で3季ぶりに4強入りした古豪・法政大学が始動。敗れた準決勝の帝京大戦で痛感した体力面の差を補うため、今秋の開幕までに筋肉のみ5キロ増量作戦を開始した。駒井監督の勤務先・ヤクルトの自動販売機が八王子市内の寮に設置してあるが、選手が購入しやすい値段に下げ腸内活性から着手。「(快足BKを生かす展開志向の)法大のスタイルは変えずにパワーアップしたい」と同監督は17季ぶりの頂点奪回に意欲を見せた。

競技の枠を越え広がるヤクルトの輪。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
02« 2009/03 »04

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。