スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い・悪いではなく「面白い」ドラフトになったような? 

いや~、ヤクルトの今年のドラフトは一言「面白い」

<ドラフト会議>赤川の交渉権獲得「満足」…ヤクルト監督
2008年10月30日(木) 20時28分 毎日新聞

 ◇プロ野球・ドラフト会議(30日)

 ▽ヤクルト・高田監督 赤川はクジ引きがなくて良かった。投手は捕手とともに補強ポイントだった。満足いくドラフト。将来性はあるし、いい補強ができた。 

 ○…ヤクルトに1位指名された宮崎商の赤川は同校で会見し「ヤクルトは若手が活躍しているので、プロを志した時から気になっていた。1位という評価が最高にうれしい」と終始笑顔だった。

 最速147キロの直球と打者の手元で浮きながら滑るスライダーを武器に今夏、母校を39年ぶりの甲子園に導いた左腕。8月のブラジル遠征中に、横浜の土屋(日本ハムが4位指名)に請うてチェンジアップを覚えた。今も投げ込みと走り込みを欠かさず努力は怠らない。赤川は「即戦力を目指す。目標は同じ左腕の石川投手。新人王は絶対に取る」と意気込んだ。

 ◇指名リスト

(1)赤川 克紀 18 投 左左 宮崎・宮崎商

今夏の甲子園(2回戦)出場。147キロの直球を持つ将来性抜群の大型左腕。184センチ、87キロ

(2)八木 亮祐 18 投 左左 愛知・享栄高

(3)中村 悠平 18 捕 右右 福井商高

(4)日高  亮 18 投 左左 大分・日本文理大付高

(5)新田 玄気 26 捕 右右 パナソニック

(育成枠)ミランダ・フェルナンデス 投手 白鴎大
(育成枠)塚本浩二  投手 四国九州IL・香川


…見事に全員投手&捕手というバッテリー狙い打ち。

さらに驚くべきは1位の赤川君、2位の八木君、4位の日高君は全員左腕。

なんかあまりに徹底した高卒左腕狙いにびっくりというか笑ってしまったというか。
さらにはこれに捕手二人ですからね~。
育成枠でも投手二人。

野手の指名はまさかの0!
(さらには高卒選手中心の指名で即戦力も0!)


でもこんなドラフトも面白い。
なんかこういう思い切りのいいドラフトはそれはそれで潔くて小気味よささえ感じます。
やっぱり高田監督はちょっと今までとは毛色のかなり違う監督さんだなー。
やることがぜんぜん違う、いろんな意味で!


赤川君獲得は特にうれしいものですね~!
どのスポーツ紙でもヤクルトの一位指名は赤川君とずっと書かれてきました。
他の球団はいろいろな選手が取りざたされる中、ヤクルトは一切ぶれることなく今日の当日予想でも全紙すべて赤川君予想ときたものです。

私は高校野球をほとんど観ないので赤川君がどんな選手なのかまったく知りませんが、それほどこだわる選手ならぜひとも獲得してほしいと思ったので。
他球団との競合の可能性も濃厚といわれた中で単独指名に成功してよかったですね。
(大田も2球団の競合に留まりましたし、今年は各球団、単独指名にこだわったドラフトだったようですね。そういう意味では早くから赤川君1位指名を表明してきたのは良かったのかもしれませんね。はじめから表明していたので他球団が多少避けてくれたかも?)


八木君も左腕では高卒選手の注目株とのこと。
というか、赤川君と合わせて高卒ナンバー1・2左腕だとかなんとか。
4位の日高君と合わせて左腕同士切磋琢磨してほしいですね。

八木君はコメントに「若い選手が機能して、育っている。自分もそういうところで成長していきたい」とありました。赤川君のコメントといい、ヤクルトといえば「選手が若い」、なんだろうなあ。

3位の中村君は高卒の中では注目株の捕手ということ。
ポジションの特性上、そうすぐには出てこれないでしょうが捕手はヤクルトのウィークポイント。たくましく育ってほしいですね~。
5位の日高君も!


今年は即戦力が0ということで。


特に左腕と同じくらい、いや、それ以上に補強ポイントといわれていたスラッガー候補は一切指名せず。


ヤクルトに必要なスラッガーは2タイプ。
一人は即戦力。来年クリーンアップを打たせられるレベルの選手。
もう一人は畠山のように、いざというときに二軍から上げられるような選手。

前者に当てはまるタイプの選手は候補選手の中にはいません。
というかこういうのはやっぱり助っ人に頼るべきでしょう。

後者は候補がいなかった、というところでしょうかね。
今年のドラフトの目玉の大田君はまさにこのタイプですが、外れたときのリスクを考えるとあえて指名するほどではなかったのでしょう。入団拒否の可能性もあったわけですし。
大砲候補は必要だけれど、今のヤクルトには大砲だけではなく何もかも足りないわけで、せっかくの一巡目の枠を取れないかもしれない選手に使うほどの余裕はない、と。
そういう事情なんだろうな~と考えております。
下位にはいい選手が残ってなかったということかな。



来年、再来年、今年のドラフトは成功だったといわれるような活躍をしてくれるといいですね!
スポンサーサイト

意外と得票も多い 

石川投手、GG賞受賞おめでとうございます!!

祝!初受賞!!

公式サイトよりコメントを引用。

「びっくりしました。防御率と同じで自分に遠い賞だと思っていたので素直に嬉しいです。ローテーションを1年間守ったことも評価されたと思うので、来年もこれを崩さないように頑張って練習していきたいです。賞をとってもっともっと頑張らなきゃなと思いました。これをいい意味で自信にして、もう1、2ランク上に行けるように、今に満足しないでやっていきたいと思います!


確かに防御率トップでしたが、印象の問題もあってなんとなくGG賞はルイスかグライシンガーかな~と思っていたので驚きました!
わりと得票数も多いんですよね、これがまた。

石川雅規〈スワローズ〉 55 初受賞
  グライシンガー〈ジャイアンツ〉 28
  藤川球児〈タイガース〉 20
  岩田稔〈タイガース〉 20
  内海哲也〈ジャイアンツ〉 13
  ルイス〈カープ〉 13
  (以下略)


コメントにもありますが、一年ローテを守り続けての最優秀防御率は予想以上に評価されてるってことですね。195イニングはセ第二位(一位はグライシンガー)、両リーグ合わせても岩隈・ダルビッシュ・杉内に続いて第五位。ものすっごい投げたんだな~。
(五輪で抜けてたダルビッシュ・杉内が投球回数上位って方がもっと驚きますが・笑)
ルイスの方が圧倒的な気がしてたのですが、7月半ばから少し二軍で調整してましたしね。
あとGG賞は記者投票なので、記者さんからの受けがよかったのかな、なんて思ったりも。


来年も、長く投げることを一番大切にしてほしいな~とファンとしては勝手に思ってます。
長く投げるってことは、交代させないでいいような投球ができているということで、そうすればリリーフの負担も減りますしね。今年、ヤクルトで一番それをやっていたのは石川君だと思います。来年もこの調子で…!


青木も受賞!ま、これは獲るものだと最初から思ってました。
もう一人期待されていた浩康は残念ながら獲得ならず。
うーん、オールスターだって選出されてもおかしくないだけの成績だったと思うのにあと一歩及ばずでしたしGG賞も獲れそうで獲れない。
何がいけないんでしょう?所属チームの強さの問題かなあ。
GG賞獲れなくたってヤクルトファンは浩康のことを誇れるセカンドと思ってますけどね!

秋季練習開始 

WBCは原監督就任濃厚とのこと。

この報道が出てからひとつ気づいたことがあります。

やっぱり私は現役監督は複雑だなあ。


人間が小さいと言われればそれまでですし、日本代表は日本代表なのでごちゃまぜに考えちゃいけないことも分かってますよ。


それでも原監督の下で働く青木を見るのは非常~に複雑!


前回の王監督だって一緒じゃんって言われそうですが、王監督はなんかもう違うじゃないですか、いろいろと。
落合監督とか原監督は所属チームのイメージが強いのでね。



ま、日本代表は日本代表でプロ野球とはまた違うのでいいんですけどね!
それに青木は残念なことにヤクルトのユニフォームより全日本のユニフォームの方が似合ってるんじゃないかと思うことすらあるわけで…。
いやいや、ヤクルトの青木ですけどね!


宮本は代表引退とすでに明言してますし、ヤクルトから出るのは青木だけでしょうかね。
前にWBC代表を考える動画では松岡なんかも入ってましたし、リーグを代表する中継ぎ投手だと思いますけど、メジャー組も来るならあえてヤクルトなんかから選ばれることもないでしょう(笑)




ヤクルトは本日から秋季キャンプ開始。
来月頭に松山入りするまでは神宮での練習になるみたいですね。公式レポに期待!

木曜日にはドラフトもあるのでそちらも楽しみですね。
ヤクルトはどの新聞でも一位指名と報道される選手は同じみたいですので、当日のサプライズはないと考えていいのかな。誰が来るのかな~。

五十嵐の交渉は長引いてる模様。
…わりとあっさり残留で決まると思ってただけに少しびっくり。

オモロ~ 

巨人中日戦面白い展開だったなー!
左のリリーフエースを打ってしまうとかやっぱりベテランの力ってすごい!と思いました。
山口なんて青木はまったく打てなかったような(笑)

どちらのファンでもないヤクルトファンとしては別にどちらが勝ってもいいくらいの気持ちで観られるので気楽なものです。だから私は阪神の平野をですね…。

日本シリーズは巨人vs西武になる感じですかね?
こ、これはラミちゃんvs石井に期待してもいいということでしょうか…!?

解説聞きたかった! 

今日はTBSラジオの巨人×中日戦のゲスト解説が石川君だったのですが聴くことができなかったー!!!大ショックだー!!!!!
ラジオの録音ができる環境ではないのが悔やまれる…!

試合直後のインタビューで上原に調整法を尋ねたら防御率タイトル取ってるしこっちが聞きたいと返され褒めあいになってたとか聴きたかったなあ!


TBSラジオの解説者コメントで満足することにします。


■解説者コメント ゲスト東京ヤクルトスワローズ石川雅規投手
 1回、森野選手にHRを浴びて先制される嫌な展開だったが、すぐに持ち前の打線が逆転、さらにダメを押すという巨人らしいゲームとなった。しかし、今日の勝利は何と言っても先発の上原投手のピッチング。コーナーにしっかり決まっていたし、2本のHRを打たれはしたもののいずれも回の先頭打者を出していない。これは大量失点を防ぐ一番の方法であるし、リズムも作りやすくなっていく。また、ストレート以外の球種でストライクが取れることも大きかった。直球を見せ球として使うなど、プロの投手としてお手本のような投球だった。これでアドバンテージを含め2勝1敗。巨人は良い流れで明日に繋がるだろう。一方の中日も切り替えが上手いチーム。今日の大敗をきっかけに明日以降立て直してくるだろう。


今日の上原の投球をぜひぜひ石川君もお手本に来年生かしてください!
直球の大切さは週べのインタビューで語ってましたっけ。
古田前監督に教えてもらったと。

先頭打者を出さない…今年の石川君はどうだったでしょうかねえ。
あまり印象に残ってないや。今度調べてみようかな。


つば九郎ブログが石川君特集でした。写真いっぱい!
防御率タイトルのことで本人よりも周りがピリピリしてたってところにちょっと笑ってしまいました。






WBCの監督選考揉めてますね~。
私は岡田監督でいいと思うのですが、やっぱり短期決戦でびっくりするくらい実績を残せていないので駄目なのでしょうかね~。
現役監督だと春の開幕直前にチーム抜けるのは微妙でしょうし、
でも現役監督じゃないと試合勘が…。
その点、岡田監督は理想的だと思うんですけどね~。
王さんはお体の調子が悪くて無理みたいですしね。確かにもうやつれておられる…。
日本人好みといったらそれまでですが、潔い責任の取り方に私は感動してしまったわけで岡田監督が報われるところを見たいのよ。すっかり岡田監督ファンになってる(笑)単純すぎる人間ですみません、ほんとに。


若松監督は私は…見たくないかな。
星野監督みたいにバッシングされる若松さんなんて私には耐えられない…!
(私はスワローズファン暦は浅く、本格的にファンになったのは若松政権からなのです。)
あの人柄なら負けたとしても責められない気はしますけどね。でもね。

若松さんもお体の具合が良くないとかで引き受けられないとかなんとか。

いいのです、若松さんはフジ739のスワローズナイターでいつでもヤクルト選手に優しいコメントをしてくれる素敵な解説者さんでいてくれれば!
プロ野球ニュースで若松さん担当でズームアップにヤクルト戦取り上げてくれたりね!


でも若松さん監督のチームで活躍する青木は見たいこのジレンマ!

たまには松岡のことも 

【ニコニコ動画】◆WBC戦士を援護率とかで選んでみた~投手編◆

…松岡が評価されてる…!
(名鑑用の写真だから髪の毛がまだ短い!!)
「50試合以上登板の救援投手の中で両リーグ通じて防御率1位」
…すごいなー松岡!
(といってもこれ9月上旬の動画だからあの悪夢の8連敗で防御率は悪化してるか…)


今年のヤクルトには五十嵐・松岡・押本・イム(後半押本が不安定になり、五十嵐と位置交換になりましたが)という継投リレーがありました。

五十嵐はそもそもこの四人の中で一番日本での実績がある投手。
復活の印象が強いでしょう。
むしろ怪我前より安定感が増したとの評価すら。

押本は前半戦、脅威の防御率0点台をたたき出した投手。
困ったときはとりあえず押本…だったせいで後半は疲れから乱調が目立ってしまいました。
日ハム時代は敗戦処理を主としていたらしいですし、重要な場面でシーズン通して働くのは初めてのことだろうし仕方ないですね。

イムはもともと韓国の絶対的守護神として名を馳せた投手。
日本でどれだけやれるか未知数でしたが、結果はご覧のとおり。
日韓通算200セーブおめでとうございます!



そんな中であまり目立たなかった松岡。
前半戦のイメージのせいか押本とイムの二人が今年のヤクルトの頼れるリリーフとしてよく名前が出てきます。


が、実は一年通してずーっと安定していたのはこの松岡なんですよね。


イムは9月になり背中の張りを訴え二軍落ち。終盤戻ってきてくれましたが。
押本は上で書いたとおり前半頼りすぎたため後半息切れ。
五十嵐も当初は不安定で一度二軍に落ちたりして、本格的に復活したのは6月以降。


松岡は4月中旬に合流以降、二軍落ちすることなく安定して投げ続けました。
公式で書かれたり監督コメントにも入るという意味で勝ちパターンに本格的に入ったのは5月以降ですが、4月から重要な場面で投げています。



…何気に松岡はすごい!




【ニコニコ動画】◆WBC戦士を援護率とかで選んでみた~野手編◆


やっぱり青木の評価は高いな~!
でも青木の守備は、下手ではないけど上手でもないってのがヤクルトファンの評価のような?
そこがイチローや福留との最大の違いって言われますよね。


2008年シーズンは初めて青木がタイトルを何も獲得しなかった年。
(ルーキーイヤーはほぼ二軍なので、二軍の首位打者をタイトルにカウントしてますが。)

…どんだけいままでタイトル獲ってきたんだよ!!!

2004(1年目):首位打者(二軍)
2005(2年目):首位打者(もちろん一軍)、最多安打(200本安打達成!)
2006(3年目):盗塁王、最多安打
2007(4年目):首位打者
2008(5年目):無冠(といっても打率は自己最高をマークかな?)


こう書くと思い知らされる青木のすごさ。

今年は何もタイトルを獲得してないけれど、青木が不調だったというより内川がすごすぎただけですしね~。


近い将来、メジャーに行ってしまうんだろうなあ。
青木がいるうちにCSに出たり優勝したりしたいですよね、やっぱり。
弱小チームでのびのびやってるだけじゃんなんて言われたらかわいそうだ!

CS真っ只中 

セパともにCS中。
ヤクルトは残念なことにまーったく関係ないのですが、ヤクルト出身選手がなんだかいろいろがんばってますしこれから頑張る予定だったり。

前はオリックス戦で藤井が好投。
今日は大舞台に強い石井の本領発揮でした。13奪三振って!

今日の西武vs日ハム戦は文化放送で福地がゲスト出演をするということでラジオで聴いてました。
何より福地の話のうまさに驚いた(笑)
(得た情報)
・青木のことベタ褒め。
・外野は孤独。
・打撃好調のきっかけは野球から離れて体の使い方に気づいたこと。
・広島・西武時代の郷というあだ名を最近ヤクルトの若い選手も使い始めた。
・西武の中島は癒し系。西武の佐藤選手とは仲良し。
・ヤクルトにはとにかくいろいろなものがまだまだ足りない。
まだ契約書にサインはしてないものの、残留ですでに球団と合意!

細川捕手の登場曲いいですねー。き・よ・し!!


セではこれから巨人中日戦が始まります。
ラミちゃん&グライシンガーも活躍の予感?
せっかくなら石井vsラミちゃんとか見たいですね!
(もちろん藤井vsラミちゃんでもいいしヤタローvsラミちゃんでもいいけどこれはすでに交流戦で実現済みなのでせっかくなら石井との対決を…。)

私は個人的に巨人・中日・阪神の中なら阪神の平野が一番好きなので阪神に頑張ってもらいたかったのですが(笑)べつにちっこいからじゃないですよ!
横浜の大西も気になるし、オリックスの選手が気になってるということなのでしょうか?


あとダルビッシュがやっぱりとんでもないですね。
そもそもリーグ戦で10完投とかね、五輪で1ヶ月抜けてたのに200イニング到達ってだけでもすごいのに。

オリックスも西武も、ダルビッシュ先発の試合で負け、そしてその次の試合でも負けた。ダルビッシュの幻影に負けたのかは分からないけれど、後を引くくらいの投手なんですよねえ。
川上もだけれど、絶対的エースって存在がどれほど重要か思い知らされました。
(小松は働きからいえばエースだけど今年新人王を獲るだろう選手なわけで…。私は小松を応援してたのでちょっとだけへこみました。…でも藤井が勝ったからいいんだもん!)

ヤクルトにもそういう選手、現れてほしいものです。


ここまでのCSのハイライトはやっぱり阪神中日戦の藤川vsウッズでしょうかね。
あれは何度も振り返られる場面になりそうだ~!

2008年まとめ 

(主な成績・結果)
最優秀防御率(2.676)
3、4月月間MVP(5勝1敗防御率1.41)
セパ交流戦防御率第一位(1.18)
・投球回数セ第二位(自己最多イニング)
(10/30追記)・ゴールデングラブ賞


交流戦の成績見てましたが、岩隈の5勝0敗に吹いた。やっぱりすごい!
(そして岩隈より防御率がいいのに1勝しかしてないドミンゴに泣く。)



 

30試合 12勝10敗 防御率2.67 投球回数195回 3完投(うち1完封)

 

勝敗登板日(チーム)結果内容備考
3/28(巨人)6回2/3 2失点104球6被安打2四死球開幕投手 
4/3(横浜)7回1失点101球8被安打0四死球 
4/9(広島)7回1失点99球7被安打2四死球 無援護
4/15(横浜)7回1失点106球7被安打1四死球 
4/22(広島)9回1失点完投96球4被安打無四球 
4/29(阪神)8回1失点111球5被安打1四死球 
5/5(巨人)5回6失点80球8被安打2四死球 
5/11(広島)5回2失点70球5被安打0四死球チャンスで代打
5/17(阪神)7回3失点100球7被安打3四死球3四球は1回裏
5/23(ロッテ)9回0失点120球3被安打4四死球成瀬と投げあい
5/29(日ハム)7回2失点95球9被安打3四死球失点はソロ2本
6/4(ソフトバンク)8回0失点94球3被安打1四死球 
6/11(楽天)7回2失点73球6被安打1四死球勝ち権利消失
6/18(ソフトバンク)7回1失点96球5被安打2四死球 
6/28(阪神)6回3失点95球9被安打1四死球 
7/4(広島)4回5失点自責464球7被安打1四死球 
7/11(中日)6回1/3 2失点98球5被安打2四死球ランナー残し降板
7/17(阪神)8回0失点116球4被安打4四死球1イニング6盗塁
7/23(横浜)5回6失点106球8被安打2四死球ベンチで悔し涙
7/29(阪神)5回4失点99球8被安打4四死球 
8/6(中日)7回1失点99球4被安打2四死球勝ち権利消失
8/14(横浜)7回0/3 1失点105球6被安打3四死球バント処理悪送球
8/25(阪神)7回2失点112球8被安打0四死球無援護
8/31(横浜)7回4失点92球4被安打0四死球ソロHR×4
9/11(阪神)7回2失点135球8被安打1四死球勝ち権利消失
9/17(広島)9回1失点完投118球8被安打無四球8連敗ストップ
9/24(中日)1回2/3 4失点53球6被安打2四死球今季最短KO
9/30(広島)9回0失点完封115球7被安打1四死球今季初完封
10/6(阪神)6回1失点92球5被安打2四死球失点はソロ1本
10/12(横浜)1/3回0失点1球0安打0四死球防御率のための調整
勝敗登板日(チーム)結果内容備考



こう見ると、5月と7月がやや不安定だったようですね。
5月は無援護に泣かされ、7月は単純に乱調が目立ったというところでしょうか。
あとやっぱりよく投げましたね、今年。
特に8月以降がスゴイ。
夏真っ盛りの時期ですが、8月以降炎上は1回だけでした。
五輪や雨天中止で試合数が少なく登板間隔も緩やかだったのにも救われたかな。
7月は不安定でしたがよく考えたら6月28日から一ヶ月はフル回転でした。


広島戦は全部で6戦ありますが、うち3戦がルーキー篠田くん、2戦がルイス、1戦が大竹となんかものすごーく偏りましたね(笑)
篠田くんなんて先発登板試合数が少ないはずなのに3回も直接対戦してる…。
ルイスはもう顔も見たくないです><
大竹はASで交流を深めていたらしいのでちょっと気になってます(笑)
高卒と大卒なので年齢は4つちがいますが、同じ年にプロ入りしてるんですよね~。


阪神戦は安藤、下柳、岩田、ボーグルソン、アッチソン、リーソップと結構色々な投手と対戦しました。阪神の主要な投手は一通り見た感じかな。
ボーグルソン(シーズン途中2軍落ち)、リーソップ(シーズン途中加入)と2回当たってるのはわりと珍しいかも?

2008年印象に残った試合 

2008年印象に残った試合をいくつか振り返ってみましょう。
(日付:チームから試合の感想へ飛べます)

本題に入る前に、試合を思い出すためにブログを読み返していたのですが…。
結局つば九郎は高田監督と2ショット撮らなかったのね。
なんかちょっと拍子抜けです(笑)

ついでに藤井のブログでやっぱり涙。
四選手全員について個別に記事書くなんて無駄に几帳面だと思いつつも(笑)


1.7/17:vs阪神

セ・リーグ新記録となる1イニング6盗塁を決めた試合です。
ヒットなしで足を絡めて3得点というのは今年のヤクルトらしい点の取り方。
今年ヤクルトの勝利に一番貢献した選手は?と聞かれれば、おそらく福地かイムの二択でしょうが、福地が先制のホームを踏み、イムが守って勝った試合。
そういう意味でも今年らしいゲームだったかも?
個人的にはこの試合の先発は石川君だったことも絶対にはずせません。
8回0失点で9回表までがんばってつなげたんですよー!!!


2.3/28~3/30:vs巨人

開幕巨人戦3連勝!
思えば巨人にまともに勝ったのはこの3連戦だけだったような。
まさしく春の椿事でした。
とはいえ、ラミちゃん・グライシンガー相手に、そして去年の優勝チームで次の中日戦にエースを温存なんて策を取ってきた相手に一矢報いることができたのはうれしかったな~!


3.9/6:vs巨人

由規プロ初勝利!!!!!
この後も好投を続け、大器の片鱗を見せ付けてくれました。
阪神と熾烈な首位争いをしていた巨人戦(それも2回!)、それにCS出場を賭け中日を争っていた広島戦と、相手も必死にやってくる中での好投は立派の一言ですね。
来年どれだけやってくれるか、今から楽しみです。


4.9/17:vs広島

石川君10勝目の試合。これはもう単純にファンだから(笑)
チームが8連敗している中で、自身の10勝目、連敗をストップする勝利、リリーフを休める完投とものすごく価値のある一勝だったと思います。


5.6/23:vsオリックス

今季最初で最後のサヨナラ勝ち!
サヨナラヒットを打った武内をミルージュまみれにしてしまいました。
もうこれは試合そのものというか、あの選手たちが武内のところに駆け寄る姿を見るだけでなんだか幸せな気分になれるのです。


EX.10/12:vs横浜

もうこれは言うまでもないくらい心に残る試合でした。
小野が本当にかっこいい。
苦労人がプロ最終打席で決めた勝ち越しHR。
この展開に燃えないファンはいない!

もちろん他の選手も含めてお疲れ様でした。
HR王を手中にした村田のHRにはヤクルトファンの多くが心からの祝福を送っただろうし、引退選手のセレモニーに最後まで付き合ってくれた横浜ファンも多くて。
結局引退という形になりましたが試合の時点では去就が決まっていなかった横浜・鈴木の打席ではヤクルトの選手がベンチから拍手をしていて、それもよかったな~と思いました。

温かい2008年最終戦でした!



これはいい試合ばかりあげましたが、来年への戒めの意味を込め、悔しくてたまらなかった試合もそのうち書こうかな~。

移籍してから分かる藤井の良さ 

title_2.jpg

規定投球回数に乗ったのが10人しかいないことにびっくりですが、まーとにかく防御率一位ですよ!一番上に名前がありますよ!
投球回数もセリーグ第二位。
ちょっとだけ200イニング到達しなかったのが残念ですがそれでも195イニングは立派の一言。
それなのに10敗ってのがなあ…。
本来負けがつかなくていいような内容で負けがついたことがありましたのでそれが惜しい。



それよりびっくりですよ、サンスポに!

081013_2204~01

まさかの一面ですよ、おいおい!


サンスポの記事で知りブログにも書かれてましたが、藤井来てたのかー!!!!

試合には間に合わずクラブハウスで会っただけってことですが。


昼間、デーゲームのCSオリックス戦で思いっきり先発してたのに…!!!


飛行機でオリックス戦のあった大阪から東京の神宮に駆けつけたとのことで。
尊敬する先輩方の引退試合のためにわざわざ。
先発で投げた直後で大変でしょうに…。


本当に藤井っていい人だよな~と藤井が移籍して以来ひしひしと感じています。



サンスポの記事より。

 たった1球で最優秀防御率のタイトルをたぐり寄せた。石川だ。七回一死一塁。126キロの直球で石川は投前犠打。わずか1球、たかが1球…、いやこれこそ1球の重みだ。防御率2.676として、ここまでリーグトップの広島・ルイスを0.003差上回った。

 「(タイトルは)1年間やってきた結果ですから。(最優秀防御率は)自分に一番遠い賞だと思っていたので、一番うれしいです」

 1球でマウンドを降りると、一塁側ベンチではナインに総立ちで迎えられ、ようやくホッとした表情をみせた。

 防御率2.681で迎えた今季最終戦。1/3回を自責点0に抑えればルイスを超える“極限状況”だった。長い1年を頑張ってきたからこそ、この日があった。「何とか頑張りたいですね。いつも通りにやるだけです」と平常心で臨み、そして栄冠をつかんだ。

 むしろドキドキだったのはベンチだ。試合前、「1年間頑張ってくれたし、何とかタイトルを獲らせてやりたいよね」。頭を巡らせていたのは荒木投手コーチ。試合中もいまかいまかと登板のタイミングを計り、犠打が濃厚な場面で起用した。試合後には、ゲッソリとした表情をみせていた。


お疲れ様でした(笑)

石川投手、セ最優秀防御率おめでとうございます! 

最高の最終試合でしたー!!!!!


ああもう涙が止まらない!!!!


・涙涙の引退試合&セレモニー

小野がかっこよくてもうそれだけで泣いてしまった一試合。
プロ最終打席で決勝HRとかちょっとかっこよすぎるし、熱い展開すぎるー!!!!
しかもプロ初打席でもHRだったらしく、HRで始まりHRで終わったプロ人生。
なんと劇的なことか。

河端さんのところでは、もうコナンの曲が流れた時点で切なくなりました。
もう神宮でコナンのテーマを聴くことはないんだよなあ。
河端さんの投げるフォームがすごく好きなんですよねえ。


真中&度会のこと書いてなかった!

真中はコメントがすばらしかった。
当然のことですが引退試合でみんな悲しくてつらくてちょっとしんみりしてる中でくすっと笑わせてくれる、なんとも真中らしいコメントでね。
最後の中途半端な三振もある意味らしいかも?(笑)

度会は「愛された男」って思い出の映像で出ていたのが泣けた。
もうその笑顔に会えないんだよなあ。くそう。


セレモニーもすばらしかった。
河端さん、噛みましたよね(笑)
去り際、ウインドブレーカーを観客席に投げ入れててかっこよかったなー。
荷物抱えながらではうまく投げれず、結局荷物降ろしてしっかり投げなおしていたのもご愛嬌(笑)

つば九郎が写真をめちゃくちゃ撮ってたー!
選手に頼まれたのもあるでしょうが、ブログ用にも撮ったかなあ?ブログに期待!


そして三塁側&レフト側にもお客様が残ってたのに感動したなー。
横浜ファンの方々、ありがとうございましたー!!!!!!


石井&鈴木の両選手はどうなってしまうのかなあ…。


ヤクルトも横浜も退団選手&タイトル争い中の選手がいて、消化試合とはいえものすごく盛り上がった試合だったなー!



・タイトル争い真っ只中

福地投手、盗塁王(42盗塁)おめでとうございます!!!
石川投手、セ最優秀防御率(2.676)おめでとうございます!!!
館山投手、最高勝率(12勝3敗:8割)おめでとうございます!!!


福地はどんなに警戒されても盗塁しちゃうからさすがだよなー!
左投手出されてもまったく苦にせずあっさり一個決めてくれました。
相手の斉藤捕手は以前も足攻をした相手だったのでなんとかなるとは思ってましたが、それでも、絶対に盗塁を仕掛けてくるって相手にもバレバレなあの場面で決めちゃうんだもん!



7回表は他球団から文句を言われても仕方ないような展開にちょっと笑ってしまいました。

昨日ラミちゃんに一本打たれてしまって村田とHR数を並ばせてしまいましたが、今日結局村田に一本献上ですよ、これ。
ラミちゃんに13本打たれ、今日の分を入れると村田にも13本打たれたことに。
ヤクルトはラミちゃんにも村田にも平等に打たせてあげる優しい球団なんです><


まーとにかく今日ヤクルトが一本献上したことで村田が単独で二年連続HR王決定。


この時点でまだノーアウト。

続く佐伯がヒットでランナー一塁。
金城がファーストフライで一死一塁となったところで。


「あと一人抑えれば最優秀防御率確定」の石川君登板ですよ!!!!

ランナーは石川君が出したものではないので最悪返しても自責はつきませんが、下位打線とはいえ気は抜けません、万が一にも自責がつけば水の泡です。


さあ、きっちり討ち取れるか。

ヤクルトファンの緊張が高まる。


そんな中で大矢監督はハマの石川君にバント指示。




…予想以上にあっさり1アウト取れちゃいました(笑)
たった1アウトというかたった一人というか、たった一球で決まっちゃいました。
バント処理できっちりアウトを献上していただき、石川君は予定通り降板、タイトル決定です。



回も進んで7回表、一死一塁という場面で期待の若手とはいえバントは当然だし別に裏取引だとか思わないけど、多少村田にHRを献上したことに対する大矢監督の優しさかなーなんて思っちゃいました(笑)
ハマの石川君はプロ初HRをこの石川君から打ってるんですよ~。(8/31の試合にて)
もちろんヤクルト側も、この場面はバントの可能性が高くアウトを取りやすいってことで石川君を送ったのでしょうが、あまりにヤクルトにも横浜にもおいしい試合展開すぎてね、ついね。


1/3投げただけで防御率のタイトル確定ですが、まーったく情けないなんてことはない!

ここまでセ第二位の投球回数を誇るわけでね。
まして防御率は積み重ねの結果、今日の一試合でどうにかなるものでもないのですからね。


ああもう石川君個人としてはすばらしいシーズンになりましたね~!!!


最後におまけ。yahooトップに出ちゃった!

巨人優勝! 

別に勝てるなんて思ってなかったけど…!

たぶんファン以上に監督や選手の方がずっと悔しいのも分かるけど!


でも試合が始まる前からファンに「巨人戦?はいはい負け負け」と思わせてしまうことについては情けないと思って欲しい。
今日の1-3という結果はむしろ善戦に思えてしまうことを情けないと思って欲しいのです。


ま~とにかく負けてしまったことは仕方ない!
来年はもうちょっと頑張ってくれると嬉しいな~。


ただ昨日の横浜がめちゃくちゃかっこよかったので同じく巨人にボコボコにされてきたヤクルトが何にも抵抗できなかったことがちょっと情けない。
昨日の横浜の先発が石井と知ったとき、横浜ファンでない私ですら何か感じるものがあったわけで…。驚きというか感動というか。選手を奮起させるものがあったような気さえするってのは褒めすぎかなあ(笑)ちょっとだけ、だったら寺原でいいじゃないか!と思いつつも。
今日も阪神に勝っちゃって、横浜がこの2戦かなりかっこいい!


…ヤクルトも松岡先発とかで対応するべきでした?



最近川島が欠場してますが一軍にいるなら出る機会はあるのかなあ?
今日は川端梶本の三遊間。
開幕がショート宮本サード川島の三遊間で、9月はショート川島サード宮本の三遊間で、そして現在はこんな形。変わるもんだな~。セカンドの浩康大変だー!



詳しくは後ほど?

イム投手、日韓通算200セーブおめでとうございます! 

もう由規最高だー!!!!!

8回1失点被安打2(1本は吉村のHR、残り1本は相手投手三浦に打たれたもの)
三振は5と少なめなものの無四球というのが良かったですね~。
石川君と違って四球出さないよう意識すべきタイプの投手ではないと思いますが。


何がすばらしいって初登板でプロの洗礼を受けた横浜にきっちりお返しをしたところ!

成長した姿を横浜ナインに見せることができました!

吉村にソロ一本浴びて1失点だったものの、強力横浜打線相手にこの成績は十分。
むしろイムにセーブ機会を与えられて良かったとすら思います(笑)


福地も40盗塁到達!



いいこと尽くめの試合でした。



公式の由規のコメントより

(荒木投手コーチには)完投するか、来年新人王を狙うかと聞かれて、新人王と答えました。完投はまた来季狙いたい。

これ以上投げると新人王の資格がなくなってしまうだけに、完投させることもできなくもなかったけれど本人の意思を尊重してくれたようですね。
来年、新人王、期待してますよー!
8月末に一軍昇格して以来、自然な形で投げてほぼ自然な形で新人王の資格が残ったということで運も由規の味方をしてくれたようです。


一年目でこれだけやれるなんて立派なものですよね~。
球が速いだけでプロでは通用しないなんて言う人もいたけれど、この一ヶ月強の由規を見てそう言う人はもういないと思います。よくやったよー、由規~!!!

館山おめでとう! 

館山12勝目おめでとおおおおおおおおおおおおお!

すごい試合でした。
スタメンから川島が外れて、野口・川端の三遊間になったのに驚き、この二人がそりゃもうびっくりするくらいの活躍でさらに驚き、今季最多得点!

今季最多の17得点。
だから一気にこんな取るのではなく、コツコツと地道に取って欲しいわけですよ。
これで明日の由規がまた好投するも無援護で涙を呑む展開になったら…。

今年は本当にローテ偏りましたねー。
川島が巨人戦に当たりすぎで苦い思いをすることになってしまって、ヤクルトファンからもその他のチームのファンからも疑問の声が大いに上がったものです。
でもローテと日程の都合でどうしても仕方ないんですよねえ。
石川君はこれでもかというほど阪神戦に当たりました。
巨人戦が2回も雨で中止になってどちらもスライドで阪神戦に回ったときには、本当になんか裏で糸を引いてる何かがあるんじゃないかと思ったほどですよー!
(あと広島戦もわりと多かったかな。篠田-石川君の戦いを3回も見ましたよ!しかも場所はすべて神宮!結果は2勝1敗、なんとか勝てました。特に9/30の試合はどちらも当初は違う先発投手が予想されていたのに両チーム外してきた結果、また石川君-篠田という同じ組み合わせに。めぐり合わせって不思議なものですね。)

そして館山は中日戦。
中日戦に久々にシーズン通しての勝ち越しを決めたわけですが、その原動力はこの館山にあったんだろうなあ。中日に強い強い。
今日は点差もありましたが本当に安心して見られましたね。
急に不安定になる場面も目立ちましたが今日はそういうこともなく。


勝ち運にも恵まれ、勝敗でいえば石川君より館山をエースと呼ばなければなりませんね!


川端はエラーで監督に怒られたあと、3ラン。
よっぽど監督の説教は怖かったのでしょうか(笑)
これでまだ20そこそこというのだからこれからが楽しみな選手ですね~。

チームに感謝の12勝目 

石川投手、12勝目おめでとうございます!!!


10勝目、11勝目は完投(完封)勝利と自身の力でもぎ取った勝利でしたが、12勝目は自身の力だけでなく野手やリリーフ陣の援護、監督の親心に助けられてのもの!
感謝ですね、周りのいろんな人に。


別に巨人をアシストしようなんて気は毛頭ないわけですが、この4連戦に限ってはヤクルトが悪いというか阪神が悪いでしょーと言いたくなるような感じでしたね。
今日のこの試合だけはヤクルトとしては負けるわけにはいかなかったでしょう。
石川君と館山の試合だけは落とすわけにはいかない、交流戦の頃からそうでした。
まして個人タイトルがかかってますから。

巨人戦に気を取られて好投の安藤を早々と6回で勝手に下げたり、ダグラスが急遽投げられなくなって緊急先発となったルーキーの加藤打ちあぐねたりね、それで石川君のヒーローインタビュー中に野次られても困ります><



1回の攻撃はヤクルトらしかったかな。
得点に結びつく走塁、これからもたくさん見せてほしいですね!
それよりも青木が1回からタイムリー打っちゃったことに驚きだ~(笑)

俊足川島の好走塁の後に畠山の走塁を見ると余計に遅く見えてしまう(笑)
でも畠山のいいところは遅いなりに何とかしようという姿勢が見えるところだと思うのです。あの足で三盗をしてしまうところとかすごい。


6回5安打1失点。

ちょっと投げるイニングとしては短い気がしましたが、その辺はタイトル争いとの兼ね合いのようですねー。
今日きっちり締めて12日の登板はナシの方向かなとも思ったのですが、そういう形にはしなかったようです。

エラーでピンチを広げる場面がありましたが、持ちこたえ崩れないところが良かった~。
わりとエラーしてもへこたれませんよね。
今年印象に残ってるエラーといえば5月のロッテ戦の城石、ビジターで9回、もう1失点も許されない中できっちり抑えてました。やっぱり今年はすごいな~。


タイトルは結果的に取れなくたってぜんぜんかまわないと思います。
でも狙えるのならやれるだけのことはやってほしいですね!


--------------

しかしヤクルトは5位、阪神は巨人と熾烈な首位争いをしているということで世の中の扱いはそりゃもうね。

ニュース番組、もうちょっと石川君の好投を称えてくれっていいじゃないかー!
せめてすぽるとくらいは…と思った私がアホでした。
サンスポの阪神コラムに、「"投手のくせに"バットにボールを当てるのがうまい」と書かれてて笑ってしまいました。1死2塁3塁という局面で三振などせずきっちりゴロ、完璧な最低限の働き、他の野手も見習ってください(笑)
…スクイズ失敗は気にしない!

今年はちょっとバッティングは例年に比べて不調にも見えますが。
綺麗なタイムリーの印象が薄いな~。

あ、4回裏、三振で凡退と思って帰っていこうとする川端と、ボークだからまだチャンスがあるということで戻れ戻れと指示する監督に笑ってしまいました。なんかおかしな?ほほえましい?場面でございました。
ゴロ打って石川君がアウトになるわけですが、そのとき新井のタッチの仕方もなんかおかしかったです。

勝ち負け関係ないとはいえちょっと凹んだ 

エラー絡みで5失点の時点でやや凹む。

好守でやや心救われる。

ノーノー阻止で一安心する。

その後3点を返し、5-3とそこそこいい試合になったとなんとなく満足する。




イム被弾\(^o^)/



負けてた試合だから別にいいんですけどね~。
イムも復帰直後ですし仕方ないのかもしれません。雨もひどく降ってましたし。

でもさすがに凹んだ。


うーん、イムと川本は相性悪いのかしら。


誤字脱字がいろいろありました。ショックで動揺したのかしら。



前半は四球での出塁はあったものの抑えられまくりだし、エラーも絡んで5失点もするしで見所がなくつまらない試合だなーと思っていたのです。

が!

川島のファインプレーで少し心が救われ、その直後川島・飯原・畠山の3連打で得点あげたあたりでもう大満足でした。畠山がきっちりタイムリー打ってくれたのが特に嬉しい。
この辺の若い選手が頑張ってる姿を見るだけでもう楽しいですよ、ほんとに。
その後浩康にもファインプレーが出て、意外といい試合にまとめたんじゃないかなと…。

最後の3失点がなければ…。


まあ、どちらにしても負けてたしいいかと考えることにしましょう。


エラーだって仕方ないです。もともと守備で魅せる選手ではないわけですしね。
ここ最近毎日書いてますがエラーも一つの経験です。
勝っても負けても順位には影響しないんですし、むしろ公式戦という実戦の場で守備練習が出来るなんてラッキーくらいの気持ちでいちゃえばいいのです。


藤川2イニング引きずり出す展開にしてやったぞ!と胸を張ってしまえばいいです。
(でも阪神の投手起用見てるとヤクルトは優しいものだと思ってします。まー、優勝という目標があるチームとノープレッシャーなチームじゃそりゃ差が出るか~。)


来年もそれじゃ困りますけどね!


青木が2つくらいいい当たりがあってでもどちらもギリギリ入らずでしたねえ。
惜しかったな~!

赤星を刺せないのは仕方ないかなー。
盗塁王、試合数考えたら福地に分があるとは思いますが、畠山の後ろではさすがにかわいそうと今日見て思いました。
明日以降は1番は無理にしても3番にしてほしいですね。
それなら前にいるランナーはほとんどの場合が青木か川島になりますので、福地も走りやすいでしょう。
青木が3番打てればこんなに試行錯誤することないのになー!


フォトギャラリーに和んだー。
誕生日にわりと活躍できるとは川島はなかなかの運を持ってそう?
松井はいつ見ても顔と身長のバランスが気になる。
顔だけみるとものすっごい大きい選手に見えるんだよなー!


同じ苗字ということで虎の石川君とハマの石川君も応援してるのであります。


内川すごすぎで笑ってしまう。
そして村田43号きた!
ただ申し訳ないことに、ラミちゃんは確実にあと数本は伸ばします、来週の金土で…。

イワックマはなんでこんなにすごいんだろう…。
最多勝&防御率&勝率の三冠がほぼ確定ということで…。
絶対的エースってこういうことを言うんでしょうねえ…。

負けなくて良かったかな? 

見てて疲れる試合だった…。

今日は引き分け。

相手は下柳、ヤクルトはルーキー加藤ということで負けなくてラッキーな試合…かな?
チャンスで点が入らずベンチで悔しさを前面に押し出す下柳に笑ってしまいました。下柳といえばエラーでの不快な顔で有名ですが今回も…。
でもベテラン投手も一人いてほしいものですね~。一応木田がいるけれど…。

ここ最近のヤクルトの先発は働き盛りのキャプテン→右のエース(暫定)→18歳ルーキー→助っ人→大卒ルーキーと相変わらず若いんですよねえ。


選手がアンダーを着ていたりベンチにいる選手もなんか上に羽織っていたり。
そんなところからも秋の訪れを感じたのであります。


なんか後半は阪神リリーフ陣の前に完全に抑えらたので特に書くことがない…。
押本が2イニングよくやってくれましたね~。
一時期疲れもあって乱調が目立ちましたがこれからも必要な選手ですからね~。あまり今無理させないで来年に向けて休みも取ってあげてほしいと思っちゃったりもします。

今年一年リリーフで一番安定してたのは意外と松岡でしょうかね?
押本は前半無理させてしまったので後半やや不安定になりましたし、五十嵐は本格復活は交流戦以降ですし。イムはフォトギャラリー見るとそろそろ上がってくるようですが終盤登録抹消ありました。


川島は盗塁20越えてよかった~。
ただ20じゃ福地に怒られてしまいますので21まで伸ばしましょう。

畠山と飯原のHR10本もまだ私は諦めてませんよ!
二桁、乗せてほしいな~。
浩康もフォトギャラリーだと背番号にあわせて7本。
もうみんな狙いまくればいいよ!

他のチームが30本40本と騒いでる中ヤクルトは10本で騒ぐ。
いいのです、それがささやかな幸せなんだから。

終盤の逆転劇! 

ここ最近で一番気持ちのいい勝利でしたー!!!!!



…いや、やっぱり一番はつい先日の石川君完封試合だけど、それとは違う痛快さがあった!

諦めないで観ててよかった~!!!!!


安藤交代がすべてでしたね。
完封もありえると思ったくらいなのでもう本当にラッキーでした!
(前に安藤先発の阪神中日戦を観てたのですが、そのときは6点差の展開で当然のように安藤が完投してたので今日も普通にそうだと思いましたよ~。巨人戦に合わせてのようですね。)


悪夢の3夜連続サヨナラの借りは返せたかな?




いやー、なんか書こうにも特に書くべきこともないですね。
楽しい試合でした!

もー野手はみんなよくやった!の一言…ではないけど。
昨日もエラーから敗戦して今日もエラーで敗戦かーと思ったほどですよ。
サードに思い切って畠山を入れたのでまあ多少のエラーは仕方ないですかね。
昨日も書いたけれど、もちろん勝ってくれるに越したことはないけれどそれ以上にエラーだっていい経験になる気がします。
川島もショートやり始めて数ヶ月だから仕方ないです。
もうどの選手も今はいくらでもミスしていいのです。課題をはっきりさせれば来年までどうにでもなる…はずというかどうにかしてほしい(笑)


飯原は守備よりバントですねえ。
でも正直飯原が下手なこと分かりきっててバントやらせる監督にも問題あるような(笑)
飯原のバント失敗…何度見れば監督も納得いくのでしょうか。
もちろん下手な本人が一番問題ですけどね。来年までにどうにかしてくれるはず!

臥薪嘗胆 

もう今日は由規に尽きるでしょう、なにこの頼れる18歳!!

8回102球0失点6奪三振


もうこれ以上ないってくらいすばらしかったです。
試合には負けてしまったけれど、由規のこんな姿を見られただけでも満足。


もちろんデータが少ないアドバンテージはあるだろうけれど、でも18歳の今の段階でこれだけやってくれるのだから将来が楽しみですね!!

燕のお兄さんたちはスパルタ教育がお好きなようで残念ながら勝ちがつかない結果となりましたが、これも一つの試練と思ってほしいですね!
私としては由規に負けがつかなかったからそれでいいやと思ってます。
守備に足を引っ張られて負け投手になった五十嵐はかわいそうだけど…。


08/30:vs横浜 2回途中6失点(2奪三振) *プロ初登板
09/06:vs巨人 6回3失点(8奪三振)
09/14:vs巨人 6回3失点(7奪三振)
09/24:vs中日 0回3失点 *中継ぎ登板、1アウトも取れず降板
10/02:vs広島 8回0失点(6奪三振)


…由規が正直ここまで一年目でやってくれるなんて思ってなかったな~!
黄金ルーキーとして期待されても結果を残せなかった選手もたくさんいるわけで、そんな中でこの結果は立派なものです。


由規はヤクルトの宝になりそうです。



エラー絡みの悔しい敗戦です。
なんかグラブからこぼしちゃったとかならまだしも、何で投げたの?と聞きたくなるところがちょっとむなしかった…。
そしてまた永川を前にどうすることもできませんでした。
5試合広島戦が続いてたので余計に感じてしまいます。


けれど、エラーしない選手なんていませんしね。
永川をそう簡単に打てやしないでしょう。だから抑えやってるんです。


ファンが悔しいと思うのだから選手はもっともっとそう思ってるに違いありません。

その悔しさを来年に生かしてほしいですね。


エラーでチームに迷惑を掛けた選手はたくさんいます。
今日の試合だけじゃなく今年一年通じて。
というか今日のスタメン野手は全員それなりに何かしらあるはずですよ。

してしまったことを忘れずに。
そのときの気持ちも忘れずに。


いつまでも「若いから仕方ない」で済まされるわけじゃないけれど、少なくとも今年はそれでいいんだから!開き直ってもう失敗だってしまくればいいんです。それを来年に繋げてくれれば!



サンスポのスワローズダイアリーに、宮本が若い頃市民球場でチームの負けに繋がるエラーをしてしまってそのときは帰りのバスに乗りたくなかったという記事が出ていました。
今や名手と呼ばれる宮本ですら昔はそうだったのだから、いいんですよ。



村田42号きましたね!これでラミちゃんと並んだ!
五輪で抜けてた期間があるのに本塁打王競ってるなんてすごいなー。

清原引退 

それより河端さん引退の方が悲しいのであります。


若松ヤクルトの中継ぎ投手といえば五十嵐・石井と河端さんでしょう…。
石川ファンの私が次に好きな投手でした。
今年来年が正念場とは思ってたけれど。

(追記)
ヤクルト関係のブログ回ると多くの人がやっぱり河端さん引退に言及してて切なくなったなあ。五十嵐・石井の影に隠れがちでしたがいなくてはならない人でしたよね…。



ブログを読み返すとなぜか年に1回河端さんを思い返してるようです(笑)

2005年は5月の初勝利に喜んでいました。(しかし試合は観ていなかったという)

*2005年5月13日付け
ぎゃーーーー!!!

河端さんおめでとうございます・・・!

実は、最近野球観賞をさぼってまして、全然河端さん登板とか知らなかったのですが;;;
もう、ニュース聞いたとき涙出ちゃうかと思いました。
嬉しい、本当に嬉しい。おめでとうございます!
ロッテが負けても凹まずに生きていけそうです。


どうやら河端さん先発初勝利の日はロッテが負けたようです。


2006年は石川君の勝利に喜びながら河端さんシーズン絶望にへこんでいました。
2007年は地味に苦労人・河端少尉に涙。

そして今年は春先に復活まだかなーと書いていました。



今日はヤクルトが快勝したというのにちょっとさびしい内容になってしまいました。

久々に青木大活躍でしたね。青木ヒーローって何ヶ月ぶりだろう?
石川君先発の長野のソフトバンク戦以来かな?



フォトギャラリーのミルージュ持った福地の写真がシュールすぎる(笑)
面白いお方だ、まったく。


川本も大活躍で今日は良かったな~。
福川は抹消中で多少悪くても川本スタメンはもう最後まで変わらないでしょう。これをチャンスだと思って思い切りプレーしてほしいですね。


昨日から宮本お休みということでさらに打線が若返った!

57年組:浩康・畠山・川本
58年組:飯原・川島・梶本

これに青木と福地先生と館山が加わって本日のスタメンの出来上がり。
福地がおっさんに見えるすばらしい打線!
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2008/10 »11

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。