スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ12月 

スポーツフェスティバルに石川君も出場ということで!
お正月のテレビ放送が楽しみです。
なんか他のチームに比べヤクルトのメンバーが完全少数精鋭なんですが(笑)

つば九郎ブログはファン感謝デーのレポが。
カラオケ大会に出た選手をピックアップしてるけど、やっぱり、当然、青チームは無視かー!
地味すぎて取り上げる価値もないと思われたのか…。
イケメン衆、ナルシスト芸、女装、この中では青チームは地味すぎる。
でも私は青チームが一番好きですよ。

スワTVで感謝デーの模様が放映されるとのことで楽しみです。
つば九郎もスタジオゲストに来るのね。

前回の記事でダルビッシュと並んだ姿を見てみたいと書きましたが、授賞式は着席状態だった。ま、まさかそんな展開になるとは(笑)
授賞式レポートがGG賞公式サイトであるようなので楽しみです。


相川の去就は年内に決着?

メジャーから声なし…相川 年内にも結論
 横浜からFA宣言した相川が年内にメジャー移籍か、ヤクルト入団かの結論を出す。箱根で行われたバッテリー納会に参加した相川は「代理人とメジャー契約でプレーするところを探している」と明言。現在メジャー球団から獲得のオファーはないが「城島にも連絡しました。“苦しいぞ”と言われても気持ちは変わらなかった」と熱意を口にした。一方、国内ではヤクルトと12月上旬に交渉予定で「興味があると言ってくれた。年内には身の振り方を決めたい」。メジャー挑戦を断念した場合はヤクルト入りが濃厚となった。

ここまでヤクルト濃厚とか書かれると、逆に失敗して笑いものになりそうで怖いです。
私は結構このまま福川や川本を見たいんですよね。もちろん相川の方が捕手として上なんでしょうけど応援してると愛着が湧くものじゃないですか。
トレードなどをあまりしないスワローズは「ファミリー体質」の強い球団と呼ばれていたようですが、ファンである私もやっぱり「ファミリー体質」なんだろうなあ。
高田監督が来て変わりつつあるわけで、それはいいことなんだろうけど複雑です。
スポンサーサイト

授賞式~ 

今日はゴールデングラブ賞授賞式!

というわけで、ゴールデングラブ賞公式サイトでは、ファインプレー動画が。

石川君のは、10/6の阪神戦、8月頭の中日戦(坊ちゃんスタジアム)、それにアトムズユニですからゴールデンウィークの巨人戦の三つでしょうか。

今年のヤクルトの失策数・失策が失点に絡んだ数(失点と自責の差)というのはリーグ2位とか1位で、守備はものすごーく良かったチームだったようです。
守備重視の結果が一応現れていたようですねー。

青木のファインプレー動画には石川君先発の9/30の広島戦のものも入っていました。
あれは相手に先制点を与えるのを防いでくれた大きなプレーでしたねー!


私はぜひともダルビッシュと石川君が並んでる姿を見たいんですけどニュース見てたらチェックできるかしら?
コンベンションでの岩隈との身長差にも驚きましたが、ダルビッシュだとそれ以上。
169cm(?)と196cm、その差は約30cm。わわわわ。

努力賞という名前が悪い 

つば九郎のラジオ聞き逃した…。大ショックです。
あと一時間遅ければ間に合ったのにー。

2008年スワローズ納会各種表彰

■連盟表彰
 青木宣親選手(ベストナイン)
 福地寿樹選手(最多盗塁)
 石川雅規投手(最優秀防御率)

■後援会表彰「2008あなたが選ぶスワローズMVP」
 MVP賞:石川雅規投手
 敢闘賞:松岡健一投手、福地寿樹選手
 努力賞:館山昌平投手、青木宣親選手、畠山和洋選手
 ファームホープ賞:由規投手

■球団表彰
 優秀選手賞:石川雅規投手、福地寿樹選手
 敢闘賞:館山昌平投手、松岡健一投手
 努力賞:押本健彦投手、畠山和洋選手、田中浩康選手
 ファーム努力賞:由規投手、上田剛史選手



石川投手おめでとうございます!!
今年のチームMVPは福地かなと思ったのですが、石川君も選ばれてて嬉しい!

もちろん福地MVPもめちゃくちゃうれしい。
打って欲しい場面で打ってくれたという印象でいっぱいの一年でした!
石川ファンですが、でも見てて一番ワクワクして楽しかったのはやっぱり福地なんだよなー、これが。何とかしてくれる!と思ったし盗塁王は絶対獲って欲しいと心から応援したくなりました。

契約更改で「生涯スワローズの気持ちで」なんて言われたらそりゃもう来年も応援するっきゃないじゃないかー!!!!

9/30はこの二人で一緒にお立ち台にあがりましたね。
最後の市民球場に華を添えるようにカープ相手に2連敗をした後、神宮に戻って、投げては石川君が完封、打っては福地が見せ、雨降る中でいい試合をしたものです。


ヤクルトが誇るスター様は努力賞というのがなんとも。
これ名前が絶対に悪いですよね。
努力賞なんていうと、「もっと頑張りましょう」って意味合いに取れるんですけど。
もちろん青木には来年は三番打者としてもっと頑張って欲しいところだとしてもなんだかなー(笑)

ファン感謝デー 

ファン感謝デー、私は行きませんでしたが、
公式のレポを見る限りめちゃくちゃ楽しそうですねー!
(今日のフォトギャラリーの更新量にびっくり。行けない人間には助かりますー)
(つば九郎ブログも明日から色々更新がありそうな感じ)

W佐藤のピンクレディーは反則!!!
佐藤賢さん(石川君と仲良しなイメージがあります)といえば左腕だけに登場曲が「サウスポー」で有名ですが、それを存分に生かしたカラオケですね(笑)
しかもヤクルトの黄金ルーキーの由規君を引き連れてやっちゃいますか!
でも比較対象がアレなせいか、意外と由規の女装姿はかわいく見える不思議。
衣装は奥様の手作りってのもまたすごい。素晴らしい奥様だ。

青木川島岡本の羞恥心はさすがにさわやか。
これはズルイですよねー。そこそこかっこよく見えるに決まってるじゃないかと(笑)
後ろの二人が思い切り踊ってて笑ってしまいました。

…ってあれ、石川君はなんだか地味なんですけど(笑)
三人で法被着て球団応援歌ですか。えー、それでいいんですかー。
若い選手たちに負けちゃってます。

思い出のゲーム一位は開幕戦。そりゃそうなるか。



ヤクルト以外のチームもこの連休中にファン感謝イベントをやってるようなので、いろんな球団の公式ページでレポートを読んでみたいと思ってます。

ラジオメモ 

2008.11.22:ニッポン放送

まずはもろもろ
  • (いいシーズンでしたね、との問いかけに)
    「チームは5位だったので全体としてはがっかり。チームあっての自分なので。」
  • 身長はもうすでに隠してないけれど公称169cm、実際は167.5cm。
    でも調子がいいと169cmに…。身長の調子って何ですか(笑)
  • 防御率争いをしたルイスとは24cm差。
    メジャーでは小柄な部類の松坂ですら182cm!
  • 子供の頃から大きい人には負けたくないと、岩村じゃないけれど「何苦楚」という気持ちでやってきた。

2008年シーズンの話
  • 去年の悔しさを倍返しにしようという気持ちが良い結果につながった。
  • 開幕戦は緊張するが任せてもらって意気に感じる。
  • 5月は連敗もあったが気持ちを上手に切り替えられた。
    長いシーズン、こういうときもあるといい意味で開き直れた。
  • 夏場も疲れなかったのは、自分に合った投げ方をみつけられたということかもしれない
  • ランナーが出ても、我慢して我慢して、低め低めに投げられた。

タイトル関係の話
  • タイトルは10/4のルイス大炎上までは特に気にしてはいなかった。
  • ルイス炎上は練習中に宮本あたりから?教えてもらって、そこで自分も行けるかもしれないと思い始めた
  • 10/6(阪神戦)はお客さんも多く、タイトルよりまずはいい試合にしようという気持ちが大きく、それが好投につながったのかもしれない。
  • あと1アウト取ればルイスの防御率を追い抜いていたけれど、降板時点ではチーム関係者誰も防御率がどうなってるのか知らなかった。
    後で知って「えー、そうだったの!?」と思った。
  • けれど、「後ろにいい形で繋ぐのが今年のヤクルトのスタイル」なのであまり気にしてはいない。
  • 10/12はタイトルのかかった試合で投げるのは初めてで中継ぎでの登板ということもあっていい意味で緊張した。
  • 試合終了してみんなに声を掛けられようやく実感。
    「防御率のタイトルは一人ではできない、いい当たりを野手がファインプレーで助けてくれた。みんなに感謝です!」

2007年シーズンの話
  • 不調の原因は、知らないところで慢心があったのかもしれない。
    二度とああいう思いはしたくない。去年があって、今年がある。
  • 二度のファーム落ちは不甲斐なかった。でも、自分を見つめ直す時間になった。
    シュートを覚えるきっかけになった。
    これを覚えなきゃプロでやっていけないと思った。
    安田さんに色々聞き、ブルペンで10球投げるより試合で1球投げろというアドバイスをもらい、どんどん試合で投げていった。逃げ腰ではだめだぞと教わった。
  • 巨人戦でプロ初完封を経験。もちろんシュートも使った。
    シュートでインサイドを攻め、頭に行ってしまったらどうしよう、相手に当てて死球でランナー出すのも嫌だしとマイナスのことばかり考えていた。
    けど、そこに投げなくちゃプロでメシ食っていけないと、逃げちゃいけない、強い気持ちで投げなくてはいけないと今は思っている。


2009年シーズンに向けて
  • 目標は具体的な数字をあげて自分を追い込む
  • 「1年ローテを守る」
  • 「200イニング」
  • 「貯金を五つ作る」
  • チームも頑張るので来年もファンの皆様のより一層の声援、お願いします!


やっぱりキャプテンの鑑だなー!
受け答えがしっかりしてるってのはスポーツ選手にとって大切な要素のひとつですよね。
野球がうまければそれでいいわけでは決してありません。
シーズンの話ですぐに「でもチームの成績は5位だったので満足していない」と話し、タイトル関係の話で「チームあっての自分」「野手の助けもあって取れた」という言葉が出てくる。
ものすっごい責任感ですよね。
やっぱり、先輩投手が一気にいなくなったのが大きかったのでしょうかね~。
周りに頼れる人はもう誰もいないことがこの責任感に繋がってるのかな?

2007年の話は本当に熱く語っていて、今年キャリアハイの成績を残せたその裏にはこの2007年があるんだということが改めて感じられました。
最悪なシーズンと言える2007年だったけど、この年があるから今があると思うと無駄な一年では決してなかったんでしょうね。
何事も、捉え方次第、ということかな。

FA参戦&プロ野球コンベンション 

まずはコンベンションのお話から。
ヤクルトは防御率タイトルの石川君、盗塁王の福地、それにベストナインの青木が登場~。
石川君と岩隈の身長の差がそれはそれはすごいことになっておりました(笑)
解説のお方から隣同士にならなくて石川良かったですねと言われちゃうほど…。
ついでにパの投手タイトルは日本人選手が多く獲得していて選手がずらっと並んでいたのですが、セは3タイトルが外国人選手ですでに帰国していたので、登壇したのは石川君&阪神の久保田の二人だけというさびしい状態に…。

パの投手の表彰は岩隈総なめ状態で、ちょっとダルビッシュがかわいそうだな~と思ってしまいました。ものすっごい成績残してるのはダルビッシュも変わらないんですよね~。
いや、でもやっぱりそこまで強いチームでない中での21勝はすごい!

小松のダントツの新人王獲得は当然ですが、該当者なしの1票はなんだったんでしょ(笑)
何が不満なんだー!
セは山口。中継ぎでの獲得はすごいなー!

来年は由規がこの場所に上ってくれたらいいものですね。



さて、それより大変です。


ヤクルトがFA宣言をした相川の獲得を目指すらしいです。
(記念に画像に残しておいた。)

…マジですか?
FAなんて選手が抜けるだけの制度だと思ってたのに。
選手を獲得することができる制度だと感じたことなんて一度もなかったのに。

といっても、相川はメジャー最優先の意向をすでに打ち出しているので、ヤクルトが実際に獲得できる可能性はちょっと低いのでしょうかね?

ただメジャー移籍が無理だった場合はヤクルトの可能性も高いのかなあ。
相川はメジャー最優先としつつもヤクルトと交渉をする気はあるようですね。
(すでに連絡はしてあるけれど交渉は相川の都合で12月になるとの報道が。)

日刊スポーツには、横浜はすでに契約不可能と相川に通達済みとの記事が。
去就が決まるのが12月以降にずれ込むため、そこまで待ってるのは難しいらしいです。
また、ヤクルトと同じように捕手不足にあえぐソフトバンクは今のところ獲得の動きなし
FA戦線には参戦しないとの報道がちらほら。ソフトバンクはそれどころじゃない?
相川離脱で捕手不足になる横浜が野口を獲得に動き出したため逆に捕手不足になる阪神(ややこしい…)も、捕手のFAでの獲得はどうやらないとの報道も。
阪神の場合は矢野がいる以上、さすがに相川の獲得はないですかね。

ヤクルトの場合、相川を獲得できればできたでもちろん得ですし、できなければできないで今年と同じように福川や川本がいるのでそこまで痛手もない。
だからこそ相川の事情優先に待つことができるんでしょうね~。

何より、今年のフロントは今までとは違う!と選手へ伝わることに一番意義がありそう。



けれども、です。


相川が来てくれたらうれしいと思う一方で、同一リーグへの移籍の辛さを身にしみて感じているヤクルトファンとしては、相川がヤクルトに来たら来たで複雑な気持ちにもなってしまいます。
本当に同一リーグへの移籍は旧チームファンにとってはものすごく辛い。悲しくなる。
このやりきれなさはヤクルトファンや広島ファンなら痛いほど分かると思うのですが。


だから、メジャー移籍か他リーグのソフトバンクへの移籍が収まりがいい気がします。


結果が出るのは当分先のことになりそうです。どうなるかな。

インタビュー 

5Pインタビュー♪
週べに石川君のインタビューが載っているということで早速購入。
せっかくなら前にインタビュー載ったやつと並べればよかったかな(笑)

内容はなんだか投手キャプテンって感じ!
とっても頼もしかったです。

今年好調の要因は、フォームを少し変えたことや走りこみなどきついトレーニング、それにシュートを覚えたこと、でも一番大きかったのは気持ちの部分とのことでした。

「でも一番は気持ちですね。昨年本当に悔しい思いをして、このまま尻すぼみになりたくない、今年は負けないという強い気持ちで臨みましたから。」

やっぱり最後には精神的なところがものを言うのでしょうかね~。
8連敗を止めた9月の試合なんかその代表なんでしょうねえ。

野手の援護欲しくなかったですか?とライターさんは意外と直球な質問も(笑)

「野球は一人ではできないので、そういうことを考えたことはありません。第一は与えられた役割でチームに貢献すること。きれいごとに聞こえるかもしれないけど、僕は本当にそう思ってます。」

う~ん、模範解答だ~。
でも確かに今まではものすごーく助けてもらってきたわけですしね。
今年の無援護はそれはそれでいい経験になったかもしれませんね。
その辛さがまたひとつ人を大きくすると思えば…。
でもファンとしては今年の調子なら、打線と噛み合えばキャリアハイの勝数狙えたんじゃないかとちょっとだけ恨み言を言いたくも(笑)

防御率の話では、やっぱりコーチの協力にも感謝だな!と思いました。

「変なプレッシャーは感じました。やはり、監督、コーチが良い場面で使おうという"親心"というか、気持ちが伝わってきましたし。」

今年一年頑張ってきたことへのコーチや監督なりの配慮だったんだろうなあ。
なんとかタイトルを獲らせてやりたいという。
つば九郎ブログには、6日の阪神戦では石川君本人より周りの人たちの方がタイトル意識して少し緊張ムードだったなんてことが書かれてましたしね。

開幕から唯一ローテを守り続けて、ローテを飛ばされることが一度もなく。
中盤以降は石川君の登板機会が増えるように組まれてる印象さえ受けたほど。

それほど信頼され、最後にはタイトルも獲って。

それはそれでとっても意義のあるシーズンだったけれど、確かにチームとしての結果は5位。


来年は選手にとってもファンにとっても楽しい一年になるといいですね!

ヤクルト評 

ヤクルトファンではない人のヤクルト評はそれはそれで面白いものがありますね。

http://meltbb.jugem.jp/?eid=401


…私よりヤクルトのこと知ってる!と思っちゃったくらいです(笑)
石川君が褒められててうれしい。

前から何度か書いてきましたが、確かに私の中でもヤクルトというのは助っ人(大砲)とベテラン日本人野手が活躍するチームというイメージ。
助っ人は活躍するものなんて思っていましたが、それって実はものすごい奇跡的なことだったんでしょうねえ。
10年近く(以上?)外国人4番打者を絶えず続けてきたチームってヤクルトくらいでしょうか?

活躍するなら助っ人だろうが日本人だろうが関係ありません。
プロ野球チームですから勝つことが一番大事。

でも長い長い期間で考えたらそれだけでいいの?って話なのでしょうね~。

来年も畠山には出番を与え続けてほしいですね。

BTの記事読んで私はすっかり畠山のファンになってしまいましたよ。
ほんとに単純な人間ですみません。
経験が大してないのに4番を任された畠山の苦労がうかがえます。
開き直ったとありましたが、そうだよなー!
年俸900万、助っ人の不調でいきなり四番のお鉢が回ってきた畠山に他球団の4番打者と同じ働きなんて誰も求めないし、求める方が間違ってる!
…でも来年は「年俸云々」はもう言えなくなるでしょうし、来年が勝負でしょうねえ。

来年もぜひぜひ畠山にチャンスを…!
大砲は助っ人、の流れを打ち破ってほしいものですね。


来年はどうなるんでしょうねえ。
今年、これだけ投手が復活するなんて誰にも予想できなかったでしょうし、同じように来年どうなるかなんて来年になってみなくては分からないんだろうなあ。


でも五十嵐は抜けず、福地も抜けず、とりあえず今年の主力選手は全員残留が確定ということで、それだけでも良かったと思わなくてはってところでしょうかね。
よそのチームはトレード・FAと動きが激しい中、ヤクルトの静けさにはちょっと物足りなさを感じたりも。…昨オフが色々激しすぎただけですかね。

五十嵐残留決…定…? 

五十嵐は残留でほぼ決まりというようですね。
報道が二転三転してよく分からないんですけど。

FAは選手の権利ですし別にいいんですけど、でもやっぱりファンとしては残ってくれるのが一番うれしいと思う、それは当たり前のことです。

また「残って喜んでくれる人はたくさんいるが、出て喜ぶ人はあまりいない」と話し、残留へ気持ちが傾きかけているともとれるコメントをした。

(―他球団の条件を聞くために、FA宣言する選択肢もありましたが。)
「本当に直前まで迷った。ただ、他球団の話を聞いても、(残留への)気持ちは変わらないのだろうと最後は思った。ドラフト1位で指名してもらい、10年間、このチームでやってきた。宣言して(他球団と広島を)横一線にするというのは、チームに失礼だと思った。

上は先月新聞に掲載された今季FA権を取得した広島・東出のコメント。
下は先日の残留会見でのコメント。
うんうんと頷かずにはいられませんでした。
広島ファンのことを想ったコメント。
来年は東出を応援しようと思った瞬間でもありました。
(広島は高橋建さんがFAでメジャー挑戦ってことでびっくりしました。広島の偉い人は器が大きく、メジャー挑戦後戻ってきたら第二の人生は世話すると全面支援の方針だとか。)



引退も含めて選手はいつかいなくなってしまうものですけどね。
でもできるだけ長くスワローズのユニフォーム姿を見たいものです。

すっかりファイターズに馴染んでる藤井を見るとちょっとさびしく思ったりも(笑)

トレードで代わりにやってきた押本や川島はそりゃもう応援してますよ。
特に川島は来年ショートのレギュラーをぜひとも確保してもらいたいと思ってます。
イケメンですし、レギュラー確保したら青木の時代も終わ…それはさすがに無理か(笑)
押本だって五十嵐・イムがどれだけスワローズにいるか分かったものじゃないのですから、松岡と二人、中継ぎの柱になってほしいですよね。

でも、それでも、やっぱりファイターズに馴染みきった藤井の姿はちょっとだけ切ない。




この時期の定番ですが昼間に「美女か野獣」の再放送が…!
ええ、ええ、渡辺いっけい目当てですよ。
(でも松嶋菜々子のドラマならこのドラマが一番好きです。桜子さんがなんだっていうんだ!若葉ちゃん派だった私には関係のない話。)
板ばさみに苦しむ役がどうしてこんなに似合うんだろう。
また医局長(@救命病棟24時2)見たくなっちゃった~!!
深浦さんが出演なされてるんですよねえ。もう観られないんだ…。

ようやく高田監督との2ショット! 

なぜ巨人打線を抑えられるのか。
不思議で不思議でたまらないヤクルトファンであります。
石川君が巨人戦も意識してカーブ習得中という記事が出てましたし、ら…来年こそは…。

日シリは泣いても笑っても明日で最後。どっちが勝つのでしょうかね~。


公式のキャンプ情報が充実していてちょっと感動している今日この頃。

公式レポ+選手個人をフィーチャーしたレポ、フォトギャラリー、携帯サイトの日替わりメッセージとちょっと頑張りすぎです。
ファンとしてはうれしいですけどね~!

フォトギャラリーは和む。
一番和んだのは11/6の、青木が「大丈夫! オレが還してやっから!!」と言ってるやつ。
なんと頼もしい~。
一緒に写ってたのが飯原・川島・武内と年下選手なので余計にそう感じちゃいました。
(すぐ次の写真で実はそんなこと言いながらも2打数0安打だったことが判明して、オチもばっちり?)

かなり練習は厳しいようですが(DT28って名前がすごそうと思ったら体脂肪率ですかそうですか)怪我だけには気をつけてほしいものですね。
秋季キャンプってことでベテランは東京待機、
主力含めても若い選手ばっかりですし大丈夫だとは思いますが。

…石川君はもうこのメンバーだとおっさんなのか…。
増渕&由規若いわ。長男(村中)入れてもみんな若いわ。
先発陣では基本最年長だし投手もどんどん若くなってるチームなので、別にこのメンバーでなくてもおっさん組…。

ヤクルトの投手陣の打撃は今季不調、そのとーり!
ちょっと物足りなかったです(笑)
本職じゃないとはいえ、やっぱり打ってこそのヤクルト投手ですよね!
石川君はでも投手で最多安打(9本)だとかなんとか。
単純に打席数が多いのもあるでしょうけど何にしてもめでたいものはめでたい。
それよりもバントきっちり決めるところが素晴らしいと思うんですけどね~。


フォトギャラリーによると22歳・23歳の世代が加藤・丸山以外にいないとかなんとか。
57年組&58年組はしょっちゅうフォトギャラリーで取り上げられてきましたし、30歳以下の若い選手が中心のチームなだけに空白の世代があるとはちょっと意外でした。

つば九郎ブログといいフォトギャラリーといい早稲田コンビプッシュ中?
青木と浩康を公式でよく見かけます。


高田監督との2ショットも完成させてミッションコンプリートですな~。
本当に素で忘れてたのかしら?

環境野郎Dチームを観たことないなんて人生の損 

つば九郎ブログが最高にかわいい!

だいじょうぶだよ、ふくちくん。ぼくのなかでは、いつも、ごーるでんいじょに、ぴっかぴかに、ひかった、ぷれ~や~だから!!!

本当に福地と仲良しだなあ~!!
でも2ショットの選択は中の人の年齢を感じざるを得ない(笑)
そこも魅力なんですけどね。
あの愛らしい姿で前田や金本に大興奮ってのがまたいいのです。



秋季キャンプ開始!
今日は松山入りで練習は明日からのようですが、公式サイト見る限り今日も軽く練習入ったようですね~。

出迎えのセレモニーで高田監督の隣にいるあたり、選手会長って感じですね、石川君。
軽く城石の今後が心配なんですけど(笑)
選手会長交代の意味を考えてしまいます…。

マルイのスーツ、皆様よく似合っておりますこと。
(ガンバ大阪と比べると、野球選手とサッカー選手の違いを知れて面白い。




さんま御殿に小倉さん&大和田さんが出てて吹いてしまった…!
ここここの二人はリアルでも友達なのかっ!!

ええ、もちろん小倉さん&大和田さんといえば環境野郎Dチームであります。
小倉さんは相変わらずとぼけたキャラです。
とんまって!
股引や 由緒正しき 貧乏人、意味分からない!

小野寺さんが好きで興味を持ったDチームですが、今ではDチームの皆さん全員大好きなのであります。

久々にDVD観返そうかなあ。

参考記事:Dチーム関係感想
環境野郎DチームDVD一巻感想
Dチーム最終回感想

DVD2巻と3巻の感想書かなくちゃですね!


環境野郎Dチーム vol.3環境野郎Dチーム vol.3
(2008/01/16)
TVバラエティ伊吹吾郎

商品詳細を見る

たった一本電話するだけでもものすごい疲労感 

面談シーズン到来で生徒のお母様とお電話でお話をする機会が多い今日この頃。
もう4年というか先月で5年目に突入しましたが、いまだにこればっかりは慣れられません。
教室長や他の講師のことを生徒の親御さんにお話するときは苗字を呼び捨てが基本ですが、いまだに○○先生と言ってしまいます。
「承りました!」は完璧に言えるようになったんですけど(笑)
あと「席を外しております」もスムーズに言えるようになったかな。
「それではお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします」はもうお手の物です。
今日も丁寧に丁寧にを心がけたら「おる」とか親父くさい言葉が出てきてしまって大ショックです。

面談の方がまだ楽だな~。
直接顔と顔を合わせての方が話しやすいですよね。
電話は言葉でしか通じ合うことができませんが、面談なら表情とか身振り手振りでフォロー可能ですし!

敬語って難しい。

日本シリーズ第一戦 

日本シリーズ開始!
今日は宮本がゲスト解説ということでTBSラジオで聴いておりました~。
でも途中で寝ちゃいました。
西武が勝ち越したところまでは覚えているのですが…。

HRの威力を感じた試合でございました。
巨人がエラーからの出塁→バント→タイムリーで稼いだ1点を西武はHR1本であっさり帳消しにし、さらにHR1本で勝ち越しに成功ですからねえ。

ただ本来は巨人も西武のような戦い方ができる。
(ヤクルトはその前に無力だった)
涌井がすごすぎてそういう野球ができなかったわけで、やっぱり投手次第なのでしょうかね。


ラミちゃんに打たれまくったヤクルトですが、宮本が解説の中で、「ラミレスは打ちたい打ちたいという選手であまり四球を選びたがらない、それを利用できれば」と言っていました。ヤクルト投手陣&捕手陣にそれ教えてあげて!(すでに教えてるか!)



宮本の解説といえば。

オールスターで巨人の坂本に教えてる姿がスポーツ紙の記事になっていたりしましたが、あれは原監督に頼まれてのことだったようです。
さらに西武の中島には、しょっちゅう色々聞かれるので教えてあげているとか。


…ヤクルトの若手はそれやってるの!?


川島や川端はどんどん宮本に教えを乞え~!!!
他のチームの選手や監督がわざわざ教えてもらいたいとやってくるような選手と同じチームなのですから。
(川島はショートコンバートになった7月のフォトギャラリーで宮本(&馬場元コーチ)に見守られてノックを受けている様子が出ていましたが。)




つば九郎ブログは見事にGG賞受賞者たちと写真撮りまくりで笑ってしまった。
巨人の二人以外は全員制覇。すごい!
野球界で一番派手な交遊録をつば九郎は持っているんじゃなかろうか。
コミッショナーまで写真撮っちゃってましたよね。
何気ない浩康へのフォローに笑ってしまった。
荒木ももちろんすばらしいセカンドですが、それでも浩康に獲ってほしかったというヤクルトファンの声が届いたのかな。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10« 2008/11 »12

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。