スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館山に援護することを覚えたヤクルト 

9回裏のマウンドで調整登板をするイムの姿を見て、
5連敗してたんだなあと改めて感じ、泣きそうになりました。
(監督のコメントによるとイム本人の希望だったようで。間隔空いていたし、ロッテ戦の嫌なイメージを引きずったままなのが気になってたのかなー。)

とりあえず祝・連敗脱出!

明日からのことはもう気にせず今日の勝利に酔いしれましょう。

久々の勝利なのに9回裏しか見られなくて非常に残念!
ニュースやyahoo動画のハイライトを楽しみにしておくことにして。

9点…なんて素敵な響き。
ファンの本音としては一試合でこんなに打つのではなく毎試合コンスタントにほどほどの点を取ってほしいところですが(笑)

でもまーとにかく久々の勝利なので何も考えず喜びに酔いしれましょう。

館山はなんだかんだ言って安定してますね。
ゲームを壊さない程度にまとめてくれているという印象。
3失点なものの、点差があったのでそういうのも影響したのかなと勝手に考えることにします。

ピンチで本気を出し、その他の場面では力を抑えながら9回を投げきる。
これがエースの投球。
DH制で完投の多いパの投手の投球術には御見それいたしました。
館山もそういう投球をしたと解釈することにしましょう(笑)


青木はやっぱりいるだけで心強いですね。
足速い選手いるし青木なんていなくても大丈夫じゃないかなんて楽観視してて本当に申し訳ない。
いるだけで勝手に相手がビビッてくれるような選手の必要性を思い知りました。
青木がいなくちゃどうしようもないチーム。
石井の言葉は的を得すぎてるなあ(笑)


宮本をスタメンで出しつつ点差が開いたので休みを与えられたのもよかったー!


今日からスタメンマスクは川本に。
やっとベストメンバーが揃ったと言えそうなヤクルト打線になりました。
リグスなど誤算はあって開幕とは違うメンバーですが、育てるって面から見ればいい打線のように感じます。


HR打ったガイエルがこれを機に復調してくれれば言うことなしですがどうなることやら。
スポンサーサイト

野球 

「はなれてもなかまだね。」ということで。

つば九郎ブログは外さないな~!

昨日の記事で元ヤクルトの日ハム選手が弥太郎しか登場してなくてちょっと肩透かしを食らった感があったのですが今日に取っておいたのね(笑)

藤井・三木のトレード組だけではなく稲葉まで登場!
宮本稲葉の星野JAPAN(候補)の2ショットとはなんて豪華な。

みんないい笑顔でした!

今のヤクルトを支えるのは82年組だなーと川本ブログやフォトギャラリーを見て感じました。
浩康(セカンドレギュラー)、畠山(4番レギュラー)、川本(正捕手候補筆頭)、押本(セットアッパー)、松岡(セットアッパー)…みんな82年です。恐るべし82年。
他のチームにも82年生まれで活躍してる選手がいるのか調べてみようかなと思いましたが面倒だったので断念。松坂世代(80年)やハンカチ世代(88年)に負けるな~!

若いチームですね、色んな意味で。


さてさて。
最後に備忘録ということで3月~5月までの石川君の成績まとめ。

○3/28(巨人) 6回2/3 2失点    104球6被安打2四死球

○4/03(横浜) 7回1失点       101球8被安打0四死球
●4/09(広島) 7回1失点        99球7被安打2四死球
○4/15(横浜) 7回1失点       106球7被安打1四死球
○4/22(広島) 9回1失点(完投)    96球4被安打0四死球
○4/29(阪神) 8回1失点       111球5被安打1四死球

●5/05(巨人) 5回6失点        80球8被安打2四死球
●5/11(広島) 5回2失点        70球5被安打0四死球(チャンスで代打)
●5/17(阪神) 7回3失点       100球7被安打3四死球(四球3は全て1回)
△5/23(千葉) 9回0失点       120球3被安打4四死球
△5/29(ハム) 7回2失点        95球9被安打3四死球(失点はソロHR2本)


数字にするとやっぱり5月は安定感に欠けてますね。
完全に試合を作れなかったのは巨人戦だけですが、粘っているもののあともう1点分抑えてくれればと思う試合が多い。
四死球って点から見ても5月のほうが悪そう。
被安打についてはもともと多い選手なので参考にならないかな。

投球回数が多いのはいいですね。
投球回数はセ・リーグでは中4日で投げてるルイスに続き2番目の多さ。
5回や6回に降板することが多い投手だったと思うので7回くらいまで粘れてるのはいいことだなーと思います。


石川ファンとしてこれだけは言わせてほしい。

5/11~5/29の4試合で「石川君が登板してる間に味方が取った点」は2点。
石川君は計28イニング投げてますがその間にヤクルト打線があげた総得点が2点ってことです。
(打率にすると、なんと恐ろしいことに2割を切り1割台。)

これは厳しいっすよ。

ま、何年も散々援護されて楽して勝利してきた投手ですから、たまには館山の苦しみを味わった方がいいとは思うのですが(笑)

もはやロッテを笑えない5連敗のヤクルト 

今日は石川君が登板。
7回2失点被安打9四死球3とピンチは背負いながらも踏ん張りそこそこにまとめたかな、という印象。

しかし先週、9回0失点でも勝ちがもらえなかったわけで、
7回2失点なんてもはやお話にならないレベル。


まあこれについてはいいんです。
石川君も絶好調とは思えなかったですしね。
それに打たせて取るタイプの投手である以上、打撃での援護だけでなく守備での援護もされてるわけですしね。
(石川君のときのミスはまだしも9回表のミスはさすがにないだろうと思いますが。)


多田野は日ハムではおそらくダルビッシュの次にいい投手です。
打線が奮起できなかったのは仕方ないところ。
あと一押しを出来ないのは、相手がいい投手だからってのもあると思うのです。
(石川君だっていいときはピンチでも踏ん張れるし、悪いときはピンチで崩れちゃう。)
今日の負けは覚悟してましたし気にしても仕方がないですね。


ただ同点で根比べという展開の中でエラー絡みの失点なのはなあ。

しかも捕手。
例えば川端とか畠山は守備については発展途上ですしそれを受け入れた上での育成的な起用ですから納得できるけど。



野村監督が好きでヤクルトファンになってその後野村監督が阪神の監督に就任したので阪神ファンに鞍替えして今も阪神ファンの父が昔言ってたのよね。
「古田は絶対に後ろに逸らさないところがすごい」と。
実際現役生活全体を通してそうだったのかは分かりませんがなんか色々身に沁みてくる言葉ですねえ。



川本を上げたにも関わらず、スタメンが福川、その後交代して米野であるところを見るとまだ川本自身本調子ではないというところなのかな?
とりあえず控え捕手を二人入れておきたいということでの登録なのかな~。


今日の展開、押本に負けはつきますがファンの誰もが押本の負けではない、投手の負けではない、と感じていることでしょう。


川本もこれからの成長に期待するという選手であるので、こういう歯がゆい試合はまだ続きそう。
いくらなんでもキャッチャーフライくらい取れますかね(笑)



まあ、でも何があってもヤクルトファンは続けますよ。
負けても何でもこのチームが好きなのです。むしろ負け続けてるときこそ燃える!




悪い面ばかり見てても仕方ないのでよかったこととしてはなんだろう。

いい投手とはいえ多田野から2点取れたのはいいですね。
今の打線だと2点~3点くらいはなんとか取れそう。
以前は1点すら本当に厳しいと思ってたのでそういう意味ではだいぶ前進したように思えます。
(交流戦に入ってからもあまり得点は増えていませんが、当たる投手が涌井・成瀬・渡辺俊介・ダルビッシュ・多田野とエース級ばかりなわけでそんな中で完封を許してないのは立派だと私は思ってます。あ、成瀬は実質完封ですが。交流戦前は、ルーキーに完璧に抑えられていたわけで。)


川端が三塁スタメンで出場したのはちょっと意外でした。

高田監督の構想としては、
一塁:畠山
二塁:浩康
三塁:川端
遊撃:宮本…こんな感じなのでしょうか?

畠山は三塁で使った方が今後のためにもいいような気もしますが。
宮本三塁コンバート、遊撃川端とかを諦めてないのでしょうかね。

川端はそこそこ打撃の調子はいいので育成は続けてほしいですね。
うーん、でもやっぱり五輪期間まで待ってもいいような。
むしろ五輪に向けての準備なのでしょうかね。

松岡も相変わらず調子がいいようで安心。
松岡押本と出した以上は根比べを続けてほしかったけれど。仕方ない。

飯原もさくっと盗塁決めてくれますなあ。心強いもんだ。



つば九郎ブログでは梨田監督が登場、ハニカミ具合が素敵。
落合監督、ノムさんの記事のときは三冠王、
梨田監督はコンニャク打法と監督さんに関する言葉が記事のタイトルになってるのも面白いですね。
王さんのときは三冠王と一本足打法、どっちになるのかなー。
あと弥太郎登場も嬉しかった!もうすっかり日ハムっ子ですな。

負け続けるヤクルト 

4連敗?
大丈夫、燕ファンは既に明日の多田野で5連敗というところまで計算済みです。
去年の今頃は絶好調最下位独走中だったんですからそれに比べたらなんのこれしき。強いチームがお好みなら他を当たってくれっていうんだ。



そんなことより今日のニュースはやっぱり…。



純国産打線キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!



と、その前に反省からしておきましょう。


村中はそろそろ限界でしょう、やっぱり一度休ませてほしいですね。
チームとしても試合作れない先発投手は困りますし、村中個人にとっても疲れたまっててきつい時なんじゃないでしょうか。
相変わらず中5日で使い、そして出来る限り引っ張るという謎の村中育成。
(引っ張るのは中継ぎとの兼ね合いもあるのかな?)

前に比べたら四球連発ってほどではないかもしれませんが…うーん。

先発の枚数が足りないのは分かります。
だからこそ日程的に余裕のある交流戦中に一度休ませてほしいなあ。
一度休むくらいで変わるものではないかもしれませんが。

開幕前から先発が足りず若手投手の台頭に期待するしかないと言われていました。
ある意味最初から「賭け」の要素が大きかったんですよね。
その中で村中は二ヶ月よく頑張ってくれました。
それで今は十分なんじゃないかなー。


さて今日の本題、打線についてです。


1 (左) 福地寿樹
2 (二) 田中浩康
3 (右) 武内晋一
4 (三) 畠山和洋
5 (一) ユウイチ
6 (遊) 宮本慎也
7 (中) 川島慶三
8 (捕) 衣川篤史
9 (投) 村中恭兵


まさかこんなすぐに純国産打線を見られる日が来るとは…!
もうちょっとガイエルにはこだわるものだと思ってましたよ!!!
打つだけでなくそこそこ守れるって意味でもガイエルがいる意味はあると感じていたものですから。

楽天戦で川島にして今日はリオスだろとか言ったのも取り消します。
おかげさまで投手まで含めた完全な純国産打線が形成されたのですから!


大エースダル様の調子があまりよろしくなかったとはいえ、3点取れただけでももう大満足だったりするんですよ。

今日は浩康があまり調子よくなかったわけですが、ここ数試合は宮本も抜けて守備でも打撃でも一軍に定着してる選手として頑張ってきたので、仕方ないですよ。
毎日打てる選手なんているわけない。
でもヒットは打てなくてもここぞという場面で犠牲フライは打てるあたりはさすが。


ヤクルトといえば外国人助っ人が活躍するっていうイメージが強いのですが、
まさかここにきて純国産打線になるとはねえ。

活躍してくれるならもちろん助っ人・ベテラン・若手、誰だっていいですよ。


でもそれでもやっぱり「和製大砲」という言葉に憧れない野球ファンはいない!
新井や村田みたいな選手がいたらと誰もが一度は思うはず。


ガイエル・リグスが不振ということで他に選択肢がないが故の純国産打線ではありますが、これも一つのめぐり合わせ。


せめて広島が栗原にこだわってる間は、
ヤクルトも今のこの方向にこだわっていってほしい!




川島ファンとしては今日の川島はそこそこ調子良さそうでそれもよかったなあ。
セーフティ試みたのもいい!
ただ決められないのは反省点。
自分の足をどうやったら生かせるのか、それをもっと考え、そのための技術を身に付けてほしい。
楽天戦で代走に出た川島や飯原は輝いてましたよ、本当に。
しかも代走に出るや否やさくっと盗塁を決めてしまってね。
塁に出れば強いのだから。

青木が戻ってきたら川島スタメンはないでしょうが、五輪期間中などチャンスはまだあるはず!
そのときにはいい働きをしてほしいな~。



敗戦投手リレー、今日はなかなかよかったですね。
今日も松井がいい働きをしてくれました。
上原のときにも書きましたがこういうところでいい働きをしていればいつかもっといい場面で投げさせてもらえる日が来るはず。頑張ってほしい。
そしてそのうち上原も上げてやってください。
もうぶっちゃけ押本か松岡あたりを落としてもいいのでは(笑)
嘘ですよ、早いところ松岡や押本の出番!ってな展開になる試合が来ることを願ってます。


フォトギャラリー。
阿部コーチの頭まで背伸びしなくては手が届かない石川君に吹いた。
あと「小さくてもプロ野球選手になれるんです!」(by石川君&若松さん)の次が「太っててもプロ野球選手になれるんです」(佐藤)とかもう遊びすぎだろー!!

セリーグで唯一負けたヤクルト\(^o^)/ 

本当にもうお荷物球団ですみません。

でもこれだけは分かってください。
一軍と二軍が逆転している素敵スタメンで他球団の一軍と戦うのは本当に大変なんだということをですね。

一軍の四番:畠山 年俸900万
二軍の四番:リグス 年俸2億3000万

さらにリグス復帰予定はなく、畠山四番で行くことを監督が宣言していて、そこそこ結果を残しているという。

浩康の存在だけが唯一、一軍が一軍であることを教えてくれます。

なんて斬新なんだヤクルト…!


しかし馬鹿な子ほどかわいいとでも言いましょうか。
サヨナラ勝ちした阪神、それに喜ぶ父を見ると強いチームを好きな方がいろんな意味で楽しいんだろうなあと思いつつも、弱くてもヤクルトというチームが好きなのよね~。



まずは愚痴っぽいところから入りましょうか、負けた試合らしく。

なぜあえて中4日でリオスを出したのか。

今日の5失点はもちろんリオスだけの責任ではありません。
守備が酷かったというのもありましょう。
ただ、ほぼ同じ野手をバックにした館山は相手チームこそ違いますが3失点で乗り切りました。
(昨日は先発が途中退場と荒れた試合だったので比べにくいですが。)

リオスに中4日とハードなスケジュールで登板させるほどの価値が果たしてあるのか。

悪くはないけど…悪くはないんだけど。
頑張ってるのにあと一息なんかなあという感じででもそこで踏ん張るのが投手の役目なのだと思うのですよ。


間隔は十分空いているのですから川島でも良かったのでは?というところですね。
川島も調子が最高というわけではないので結果は一緒かもしれませんが。


さー、暗い話はここまでです!

松井が上がってきました。
ファームで調子がいいと評判だった選手ですが今日のところは好投。
もちろん一試合だけでは判断できませんがこれはいい材料でしたね。
でも上原は下げないでほしかったなあ…。
昨日は色々さ、空気も悪かったと思うんだ。


打線はやっぱり一番酷かった頃に比べると頑張ってる感じに見えますね。

畠山なら何とかしてくれるかもしれない。

こう思えるんだもん!
4番の打席がなんとなく楽しみになりつつあるんですよ、これは大きな進歩。
畠山まで回せば、と。

福地が状態いいのもいいな~。
チャンスで一本出なかったのは惜しいところですがそもそもの役割を考えれば。

浩康は今のスタメンだと打撃での貢献だけでなく守備の貢献も地味に大きいかもしれませんね。
やっぱり一軍なんだなーと見てて思います。


打線に関してははっきり言って、もう落ちるところまで落ちてしまったので、ある意味気が楽かもしれません。
宮本復帰に青木復帰と期待できる要素が残ってますしね。
日ハム戦で宮本復帰、オリックス戦から青木復帰ということで多少は楽になるでしょう。

5/5に抹消されてますから、三週間。
なんだかんだ言ってよく耐えた方じゃないでしょうかね。

川端は宮本と比べるのはそりゃ酷ってもんでしょう。
20歳そこそこの選手に球界きっての名手と同じ働きをしろとか…。
川端ではなく守備に重きを置いた選手チョイスも良かったかもしれませんがどちらにせよ宮本復帰するしもう関係ないか。
次のチャンスは五輪期間中。
そこでまた頑張ってほしいものです。

捕手にしてもショートにしても前任者が偉大すぎると大変なんですねえ。

そうだ、捕手も川本がそのうち戻ってくるわけで。
川本もまあ絶対的な一軍レベルの選手とは言えないかもしれませんがやっぱり待ってるファンは多いはず。
ファームの試合に出始めてますし、まだ具体的な時期こそ明示されてませんが6月中の戦線復帰に期待ですね。


前も書いた通り基本的には打てなくても守備が安定してるチームの方がいいですが今は仕方がないのでしょう。
むしろ下手な選手もたくさん出せば多少は上手くなるでしょうし。
そうする中で力をつけていけばいいのかもしれません。
岩村だって三塁守備酷かったけれど終いにはGG賞獲るにまでになったし!
今はファームレベルのスタメンもこの中からいつかチームの中心になる選手が現れると信じて。


負けるし辛い状況ですが、夢はあるのよね~。


フォトギャラリーのミルージュ(笑)
福地といえばミルージュの時代が来ますかね。
ヤクルトの選手はヤクルト製品飲み放題でいいなあ。


つば九郎ブログはノムさん登場!
公約守ってますね。

なんとなく勝手なイメージですがノムさん・落合監督の二人をクリアしてしまえば、もう後は気軽に2ショットお願いできそうな監督ばかりな気がします。どうでしょうねえ。
外国人監督は気さくそうだし、日本人監督も気難しそうな人はもういませんし。

交流戦中にパの監督を制覇して、その後セの監督回りをして、最後に高田監督と2ショットという形になりそうですね。

危険な野球 

楽天の選手およびファンの方々に

心よりお詫び申し上げます。



何をしてるんだヤクルトの投手たちは…。


とにもかくにも当てすぎですね。

増渕の危険球退場に始まり、9回の二打席連続死球とかもう駄目だ。
スポーツ選手は体が資本ですから相手選手に失礼ですし、選手に当てるレベルのコントロールの無さはプロとして恥ずかしい限り。


今日は増渕が途中退場したこともあり敗戦処理投手リレーになったわけですが、これが松岡から始まるリレーとの差なのかー!

上原には期待してたんですけどねえ。
ただ前の投手が残したランナーのいる場面での登板で緊張もしてたのかな。
でも二打席連続死球はなあ…。完全に投手のエラーです。


去年を思い出すような試合展開でした。
そうそうこの中継ぎ投手の酷さこそ去年のヤクルトなのです。
何度勝てそうな試合を落としてきたことか。

しかも去年は打てたから良かったものの今年は打てないわけで。


打てないし守れない、うーん、一番良くない形の野球でしたねー!


ここ最近投げさせて結果の残せなかった鎌田あたりはファーム落ちかな?
代わりにまた別の投手を上げて試すのかな。
高田監督の色々な選手を試そうとしてるところは面白い気もします。
戦力が整ってないからこそ色んな選手にチャンスを与えられるとプラス思考に考えるべきです。
そうでなくてはやってられないぜっ!


投手陣がバカスカ打たれたことより一番切なかったのは浩康のエラー。
おおお、失策0の鉄壁の二遊間にとうとうエラーが…。


こんなに光明が一つもなかった試合は久々ですねえ…。


まあ、こういう日もあるかと割り切るしかないです。
スタメン見ると、本当に二軍の選手ばっかり出てる状態ですからね~。
それでよくやってると誉めるべきでしょうか。

対する楽天はパでは西武の次によく打つチーム。
山崎フェルナンデスリック、強力です。
いや、今日は明らかにヤクルトの投手陣が酷すぎただけですが。

石井一久涌井(西武のエース)→成瀬(ロッテのエース)→渡辺俊介マー君と相手投手が豪華なラインナップすぎるといえばすぎるけど、ヤクルト打線はチーム打率がセで最下位だから相手投手がすごいのかヤクルト打線が酷いのかよく分からない(笑)



しかし不思議なもので。

なんか微妙に運良くめぐり合わせの結果3位とかにいるよりこの位置の方が安心してしまう…!
今年は投手が頑張ってるので育成と割り切らずに頑張ってほしいものですが。
でも青木と宮本がいないわけで、打線見ると完全に育成だよなあ(笑)




----------

増渕のブログが試合後すぐに更新されていてたった一言。
泣けてきた…。
反省は大切だけど若いんだし今日の試合をこれからに繋げてほしいですね。


----------

久々のホームの試合で公式サイトのフォトギャラリーも更新。
負けたときはつば九郎ブログとフォトギャラリーに限るな~!

野球 

仏様初黒星キタ━(゚∀゚)━!

昨晩来日初勝利を決めたと思ったら今度は来日初黒星。
イムにはエンターテイナーの才能があると見た!

今まで散々お世話になりましたからね。
こういう日もあるのでしょう。

負けたのはもうそりゃ悔しいところではありますが仕方ないです。
今回は同点の場面での登板で「勝ってた試合が潰れた」というわけでもないのでそれで自分の心を落ち着かせることにします。
(押本でもいい局面でのイム投入は、雨で途中終了になることを見込んでのことだったりしたのでしょうかね?)

イムも、松岡も押本も、本当に今までよくやってくれてるもんな~。
誰もが認める、今一番チームに貢献している選手たちであるはず。

(追記)

とにかくイムで負けるというのなら仕方がないとしか言いようがないですよね。
それだけの信頼を寄せてる選手ですし。
高田監督のコメント見ても納得。
抑えは一番厳しいところ。
ここ最近は同点や一点差、アウェーゲームでサヨナラのある場面など1点やったら終わりみたいな展開が続いていましたからその大変さは想像に難くありません。

松岡は今日もきっちりお仕事。
押本はリリーフ陣の中で一番投球回数が多いので休めて良かったかも。

館山はあまり調子は良さそうではありませんでしたが、味方が追いついたあとに失点を許さないというところはさすがだな~と思いました。
こういうのって地味に重要だと思うんですよね。
私は選手じゃないから選手心理なんて分かりませんが、でも追いついた後に失点許すような投手よりその後持ち直してくれる投手の方がいいじゃないですか。
(これは捕手が変わったのも少なからず影響してるのでしょうか?)


さて打線。
今までなら3点先制された後に追いつくなんてあまりなかったような気がしますのでそういう意味ではなかなか成長したのではないかと…。
5回の攻撃にはもう大満足ですよ。

1 (中) 福地寿樹
2 (遊) 川端慎吾
3 (指) ユウイチ
4 (一) 畠山和洋
5 (二) 田中浩康
6 (左) 武内晋一
7 (右) ガイエル
8 (捕) 衣川篤史
9 (三) 川島慶三

改めてすごい打線だな~。
福地・浩康・ガイエルくらいしか本当の意味でのレギュラーがいないという。
福地も球団によっては控えでしょうしガイエルは絶不調。
他はファームのスタメンと呼んでも全然不思議ではないわけで。
宮本と青木がいないだけでこうも変わるのね。

ま、私はこういう打線も好きですけどね!
川端は宮本の後継者候補ですし大切に育ててもらいたいものです。


DH制はヤクルトの場合にはわりと有利に働くと思うのですが、基本的にはDHない試合のが好きだなーと改めて思いました。
投手の打席を見るのが好きなんですよね~。
意外と打つ投手がいたりしてそういうのが楽しい。



最後に。つば九郎、妹に何やってるんだー!!!

0-0で延長12回までもつれ込みました 

仏様初勝利キタ━(゚∀゚)━!

石川ファンとしては1/2くらい分けてほしいものですが(笑)
何はともあれめでたいめでたい!

(追記)

石川君は9回0失点被安打3四死球4。もうよく頑張った。

これで勝ちがつかないのは残念と思いますがそれは成瀬も同じ気持ちだろうし。
というか石川君も良かったけど成瀬はさらに上を行く素晴らしさに見えたくらいです。
コントロールがもう鬼のようでした。

9回の四球は反省点でしょうかね。(一つは敬遠でしょうが。)
でも8回までは100球にも満たないかなりの省エネピッチングでよかったよかった。
あとランナーを背負った場面でもなんとか抑えてるのも良かったです。
これはロッテ打線が不調なのもあるかもしれませんがランナー背負うとズルズルと崩れちゃうことがあったので。

石川ファンとしては、成瀬相手に投げられたことも良かったと思いたいです。
同じ左腕の軟投派ということで成瀬を参考にオフシーズンはトレーニングに取り組んだという記事を読みました。
目標ともいえる投手相手に投げられたことはいい経験になったんじゃないかな~。
成瀬のが年下(しかも結構年齢差ある)だってのは突っ込んじゃ駄目です(笑)

yahooではエキサイティングプレーヤーに石川君が選ばれてて嬉しい限りです。


もちろん延長10回以降を守りきった松岡イム押本もよく頑張った。

普通は11回押本12回イムとなるところですが相手打線が11回に主軸に回るということでイムが11回になったようです。
なので勝利投手がイム、松岡にホールド、押本にセーブと珍しい形になりました。

松岡・押本・イム、三人のおかげで取った試合はたくさんあるわけで三人にセーブなり何なり何か形に残るものが付いてくれるのがこの上なく嬉しいです。


打線は打つ方では成瀬の前に完敗でしたがまあ相手は日本代表ですしね。
守備では9回にエラーこそありましたが好守もありましたし投手と野手が助け合ってる事実には変わりがないと思います。

畠山も存在感ある働きしてますね~!
ミスから得たチャンスをモノにする、これぞ四番?


先発が踏ん張り、勝ちパターンの投手を使った以上負けたくはなかった試合。
これを取れたのは本当に大きい!


今日は見ごたえのあるいい試合だったのではないでしょうか。

この試合は12回裏までと延長がフルにあったのですが試合時間は3時間50分ほどと12回までやったにしては短め。
それだけヤクルト・ロッテ共に打てなかったのでしょうね~。
投手戦と呼ぶべきか貧打戦と呼ぶべきか。
二年前かな?ソフトバンクと5時間戦った試合を思い出してしまいました。


しかし明日はサブマリンか…。キツイ相手が続きます。



ヤクルトは12回裏、押本が投げ川島はファインプレー。
日ハムは稲葉が決勝打となるHRを打ち弥太郎が勝利投手。

相変わらずどっちがヤクルトでどっちが日ハムか分からない!

野球 

やっぱり西武は強い!

今回は涌井に一捻りされてしまったヤクルト打線。
手も足も出ない…!
いや、完封は初回から阻止できたけど目標が低すぎるか(笑)

試合は見られなかったのですが、村中は相変わらずの制球難だったようです。
四球などでランナーためて打たれる、と。
西武が相手で大変だとは思いますが村中自身にも課題が残る内容みたいですね。

どうして今日は館山ではなかったのでしょうかね?
ローテでいけば館山なはずですが飛ばされて中5日で村中。
次のロッテ戦で左二枚続くのを避けたというのがもっぱらの見方ですが。
館山の怪我はもう気にすることはないのですよね?
中6日で村中を明日のロッテ戦に登板させてたとしても今日と同じような結果だったとは思いますが。

基本的にヤクルトの村中育成は厳しすぎると思うのですよ!
ギリギリまで変えない。中5日で投げさせる。打線の援護はまったくなし。
(最後は単純に打線に力がないだけですが・笑)

同じ若手の増渕は中10日で登板→登録抹消→再登録→登板→登録抹消…と間隔持たせてのピッチングです。増渕の場合はもともと腕に負担のかかるフォームだというのもあるようですがこの扱いの違いといったら。

ヤクルトの投球回数トップは石川君。
4月は調子がよく8回前後まで持ってたのが大きいでしょう。
5月もまあ調子はよくありませんが早い回でのノックアウトというのは少なめ。

その次がリオスで、三番目によく投げてるのが村中なのですよ。
リオスと村中はほぼ同じ投球回数。
四番目が増渕ですがそこからはガクンと回数が減ります。
(というか登板数そのものが上記三人より少ない。)

石川君のよさはいつも書いてる通り「怪我をせずローテを守れること」にあります。
なのでこの結果は当然でしょう。春先に調子がいいのも含めて。
リオスは韓国での実績が評価されてやってきた選手ですからまあ分かります。

ただまだ高卒三年目の村中は頑張りすぎです。

手術明けの川島はまだ様子見ながらの登板が続きそうですが館山はわりと大丈夫そうです。
ですので交流戦は先発陣に優しいスケジュールなんですし少し村中には休ませながらの登板をさせてもらいたいところ。

若い選手ですし早々に結果を求めず徐々に徐々に成長してもらったらいいじゃないかー!
酷使して使えなくなることのが怖いです。
もちろんずっとローテを守りシーズン通して戦うことを学ぶのも大切だとは思いますが。

ま、石川君や村中など4月に頑張った選手が徐々に調子と落としていく一方で、4月に悪かった選手やいなかった選手が頑張ってくれればいいんじゃないかって思いますね。
この投手なら負けないというほどの選手はいませんし今更求めようと思ってもどうにもなりませんしね。

最後にやっぱり上原がそこそこ頑張ったようで嬉しい!
こういうところで地味~に仕事をしていけばいつかもっといい場面で投げさせてもらえるはずです。頑張って!

今日はリリーフ陣が休めただけでもよしとしましょう。


打線は今日は二得点。
多分世間一般ではこれも「貧打」でしょう。
しかし涌井相手に二得点なんてむしろ成長したじゃないかと思ってしまいます。
5月半ばのヤクルト打線なら余裕で完封されていたかもしれませんよ。

野球 

ダルビッシュ、涌井、成瀬
日本代表投手が見事にヤクルト戦に登板してくるようで。何この嫌がらせ。
ウチ、去年の最下位チームなのに。まだ4位なのに。
これでソフトバンク戦で杉内が登板してきたらさすがに切れますよ。
ロッテに関しては雨天中止に期待するしかないのかっ!

さて。

西武はやっぱり強い!

今日は辛勝といった感じでもういつ逆転されてもおかしくないような感じでした。
別に後半毎回毎回ピンチを背負ったというほどではないのですが基本的に一発で同点の場面。ランナーが出塁すれば一発で逆転。隙のない打線のプレッシャーといったらそりゃもうすごい。

もともとこの癒し系打線で石井相手に勝つのなら、稀に現れる「初回乱調する石井」を攻めるしかないとは言われていましたが、まさかその石井が現れてくれるとは…。
相手のミスに救われました。でもまあ足の速さが生きた結果でもあるのかな?
でもミスから得たチャンスで畠山がきっちり返すあたりはさすが4番の風格?
こんな四番なら育成しながら見ていきたいと思わせてくれますね。
私が畠山で感動したのは犠牲フライの場面でした。
ものすごい低いところから打ち上げたにも関わらず結構伸びましたよね?
ヤクルト打線に大砲タイプはあまりいないということもありあのパワーを見て感動してしまいました。


もちろん今日一番頑張ったのは、
西武打線相手に一点差を守りきった松岡・押本・イムでしょう。
この前の阪神戦でも終盤を同点で守り抜き9回表の決勝打に繋げました。
阪神や西武は他のチームとはプレッシャーが違うわけで。
9回でもまったく逆転を諦めないというか信じてる、あの独特の雰囲気はすごい。
飲み込まれそうです。
ブラゼルのあのHR見たら怖くもなりますしね。
その中でよく頑張ってくれました、ほんとに。


リオスの6回4失点は多少は物足りない内容でしょうか。
ここ最近は負けがついてたものの打線にも責任はありますしリオスは最低限の仕事はしていたと思うのでむしろ今日くらいいいじゃないかって思いますけどね。
4月に比べたら確実に調子は良くなってるように思えます。

たーだー!
リオスだけではなく全ての先発投手が7回くらいまで投げてくれるともうちょっと楽になる気がします。阪神のようにリリーフが充実してるチームならまだしもそこまでヤクルトは楽な台所事情でもありません。
今はリリーフ三人に負担がかかりすぎてる。
三人総動員ではなく、せめて一人か二人で勝てるような展開を作ってもらいたいところです。


衣川が頑張ってるのも外せませんね!
ファームから上がってきたばかりの選手で正直ファンですらここまで活躍するとは思ってなかったくらいの選手なので、他のチームがあまりデータを持ってないのも大きいのかもしれません。
最初はファームで組んでた川島専用かと思われたくらいですからねー。
川本が戻ってきたらどちらがスタメンマスクを被ることになるのでしょうか。


明日は涌井。
うーん、これは点取れそうにありませんねえ…。
でもまあ西武相手に1勝1敗ならよく頑張ったと言えるかも?


ってかすぽると!
「かつてのエースから決別して初めて改革は達成される」みたいな謳い文句が。
重いよ!!


野球はJリーグと違いシーズン途中での辞任が少ない気がしますがオリックスのコリンズ監督が辞任するということで。
ただスモールベースボールを目指す監督に対してフロントはHRバッターしか取ってこないでしかもパウエル問題で投手の獲得も不十分で。うーん、そりゃ嫌にもなるかなあ。でも途中辞任ってどうなのかなあとなんか複雑ですね。

交流戦といえば 

各所で話題沸騰の毎年恒例ライバル宣言。

もうヤクルトファンとしては稲葉が全てです。

41稲葉 篤紀(外野手)
ライバル:川島亮
理由:ヤクルト時代で活躍して故障してから対戦してなくて
    今年は戻って来いという気持ちを込めて!
メッセージ:カムバック!!

何この人格者。めちゃくちゃいい人です。
ちょっとホロリときたくらい。
去年一昨年は石川君を挙げてたはず。
それに比べて藤井ときたら。

石川君の西武もね。

19石川 雅規(投手)
ライバル:石井一
理由:神宮での試合ならDH制じゃないので、打席に立ってみたい
メッセージ:打撃では負けないぞ!

いやいやいやいや、ピッチングで勝って(笑)
そこは競うところじゃないでしょうに。
石川君は前もライバル宣言で松坂からバント決めたいとか書いてたような。
広島には負けますがヤクルトの投手陣もなかなかバッティング好きが揃っていたりします。

ヤクルト選手の対西武の石井一率と対日ハムの藤井率を比べるとどっちがより人望あるのかが見えてくるような気がします(笑)

館山が6球団全てに「死球では逃げません!」と記してます。
…それはバティスタに当ててしまって一目散に逃げた先輩への嫌味なのかー!

ある程度前からアンケート取ってたとは思いますが取ったのはシーズン前とか4月のはじめの方だったりしそうですね。
ミスが目立つのはご愛嬌?


明日からやっとヤクルトも交流戦開始。
もう初っ端から西武とか勘弁してくれって感じなわけですがやるっきゃありません。
何発打たれるのかなあ…。


交流戦で楽しみなカードは…
・日ハムvsヤクルト
やっぱりヤクルトファンにとってはここは外せません。
トレードがあったりして元ヤクルトや元日ハムの選手が多いわけで、選手を見ているだけでも面白い組み合わせ。スポーツ紙の記事にあったダルビッシュの交流戦登板予定にヤクルトも入ってて絶望。一敗確定じゃないか。

・阪神vs西武
1位対決です。
西武といえば打ちまくるイメージが強いのですが後ろもかなり安定してるらしく首位の秘密はそこにもあるようです。
阪神も後ろは磐石、繋がると止まらない打線。
ウィリアムスは今日のオリックス戦でまた打たれてしまったようですがやっぱり厄介なのはその前に出てくる渡辺でしょうか。
どっちが勝つのかな~。

・巨人vs西武、オリックス
もうこれは打撃戦に期待。
オリックスは名前だけ見たらHRバッター勢ぞろいですごいと思うのです。
あ、オリックスvs阪神、横浜も古巣対決で楽しそう。


交流戦、無事乗り切ることが出来ればいいのですがうーん。厳しい。

野球 

今日も試合を見てません。
録画はしてあるので明日にでも見て色々と追記する予定です。
とりあえず公式の試合経過を見ただけの感想。

ウィリアムスから打てるとは…!
たまたま当たって浜風に乗ってスタンドイン…って感じだったようですが。
「まぐれ」と言い切ってしまう福地はいい人です。
私は福地=広島のイメージが強かったのですが(西武に移籍してたことすら知らなかった)今ではもうすっかりヤクルトの福地って感じですね。チームにも馴染んでるみたいで良かった良かった。

延長にもつれ込んだらどう考えても勝ち目がありません。
押本まで使っていて投手が足りないのでね。
九回表に勝ち越し打がなかったら裏は誰が投げていたのでしょうかねえ。

同点にされた6回以降、そのまま9回まで粘った松岡&押本の力投に感謝ですね。
もちろん9回裏をきちっと抑えてくれたイムも!守護仏様様です。

もう一人こういう展開で出せる投手がいると安定するのかなと思いました。
阪神は実質勝ちパターンの投手5人体制ですよね?すごい厚み。
(久保田は今は調子悪いにしても4人いる)


打線自体は打ってたけど「繋がらず」だったようです。
二桁安打で3得点は確かに少ないかも。
勝てたからいいものの後で録画見るとき意外とストレスたまる展開かもしれません。
(2回まで見ましたが新打線がいい感じ!?ユウイチの当たりとか惜しかったですよね~。もちろん惜しいで済ませちゃだめかもしれませんが期待できそうな感じがします。川島ファンとしてはちょっと複雑な気分なもののあれだけ出れない一番はやっぱり駄目だろうと・笑)

今日の田中賢介の活躍っぷりを見るとやっぱり浩康でなくこっちの田中を候補に入れるべきだろうにと思ってしまいます。

野球 

今日は石川君先発でしたが残念ながら負けでした。
うーん、7回三失点。
相変わらずいいんだか悪いんだかなんとも言いがたい結果です。

今日は試合を見られなかったのですがどうやら立ち上がりはかなり調子が悪かったみたいですね。
四球連発ってそりゃ駄目だ~!
(勝手に四球量で調子をはかってます。もともと四球は少ない投手ですし…。)

まあ三失点は合格とは言えませんが不合格ともいえない成績。
打線が0得点じゃあ勝つことはできませんよ、と。

いつものヤクルトらしい試合でしたね。
昨日の村中のように先発が試合を壊すってことは珍しいわけで。
(今月で言えばGW巨人戦と昨日の阪神戦くらいですよね)
投手は安定しているにも関わらず、打てないから負ける。

えーっと上原が好投したようでそれはよかった。
敗戦処理とはいえ失点は許されないわけで。
こういう局面でいい投球をすれば今度は勝ってる試合でもチャンスを与えられたりするわけで頑張ってもらいたいですね。

投手についてはわりと希望があるヤクルトですが打線は…うーん。
暑い時期になれば自然と調子も上がるかなと楽観的に考えてもいられない状況なのでしょうかね。


この後交流戦の最初の相手が西武。
今年絶好調、両リーグ通じて最強と言っても過言ではないチームです。
中日→阪神→西武とどんどん対戦相手が強くなっていて、
なんかもう苦行に耐え忍ぶ修行僧のような気分です。
2勝1敗→3連敗(予定)となれば次は大差をつけられての敗北でしょうか。
しかも西武第一戦目は前回中日戦でHRの前にひれ伏したリオス登板予定です。
ただでさえHR量産の西武、一体何本献上することになるのでしょうか…。
この前のリオスは神宮だったから…というのは西武の打撃力で相殺というかむしろハンデにすらならないような気が。


日ハム戦で藤井先発してこないかなーと期待してるファンは私だけじゃないと信じています。
藤井稲葉弥太郎に押本川島に高田監督。
燕がハムで、ハムが燕で。
もうどっちがヤクルトでどっちが日ハムか分からない!こんな試合をぜひ。
四戦あるのですから一回くらい来ても…。


(ちょこっと追記)
他球場がほとんど逆転勝ちという劇的な試合をしていたようで。
阪神ヤクルト戦のこの地味さといったら何なんでしょう。すみません無力で。
広島の栗原が活躍しているようで嬉しいです。
新井といい和製大砲作ることにこだわる広島の姿勢はカッコイイ。
これで移籍しなければ完璧ですがどうなることやら。
(まあFAは選手に認められた正当な権利なんですけどね!)
つば九郎ブログに登場してからちょっと栗原が気になる存在になりつつあります。

野球 

(注)8割方、7回8回あたりまで試合を見た上での感想になってます。

阪神は強い!
その一言で全て片付けられそうな試合でしたね~。
こんなに全てにおいてひたすら駄目だったと思うような試合は久々なのでは?
今までは「投手は頑張ってるのに打線が…」という負けばかりでしたが今日は先発が試合を作れず守備でもミスをし打線は沈黙と踏んだり蹴ったりな試合でした。
つまりは、阪神強い!

村中はもともとコントロール上手ではなく四球の多い投手ではありますが今日は許容範囲を超えたコントロールの悪さだったようです。
まだ若いですしね。
こういう失敗をやらかしながら徐々に成長してくれればよろしいんじゃないでしょうか。
成長しなかったら残念ですが…。
今まで打線の援護に恵まれず苦しい戦いを強いられてきた選手ですからついつい甘くなってしまうのがヤクルトファンの本音だろうなあ(笑)

福川が悪いって意見も出てますがどうなんでしょうかね?
素人目には今日の村中はお世辞にもいいとは思わなかったわけですが…。
中日三連戦頑張った衣川でも良かったのでは?という意見もありますね。

とにかく村中が試合を作れなかったのでうっかり忘れてしまいそうですが打線も貧打に逆戻り。
昨日は川上のおかげだったということですかー!!!

川島は休ませてもいいんじゃないでしょうかね。
高田監督は川島を育てることにこだわってるのだと思いますし好きな選手ですから頑張ってもらいたいけどっ!
(開幕オーダーを理想としてるんでしょうね。一番川島二番浩康三番青木という。)
足があるんだしとにかく転がさなきゃーと私ですら思ってしまう。
内野安打狙うとかエラーもあるかもしれないし。
上げちゃ駄目よ!と。せめて選球眼…。
こういうのって技術的な問題ですよね?どうにもならないものなのでしょうか。
サードの守備が他の候補選手よりマシなのも起用理由の一つだったと思いますがエラーまで。
ヤクルトファン的には昔の岩村とか去年の飯原とかサードのエラーなんて別に慣れっこなんですけどね。
ただ他に一番打者っていますかね?
福地あたりですかね。飯原は一番は合わないってのが定説。
色々いじるところが出てきそうで難しいのかなあ。

-------
(追記)
ほとんど7回くらいから試合を見つつ書いてたわけですが8回表に川島打ちましたね。
今更と思うものの畠山→川島と繋がったのでなんだかちょっと嬉しかったです。
でも前の打席ではヒットを打った福地が凡退。
ま、こういう風に繋がらないから負けるわけか!
(でもでもこの後タイムリーが出てなんとか完封負けは阻止!意地は見せたかな。)
-------

ガイエルもな~!
昨日の解説で納得してしまいました。
中継ぎが安定してるのはイムまで繋げば何とかなるという安心感があるからだ、と。
打線も同じように四番が好調だと四番まで繋げばなんとかなるという意識になってよりよくなるというお話。
今はその辺がなあ。


頭に「久々にすべてにおいて駄目な試合」と書きました。
でも久々にこういう試合をしたおかげで、二軍から上げてた投手を色々試せたのはまあ良かったんじゃないでしょうかね。
今までは僅差の試合が続いていたのでなかなか思い切って試すチャンスがなかったわけですが今日の結果で誰を下げてとかまた分かってきましたね。
鎌田は昨日出してなくてよかった…。川島のエラーもありましょうが。
佐藤はやっぱり昨日出しても良かったような。結果論ですね。



ってここまで8回裏くらいまで試合を見ながら書いてたわけですが、
9回表に3ラン来た!!!!!
意地を見せたのは本当に素晴らしい!!!!!
もう7-0の時点で今日は完敗と諦めたわけですが、そこから相手に1点取られつつも5点追い上げた。
8回と9回に粘って7-0を8-5までにした。安藤に自責5をつけ降板させなんとかリリーフを出した。さすがにJFKはなかったけど(笑)
それだけでもまあ良かったかな。
今年最悪だった試合ベスト3に入りそうなところがすっかり負けたけど頑張ったねと称えたい試合に様変わりなのでありました。
でもやっぱり最後1アウト1塁から川島が当たりはそこまで悪くなかったもののライナーで凡退、飯原も凡退は惜しかったかな。

プロでお金を取って試合をしている以上、もちろん勝ち負けにはこだわってほしい。
でも全勝なんてできません。
ましてヤクルトくらいのレベルだと負けることの方が多くなる。
その中でどんな試合を見せるかっていうのも大切なんだろうな~。

もちろん負けは負けであることに変わりがないことも忘れちゃいけません。
いい負けとか明日に繋がる負けなんて風に逃げるのも駄目だけどまあ阪神相手によく頑張ったよと私は言いたい。

野球 

8-4。
何と言いますか、久々に野球やってるんだよねと思い出させてくれるスコアです。
しかも!
多少はFCなど中日のミスにも助けられてはいますが基本的にはきちんと打ってたたき出した得点です。感動もひとしお。

明日から1位の阪神戦なわけでもしかしたらこれから三日間はノムさんではございませんが一足早く梅雨モードかもしれませんので、今晩くらい何も考えずにこの勝利を喜ばせてください。

1番2番が出れば点が取れると証明した試合でしょうかね?
開幕してすぐは好調だったもののここ数試合は不調だった川島が今日は猛打賞の活躍。
そして福地も中日戦から調子が上がっていて、そこにもともとずっと安定してた浩康がいるわけで、いい形で点数が入ってきました。
衣川のヒットや館山への四球など川上の乱調ももちろん大きかったわけですが。

足のある選手がいるので盗塁でもホーム突入でも思い切りいけるのがまたいい!
川島も福地も飯原も、1塁に出てしまえば盗塁して2塁まで進んでくれる。
2塁までいけばよっぽどのことがない限りワンヒットで帰ってこれる。
やっぱりこれは心強いですね~。

もちろんこういう野球を続けていくには川島・福地でなくても1番2番に座る選手の好調が必須ですし帰し役の3・4・5番の存在も忘れられませんし難しいとは思うのですがそこはまだ若い川島の成長や青木の復帰を待つしかないですかね。
…青木は戻ってきたら3番になるのか1番になるのか微妙なところ?
他球団から見れば青木→浩康というコンボの方が怖いみたいですが。
でもそれは去年の4番にラミちゃんがいた場合であって、今年はまた違うしあまりそこにこだわることはない気もします。ってか去年はラミちゃん4番ではないと今更思い出した。打順は3番だったような…4番はガイエルで。違いましたっけ?

私は守りを捨てたメンバーは嫌だと昨日書いたわけですが、結局今日は守りより攻撃を優先したとも言えるようなスタメン。
それが功を奏したのかは微妙なところですが(活躍したのは川島や浩康などもともとスタメンだった選手ですし)、でもまあ守りを捨てるのもありということでしょうかね。

後半は城石を入れて守備固めという形でいいのかも。
つまりは9回表の城石はすごすぎるだろうということです。
やっぱり守備のファインプレーって見てて一番楽しい!


強いて文句を言うなら館山の6回が惜しい、あまりに惜しい。
今日は一回から打線の援護に恵まれていて中日相手とはいえだいぶ気は楽なはずだと思ったのですが6回に捕まるとは…。
5点差あったのが気付いたら2点差まで追い上げられちゃいました。

今日は松岡押本イムはお休みできるような展開だったはずなのに結局6回途中から緊急登板。
0点で抑えてくれましたが二日に一度ペースで投げてるリリーフ陣の酷使だけが心配です…。

8回裏に2点入り4点差になったのでイムはないかな~とも思ったのですが最後はやっぱりイムでした。
セーブはつかない場面でしたが、明らかに勝てる試合を中途半端な采配で落としてしまうのはもったいないという慎重さからきたものでしょうかね?
競ってる試合ならともかく4点差という微妙な点差で誰を起用するか。
なかなか難しいものかもしれません。
昨日好投した上原あたりはもうちょっと色々試して使ってもらいたい気もしますがどうでしょう。
あと佐藤もそんなに悪くない気がします。いや、さすがに怖いかな。


久々に気持ちのいい試合でしたね~!
川島をこっそり応援してる身としては久々の当たりに一安心。

明日から阪神戦。大丈夫、覚悟はもう出来ています。
去年最下位だったチームにしては今のところ随分と頑張っているように思うのですがどうでしょう。


つば九郎ブログ、まさかの落合監督登場!
2ショット写真まで!やるなあ、つば九郎め。

野球 

相変わらず貧打。
もうパソコンで打つことに飽きたくらい毎度毎度「貧打」と出してるわけですが昨日も変わりなく貧打。貧打でも相手にミスがあれば勝てるわけですがミスがなければ勝てないのがヤクルトなのです。

一部では守備には目を瞑って好調な打てる選手をもっと出すべきという声も上がっていますが、私はそれに関してはどうなんだろうという気持ちもあるのですよね。
やっぱり投手ってのはバックが安定してる方が投げやすいと思いますし。
あと、「これ取ってれば…」と悔いを残す試合は私は一番嫌いなのです。
未だにGWの巨人戦の川島先発のときのユウイチのエラーが頭に残ってるくらいです。
川島の調子は良くなかったですしエラーがなくても負けてたかもしれませんが。
でも、逆に昨日の川島はピンチをたくさん背負っても安定したバックに助けられたわけですよ。

投手が2点~3点程度で抑えられる今、打てる選手を投入すべきだという考えも分かりますが、おそらく得点は増えても失点も増えることになるんじゃないかな。
リリーフ陣が出てくる後半はともかく先発陣の失点が増えてくると思うのですよ。

もちろん楽天の自責点0失点5なんていうのは稀でエラーが必ず5失点に繋がるとは思わないけれど。

ただまあ問題は、今スタメン出てる選手で守備が売りな選手がどれほどいるのかって話ですかね(笑)
スタメンになれない長打のある選手よりは今のスタメンのが守備は安定してますが、かといってスペシャリストかと言われたら別?
飯原は一戦目でファインプレー見せてくれましたし上手くはなってますが怖さもまだあるような。去年の記憶が残ってるせいかもしれませんが。川島も下手ではないですけど…なところもあったりしますし福地は足があるもののやや肩が弱いのですよね?
結局、守備で安心させてくれるのは宮本、浩康、ガイエルあたりでそもそもこの3人はスタメン確定選手だもんな~。(あと怪我で離脱中の青木の守備も安心ですね。)

「どんなに打っても守れなかった去年」
「どんなに守っても点が取れない今年」

悩みは尽きないものです。

ノーコンなものの速球であることが売りだった高井ですが、すっかり速球がなくなってしまったようで…。速さもコントロールもない高井…これはちょっと…。
上原は意外といい働きをしてくれたようで、勝ち試合は怖いですが負け試合でもこれ以上点取られたくないというときにぜひともどんどん使ってもらいたいですね!

しょっちゅう投げてた松岡押本イムが休めただけ良かったのではないでしょうかね。
そう思わなくてはやってられません。


負けて暗い気分のときはつば九郎のブログに限ります。
相変わらず癒されるブログですねえ。
ヤクルト選手はもちろんのこと他のチームの選手やマスコットも出てきたりするのでそういう意味でも面白い。
つばみたんはもっと女の子らしくね、おしとやかにね。
つば九郎はかわいいのですが妹に対してだけは偉そうなのが笑えます。
試合に飢えたら古田PM引退試合。何度見ても泣く。むしろすごいのはブラウン監督?

野球 

すぽるとに古田元PMが出演。
唐川の制球の良さが話題になって「見習ってもらいたいピッチャーがたくさんいますね」と一言。
それは主に高井のことでしょうか(笑)

今日のすぽるとはPMがいたからでしょうか、ヤクルト戦の編集がもうファンのツボを押さえてくれてて感動。イムだけでなく松岡押本の名前をきちんと出し、飯原のファインプレーもきちんと映す!
特に飯原については去年PMがめげずに使った選手の一人ですからね。
素晴らしい配慮です。

極めつけはPMの川島へのコメント!
川島の活躍も怪我も捕手として監督として見てきた人の言葉はやっぱり違うなあ。


試合の方は相変わらず貧打であることは変わらず。
守備でも攻撃でも中日に助けられた感じがします。

でも人の振り見て我が振り直せ。
ミスは本当に怖いものだということがよく分かった試合でした。
(神宮だけでなくよその球場でもミスから失点という試合があったみたいですし。)

ウッズのあの一塁のやつとかありがたかったけれど本当にもったいないですよね。
塁審の方はよくそんなところまで見てますね~。
いや、それがお仕事なんですけどね。ありがたかったです。

あとツキがあった感じですね。

川島の足に当たったボールを見事に宮本がカバーしてくれて事なきを得て。
野球はチームプレイなんだと改めて感じた試合でもありました。

中日荒木が走りすぎてアウトとかもね。
川島慶の立ち位置については確かに文句言いたくなるかなーとも思いますが…。
荒木から見たら3塁のまん前にいた感じかもしれません。
もちろん荒木が走りすぎたのを見てすかさずタッチアウトする宮本はさすがです。

川島自体は正直、この前の石川君よりも危ないピッチングに見えましたが中日にも助けられなんとか一失点。
結果的にはよかったよかった!

ガラスのエースですからさすがに長くは投げられません。

後半は松岡・押本・イムと今ヤクルトでもっとも信頼できる継投で何とか守り抜き中日に一勝。松岡・押本はそろそろ休みをあげたいですねえ。
もちろん今のうちには不可欠な人たちですが酷使しすぎて肩とか壊されたら大変です。
今月、松岡・押本・イムが投げてない試合の方が少ないですよね。
5月頭に負けが込んだこともあり、「イムの顔忘れた」っていうのがヤクルトファンの口癖だったとは思いますが。


しかしまあ、これだけの幸運がなくては中日に勝つことができないあたりがヤクルトというチームを物語っているのかもしれません。
正直6連敗覚悟だったので一勝できただけでもありがたいかも。
ただ川上もヤクルト戦で投げてくるようですしこれから二敗はもう覚悟しなくては…。

ソウルイーター第6話「噂の新入生!」 

第6話です!

▼... Read more ≫

野球ばっかりですみません 

1-0とか1-2とかサッカーの試合のようなロースコアが続いているヤクルト。
なんと5月の平均得点は2点だとかなんとか。
そりゃ勝てないわけです。

石川君が本日は登板。
5回2失点。
失点はソロHR2本。
いいんだか悪いんだかよく分からない微妙な成績です。
一回は絶好調!って感じに見えたのですがその後はどうでしょうかね。
広島戦はわりと得意でなおかつ広島もあまり打線の調子はよくない(んですよね?)ことを考えるとHR2本もったいない気もしますが、下手にランナーためて大量失点ということはなかったのでまあそこまで酷いということでもないのでしょう。
四球もなかったですし。
負け星はついたもののまずまず頑張ったのかなという感じです。
(石川君は10勝10敗投手なのを忘れちゃいけない。)

その後のリリーフ陣については文句なしですね。
松岡・押本投入はちょっともったいない気もしましたが。
でも試合が決まるほどの点差がいい意味でも悪い意味でもついてなかった以上、あまり実験的な登板もさせられないから仕方ないのかもしれません。
松岡が2イニング投げてくれたのもなかなかに心強い。疲れが心配ですけどね。

石川君が2点取られたもののその後を0で抑えたので9回まで考えてみると2失点の投手陣。
ですが野球は点を取らねば勝てないのです。

今の打線にとって2点(勝つためには3点か)は大きすぎます。
必死にやってやっとのことで1点取れる打線ですから…。

もはや9回の好調&長打力のある打者にバントはどうなんだよとか突っ込む気すらなくなるという…。


1、2番が出なくちゃ意味がないというのもありますが、
やっぱり一番問題なのは3番4番5番なんじゃないでしょうかね。
3番5番にもHR打てるバッター入れてほしいところですよね。
もちろん1番2番が出てHRにこだわらず返していくのが理想でしょうが、1番2番が出られなかったとき今のままではまったく3番が怖くないという…。ヒット一本では点は取れません。
もちろん4番ガイエルの不振も大きい。
浩康はわりと好調ですが仮に彼が出たところでガイエルがあまり怖くない。
浩康はHRはほとんどないので一人で打点は上げられず、ヒットは安定して打てるけど1番2番が不調だからそれも生かせない。
宮本もわりと調子がいいように見えますが、打順の巡りが悪いのか、飯原・福川あたりがどうにもこうにもできずという感じのように思えます。
完全に悪循環です。
あと川島ですかね。好きだから頑張ってもらいたいのですが。
横浜戦まではそんな悪いとは思わなかったのですが広島戦ではうーん。

今が最悪だと思う打線状態。
これが今だけで夏が近づくにつれ徐々に上がっていくというのならいいのですが、いつまでもこのままだとどうなってしまうのでしょうかねえ。
投手は今がピークなのは確実なのです。
ここから下がったら、今まで投手の頑張りで勝てた試合すら落としていくわけでもう想像しただけで怖いです。

次は中日3連戦。
また連敗街道を歩むことになりそうです。何があっても応援してますよ!

藤井は今日ホームで試合あったようですが神宮にまで来てたのかー!
昨日投げてたみたいだから今日は休みだったのかな。

野球 

ヤクルトは本日は雨天中止。
押本イムの連投が続いていたところなのでありがたい雨となりましたね。
先発も怪我から復帰したばかりの川島をあまり無理させたくないというところだったのでそういう意味でもラッキーです。打線も酷かったのでね。

さて北京五輪。
第一次候補からしか選ばないという厳しいルールのせいでヤバイんじゃないかという話がちらほら出てき始めましたね。
候補選手の不振や怪我が相次いでるという…。
ヤクルトもおそらく入るだろう青木が現在脇腹肉離れで抹消中。さすがに8月までには治るとは思うけれど調子も悪かったしどうなることやら。

ヤクルトで連れて行かれるのは青木&宮本の二人でしょうかね。
(あとイムやガイエルが母国代表で出る可能性はあるかな。)
川島や福川はさすがにないでしょうし。
浩康も…。というか田中繋がりでどうして日ハムの田中賢介が候補に入っていないのかが実はかなり不思議です。鳥谷とかも今年好調なだけになんかもったいない感じです。
村中はどうなるか不明ですかね。
ただ連れて行ったところで出場機会ありますかね?

第一次候補からしか選ばないとか邪魔くさいルールですよねえ。
プロリーグを中止にしてまで参加する国もあるというのに。
メジャーリーガーが出ない時点でどうでもいいよって思う人も多いのでしょうかね。
それについてはWBCまで我慢でしょうか。

一次候補からしか選ばないというルールのおかげで助かる面もあるにはありますが。今年なぜか調子のいい選手がそのまま残れますからね。


隣の芝生は青く見えるのでしょうか。
ヤクルトにいた頃よりもラミちゃんが活躍しているように見える今日この頃。

ロッテの捕手がどんどん怪我で離脱で火の車状態には泣かせられます。


さあこれからROOKIES見て来ます!

野球 

楽天2位ってすごいなあ。
ロッテやソフトバンクが苦しんでるというのも大きいのかもしれませんね。

さて、今日からヤクルトは4位争い広島戦。

村中が立派でした、の一言ですね。
何度かピンチを招いていて、特に4回の1死1塁3塁の場面はヒヤヒヤものでしたが、なんとか併殺打で切り抜けられてラッキーでした。
広島打線に助けられた感じもしますね。
もちろん内野守備がわりと安定してるのも大きいでしょう。一塁がやや心配なくらいですかね。とにかく良かった良かった。

村中の頑張りにばかり目が行ってしまいますが、この3連勝を支えたのはやっぱり中継ぎ陣ですよね。
松岡、押本、そしてイム。
全員がきちんと点差を守り抜いて勝利に貢献しています。
去年は後ろがもうそれはそれはとんでもないことになっていたことを考えるとものすっごい進歩のように思えます。

今日は松岡がビシッと締めてくれました。
昨日まで押本は4連投でしたからね、さすがに今日は投入ありませんでした。
当初は松岡はこういう場面での投手とは思われてなかったような気がしますが、ここ最近ずっと調子いいですよねー。納得の継投です。
押本と松岡と二人いるのが心強いと思います。
7回8回と任せられますし、連投が続いたときにフォローしあえますし。

強いて突っ込むなら、やっぱり8回頭から松岡でも良かったんじゃないかってことですかね。
出来る限り引っ張るとは、高田監督は村中によっぽど期待をかけてるようです。
中継ぎ陣も疲れてるでしょうしそれでいいとは思いますが、村中に負担かけて体を壊すようなことになってしまうのも怖いです。

押本は今日休めましたが、イムは今日で3連投。
明日は休める展開になってほしいです。

投手陣は今がピークだろうなあ。
村中もこんな状態がいつまでも続くとは思えないしリリーフ陣だって失敗はそりゃするようになるでしょうし。
これから暑い季節になりますし、そろそろ打線が爆発してもいいような。


つまりは相変わらず打線酷すぎるだろというお話なわけです。


今日は1-0での勝利。
その1点というのもガイエルのソロHR。

これはまだ20歳の村中に対するスパルタ教育なんですか?
打線の援護なんかに頼らず投げきりやがれというお話なわけですか?

勝つためには0失点以外許されないとかあまりに投手が可哀相すぎます。
これじゃ、疲れがたまってくる夏ごろには目も当てられないような試合をすることになってしまいます。

うーん、難しいもんですねえ…。


最近野球のことしか書いてない…。

野球 

我らが守護仏様がとうとう初失点。
といっても3点差と点差に余裕のあるマウンドだったので色々と変化球を試してたら打たれちゃったとのこと。なんとも豪胆な抑え投手です。
昨日、抑え投手が無失点なのはウチだけかと書きましたが、日本を代表する守護神様を忘れておりました。さすが投手王国です。

4連投の押本の方が心配でしたがこちらは四球出したものの後続をきちっと断ち切っていました。
昨日の登板は当然の流れだと思いますが、2日前3日前の登板は悔やまれますね。
2日前はなぜ逆転されてから押本投入なのか。
それだったら誰もが言ったように8回頭から押本でしょうし、それを避けたというのなら逆転されて押本もないだろうに。(1点差を守り最後の攻撃に賭けたいって気持ちがあったのかもしれませんが。)
3日前は調整登板って意味合いがあったので難しいところですが。

明日の広島戦は押本・イムを休ませられるような試合になってほしいものです。
…完敗で出す場面がないって展開も普通にありえそうですが。

さて死球5と地味ながらも危なすぎる最下位争い第三戦。
(一応4位になったけど、もうね、ぬか喜びはこりごりなのです。)

1回表:川島、ガイエル
3回表:飯原、ガイエル
7回表:浩康

しかし幸い頭にいくようなことはありませんでしたし、怪我するということもなく、3回までの4死球は高卒ルーキーの投げたボールということで多少のブーイングはあったようですが不穏な空気とまではならず一安心。監督は少しお怒りのようでしたし、さすがに2回ぶつけられたガイエルは怒ってましたが。

何よりウチにもノーコンピッチャーがいますので笑えないという…。

ヤクルトはまだ20歳そこそこの増渕や村中に頼らざるを得ない投手の台所事情であるわけですが、横浜も高卒ルーキーを出さねばならないわけで、投手不足に悩んでいるのはどこのチームも一緒みたいです。

打線は久々に5点も取ってます。

四球→ヒット→タイムリーヒットとまともに繋がってますよこれ。
4回のこの攻撃、川島がイエーイみたいな感じでホームに戻ってきてるのに笑ってしまいました。
ただ、7回の3点については死球→四球→四球→タイムリーと完全に相手に助けられているので、やっぱりまだ打線は本調子ではないようです。

早くこれがベストの布陣!というくらいの打線が見たいものです。
今は色々試しながら、どうするのが一番良いか探っている状態みたいなので、もちろんそういう過程を経てベストを見つけるものだというのは分かっていてもなかなかもどかしいものがあります。

やっぱり4番が…。
ガイエルにこだわらずともどっしりとした4番打者がほしいですよねー。

成績もありますが去年より希望を感じるのは全体的に若い選手が多いからでしょうかね。
昔はベテラン偏重ベテラン偏重とばかり言われていましたが、というか私も言ってましたが、今活躍している選手のほとんどは野手も投手も20代半ばですからねー。
これからが楽しみだったりします。


移籍した藤井のブログにヤクルトの選手がしょっちゅう出ててついつい笑ってしまいます。移籍してもこうして名前が出てくるっていうのは、ヤクルトってチームを表してる気がします。移籍先がパリーグだったのも大きいのでしょう。決して藤井が何も考えていないだけのお馬鹿さんってわけではない…きっと…。

野球 

・セ・リーグ(裏)天王山、はじめました

大荒れだった7日のプロ野球。
危険球ありーの消されたHRありーのベテラン大投手の194勝目ありーの喜びすぎて肉離れ起こすコーチありーの大逆転劇ありーの負けなしエースの初黒星ありーの。

そんな中、浜スタでは裏頂上決戦が地味に行われていたのですよ。
大逆転もなく(プチ逆転はありました)大事件もなく大事故もなく、地味に地味に、でも選手もファンも必死だった投手戦という名の貧打戦、まさに裏頂上決戦に相応しい試合です。

昨日ファンから非難轟々だったリオス続投。
高田監督はいい人です。
今日はスタメンマスクは福川に戻りましたが、
きちんと8回は堅実に押本投入してくれました!
…昨日もこうしていればなんてそんなことはもう言いません。覆水盆にかえらずです。

ちょっとヒヤヒヤさせるような場面もありましたが、8回押本9回イムという勝ちリレーで何とか1点差を守り抜き連敗脱出できました~!

逆転のタイミングにも助けられましたよね。
7回表に逆転してくれたおかげでスムーズに8回押本9回イムの流れが作れました。
8回表まで逆転できなかったら8回裏に押本投入できたかどうか怪しいところです。

そろそろ押本も守護仏様もリリーフ失敗をしだす頃だとは思いますが、今日はなんとか勝ってくれて本当に良かったです。
抑え投手が未だ無失点なのはもしかしてウチくらいでしょうか?

7回松岡の存在も忘れちゃいけません。
松岡押本イムというのが今のベストな継投リレーでしょうかね。


しかし相変わらずの打線の沈黙っぷり…。
青木の抹消も長引くとのことでどうなるのやら。飯原がお荷物になってて切ないです。


石川投手、3月4月MVP獲得おめでとうございまーす!


今日は個人的に嬉しいこともあり、幸せな一日でした。
信頼されるっていうことの重みと喜びに浸っています。

野球 

連敗街道まっしぐら!
なんか精神的に打たれ強くなっている毎日です。

今日の試合は捕手が米野になりましたね。
やっぱり昨日の負けで各所から非難が殺到したのでしょうか。試合があるたびに色んな解説者の方々が物申していた外一辺倒の配球。昨日は荒木コーチすらも苦言を呈する始末。
でもそれだけでなく打撃不振、後逸の影響もあったのかもしれませんね。とにかくボールを後ろに逸らすことだけはしちゃいけないって言いますし。
でもその米野は肩が弱い。うーん。
川本復帰が待たれるところですねー。

さて、ここから長いので以下追記で。

▼... Read more ≫

ソウルイーター第5話「魂のかたち」 

もう第5話、早いものです。

▼... Read more ≫

野球などもろもろ 

GWあと一日で終わりか。早いなあ。
GW明けるとGWでお休みになった分の補講にGWでたんまり出した宿題のチェックに5月下旬から始まるテスト対策補講に忙しくなるなあ。それが終わったら夏期講習準備です。

・ヤクルト

石川君打ち込まれちゃいましたねー!
結果しか見てないのですが…。
ここ最近のヤクルトは投手が頑張っていてもエラーとか援護がなくてとか残念な負け方も多かったのですが、今回は完全に石川君が悪いです。
正直ここまでの石川君が出来すぎていたっていうのも大きいですよね~。防御率1点台とか目を疑いたくなるような成績でした。
基本的に10勝10敗、援護に恵まれて5回6回5失点6失点で勝ててしまうタイプですから。
参考1/参考2

今回の負けを生かして次頑張ってもらいたいものです。
ここから負けこまないで踏ん張ってもらいたいです。
というか石川君や村中がいなくなったらヤクルトは先発投手がいなくなってしまいます。川島はいつ怪我してもおかしくない人ですし。あとは館山がいるか。

石川ファン的ポイントとしては相変わらず打ってるようで。
昔は一時期3割打ってましたからね。
本当にバッティング好きですねえ。
さすがに身長考えたら目標のHRは無理だと思うけれど。

福川ですかね、それよりも問題なのは。
私はあまり配球とか詳しくありませんが開幕してからずっと言われてますし今日も外一辺倒だったとかなんとか。(ただ石川君のコントロールさえ良ければ福川で合ってるって話もありますよね。)
川本が戻るまでは我慢です。怪我してまた怪我…。

ガイエルが復活の兆し見えてるようでそれが良かった。
ただ川島は今日はあまり活躍なかったようでちょっと残念。
すっかり川島ファンになってます。
あとは飯原が頑張ってくれれば何も言うことないのに。

石川君で負けたとなると次の勝ちまでは長い道のりになりそうです。
横浜と仲良く最下位争いなわけですが驚くなかれ、ヤクルトは横浜に16点取られるチームだからもう何だかお先真っ暗です。
それでももちろん応援は続けますよー!

ヤクルトファンはこれから心を癒すためにゴルフでも見た方がいいのでしょうか(笑)
キャディー転向とかすごいな健さん。
石川といえばハニカミ王子ではなく小さな大投手、これ基本。

今日は広島も負けてちょっとしょんぼりです。
前から書いてる通り基本ヤクルトファンで広島巨人贔屓な人間なので。
積極的に応援しないチームは阪神くらいです。父がファンなので(笑)
広島の泥臭さは本当にかっこいい。



・ROOKIES

公式サイトのネタバレっぷりが酷すぎですよー!
でも原作読んでる人も多いだろうし問題ないのかな。

それ以上に突っ込みたいのが設定変更&謎の設定。
岡田が若菜たちと同じ中学出身になってました。別に河埜と知り合いであることが重要ではないので問題はないと思いますが。
あと新庄のバックボーンが妙にきちんと設定されてる~。
極めつけは湯舟の「美的センスがおかしい」
それは一体ドラマにどう関わってくるんだ。
真弓先生関係のお話はないのですかねー?ぜひとも見たい。

知名度の問題で安仁屋・御子柴・新庄、そして特撮出身ということで湯舟・岡田あたりが注目されてますが、隠れイケメンは桧山だと思うのですがどうでしょう。
髭に騙されそうになりますが妙におっさんくさかった原作に比べてちょっとかっこよくなってる気がするのです。

赤星や濱中も見たいけどどうなることやら。
濱中で思い出しましたがいつの間にか阪神の濱中がオリックスにいてビックリした。本当にビックリした。
他にも驚いた人がいたのですが忘れちゃった。お前移籍してたのかよ!って思った人がいたのです。誰だったっけかな。

感想記事で書き忘れましたが主題歌いい。
流すタイミングが上手い。
1話は御子柴&関川で野球部が小さなけれど大切な一歩を踏み出したという場面で流し始め、2話では若菜湯舟桧山岡田が加入してさらに前進したというタイミングで流し、そして3話では安仁屋加入で流す。
あの夕暮れ時のグラウンドで流すってのがまたいいんだ。
歌詞は恋愛モノなのですが私の中では川藤と部員たちの絆の歌としてすっかり処理されています。川藤に出会って部員たちの世界が変わったと言ってもいいのだから。
これはCD購入決定です。



・真綾さん

今更ながらかわいいと噂のHを読む。
かわいすぎる。相変わらずお肌が白い。
写真って写り方も重要なのですね。
しかし随分と写真の多い雑誌ですねー。嬉しいけど。
あまり音楽雑誌とか読まないのですがこんなものなのかしら。



さあ、これから録画したソウルイーター見てきます。早く真綾さん出ないかなあ。

野球 

さて問題です。

首位打者HR王盗塁王最多勝投手失点0のクローザーがいるチームの順位はいくつでしょう?

正解は・・・









5位\(^o^)/



去年を思い出させてくれるぜい…。

序盤の貯金がまだ残ってるのでしょうね。

本来なら定位置は最下位であるべきチーム。
それを考えると十分健闘してるんじゃないかと思う今日この頃なのであります。
ちょっとね、3位とかになっちゃって夢見すぎただけなのですよ。

「去年よりマシ」
ヤクルトファンの合言葉です。

川島の活躍は心のオアシスです。
べ、別にもう失礼様がメジャーに行っても怖くないんだから!
嘘です、できるだけヤクルトにいてもらいたいです。
イケメン子持ち日ハム戦士がいなかったらどんなことになっていたことやら。

もう一人の川島はいいのです。その脆さこそヤクルトエースに相応しい。

今年も苦しいシーズンになりそうですが私は見守り続けます。
スポーツである以上勝ちにはこだわるべきだと思うけれど、でも何があってもヤクルトファンでい続けたいのです。

田中浩康の美しい捕球に惚れた日曜の夜なのでありました。

あ、私は別に高田采配にケチつける気はまったくないのですが、早く飯原見せてください。ほんとにそれだけよろしくお願いします。


書き忘れていたことが一つ!
4月中ごろのつば九郎日記に藤井が出ていたことにちょっと感動してしまいました。
"やくるともかって、ふじいくんもかって、うれしいな"
たとえ移籍してしまったとしてもチームメイトであった事実は変わらないですもんね!こういうの温かくていいですよね!

ROOKIES第3話 

今週は安仁屋編!

▼... Read more ≫

村中投手お疲れ様です! 

村中~ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

ヤクルトが3位なんて調子に乗りすぎていたということですかー!!!!
大人しくBチームにいろってことですかー!!!!!

9回途中までノーヒット(四球で一人ランナーは出してた、かな?)という恐ろしいペースで投げていたからには勝ってもらいたかったけれど…。今まではヤクルトといえばよく打つチームでしたが今年は投手は頑張っても報われないことが多いですね。石川君も一敗してるけど一失点だしなあ。

これでまだ20歳というのもすごいですねえ。

ベンチで涙ぐんでたのがもう辛かった…!
確かに打たれたけど村中は悪くないです。よく頑張った。
内海も頑張っていただけに野手が悪いとも一概には言いにくいのですが、でもチャンスは作ってたのだからそれを物にできなかったのがもったいないですねえ。
その中で相変わらず野手の川島が活躍してるのが嬉しいです!
押本といい川島といい、いい人もらったわ。
昼間は藤井ヤタローという継投を見てましたよ思いっきり。

投手の川島が近々復帰との話もあるとかないとか?
戻ってきてくれたら先発枚数増えて楽になりそうなのになー!
(というか明日登板なの?怪我大丈夫なのでしょうか。復調してるの?)

継投って難しいの一言でしょうかねー。
実況が実況拒否するくらいの継投みたいですが(笑)

五十嵐はもう無理なのですかね。
今は押本イムが新たな継投リレー作ってますし。

多分今年一番駄目な負け方ですねえ。
でもヤクルトだもの、仕方ないのかしら。
本来ならBチームがお似合いなのです。
何があっても私はヤクルトファンですよ。最下位だって怖くない!
いや…最下位はやっぱりもういいや。

最後に一言。
アトムズユニいいですね!

巨人は9回の亀井の粘りがすごすぎの一言に尽きる気がします。
すごかったー!!!
あと内海もよかったですねー。


さあ、これから録画していたROOKIES見てきます。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
04« 2008/05 »06

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。