スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

援護一括払い 

9勝目キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ここ3試合、7回以上投げ2失点以内に抑える投球を続けながら逆転許したりバント処理ミスがあったり援護がなかったりで勝ちがなかった石川君ですが。

ようやく勝利です、ああもう本当にうれしい!


でもさー、そんないきなり14点とか取らなくていいから!!!!

3点取ってくれれば3試合全部勝つことが出来たのに…。
でも今日の試合は負けるか。



というか許したヒットがすべてHRってどういうことですか?
被安打4の4失点、ええ~??
点差があった、ハマスタだったなどの理由もありましょうが、ちょっと酷い…。



まあ勝ったからいいや、とにかくそれだけでうれしい!!!


----------------------

一晩経ってしまったわけですが箇条書きで。


  • 9勝目本当に良かった…
  • でも上でも書いてますがいきなり10点とかじゃなくて、ちょこちょこ援護してください
  • 7回を投げ、許したヒットは散発4安打
  • …と書くと聞こえはいいものですが全部HRなので4失点と内容としては微妙?
  • 村田と吉村はヤクルト戦で打ちすぎだー!!!

  • 9回裏のベンチ、宮本の隣でバット打つしぐさをしてたのはなんなんでしょ?
  • ついでに青木が出塁して一塁で首位打者争いの二人が並ぶ場面がありましたが、内川と青木の意外な身長差にびっくり


  • 打線は爆発したもんだ
  • 畠山のHRが一番燃えた~、やっぱり4番の一発は格別
  • 飯原も最後に打って(しかもHRって)先発野手全員安打のおまけつき
  • 畠山と飯原には10本目指してほしいですね
  • 2試合連続、勝ちゲームで青木が活躍してる…?
  • これはまた勝負強い青木に戻ったと見てよろしいでっしゃろか
  • ショートは川島・川端の併用が目立つこの頃、いい刺激になってそうです
  • …ウィルソン何してるの?
  • 「ヤクルトのバッターは畠山と福川以外みんな足が使えますからね」と実況の方に言われたのはうれしかったなあ、でも足使えても返す人がいない…


  • 点差もありましたし個人的な希望として出来るだけ投球回数を伸ばしてほしいので今日みたいな試合は9回きっちり投げきってもらいたかったのですがそうならずそれが少し残念
  • 雨天コールドから中3日→中5日と雨もあってやや変則的に投げてきたのもありましたし疲れもたまってるだろうしでの交代ですしまあいいんですけどね
  • 押本松岡五十嵐イムのリリーフ陣4人を休ませただけでも十分かー、でも休ませたのはむしろ野手の頑張りのおかげのような(笑)


  • オリックス単独3位━━━━(゚∀゚)━━━━!!
  • 表ローテできっちり3連勝、かっこいいわあ
  • 接戦では足を生かし、先制されればクリーンアップの1発で見事に逆転
  • なんて素敵なチームなんでしょ
スポンサーサイト

疲れる試合でした 

コールドの権限持ってるやつ出てこーい!!!!!


決定まで遅すぎるぞ~!


そもそも一回目の中断でもう無理だろうと思ったんですけどね。
でも続行。
これは理解できますよ。
横浜もそうですがヤクルトもかなり雨天中止で順延になってる試合があるので最後が神宮の連戦続きというわりとハードな日程になってしまっています。
だからせめて5回まではやって試合を成立させたかったのでしょう。


でも5回を越え無事試合成立、九時過ぎて、また大雨。


それでもなかなか中止にしない。


試合が始まったら中止・続行を決めるのは審判さんという話ですが、ハマスタやTBSも関わってるんじゃないのー?って思っちゃうくらいでした。
グランドも完全にぬかるんでますしあんな状態で試合続行なんてねえ。


まあ無事終わってよかったよかった。



今日はなんか疲れる試合でしたねー。

青木がびっくりするくらいの大活躍とか、畠山も4番らしい活躍とか、由規炎上はまあ半分予想してたけれど小林が不調だったのに助けられました。
小林が不調でなければ完全に負けてたろうなあ。
(でも個人的にはコバフト結構好きなのでちょっとしょんぼり感もあります。三浦コバフトをヤクルトに当てるのはやめてください、お願いします大矢監督><)
木田が失点したときにはもう終わったと思ったのですが、横浜の継投に助けられたのか青木・畠山の意地に助けられたのか、まあ勝ったからそれでよしとしようじゃないか。
ああ、福地の好判断にはちょっと感動した。
っていうか指示を無視されるコーチには問題がある気がしますよー!
福地のナイス判断に救われました。

福川のHRは予想できませんでした、ほんとに。
伏兵にもほどがあるわ。
これで調子上げてくれれば嬉しいところですね!


明らかに負けておかしくない試合で負けを消してもらい試合には勝ってしまった事実をぜひとも由規の持つ運だと信じたいところです。


とにかく疲れた、見ててめちゃくちゃ疲れました。



------


試合後の由規のコメント。

(中断中のベンチでキャプテンの宮本選手から)打たれた後に照れ隠しの表情が出て、一流になるピッチャーはそういうのはよくない。照れ笑いは周りからの信頼をなくす。悔しい気持ちや表情を素直に出しなさいと言われました。しっかり反省を生かしたいです



キャプテンかっこいいぜ…!
ちなみにエキサイトベースボールの解説者コメントでも同じこと指摘されてますね!


それからもう一つ気になったのは、1回に村田にHRを打たれた場面。もっと悔しそうな表情を見せて欲しかった。ここはプロのマウンドで、いわば仕事場。経験を積む場所ではないということ。自分の投球で打者の活躍を全て無駄にする可能性もあるという意識で投げて欲しい。



マウンドで学ぶことはいっぱいあるのですねえ。
本当の第一歩を踏み出した由規のこれからに期待です!

仕方ない…のか? 

ちょっとパソコン使えないので携帯から。


押本+エラー=失点の様式美をどうにかしてください><
もうエラー二個で失点しないわけないと思ってた



ただその前に川島がもう少し持ってたら…ですね。
僅差の展開で先発が5回までしか持たないと勝ちパターンを出さざるを得なくなって負担が心配になります。

調子悪そうだったのに5回2失点はまずまずですが。

石川君も館山も調子が悪い時期が続いたりしました。
川島も不調の時期なのかな。
乗り越え方は知ってるだろうし次回持ち直してほしいですね。


攻撃でも守備でもミスが出たらそりゃ勝てないという試合でした。
ミスを帳消しにする力はないのですからミスをしないことが大事。
ミスで落とした試合もたくさんありました。

ただミスが出るのは仕方ないですね。
しない人間なんていませんし…。
ミスをしたら反省しなくてはならないし課題ではありますが、やっぱりミスが許されない野球しか出来ないのも厳しいですね。


得点力がないのも仕方ない。
川島が5回しか持たなかったのも仕方ない。
押本が打たれたのも仕方ない。


はあ…。


レギュラー選手の半分が二軍にいてもおかしくないチーム。
育成の年ではありますが辛いものです。



青木は副キャプテンだったのか… 

館山の勝ち星がついに石川君と並びました。
右のエースと左のエース。
より多くの勝ち星を挙げるのはどちらになることやら。


昨日書いたとおり、青木は勝手に調子を上げました、というか戻しました。


今年のヤクルトらしい試合でしたかね。
運と相手のミスにつけ込み得点をあげ、それを投手陣が守りきる。
カープ戦ではなんとなく相手のミスがよく目立つ気がします。

野手陣は今日はかなり守備の方で奮闘しましたね。

特にヤクルトの場合はミスを帳消しに出来るほどの得点力・爆発力を持っていないので、ミスをしないっていうのは大事なんだろうなあ。

多少のミスを覚悟の上で打撃を重視したメンバーにするか。
癒し系打線と罵られようが守備に重きを置いたメンバーにするか。

監督個人のこだわりもあるだろうし、なかなか難しいものですね。


私個人の好みでいえば5月頃から書いていますが、守備で負ける試合だけは嫌なので守備を疎かにした打線はあまり好きではありません。
でもそれはあくまで好みであって、勝てる勝てないとは別問題なんですよねえ。


飯原も好調をずーっと維持してていいなあ。
頼れる選手です。個人的には青木より3番に向いてる気がするんですが(笑)


イムにセーブがついて、200までは残り3ですか。早く達成させてほしいですね!



詳しくは後ほどまた書くかも!



オリックスは本日小松登板。
小松自身には勝ちはつかなかったけれどまあチームは勝ったからいっか!
負けつくほどの内容でもないけど思い切り勝ちをつけたくなる内容でもないでしょうし。

岩隈17勝目(σ・∀・)σYO!! 

チャンスでゲッツーの青木を見て、やっぱり変わってなかったと不思議な安堵感





なんてあるわけないです!!!!




でも宮本も青木も疲れてるだろうしゆっくり待ちましょう。
青木はそのうち勝手に調子上げて打ちまくる日が来ると楽観的に考えてます。

やっとヤクルトのユニフォームを着る二人の姿が見られただけでも満足と前向きに考えるようにしていますよ。もう、うん、それだけでいいっす。


ユニフォームといえば飯原何やってるの(笑)




岩隈はすごいなあ。
一人で17勝も稼いでくれる投手、いいなあ。

内容が大事なのか結果が大事なのか 

本日は石川君登板。
しかし負け投手に。
8勝9敗と負け越し、とうとう借金持ちになってしまいました。


7回2失点と結果としてはまずまずだったと思いますが、阪神投手陣の前に味方打線があと一本出ずの展開…。
調子は絶好調というようには見えませんでしたが、粘りの投球をしていただけにそれが報われない結果で残念でした。
7回ピンチを背負った後も2失点に抑え、リリーフを出さず7回を投げきったところなんかはすごく良かったと思います。もう本当によくやりましたよ、先発投手の仕事は果たしたと胸を張っていいはず…。


ファンとしてはこの無援護っぷりに慣れてきたので「またか」って気持ちなんですけど(笑)


2失点はもはや「勝てない」レベルですからねえ。
勝ちを消されたり無援護だったりで開幕戦で勝った他は2失点の試合では勝ちはついていません、ただの一度も。1失点でようやく勝てる可能性があるのです。


今日は無援護もありましたし不運もありましたねえ。

いい当たりが相手のファインプレーに阻まれたり、
いい当たりではなかったけど抜かれてしまったり。


そういう日もあるものなんでしょうねえ。…はあ。


まあ打線については宮本&青木復帰で良くなると思うのでわりと期待してるんですけどね。

仮に青木がまたいつもの「肝心なところで打ってくれない青木」に戻ってしまったとしても、青木の存在は相手投手に怖さを与えてくれると思うので精神的に参らせたりさせてくれると思うのですよね。

宮本に関しては何度も書いてきた通り、福地とのコンビ復活が何より楽しみですので!
必ず最低限はしてくれるだろうという選手。
福地が次の塁に進みやすいようアシストをしてくれる選手。
HR打つなどして活躍もした青木とは違い、宮本は精神的にも肉体的にも五輪での疲れが心配なところですが…。ベテランらしくキャプテンらしく切り替えてくれてると信じてます!!

フォトギャラリーで知ったのですが宮本が不在の間のキャプテンは福地だったんですね。
成績や年齢から考えても当然ですがちょっと驚いた~。
若い選手ばかりのチームの中でベテランでも若手でもない福地の存在は大きいなあ!

ついでに西崎もヤクルトが誇る82年組だったのかー!



石川君はセリーグで投球回数1位を誇っております、現在のところ。
おそらく今日の試合で155イニングになるはずです。

これだけ投げて投げて投げているのになかなか勝ちに恵まれず、とうとう負け越し。

8勝9敗という数字では計れないものがあるのは誰もが感じてるはずですし、なんとか腐らずめげず、いつか援護があると信じて残り1ヶ月ちょっと投げきってほしいものです。

今日の試合に登板したのはおそらく中5日で31日の試合にも登板できるからでしょう。
この連戦で誰か一人2回登板の機会がある選手がいるわけで、監督はそれを石川君にした。
館山スライドという選択もありましたし(これはほとんどないとは思ってましたが)
スポーツ紙には今シーズンに限らず以前から阪神に相性のよい川島をぶつけるなんて話も出ていました。
川島が中5日だと不安定なことも多いということも汲んでのローテーションだと思いますが、2回投げさせるだけの価値があると思われてるのは確か。
勝ち星には恵まれないけれど、そういうもので自身を鼓舞してもらいたいなあ。

200イニング、いけるかな。



あまり公式のコメントを引っ張ってきたりしませんが今回ばっかりは…。

「負けたら意味がない。(先制打は詰まりながらも前進守備の内野手の頭上を越え)ヒットはヒットですから。調子が悪くても何でも勝たないと。(チームがクライマックスシリーズ出場争いをする)こういう大事な時に勝てなくてチームに申し訳ないです。残りの投げた試合は頑張りたいです」



そりゃチームにとってはどんなにいい内容でも負けは負けで困ったものではありますが…このコメントには泣いてしまった…。

8月はおそらくあと1試合、この連戦ラストの試合で投げることになるでしょう。
そこでなんとか勝ちがつくことを願っています!
たまには楽に勝たせてやってください。
村中抹消で、開幕からローテーションを守ってる唯一の投手なのですから。
もう「負けたら意味がない」なんてコメントさせないでほしいなあ。



交流戦でもホームで圧倒的な弱さを見せていたヤクルトですが、なんと8月は神宮未勝利だそうで。なんでこんなにホームで弱いのでしょうかねえ。まあめぐり合わせなのでしょうが、でも一番ファンが集まる神宮で勝って欲しい!!!


いや、まあ神宮でもどこでも勝ってくれるのが一番です。
青木・宮本復帰でまた気持ちを新たに明日から試合がんばってくださーい。



まあ、あれですよ。
オリックスが今日勝ったからもうそれでいいです。おめでとー金子ー!
山本は昨日残念ながら負けちゃいました。
20勝を目指す岩隈擁する楽天は本日試合中止。残念。

中途半端だった五輪 

本日の試合は雨天中止。
というわけでもう少し星野JAPANについてね。

今日は負けないよ記さんの記事1
今日は負けないよ記さんの記事2

こちらの意見にもう深々と納得してしまいました。
リンク自由というお言葉に甘えて勝手にこっそりリンクしちゃっていますが…。

これをたくさんの人は読むべきだともう思った。


これを読んでなお選手をひたすらに責めるというのならもうしょうがないですね。

まあ負けたら箸の持ち方ひとつまで叩かれる、それはスポーツ選手の宿命ですけどね。


とにかく青木と宮本は早くチームに復帰して、またヤクルトファンにすばらしいプレーを見せてもらいたいものです。1・2番おっさんコンビ復活に期待です。…福地はまだおっさんじゃない?



明日はやれるかな?
村中抹消で先発枚数が足りなくなっていて、由規が昇格濃厚というニュースまで出てしまう状態ですから恵みの雨になりそうですね。
ただ選手の調子が狂ってしまわないか心配です。
明日は川島なのか館山なのか、どっちなんだろ。

8月は残り7試合、イムの記録達成は9月まで持ち越しっぽいですね~。

お疲れ様でした 

日本代表の選手の皆様、お疲れ様でした!


青木の3ランを見ることが出来てもうそれだけで大満足です。

もし青木がまったく活躍できなかったら選んだ監督が悪いと言い張ろうと思ってたのですがそれが杞憂に終わって何よりです。

最後の打席の粘った末の四球も良かった~。
あれは青木の粘り勝ちでしょう。


ヤクルトで3番青木が輝いていたのは6月中旬~7月上旬にかけてでしょう。
きっかけはおそらく楽天戦の満塁弾
あの試合からしばらくの間はチャンスの青木に期待感でいっぱいでした。

今日のこの3ランをきっかけにリーグ戦でも活躍してくれるといいのですが…あまり期待はしちゃいけないかな(笑)


いやー、青木離脱より宮本離脱のが辛いとか書いててすみませんって感じです。
でもやっぱりヤクルト打線的には福地とのコンビって意味では宮本離脱のが痛かった?
青木に関してはその穴を埋めるべく飯原が頑張ったからな~。


そりゃモヤモヤ感は残りましたが。
以下反転。
DHを捕手にするとか、エースに敗戦処理いうよく分からない総力戦とか、せっかく西岡荒木青木がいるのに足で魅せる場面があまりなかったとか、守備位置考えてない人選とか。ショートやれるなら内野どこでも出来るとかライトやれるならレフトも出来るとか。大舞台でプレッシャーも選手にかかるでしょうにあまりに酷です。外野どこでもさくっとこなす福地や川島は偉いのね。
まあ残念な部分もあったけどでもメダル獲れないからって全否定するようなことはね。
メジャー組いないと馬鹿にするのも間違ってると思いますしね。
監督批判にしたって、1から星野JAPANについて注目していた人はどれだけいるのか。散々持ち上げて失敗したら手のひら返しってのもなあ。


とにかく暖かな声援で選手を迎え入れたいですね!
少なくとも各チームのファンは選手の帰りを待ち望んでいるのです!!

星野JAPAN 

もう2、3日ほど前のことになってしまいますが書き忘れていたので、上の方に。
小松10勝目キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
新人王はほぼ確定かな。カブレラが西武時代とまではいかないにしても調子戻してますしオリックス面白いチームだ~。地味さという点でヤクルトに通じるものがあると勝手にシンパシーを…。
新垣がやっぱり新垣である意味すばらしい。


星野JAPAN負けちゃいましたねえ。

ヤクルトファンとしては7回(かな?)の青木のファインプレーにもう泣いてしまいました。
8回でしたね。


岩瀬が打たれてしまい、岩瀬もチームも諦めムードという中でのあのプレー。
2点差、まだまだ諦めちゃいけないぞみたいなものが伝わってきました。
急遽登板の涌井を励ますくらいの勢いだったと思ったほどですよ。
(直後のエラーで結局もう無理か…って感じになっちゃいましたが。)
タイムリーが出たのももちろん良かったです。
結果は負けてしまったけど、途中までは青木のタイムリーのおかげで1点リードを保てたわけですし…。

宮本も北京五輪初安打が出てよかったです。
被弾直後、まだ緊張の糸を切らさずマウンドの岩瀬のところへ行き一言声をかけたり、目立たなかったけれどキャプテンだったなーと思いました。


本当にこの二人がヤクルトの選手でよかったと改めて思った五輪でございました。
早く帰ってきてくれ~!


でもヤクルトファンが褒めるとやらかすのが青木なので明日が心配だわ(笑)


イムはこの試合複雑だったろうなあ。

当初は送り出す予定でしたが、リオスの薬物の件もあって派遣拒否。

もしかしたら9回のマウンドには韓国の投手としてイムが立っていたかもしれないと思うと…。
本人は絶対立ちたかったろうなあ。

案外イムだったら勝てたかも?(笑)
うそですよ、イムは頼れる守護神です。
日韓通算200セーブまであと少し、早く達成できるようチームにも頑張ってもらわねば!


経験と今年の調子、どちらを重視すればいいのか難しいと思わされる五輪でしたね。

経験重視の上原はその期待に応えられたと思いますし、
調子重視の選手の中には応えられたか疑問の選手もいました。
でも経験重視組でも応えられなかった選手もいますし。

まあ、それを見極め選手を決め試合を進めるのが監督の手腕なんでしょうけどね。

こだわりは一歩間違えれば危険なんだろうなあ。

ヤクルトファンには不安でたまらなかった3番青木というこだわりも捨てきれませんでしたが、そこまで悪い結果ではございませんでした。
でもこだわりが悪い結果を生んだのも事実。

短期決戦ですし、140試合で結果を出すリーグ戦とは違う。うーん、野球って難しい。
私は選手選出とかよりDHに捕手が一番不満でしたけど(笑)

私は中継ぎで一番すごいと思う選手は久保田なんですよ。
去年90試合に登板ですよ、90試合!
こんな酷使に耐えられる中継ぎの存在は貴重だと思うんです。
今年は不安定さも目立ちますが、去年それだけやってればそりゃ疲れも出るわ、と。

でも酷使に耐えられるってのは長いリーグ戦なら長所になりえますが、短期決戦だとそれほど価値があるわけでもないんですよねえ。


まあ、選手の皆様にはお疲れ様の一言ですね!
普段野球を見ないような人にあーだこーだ言われても気にしないで、リーグ戦でまた活躍してほしいものです。
(W杯で大騒ぎをする人を見るサッカーファンの気持ちが分かったかもしれない・笑)


一番悔しいのは星野JAPANの選手たちでも監督でもコーチでもなく、五輪を見ていたファンでもなく、アマチュア選手だったかもしれませんね。
その点を今回選ばれた選手たちやプロを派遣することを決めたお偉いさん方は忘れちゃいけないと思いました。

久々に幻水 

幻水新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ってか真綾さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


うおおおおおおおおおおおおおおおおおお。
もう…もうそれだけで大満足です…。

まだまだ時代や舞台はよく分からないようですが…もういいよ何でも。


そして幻水1がラジオドラマにもなるとのことで。
すでにキャストも一部発表済み。
ラジオドラマだったら1くらいのボリュームがベストかもしれませんね。
108星全員出すのかな。

幻水1で一番好きな場面は親子対決。そこがどうなるか今から楽しみです。
オデッサとかグレミオとかソニアも好きですがやっぱり親子対決がもっとも盛り上がるところだと思うのであります。

野球! 

・ヤクルト

巨人戦3戦目は雨天中止。
宮本・青木が戻ってからの方が都合はいいですし恵みの雨になったかな?
石川君登板予定でしたが、こうなると次の阪神戦でしょうかね。


昨日の試合も残念でした。
青木と宮本が戻るまでは耐えるしかないでしょうね~。
なんか選手の入れ替えでどうなる問題とも思えませんしね。

こんな風にファンに諦めと悟りしか与えられないことは情けないと偉い人たちが思ってくれてればいいのですが…。

でも応援は続けますよ~!!

こういうときこそファンとしては応援していたいです。

負けると、勝手にいろいろ悪く言われて、スポーツ選手である以上それは受け入れなくてはならないことでしょうけど、私はなんだかなーと思ってしまうんですよね。

勝てばどんなことでもプラスに解釈され、
負ければどんなことでもマイナスに解釈される。


選手や監督、コーチはもう慣れっこかしらね?
それはスポーツ選手の宿命みたいなものなんだろうなあ。

まあですから私は、やる気がないだのそんな風には思いませんし精一杯いつでも応援していたいと思うんです。



つば九郎ブログ、中尾彬に吹いた!引き出し多いよ!!

原監督との2ショットも決めて、これで監督シリーズ終了って高田監督は~??




・星野JAPANアメリカ戦

タイブレークでまさか青木からスタートするとかもう驚きを通り越して笑ってしまいました…!
俊足ですし(けん制死とかときどきしちゃうけど基本的には)ランナーとしても十分仕事はできる選手ですから、普通に4番新井からスタートでよくないっすか?
そもそも青木3番をずっと推していたし、星野監督の青木の評価っぷりがすごいわ(笑)
あの場面、とりあえずゲッツーじゃなくて良かったとそれだけです。
去年まではそうでもなかったのに、今年急に青木がチャンスに弱くなったのは、慣れない3番で気負いすぎたことやヤクルト打線が貧弱で青木に対する攻めが厳しくなってることが原因と思っていましたが、今はチャンスに弱いこと意識しすぎて泥沼にはまっちゃった感じなのでしょうかね?


でもヤクルトには青木が必要なんです。
早く戻ってきてください。

(つд⊂)エーン 

セリーグ相手だと巨人にだけ借金を抱えているというこの現実。

でもHRに本当に弱いですからねえ。
負けた試合は大抵相手のチームの豪快な一発が印象に残ってるものです。
投手が抑えても貧打で負けるパターンもございますが。

強いて言うなら失投を逃さない巨人打線がすごいってところかなあ。

阪神相手に善戦してるとよく言われてますが、甲子園とかだと結構やばい当たりが浜風のおかげで事なきを得てって場面もよく見受けられますからね~。金本のライト方向への大きな当たりなんかはよく「他の球場なら入った」なんて言われること多い。


とにかく青木・宮本が帰ってくるまであと一週間ほどかな。
そこまでなんとか粘ってほしいです。



巨人の林を見るとたった数年でもいろんな変化があるのだとしみじみとしてしまいます。

木佐貫とか久保とか林って同時期に出てきましたよね。その頃は全員先発投手でした。
林なんか中日相手にすごいピッチングしてたの今でも覚えてます。
久保は石川君との試合が印象に残ってます。神宮に見に行ってたので。
ベッツのHRで勝った試合でした。
木佐貫は勝ちには思うように恵まれなかったけれど奪三振率がすごくて話題に。

それが気づけば木佐貫は不調で2軍落ち、林は中継ぎ転向、久保は2軍のエース。
変わるものだなあ。

真田なんかもいたけど横浜に移籍しちゃってるもんなあ~。

加藤博一氏の解説が面白くて好きだったのですがそれももう見られないのですよねえ。ああどんどん変わるものだあ。


解説といえば。


夕方、五輪はシンクロをやっていましたがなぜかNHKのトライアスロンを見てしまいました。これが意外と面白い。
意外と深いスポーツなのだと知って感動してしまいました。

でも見てしまったもう一つの理由、それは解説。
解説の方がまあ当たり前ですけどものすごく詳しくて、画面見て日本人選手がどこにいるかもすぐに指摘してくれますし外国人選手についても逐一この人はどんな選手かなんて説明できる方で聞きながらすこし感銘を受けてしまいました。

野球はチーム多いから大変とはいえ選手をよく知らない方もいますからねえ。
最近はようやく松岡とかも知られるようになりましたけど。

岩隈16勝目キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!! 

岩隈は援護がすごいすごいと言われてますが援護がなくたってきっちり勝つところがさすがエースです。絶対的なエースの存在って本当にあこがれますね。
20勝…狙ってほしいなあ!
19勝だったら開幕戦で岩隈の勝ちを消したドミンゴがひたすらに責められるのかしら。

ヤクルトは勝ったけど智弁和歌山が負けて星野JAPANも負けたので気分は1勝2敗です。

・智弁和歌山

だから特に高校野球に興味があるわけではないのですが偶然つけたら、智弁の投手が石川君に似ていたというそれだけの理由で応援することに決定(笑)
フォームがなんとなく似てたような気がするんですがどうでしょうかねえ。
あと3アウト取ってベンチに帰る姿なんかもなんとなく。

結果は残念なものでした。
途中崩れて、守備の乱れにも足を引っ張られグダグダな感じは去年までの姿を思い起こしてしまいました。こ、今年は結構頑張ってると思うんだ。

いやーでも最終回の猛攻はすごかったな~!

星野JAPANもそうですし、先日の横浜戦でも感じましたが守備のミスはやっぱりもったいないですね。
よく高田監督の8回からの守備固めが非難の的となっていますが、これをみると一概に悪いと言えないような、でもやっぱり福地と畠山両方下げるのだけはやめてほしいような、イム登板の9回まではこらえて欲しいような複雑なところですかね(笑)

今日のヤクルトでも川島の悪送球が出ましたがなんとか事なきを得てよかった…。
まあ、新米ショートですから仕方ないでしょうかね。
シーズン途中のコンバートって普通じゃなかなか考えられませんよね。
しかもショートにコンバートって。
外野全般にサードにショート。サードもヤクルト来てからはじめたものでしょうし、ショートも交流戦明けくらいから、川島がショートでノックを受けているという解説さんの話が入り始めたくらいのもの。打撃では同じくレギュラー争いをしている武内やユウイチに適わない分守備位置の多さで勝負するしかないのでしょうが、大変だろうなあ。


・ヤクルト

代打ユウイチがいいところで一本打ってくれて辛勝ですね。

半レギュラーの選手が多いチーム。レギュラーを掴むのは大変でしょうが、半レギュラーが多い&監督は野手の入れ替えが多いので毎試合チャンスがあるようなもの。そういうところできっちり仕事をしてほしいですね。
飯原なんかはレギュラー落ちて代打が続いたのが今の好調に繋がってる気もします。


貧打にはもう慣れました。
もうそういうチームなんだから仕方ないです。
打てる選手がいないんだもん\(^o^)/という状態だよなあ。
青木宮本が帰ってくるまで耐え忍ぶだけです。
福地と飯原、畠山の打席はまだまだ期待してますよ~!
この3人でだめだったらもう仕方ないと割り切れます。

先発ダグラスはいつ失点するか冷や冷やしながら見てました。
中日打線にかなり救われましたね。
前回対戦でもやっぱりこのカードはロースコアの対決になったものです。
ロースコアの対決で9回延長なしだったのに9時すぎても試合が続いてたことが、いかにダグラスの投球が危ないものだったかを物語っているかもしれませんね。

まあでも抑えたものは抑えたのです、次にも期待ですね!
巨人や横浜、それに好調の広島打線相手だったらこうはいってなかったかもしれないけれど、運だって大切な要素とプラス思考でいきましょ!

ウッズやノリさんや和田など強打者の多いチームとはいえ、ナゴドですからそう簡単にHRが連発されるようなことはないのも救いだろうなあ。もちろん気を抜いたら一発ガツンと持っていかれてしまうでしょうけどね。


継投が押本-松岡-五十嵐-イムととうとう押本と五十嵐の場所が入れ替わりましたね。
でも押本も腐らずに、0-0の場面で出されるだけの信頼はあるのですし頑張って欲しいですね。
9月に入るとまた連戦が続きます。
五十嵐も故障持ちですし、リリーフ陣も総力戦になると思うのでそこで春頃の絶好調の押本に戻れるよう、今は少し休みながら9月までエネルギーを蓄えて欲しいです。


浩康もそうですが、開幕から頑張ってきてる選手にやや疲れが見えてきています。
でも開幕から穴をあけずにここまでポジションを守ってきた、それだけでもどれほどチームに貢献しているか。押本もそうだと思うのです!


昨日の話書き忘れた。
すっかり去年の徹底的に運のない館山に戻ってしまったとファンを不安にさせてくれましたが、なんとか昨日は勝利。まあ昨日も粘りの投球、絶好調ではなかったと思いますけど、そういうときの一勝って投手を楽にしてくれるんだろうなあ。よかったよかった。



・星野JAPAN

…もしかして青木ってめちゃくちゃすごい選手…?

いや、知ってますよ、もちろんね。

大卒とはいえプロ入り2年目で一軍定着どころか首位打者どころか200本安打達成しちゃうようなね、ものすごーく頼れる選手なのは知っておりますよ。

韓国戦、最初の2打席は見事な三振でちょっと心配だったのですがその後はきっちりリードオフマンらしいお仕事をしていました。やっぱり本来は1番打者が理想なんだろうなあ。

実は7月下旬、しょちゅう青木の「最近調子はものすごくいい」というコメントを読むたびに少しイラっとしてたのですよ。
調子いいというわりにはあまりチームの勝ちに貢献してないじゃないかとね。
ここで一本出れば勝てる!という場面での凡退のイメージが強すぎて。


でもやっぱり青木は青木でしたねえ。いやーすごい選手だ~!

ヤクルト打線が貧弱すぎて「自分が決めなくては!」とメンタルの部分で自分を追い込んでしまってたのでしょうかね~。


3番飯原が好調なだけに青木戻ってから監督がどこに青木を入れるのか実は結構楽しみだったりします。…まあ3番かな、そのまま。一番についてはもう福地以外考えられませんしね。でも星野監督だって途中で3番青木は危険と気づいたみたいだし…。


2塁3塁から点が入らなかったことを悔やむ声が多いのですが、ヤクルトならよくあること…ってのは置いといて、この場面でどうするかって難しいかな。

ヤクルトならスクイズの可能性も高い。
足の速い選手を数多く取り揃えてますし、あまり打てない選手が多いので。

そして半年戦うリーグ戦でそういう足を絡めた攻撃を常にしているので(なんたって盗塁数12球団ダントツトップ)、先日の横浜戦のように相手もかなりスクイズを警戒してきます。その結果、四球をもらえたりする。


短期決戦やオールスターチームではなかなかこの場面でどういう戦い方をするか、難しいものなのでしょうねえ。


バッター青木だったら確実に凡退…と思ってしまうのは、ヤクルトファンの過小評価かしら。

野球 

星野JAPANの裏でひーっそりと行われていた横浜×ヤクルト戦。
石川君登板、今回は7回0/3を1失点でしたが残念ながら勝ちはつきませんでした…。

まあでも今回はしょうがないかなあ。

0-0で途中まで投手戦でしたが8回表にようやくヤクルトが先制。

3者凡退が確か1イニングだけしかなく、わりとランナー背負いながらの投球だったので、ここで勝ち投手の権利も得ましたし降板だろうと思ったのですよ。

そうしたらまさかの8回続投。びっくりです。

球数も90越えて、基本的に120、130とたくさん投げまくる投手ではないですし粘りながらの投球が続いていたのでね、そこまで絶好調でもないしリリーフに託すかなと。

ここ最近リリーフ失敗が続いている押本はないにしても、松岡も控えてますし五十嵐もいますし、9回イムまでの繋ぎ役はいるのでね。

これは監督の判断なのか本人の志願なのか。
確かに(消去法とはいえ)エースならたとえ1点差でも8回まで投げて欲しいところですけど!

続投の8回表、先頭打者にヒットを許し、次の打者、セリーグ首位打者の内川がまさかのバントでやや動揺したのか悪送球でノーアウトでピンチを招いてしまいここで五十嵐にバトンタッチ。

代わった五十嵐がタイムリーを許してしまい同点に、この時点で勝ち投手の権利消滅。

ただ五十嵐はこの場面でよく1失点に抑えてくれたとむしろ褒められるべきですね。


たしかにランナーを一人許したものの、やっぱり次の打者の内川がせっかくアウト一個献上してくれるはずだったのに自らの悪送球でピンチを広げ、それが勝ち投手の権利消滅に繋がりました。
この辺、やっぱりもうちょっと締めてほしかったかな~。

ただ!
ただ!!


それよりも1点しか援護してくれない打線も酷いよね(笑)
確かに小林はよかったけど…。


試合作っても勝ちがつかないのが本当にファンとしてもどかしい!
リリーフに任せても自分が投げてもなかなか8回をうまく乗り越えられませんね。
ああああ、早く勝ちがつくことを願っています。

一番大切なことは試合を作ること。
結果としてそれが勝利数とか防御率とかそういう数字になって表れてくるものです。

それでもやっぱり先発投手にとって勝ち星っていうのは頑張った証みたいなものとして絶対に欲しいものだと思うんですよねえ。

どうかどうか、たまには楽に勝たせて欲しいものです。



おっと、試合の方は福地のおかげで勝利!
ああ、なんて頼れる選手なんでしょう。
もう本当にね、福地のおかげで勝った試合、数え切れませんね。
そして福地を見るとワクワクするこの気持ちも何物にも変えがたい価値がある。


石川君がミスで泣き、そして相手チームのミスに救われた試合でしたね!

8回裏ヤクルトにバント処理のミスが出たと思ったら、今度はその内川が直後の9回表に同じようにノーアウト一塁からの志田のバント処理で悪送球。

そのおかげで打撃不振にあえぐ福川にもバントを任せることができ、1アウト2塁3塁を作った結果、相手がスクイズ警戒をしすぎて代打(の代打)野口に四球、そして福地の打席といい流れがやってきました。

やっぱりミスは怖い!と思った試合でしたね。
些細なミスが命取りに。


最終回の松岡は怖かった、本当に怖かった。
押本大乱調の広島戦の悪夢がヤクルトファン全員の頭に思い出されたことでしょう(笑)




五輪の方は青木が活躍しててびっくりした~!!

でもこの試合のおかげでいかにチャンスで青木が打たないか、そしてチャンスではない場面の青木のすばらしさが伝わったと思います(笑)
青木は頼れる選手ですけどね。チャンスだって昔は強かったわけですしね。今シーズンだって6月中旬から7月上旬にかけては異常にチャンスに強かったんですよねえ。



エキサイトベースボールの解説者コメントより。

■解説者コメント 盛田幸妃

両チーム共に先発投手が丁寧に投げて、7回までは非常に締まったゲーム。8回にヤクルトが福地のスリーベースを足がかりに先制し、試合が動き出した。横浜も8回の攻撃、吉村のタイムリーで試合を振り出しに戻し、なお1・3塁のチャンスでビグビーが併殺打に倒れ、一気に逆転することが出来なかった。ここが今日の試合のポイントで、横浜の敗因。同点止まりに終わった為、9回頭から寺原を投入できず、結局バント処理のミスも出て勝ち越しを許すことになってしまった。ただここで別の考え方も出来る。8回を終わって同点の段階で、横浜は9回から寺原でもよかったのではないか。残りの投手で一番いいのは寺原。9・10回の2イニングを寺原がしっかり抑え、その間にサヨナラを狙う試合運びを選択する策もあったはず。ヤクルトには、松岡・押本・林昌勇の3枚が残っており、そこに対抗できるのはやはり寺原しかいないだろう。互角の勝負をしながら、最後の最後で後手にまわってしまった。横浜にとっては、惜しいゲームだった。



この選手で負けたら仕方ないとある程度割り切れる選手の存在ってありがたいなあ。
そして相手ベンチからある程度警戒される投手が残っているこのありがたさ。
まあ最近乱調続きですし、特に打力のあるチームには弱いのですが(笑)

野球 

書くの忘れてたので一番上に。
小松9勝目おめでとう~!!!
新人王をグイっと引き寄せる一勝でした。あと一勝すればもう当確かな。

ついでにヤクルトはもう仁志に完敗といった感がありましたが、仁志のこんなコメントが。
「(プロ入り当初)高田さんが巨人の一塁コーチ時代に随分迷惑を掛けた暴走が生きている」
そんな恩返しいりません!ぜひここは元コーチに華を持たせてくれ~。

・ヤクルト

今日の村中は残念な村中でした。
最近は調子維持してたから、ここらで落としても仕方ないかなあ。
不調の原因は故障ではないと思って大丈夫かなあ。
村中故障で戦線離脱とかになったらもう立ち直れない><

おおお12失点はきつい。
吉川が打たれた時点でも苦しかったけど岡本が1アウトも取れずってのが…。
まあ、でも一度は試しておかなくちゃいけないわけで仕方ないか。

特に吉川はもともと負けてた場面での乱調、これで悪いものを一気に出して、本来仕事すべき僅差の場面できっちり仕事してくれればいいですよ、ええそりゃもう。

三浦はさすがすぎました。
エースだなあ。
初回は調子悪くて、これはそのうち捕まえられるかもと思いましたが2回、3回とどんどん調子上げてって、きっちりゲッツーとったりさすがの投球。

打線は9回にまさかの大爆発。
もう笑いが止まらなかった、あまりの事態に。
こりゃ劇的な逆転勝利くるかなー…と思いましたがさすがにそうは簡単にいきませんね。
でも相変わらずの総力戦、野手がほとんど残ってないくらいの試合。
まあ、意外と楽しかったですよ、9回なんか特に。


・星野JAPAN

まあ、キューバ相手だし仕方ないかな。


宮本スタメンはもともと匂わせていたのであまり驚かなかったのですが。

青木2番って!!!!!
さすがに3番青木は危険だと思いましたか!


しかも意外と機能してたという(笑)


もうヤクルト戻ったときも青木2番でいいんじゃないですか~?


宮本はゲッツーが2回と散々な結果。
みみみ宮本は福地がいてこその選手なんだもん!!!

まあ守備の人ですから、基本は。
三盗された場面できっちりボールを逸らさず止めたあたりはさすがでした!


青木は重要なところできっちり犠牲フライ打ってたりして、お前ヤクルトでもそれくらいやってみろという気分でした(笑)
ファインプレーとかもあってなかなかな働き。

いや、ほんとに予想外に青木が活躍しててびっくりです。


でも青木が活躍する試合は負けるのね、やっぱり。(言いがかりですが・笑)



良くも悪くも青木の数字だけ取り出して青木を評価する人はヤクルトの試合を見てない人だと私は思っています。
あんたヤクルトの試合見た上でそれ言ってるの?とね。


まあ、もちろんそれは他のチームのファンの人もそれぞれの選手に対してそう感じてるんでしょうけど。数字だけで見えない部分って絶対にあると思うんですよね。
もちろん素人には専門的なことなんて分からないけどでも!


つまりヤクルトの試合ばっかり見てる私はどうして村田をスタメンにしないんだとそればかり思ったのでありました。ヤクルトファンからしたら村田怖いよ、ほんとに。
誰もが突っ込んでるだろうけど村田かGGか中島はスタメンに入れればよかったのになあ。
もちろん巧打の選手も大切ですよ。
でもそればっかりじゃ駄目なのだと今年のヤクルトを見ると痛感するのであります。やっぱり大砲も必要ですよ、大砲も!西武みたいに大砲オンリーの打線にしろとは言わないけど!!

ブラ九郎 

お盆休み突入。
夏休み始まって3週間、疲れました…。
もちろん一番大変なのは生徒たちでしょうけどね。

これから一週間弱のお盆休みです。

このお仕事やらせてもらってこの秋で4年経つんだと思うとしみじみとしてしまいます。
継続は力なり。
まあ、まだ4年とも言えますね。5年目もたくさんのことを学んでいかねばなりませんね!

高校生向けの国語の読解の文章の中にちょっと気になる一文を見つけました。
「LIKEは自分と同じだったり似ているところを見つけて安心する気持ち、LOVEは自分にないものを求め自分を補完する気持ち」
そういうものですか。
どなたの文章だったかチェックし忘れた。



つば九郎ブログ、つばうんのベース投げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そらあんた怒られますって。
でもこれでアウトかセーフかのタイミングでもめたときには安心ですね、いつでもつばうん呼べば大丈夫。つばうん退場試合は必ず勝利の法則だって出来ちゃう?

野球ネタいろいろ 

・五輪代表vsセ選抜の壮行試合

押本vs宮本&青木を見られて大満足!
チャンスで相変わらず打てない青木…。
いやいや、押本がよく頑張ったということにしておきましょ!
宮本に四球はキャプテンの威圧感に押本飲まれましたか(笑)

11-2とまさかの選抜チームの圧勝で終わっちゃいました。
でも不思議とセ選抜チームのが応援したくなるんだなー、これが。

宮本や青木は全日本の選手として出てるけど、選抜チームの選手はあくまでヤクルトの選手として出てきてるって違いかしら。
全日本のキャプテンの姿を見るとちょっとさびしくなってしまうヤクルトファンなのであります。

好きな選手がFAで出て行ったら、ヤクルトファンのままでいるのかそれとも別のチームのファンになるのか考えてしまうことがありますが、おそらくヤクルトファンのままなんだろうなあと感じました。

青木は本当に3番なのですねえ。他に選手いっぱいいるのに…。他に選手がいない&将来のことを考えて青木を3番にしているヤクルトとは事情がぜんぜん違うのに…。
でも他にも心強い選手がたくさんいるのでヤクルトのときよりも青木は打席に立ちやすいかもしれませんね。
チャンスに弱いなんてもう言わせないくらいの活躍を期待しております!
仮に活躍しなくてもヤクルトファンとしては「チャンスに弱いこと分かってて使う監督が悪い!」と言う気満々ですが(笑)



・つば九郎ブログ

つば九郎は妙に中日の面々と仲が良いような(笑)

とりあえず今すぐ福地の背番号を50にしましょう、50!

いやー、しかしなんか和んだなあ。福地への主張の激しさに。



・最近気になるオリックス

オールスターで活躍した捕手の日高。
同じくオールスターですばらしいピッチングを見せた山本。
今年新人王確実と目される小松。
ソフトバンク戦で敗戦したものの148球の熱投を見せた金子。
抑えとして活躍する加藤。


何気に気になる選手がそろってます。

特にたくさん投げる投手ってかっこいいですよねえ。
ヤクルトの投手は7回前後で降板ってことが多いので余計にね。
別にたくさん投げれば偉いってものでもないですし、約9回を投げて148球ってちょっと多すぎるような気もしますけどね。それにDHのパとDHのないセでは事情も違う。
でもやっぱりなんかそういう選手にはオーラがありますよねえ。

去年に戻るべからず&五輪 

今年の館山は一味違うと思ってたのに…。

参考:去年の館山
・好投しても援護なし
・好投しても味方にエラーが出まくる(宮本だってエラーしちゃうよ!)
・好投してもリリーフに勝ちを消される

横浜・三浦との投げあい(延長10回、1失点サヨナラ完投負け)、そしてその後もう脱力状態でマウンドに正座していたのはもはや伝説となっています。


でも、今年は違うと思ってたのですよ。

まず援護が半端なかった。
大砲不在のびっくりするくらいの貧打線においてなぜか館山が先発のときだけ得点能力が急上昇していました。青木が満塁弾打っちゃうほどですよ!
そして今年はリリーフも強化され勝ち星が消されることもほとんどなくなりました。


なのに…なのに…。


最近は見事にリリーフに勝ちを消されたり援護に泣いたり。
すっかり去年の館山に逆戻りです。



石川君の場合はね、勝ちをつけてほしいと思いつつも、今まではむしろ援護に恵まれリリーフに助けられてた選手ですから多少の苦労は知ってもいいんじゃないかと思うこともあります。

ただ、館山(や村中)は楽に勝たせてやってほしいな~と思わずにはいられませんね。



----------------


ついでに五輪開幕ですね!

もちろん一番興味あるのは野球です。

とにかくもう宮本や青木、そのほかの選手みんな無事に北京から帰ってこれますように…。
怪我だけは勘弁です。

個人的には村田選出がちょっと残念だったりもしますね。
今年もHR王狙えるペースだったので。(主にヤクルトの貢献が大きい)
率と違って、絶対数を競うものはやっぱり試合にたくさん出なくては…。
個人的にはラミちゃんに取ってもらいたいですけどね!
それにまあ選手としては自分のタイトルより日本代表の方が嬉しいのかな?

ダルビッシュや杉内に関しては最多勝についてはほぼ岩隈で確定なので問題なしかな。

腐らずに前向きに 

今年の石川君はほんとにツキがないです…。

ここ2試合調子を落としていましたが今日は中日相手に7回1失点の好投。

勝ち投手の権利を持ったまま8回9回をいつもの勝ちパターンに任せたわけですが、前回大乱調を起こした押本が今日も失点をし、同点になってしまいました。

押本については本人の調子が悪かったわけではなく味方のエラーに足を引っ張られて、ですね。
ああ、そういえばこんな試合、楽天戦でも見たような。
あの試合は福地のタイムリーで結局勝ちましたけど!

押本は基本的にエラーされるとテンション下がるのかしら?
脅威の防御率0点台を維持していたときも味方のエラー後の隠れ失点はありました。
まあ今日は打たれたというより運が悪かったって感じかな。


まあ、試合はその後リリーフ陣が踏ん張りなんとか同点で終えることになりました。


うーん、ファンとしては好投した試合ですし勝ちをつけてほしかったけれど…なかなかうまくいかないものです。


こう勝ちに見放されるとモチベーションが下がらないか心配です。


石川君は一応エースです。
はっきり言って、「他に選手がいないから」という後ろ向きな理由でのエースです。
ヤクルトには石川君のほかにローテを守れる投手がいないから、というだけです。
去年は不振で2軍落ちを経験しましたが、それまで5年間ひたすらにローテを守り続けたことがエースたる最大の理由。
このブログでも書いていますが、川島が1シーズン安定して働けるようになれば、ヤクルトのエースと呼ばれる選手は川島になることでしょう。


でもそんな後ろ向きな理由であっても先発の柱であることには変わりがありません。

そしてローテを守り投げ続けてくれる選手がどれだけありがたい存在か、きっと監督やチームメイトは感じ取っているはず。

それを信じて、これからも腐らずに投げ続けてもらいたいものです。


試合を作っていることは誰もが感じ取っています。




たーだー、7回の1失点はちょっと余計だったかも?
あれがなければ2点差、もしかしたら続投もありえたかもしれませんね。
7回の投球に不安が残ったから代打なのかなーとも思ったのですよ。
押本に早く挽回のチャンスをって気持ちももちろんあったでしょうけどね。

といってもノーアウト一塁でしたから普通に代打ですかね?
でもバントやらせて続投だって可能性としては…ないか。


--------------------

(今シーズン成績覚書)

21試合 8勝8敗 防御率2.74 投球回数141回 (8/7現在)


○3/28(巨人) 6回2/3 2失点    104球6被安打2四死球

○4/03(横浜) 7回1失点       101球8被安打0四死球
●4/09(広島) 7回1失点        99球7被安打2四死球
○4/15(横浜) 7回1失点       106球7被安打1四死球
○4/22(広島) 9回1失点(完投)    96球4被安打0四死球
○4/29(阪神) 8回1失点       111球5被安打1四死球

●5/05(巨人) 5回6失点        80球8被安打2四死球
●5/11(広島) 5回2失点        70球5被安打0四死球(チャンスで代打)
●5/17(阪神) 7回3失点       100球7被安打3四死球(四球3は全て1回)
△5/23(千葉) 9回0失点       120球3被安打4四死球
△5/29(ハム) 7回2失点        95球9被安打3四死球(失点はソロHR2本) #

○6/04(福岡) 8回0失点        94球3被安打1四死球
△6/11(楽天) 7回2失点        73球6被安打1四死球 *
○6/18(福岡) 7回1失点        96球5被安打2四死球
●6/28(阪神) 6回3失点        95球9被安打1四死球

●7/04(広島) 4回5失点(4自責)     64球7被安打1四死球
△7/11(中日) 6回1/3 2失点      98球5被安打2四死球 *
○7/17(阪神) 8回0失点        116球4被安打4四死球
●7/23(横浜) 5回6失点        106球8被安打2四死球
●7/29(阪神) 5回4失点        99球8被安打4四死球

△8/06(中日) 7回1失点        99球4被安打2四死球(暴投1) *

*勝ち投手権利消失
#負け投手権利消失


こう数字にしてみるとやっぱり不調月好調月が順番に来てる感じですねえ。

とりあえずルーキーイヤー越えの成績を残して欲しいな~。

代打石川、リリーフ石川、本気であると思いました 

(つд⊂)エーン


らしくない野球をやっちゃったから打たれたんだい!
っていうかなんで先発が村中じゃないの!
先発伊藤って何事!


9回終了と延長まったくなかった試合なのに投手も野手もほとんど使い切ったものすごい試合でした。山本昌200勝おめでとう!とか横浜月曜日強すぎるだろ…とかいろいろ派手な試合がありすぎて地味すぎる広島ヤクルト戦でしたがものすごい疲れる試合でした。

昨日は押本絶好調だったので今日の乱調にはもう呆然とするよりほかなかった。

でも巨人戦のときもそうだったのよねー。
川島先発時にはものすっごいボールを決めてましたが翌日は乱調。

ただそれでも押本への信頼はゆるぎないわけであります。
押本でだめならきっと他の投手でも無理でした。

リリーフ陣では登板試合数・投球回数ともにトップの押本。
(投球回数は、5月頃まではイニングまたぎの登板も多かった松岡とほぼ変わりませんが)

去年までは敗戦処理をしていた投手ですし年齢的にもまだ若い。

好不調の波が激しかったり荒削りな部分があっても仕方ないです。

たまには打たれる日もあるし使った監督が悪いともう責任転嫁するくらいの勢いで、次からまた心機一転頑張ってもらいたいですね!
もちろん反省するべき点があるならしなくてはなりませんがそんなもんは一ファンでしかない私にはまーったく分からないし!!



この2試合の収穫はとりあえず宮本・青木がいなくてもなんとか頑張れるかもってところでしょうか…。

でも5月に青木が脇腹痛で抹消された時も、離脱直後はなんとかなったものの、少しずつジャブのように青木の影響の大きさが出てきたので、これから青木・宮本の存在の大きさを思い知ることになるのかな。

どのチームも応援したくなる 

あまり甲子園は見ないのですがついつい報徳vs新潟県央戦を見てしまいました。

夕方家に帰ってきたらちょうど始まるところで、解説の方が新潟県央のことを「全員盗塁をする機動力が売りのチーム」と言っていまして、その時点でなんかヤクルトに似てると思ってたのですよ。
さらに小柄な先発投手と長身の抑え投手という継投を取るチームって話まで出てきて、さらにこれはヤクルトっぽいと感じました。

で1回の攻撃見たら、先頭打者が出たあと盗塁してしかもスクイズもあってまさにヤクルトの野球そのもの。
2回だか3回にもスクイズしてしかも失敗してるところもまさにヤクルト。

さらには今年の出場校の中では前評判はあまり高くないチームだったそうでそれもヤクルトっぽさに拍車をかけてくれました。

試合展開もね、こつこつ2点取ったあと、あっさり2ランで同点、しまいにゃサヨナラHRと、機動力がHRの前に負けてしまうあたりもヤクルトっぽくて切ない気持ちにさせてくれました。


でも注目株の近田君擁する強豪報徳相手に善戦。
それだけでも満足なのでございましたー。でもやっぱり勝って欲しかったな!



さてヤクルトの方は広島相手に辛勝。
ただ「らしい野球」であったような気もしますね。ギリギリすぎますけど。
相手のミスから得点をあげ、その少ない点を何とか守りきる野球が今年の形。

ただ本来は相手のミスではなくなんとかチャンスメイクをしなければ、投手と相手にミスが出るかどうか次第という不安定な野球しかできないのでその辺どうにかしてほしいですね~。

ここ2試合調子が悪かった川島も要所を締めるピッチングでよかった~。
こっからまた調子を上げてくれれば…と思います。
スケジュールも緩めですから負担もかからないでしょうし。

しかし福地はすごいっ!
きっちりタイムリーを打ってくれる存在がどれほどありがたいか。
守備での働きが大きいので絶対に打線から外せない浩康がもうちょっと勝負強ければいろいろ楽なんでしょうが、でも松岡には先発でなく中継ぎに適正があったように選手それぞれに適正があるものと思って割り切るしかないでしょうね~。



今年のオールスターも大玉ころがしでつば九郎が大暴れだったようで。
リリーフカーに乗るなリリーフカーに!

福地ノート! 

公式サイト福地特集

今、ヤクルトファンをもっとも楽しませてくれる選手は、日本を代表する安打製造機の青木でもなく、日本代表キャプテンの宮本でもなく、福地であることに間違いはないだろうなあ。

塁に出たときの期待感。
チャンスで回ってきたときの期待感。

ハンパないっす。

相手に威圧感を与えられるという意味ではたとえチャンスに弱かろうが青木離脱も辛いところですが、それ以上に1番福地と見事な親和性を発揮してる宮本離脱の方がやっぱり個人的には悲しい。
キャプテンでありなんでもできる二番打者であり守備の要でもある選手ですからね~。


----------------------

スポーツニュース内の短い特集でしたが素敵な特集でした。

福地のすごいところは盗塁技術だけではなく、足に関わることすべてにおいてプロなところでしょうねー。
足が速い選手や盗塁のうまい選手ならいくらでもいるけど、相手のミスに乗じてどんな場面でも進塁を狙えるほどの判断力を持ってる選手は福地くらいしかいないと思うのですよ。自分の生きる道をよく理解して野球をやってるというのが伝わってきます。

足の速い選手の判断ミスはヤクルト以外のチームでもちらほら見受けられます。

でも福地はそういうミスをしない。
そこが福地のすごいところなんだろうなあ。

いろんな情報の詰まった福地ノートの中身が気になりますね。
その辺もやっぱり違うんだろうなあ、他の選手と。かっこいいなー、福地は!!!

まさかの勝利投手 

オールスター2戦目勝利投手キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

1-1の同点からパに勝ち越しを許したものの直後の裏の攻撃でセが逆転し、そのままセ優勢のまま試合は進み結局勝ち投手になっちゃいました。

あんな微妙なピッチングでアリですか?
1回をソロHR1失点でしたが、正直よく1失点で済んだなという内容でしたが。
めぐり合わせに感謝ですね!
この運をリーグ戦でも維持してほしいなあ。

しかし館山といい相変わらずヤクルトの選手はHR打たれまくりでね。
(石川君はストレート中心というオールスター独特の雰囲気に負けた感がありますが。ストレートだけでは打ち取れない投手ですからねえ…。)


----------------------------

というわけで。

またこの季節がやってまいりました。

初戦は石川ファン的には試合に出ていなくて見所はなし。
(個人的には初戦で投げてもらいたかったなーとも思いました。高橋建に下柳と左の技巧派が続いたので、せっかくなら「左の技巧派リレー」を見たかったな~と。)
もっぱら早くベンチ映らないかなーなんて思いながら観ていました。たまにはこんな見方だって!

確認できたのは、川上・館山と並んで座って談笑していたところと、バットを持って東出と笑って何かしゃべってたところ。何話してたのかしら。特に後者。前者はまだ投手同士話題もありましょうが、東出と何をしゃべることがあるというのか。身長伸ばす方法ですか?まあバット持ってるところを見ると打撃好調な東出にアドバイスでも乞うていたのかな?

オールスターだなー!と思ったのは他のチームの選手とハイタッチをしていたところ。
金本HRでベンチ前でみんな並んでハイタッチする場面なんてねー、リーグ戦では絶対に見られない貴重な光景でした。


一番笑ったのは試合前!
選手とハイタッチを交わす中、石川君のときだけ妙に高い位置でハイタッチを交わそうとするつば九郎の嫌がらせに笑ってしまいました。ちっこいことを分かっててやってるな、あれは。

つば九郎ブログでオールスター出場の4選手そろい踏みの写真があって和みました。ここ最近お前は阪神のマスコットか!と突っ込みたくなるような内容だったのでね。やっぱりヤクルトが一番だー!!
その次のお立ち台写真のシュールさに笑いました。
そんなに近くにいるのならトラッキーと一緒に撮ればいいのに(笑)


二戦目は登板。
川上のあとを受けて投げることは前日からほぼ予想がついていたので、川上の好投を水の泡にしてしまうような投球してしまったらどうしようかと不安でたまらなかったのですが、セ・パともにみんな良い感じに失点しててちょっと一安心(笑)
1回1失点でしかもわりとピンチも招いててよく1失点で済んだなって投球でしたが、まー終わりよければすべてよし!

ストレート中心でのらりくらりのピッチングができなかったのもあるかなーと前向きに。
阿部も嫌だったろうなあ。ボールの勢いで打者を打ち取るタイプではない投手ですが、オールスターだからあまり変化球ばっか要求できないしまして普段は別チームでそんな組む選手でもないわけで。
そんな中で1失点はまー良かったかなーと。

終盤はベンチ内の様子でちらほら。
川上・阿部と3人で結構長いこと喋ってましたね~。何を話してたのでしょう。

個人的に気になったのは、阿部・川上と並んで座ってたのが気づいたら阿部・井端と3人で並んでて川上が端っこに立ってたところですが。中日に詳しくないのですが、立場は井端>川上なのですか(笑)


パリーグの守備が酷すぎで投手がちょっと可哀相でした。
もともと西武の内野なんかは結構危ないという話をよく見ますけど、その他のチームも…。
成瀬の炎上が目に付く試合でしたが、守備陣が頑張ればもうちょっと抑えられてたような。
オールスターで全力プレーをして怪我するのももったいないですから多少の手抜きみたいなものはあるのでしょうけど…。

まあどちらかといえばセ応援だったので見てて楽しかったけど!
昨日の雪辱を晴らす気持ちのいい試合でございましたー。
しかしロッテ怖い。交流戦でもやられましたがオールスターでもやられるとは。
巨人・横浜・ロッテ、ヤクルトの鬼門としか思えない(笑)



参考記事:過去のオールスター
2007年オールスターゲーム ラミレスMVP
2006年オールスターゲーム 石川君初出場
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
07« 2008/08 »09

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。