スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ感想(薔薇、救命2)&公式サイト 

SPの終わり方は酷い。尾形~!!!
4月まで待てというのですかっ!?
監督が踊るシリーズなどを手がけてる人だから4月のスペシャルでも終わらせず映画化だろうという予想まで出ててるし…。

土曜の後番組「ロス:タイム:ライフ」、結構楽しみです。
死ぬまでの残りわずかな時間を人はそれぞれどう使うのかを描くオムニバスドラマ。
なかなか面白いテーマじゃないですか。

・薔薇のない花屋

初めて観てみました。
慎吾ちゃんの役も実は裏のある人間らしいということでちょっと興味があったので。
今回はその片鱗を感じさせただけで実際のところは分からずじまい。
どうやら昔は相当ヤンチャだった模様?
寺島さんは相変わらずいい…観ててそれだけでなんか幸せにさせてくれる。
強面だけど人のいいお茶目さん、それだけでお得な役柄だよな~。
やっぱり人間はギャップに弱いんでしょうか。
ヤンキーが猫を助けるとかおじいさんおばあさんに席を譲るとかそういうのに弱いのでしょうか。
つまりは寺島さんだけをひたすら観ていたかったということです。
天野くんと慎吾ちゃんは共演させちゃいけないと思うんだ。
どうしても天声慎吾が出てきてしまいます(笑)

やっぱり私は気軽に観られるテンポのいい作品が好きなんだなーと改めて感じました。
薔薇はどちらかといえばじっくり観させるタイプの作品なのでね。


・救命病棟24時第二シーズン

「旦那さんから逃げないで支えてあげてください」
「あの人は私なんて必要ないのよ」
「それは旦那さんに直接言ってください」

ああ、この進藤のクールな正論が大好きです。
引き止めておいて、愚痴は受け付けない、さすがです。
この後に「必ず助けますから」と続くところがまたカッコいい。
助けるから、だから本音を直接ぶつけ合ってねという進藤の優しさでもあるのです。

救命の中で浮いている進藤とたまきですが、
誠実に医者であり続けることで互いに理解しあうわけであります。
二人が理解しあったことを感じ取ったときの医局長のホッとしたような嬉しそうな笑みに私は癒されました。
本当にいっけいに迷惑かけるなよー!

リアルタイムで観ているときには気づきませんでしたが第2話の脚本は僕生きの橋部さん!
光が当たって生きる希望を見出すラストなんかは僕生きに通じるものがあったり?


------------

あまりドラマの公式サイトをチェックすることがないのですが、ちょっと時間があったし興味もあったので鹿男とエジソンの公式をのぞいてみました。

・鹿男

人物相関図、藤原君から重さんに矢印が出てる!?
「?」の意味は一体なんなのですか。
まさか実は藤原君は重さんに片想いしてるとかそんな展開なのか。
主人公はマドンナに藤原君は重さんに、そして…。そんな展開なのか。
ちょっとビックリです。


・エジソン

生徒の座席表を見てたら、「真綾」ちゃんがいるじゃないかー!
ビックリですよ。
女の子の中で一番目立ってるのはやっぱりレミちゃんだと思いますがこれは真綾ちゃんに注目ですな。
レミちゃんママお気に入りの優等生は賢人の前の席の緑川くんでいいのかしら?
賢人の前の席に「」くん、お隣右側の席のレミちゃんの苗字は「」(どうでもいいけど青柳って山壁の時の規子先生の苗字ですね)、後ろの席には「」くん、左の席には「」さん、中央の賢人の苗字は「花房」、深い意味はないのでしょうがなんか不思議な繋がりを感じてしまいました。
スポンサーサイト

BAMBOO BLADE第17話「光と陰」 

BAMBOO BLADE17話。
アトミックファイヤーブレードなわけですよ。

▼... Read more ≫

ロマサガミンストプレイ日記71(10周目/バーバラ) 

ロマサガミンストプレイ日記71。
バーバラのHP586。
Ever17をやりたいのですがちょっとこっちが宙ぶらりんなのも気になってしまうわけであります。

▼... Read more ≫

ドラマ感想(鹿男・救命2・エジソン) 

・鹿男あをによし

すっかりこのドラマの虜になってしまいました。

相変わらずEDが無駄に熱い。
OPも壮大です。

藤原君がいい味を出してます。
酒盛りの場面はちょっとかわいそうだったけど。
主人公は酒瓶渡すだけだし。一人くらい注いでやれよ、と。
舞妓さんに見惚れたりすっかりマドンナにメロメロな主人公を面白くなさそうに見る姿がかわいいかわいい。おんぶしてもらおうとする姿もかわいい。
やっぱり藤原君がドラマでは一番輝いてる。

重さんも素敵だな~。八つ橋食べすぎだろー!
人の噂には興味ないと言いつつも噂に詳しい重さんが大好きです。
医龍の頃はauのCMが流れるたびに「藤吉先生何やってるんすか」と突っ込まれたものですが、今回は「重さん何やってるんすか」と突っ込みたい気分になります。
木10に佐々木蔵之介が出てる間はCM自重してくれませんかね(笑)

ちょっと原作ネタバレ?
八つ橋はオリジナルですよね?上手いな~。
何でマドンナがわざわざ主人公に八つ橋を渡して、しかも家に帰るまで開けるなと言ったのか。
うんうん、上手く繋がってくるわ。
(終了)

山ちゃんが声を当てている鹿が無駄にカッコいい。
というか予告後の注意書き、「人物や団体、鹿の描写は全て架空のものです」
いやいやいやいや。
誰も喋る鹿が現実にいるなんて思わないから安心してください!!!
何という遊び心…。
ま、もしかしたら本当にこれを打たなくてはいけないそんなルールなのかもしれませんが。

マドンナもミステリアスな雰囲気で良い感じ。
今週はあまり目立たなかったイト。
来週は剣道部にスポットが当たってくるようなので、次回以降は本格的に話に参戦するのでしょう。
リチャードは動きといい台詞回しといい児玉節全開でした。

奈良、京都、鹿、狐、ネズミ、三角、頻発する地震、日本を救う。
これらのキーワードをドラマ流にどう繋げていくのか。
鹿の使いになった主人公。
狐の使い、ネズミの使いは一体誰なのか。
原作では作品世界に嵌りきれなかったワタクシでございますがドラマで認識が変わりました。
真面目に鹿が走ってくる様子にちょっと感動しちゃったわけですっかり嵌ってしまいました。


・救命病棟24時第二シーズン

再放送開始!
しょっちゅうやってますが始まるたびに観てしまう、何度観ても面白い作品。

結末まで知ってるとどうしても小田切医局長(渡辺いっけい)中心に考えてしまいます。
目の前の患者を救うことが医者の原点でしょ?とあっさり言い切る姿、カッコいい…。
救命チームが揃う中で小田切に説教をかます神宮教授にイラッとしながらも、
それでも教授に負けない小田切の姿に救命チームは心動かされていくと思うのよね。
進藤だってその一人。

まだまだたまきがやる気ありませんが彼女もだんだんチームに馴染んでいくわけでこれからが楽しみです。


・エジソンの母

優しさを教えようとする学校と、
そんなのは自然に身につけるべきものだと考える教授のお話。
授業をぶち壊した賢人だけれど好奇心一杯に生活する中で他の人を心配する優しさを身についていたし、逆に優しさを教えようとした規子(伊東美咲)は売り言葉に買い言葉で元婚約者を傷つけてしまうわけです。
ラストは賢人の優しい一面を見て少し微笑む規子で〆。
規子はここから何を学んだのかな。

教授(谷原章介)は賢人ママ(坂井真紀)に恋しちゃったのかっ!
あの胸のドキドキは走り疲れてただけでつり橋効果な気がしないでもないけれど(笑)
いやいやでも賢人に興味津々な教授ですからお似合いかも!?

規子の方にも新しい出会いが。
メール五回やりとりしただの絵文字つきで喜ぶ様子などはさすが大森脚本、
こういう恋する普通の女性を描かせると上手いです。
居酒屋での佐古くんをウザがる規子と空気の読めない佐古くんも最高でした。
今日こそアニメの録画忘れてくれば良かったのに!

規子と教授の関係がどうなるのか気になるな~。

加賀見先生(松下由樹)とレミちゃんママ(杉田かおる)の戦いに笑った。
どちらも芸達者なだけあってコミカルに先生とママさんを演じておられます。
加賀見先生の一喝とかかっこよすぎるだろー!

しかし加賀見先生の独壇場はやっぱり冒頭、規子に助け舟を出した後、なぜか始まる愚痴タイム。
喋り方といい、「根掘り葉掘り聞くなんて」と自分から話し出したのに規子に責任を擦り付けるところといい、素敵に理不尽な先生でした。(めちゃくちゃ誉めてます)

小学生より大人の様子のが面白いのは大森さんだからなのか私の見方のせいなのか。
でもレミちゃんの「ウサギも悪い」発言には笑った。でも真理よね。
狼が怖いなら最初から避ければいいのに。想像力豊かな子供達の姿が微笑ましかったです。

来週以降どうなるのか。
原作のないオリジナル脚本だから先が読めず、それが面白いところです。

CLANNAD第15話「困った問題」 

CLANNAD15話。
青春してるお話でした。甘酸っぱい!

▼... Read more ≫

ドラマ再放送 

救命病棟24時2再放送キタ━(゚∀゚)━!!!!!

医療ドラマでは1、2を争うほど大好きなドラマ!
主役は江口洋介ですが、真の主役影の主役は渡辺いっけいと言っても過言ではないはず!
ザ・中間管理職渡辺いっけいの本領発揮、ラスト2話は涙せずにはいられない。
これは録画決定。救命病棟は2が一番好きでした。本当に嬉しい。
しかし何のために再放送するのかしら?

・再放送ドラマ

恋ノチカラがやってて深津絵里はドラマやってないし何でだろうか?と思ったらSPの堤真一のための再放送だったとやっと気がつきました。
リアルタイムの頃は後半から観始めたのですが、素敵なドラマでした。
このドラマといいやまとなでしこといい矢田ちゃんと堤真一は上手く行かない役が多いなーとほろ苦さを味わったりもしました。

これは録画しようかなー。

西村雅彦はどんな役でもやれてすごいと話すたびに、兄にそういう意味では三枚目から悪役までどんと来い!な段田安則のがすごいと返されちょっと揉める我が家です。どちらもすごい俳優さんということで。

月9対策は人にやさしくとランチの女王で終わったわけですし、
そろそろトップキャスター再放送やってくれるんじゃないかと期待してるのですがどうでしょうかね?
鹿男の玉木宏&児玉清繋がりで…。
お正月ののだめで十分ですか?
トップキャスターは超展開に次ぐ超展開のものすごいドラマだったけど、登場人物が魅力的で大好きだったんだよなあ。取締役最高。気軽に楽しめるドラマだったのですよ。

あと小日向さん&綾瀬はるかちゃん繋がりで僕の生きる道とかどうでしょう?
ほら、ジャニーズの子もそろそろ復帰するようだし。(もうしたのかな?)
心置きなく再放送できるでしょう!
2000年以降のドラマならば誰もが認める名作の一つ、お蔵入りさせてしまうなんてもったいない。
この季節にぴったりですしぜひ。

ハチクロは難しいだろうなあ。
関連ドラマ、イケパラくらいしか出てこないけど再放送するには早すぎる気も。


最近あまりテレビを観てないなー。
テレビっ子を卒業する日も近いのでしょうか!?

BAMBOO BLADE第16話「キリノの欠席と予選大会」 

BAMBOO BLADE16話。
相変わらずこの作品のスタッフはやってくれます。

▼... Read more ≫

Ever17 

SuperLite2000恋愛アドベンチャー Ever17 ~the out of infinity~ Premium EditionSuperLite2000恋愛アドベンチャー Ever17 ~the out of infinity~ Premium Edition
(2004/10/28)
PlayStation2

商品詳細を見る
これからやる予定のゲーム。
金曜日に頼み3日~4日かかるとあったので届くのは来週の週末あたりかと思ってたら、もう発送したとのメールが!
密林は相変わらず気まぐれ屋さんです。

最初に発売されたのはもう5年以上前らしいこのゲームをやるきっかけとなったのは、ニコニコ動画のホスト部とこの作品のOPを掛け合わせた動画
これがとても素敵で、本物のEver17にも興味を持ってしまったという次第であります。
単純すぎますか?

しかしミンサガが中途半端なんだよなあ…。
現在、種族調整を四天王全員分終えたところ。HPは500台中盤くらい。
残ってるイベントは鉱山襲撃・伝説の竜騎士・ジュエルビースト・シェリル・ダーク・凍結城・シルバー・三地点関係あたりかな?
今回は真サルーイン撃破を目指しているのできちんと鍛えたい。
とりあえず先にEver17をクリアしてその後ミンサガに戻る予定です。

エジソンの母&鹿男あをによし 

真綾さんにつられて観てしまったファンタスティックフォー、面白かった~。

・エジソンの母

主役はどう考えても加賀見(松下由樹)です。

というわけで加賀見先生アクセル全開だった第2話。
怒る場面も諭す場面もカッコいい…!
大森脚本特有のテンポの早いバンバン出てくる台詞の捌き方もお見事!
さすがっす。

脚本は今までの大森作品に比べると随分と丁寧な印象。
規子(伊東美咲)と猛獣エックスことエジソンの対比をコツコツとやってますよね。
婚約破棄のことで母親と喧嘩をしてしまう規子とお母さんと仲良く図書館に向かうエジソンとか。

最終的に二人とも「家族への愛、母親への愛」で問題を解決するところも一緒。

婚約者に見捨てられ傷心の規子だったけれど、自分を心配してくれている母親の存在に気がつく。
好奇心の赴くまま自分の探究心を満たすために色々な実験をしていたエジソンだけれど、そのことで母親に迷惑を掛けていることを知る。

こうして二人は一つ、成長をしたのです。

彼らに成長するきっかけを与えたのは、エジソン否定派の加賀見先生でした。
彼女もまた、少しだけ、好奇心というものに歩み寄った?

田中さんは校長先生でしたかっ!ビックリです。

しかしもうちょっと規子とエジソン、二人のやりとりを見たいなあ。
エジソンと規子が心を通わせる、そんなストーリーではないのか…。



・鹿男あをによし

原作はわりと面白かったけど好みか否かで聞かれたらあまり…という印象だったのでどうなんだろうと思いつつも重さんが佐々木蔵之介だということでそれにつられて観てしまった第1話。

面白かったー!
とりあえず言えることは、藤原君を女性に変えたのは大正解!!

原作の感想でも藤原君のことを軽く誉めていたのですが、やっぱり藤原君はいいキャラです。
マイペースでとぼけたキャラクターは作品の癒し。
主人公と藤原君のやりとりが一番好きでした。

原作では既婚で男性の藤原君をあえて女性に変えてきたところがドラマらしくていい!
藤原君と主人公が恋に落ちるって展開はドラマに合うでしょうし。
藤原君が男性である必要性も少ないので女性に変えることでのデメリットもないのでしょう。

主人公、藤原君、重さんでのご飯の場面は毎回のお楽しみになりそうです。

キャスティングもいい!
重さん=佐々木蔵之介がイメージにぴったりすぎて思わず第1話を観たわけでありますが、
主人公役の玉木宏、藤原君役の綾瀬はるかちゃんもいい!
あ、鹿の声を担当してる山ちゃんも外せません!

上でべた褒めの藤原君ですが、とぼけた雰囲気が綾瀬はるかちゃんにぴったりなのも大きいのかもしれません。合ってる~。

第二の主人公と言えるかもしれないイト役の子も合ってる。
山田太郎とかチロルチョコ(ちょこっと勇気を~)の子ですよね?

ながら見していたので見逃してしまったマドンナ役は大河の人。
これもイメージ通りなんだよなあ。
気の強そうな美人さん…というか芯があって自分を持ってる感じが雰囲気にぴったり。
主人公が憧れてしまうのも頷ける感じ。


強いて言うなら、リチャードに児玉清が切ない…。
いや、合ってるし目立つ役です。
ただ児玉清ファンとしてはリチャード役…複雑なところです。
こういう役は一徳でいいんじゃないかと思ってしまうのは、藤吉先生と小高先生が出ていたところから医龍を思い出してしまったせいでしょう。
一徳はもはや野口教授にしか見えないから無理ですか。

EDはインスト。
なんか今にも発進しそうな曲でした。(ガンダム繋がり)


これは山壁、医龍に続き3クール連続でフジ木10にお世話になってしまいそうです。

CLANNAD第14話「Theory of Everything」 

CLANNAD第14話。
ことみ編終了です。

▼... Read more ≫

BAMBOO BLADE第15話「初合宿と初銭湯」 

BAMBOO BLADE第15話。
みんなで楽しく合宿です。

▼... Read more ≫

ロマサガミンストプレイ日記70(10周目/バーバラ) 

イフリート先生

鉱山襲撃中に遭遇してしまったイフリート先生!
な、何も準備してない…!!

ただいまバーバラのHP501。

▼... Read more ≫

ロマサガミンストプレイ日記69(10周目/バーバラ) 

ミンサガプレイ日記69。
ただいまバーバラのHP468。

ミンサガって改めてすごいゲームだと感心する日々。
はっきり言ってストーリーなんてまったくないし、キャラ萌えというのもそこまで出来るわけではない。見た目がカワイイ・カッコいい程度ならあるけれどそもそもストーリー性のないゲームなのでストーリーの中でキャラクターがかっこよく見えるということが少ない。

でも、10周も出来てしまうほどの面白さがある。
やっぱりフリーシナリオの存在って大きいんだろうなあ。

ミンサガは「プレーヤーが考えてプレイすること」を必要とするゲームです。
どんな順番でイベントをこなすのか。
どんなメンバーで進めるのか。
各メンバーにどんな武器を使わせるのか、どんなクラスにするのか。

プレーヤーの自由になる部分が多いので毎回毎回違うプレイが可能で、そこが面白いんだろうな。
私は毎回同じ武器同じクラスなのでそこは反省しなくてはなりませんが(笑)

もちろん戦闘の面白さも外せませんね!

▼... Read more ≫

エジソンの母 

・エジソンの母

初回は様子見かなー?
わりと面白かったけど、今までの山口×大森作品を観たときほどは心を鷲づかみにされなかったので。

冒頭のノーベル賞授賞式のシーンは「南原教授」とか「ひよどり越大学」とか遊びすぎだろー!!!
もうめちゃくちゃ笑ってしまいましたよ。ジーンファンとしては嬉しかったな。

EDテロップも相変わらず遊び心満載でそれだけでも満足だったりします。

伊東美咲が谷原章介に切れるところが面白かったなあ。
ああいう場面をもっとこれからも出して欲しいところ。

生徒の女の子たちが「先生のスカート可愛かった」と言ってる場面はなんとなく大森さんらしいかなーと思いました。
随分とおマセさんですが。
男の子たちの「こえーよ加賀美こえーよ」にも笑った!

一番すごいと思ったのはやっぱり松下由樹。
1+1=2であることを当然と思い、それに疑問を抱くことを許さない先生役でしたがさすがの演技に圧倒。
谷原章介演じる変な教授も面白かった!
伊東美咲と坂井真紀と三角関係になったりするのかな?
個人的には、エジソンを介して親しくなる谷原章介&坂井真紀の仲を誤解する伊東美咲という三角関係とはちょっと違う構図になりそうだと思ったりもしてるのですがどうなんでしょうかねえ?

名脇役田中さんの存在感も気になる…。

とりあえずこれからに期待!
今週は顔見せ舞台設定の紹介などもあったろうし来週から本格的に話はスタートするのでしょう!
もっとエジソンと伊東美咲のふれあいを観たいな~。


・タモリのヒストリーX

前回は見逃すという痛恨のミスをしでかしましたが今回はきちんと観ましたよー。
伊能忠敬のくだりが一番好きだったなあ。
正確な地図を作った偉人ということは知っていましたが、地図は副産物だったというのにはビックリ。
大仏づくりも江戸の街づくりも伊能忠敬の地図も、昔の人は今みたいにパソコンがあるわけでもなく大型機械があるわけでもなく何から何まで自分の力でやっていた。
私は別に人間は自然の中に生きるべきだとは思わないし文明を否定する気もありませんが、でもやっぱり昔の人の知恵には驚かされますね~。

あ、奈良の大仏が「金属からできているもの」としては希少価値のあるものだというのにも驚いた。
長い時間原型を留めている部分があるというのは確かにすごいことかもしれない。

城下町については私、その辺を少しかじったことがございまして。
専門ではなかったのですが。近代経済史が中心なので…。
江戸の街は江戸時代だからこそ生まれた形であって、戦国時代だったらもっと違う形の街になっていた。色々な城下町から時代の特色などを考える、そういうことをやったことがあるのです。

次の放送は春頃になりそうですかね?

CLANNAD第13話「思い出の庭を」 

CLANNAD13話。
年明け一回目の放送なわけですが最初から切なさ満点。

▼... Read more ≫

BAMBOO BLADE第14話「さとりんの決意ともぎゅもぎゅ」 

BAMBOO BLADE14話。
新年一発目の放送です。

▼... Read more ≫

テレビ感想 

明日というか実質今日なのですがお昼にエジソンの母の番宣があるので忘れずに予約をしなくては…。
とりあえずこの冬一番楽しみなのは誰がなんと言おうとエジソンの母です。
山口P×大森脚本、この黄金コンビに期待せずして何に期待しろと言うのですかー!?

フジでは竹内結子月9登板に合わせてランチの女王を再放送するようです。
こちらも山口P×大森脚本の作品ですが、私はジーンを再放送してもらいたかった…。
しかしカバチタレ(行政書士)、ジーン(動物行動学者)、ビギナー(司法修習生)などなど、山口さんはアカデミックなテーマが好きなのでしょうか?
今回は奇抜な発想を持つ少年を中心にして動く物語ということでその少年の発想力をどういう形で描いていくのか楽しみだったりします。
お母さんの妄想シーンがあるとかないとか。この辺はさすが大森さんというところでしょうか。

・吉本芸人大集合

三日くらいかけてようやく観終わりました(笑)

日本一早い漫才はカミカミで笑ってしまいました。
チュートリアルもブラマヨもボロボロじゃないですか。やっぱり深夜はキツイのか。
イス-1は今年は微妙だったかなあ。
ぐっさんのビッグショーで一番笑ったのは友近のターンでディランを端っこに映したところ。
カメラマンやるな…!

観て思ったことはやっぱりWコージは安定して面白いということです。
なんかいるだけで安心感が。すごいなあ。

来年もおそらくやるでしょう、期待して待ってます。


・めちゃイケSP

辻カメラマン、GJ!!!
ぼかしちゃダメだろぼかしちゃ(笑)
でもやっぱり辻カメはめちゃイケでなく内Pで観たいよ。
内PDVD感想をご自身のブログで熱く書いちゃうほどの人なのですよ?

ロンブーが体張ってるのは確かに珍しい。
そう考えるといつまでも第一線で体張ってるダウンタウンは本当にすごいと思うんだ。
もっと楽な仕事の仕方ってあると思うんだけどなあ。

シンクロ、倉田アナの美味しいとこどりに吹いた。
あの流れからウエンツが落ちることはないと思ったけどまさか倉田アナとは。
ベッキーが頑張るのかなーなんて少し期待してました。

幻水3漫画版第8巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 8 (8) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 8 (8) (MFコミックス)
(2005/01/22)
志水 アキ

商品詳細を見る

「グラスランドへ帰って来い!
 ルビーク・・・いやカーナークランの民よ
 我々はお前達を三等市民という名の奴隷ではなく同胞として求めている」


グラスランド・ゼクセン連合軍の難しい内情を描いた第8巻。
昨日までケンカしていた者同士、そう簡単にハイ仲良くします、なんて出来るはずもない。

▼... Read more ≫

お前がダメなときは 俺が頑張るから 

「だが結局最後は佐藤が頼りか」

眉村、よくぞ言った!!!!!
これは誰もが感じてたことだと思うんだ。
いつもここぞというときに寿也がHRを打っていました。セレクションのときも特待生と試合をしたときも。

これはリアルタイムのときから気になってたのだけれど、この辺はアニメオリジナルかな?
たしか原作ではこのサヨナラ試合も結局は寿也の逆転HRで決まった気がするのですが…。
コミックス持ってないからこの辺分からないなあ。

「いつもここというときにアイツがいた
 寿也がいなけりゃオレは今、ここにいることさえ叶わなかった
 オレはアイツと二人でここまで来たんだ」

ならどうしてやめるかな!?
「じゃあよしなよ」と冗談交じりに言う寿也に泣けてくるわけで。

寿也を海堂入学に付き合わせておいて勝手にやめるとか言い出して、しかも自分がやめるためのその試合でマスク被らせたりと本当に吾郎はいつまでも吾郎なのです。
寿也と一緒に海堂に入りたいという吾郎のワガママのために老体に鞭打って働いて全寮制の私立高校の学費を捻出している寿也のおじいちゃんとおばあちゃんに悪いと思わないのか!といつも思ってしまう。
実の父も母も亡くしているけれど経済的には何不自由したことない温室育ち(by寿也)の吾郎にはきっとこんな庶民の意見が分からないのでしょう。

ま、吾郎のワガママのおかげで寿也は野球人としてエリートコースを歩み結果的に当初の目標どおりプロ野球選手になれたわけで悪いことばっかりではないのでしょう。
契約金でおじいさんとおばあさんもウハウハでしょう。

「だったら何ではじめから人を誘ってまで海堂に入ったんだよ!
 僕は君とただ純粋に甲子園に行きたかっただけなのに。」

そうだよなー、やめるくらいなら最初から一緒に海堂に行こうと誘うなよって話ですよ。
吾郎には吾郎なりの夢がある、それはいいよ。
ただそれに寿也を、そして寿也のおじいちゃんとおばあちゃんを巻き込まないでよ。


「裏切った…そう思って僕は…
 自分勝手な友情を押し付けてた…
 でもちがう!
 吾郎くんは何一つ裏切っちゃいない…!」

いやいやいやいや!!!
うん、寿也が言っているのは野球と真剣に向き合う姿勢という意味であって、確かにそういう意味では昔から変わらないわけで吾郎はいつまでも吾郎です。
でもやっぱり裏切ったとは思うぞ(笑)

(ここまでの感想は半分冗談ですよ。話を理解していないだとか曲解してるだとか言われてもちょっと仕方ない書き方ですみません。)


MAJOR終盤はリアルタイムで観ていたはずなのですが最終話前半の記憶が全然なかった…。

自分の中の葛藤を整理し、本領発揮して勝つためにHRを打つ寿也。
そんな寿也を吾郎はベンチで迎え入れそして二人は拳をつつき合わせる。
それはEDにも出てるあの場面で、最大の燃え場面じゃないですかー!!!
なんでこんな熱い場面のことをすっかり忘れてたんだろう?

ロードオブメジャーの曲に合わせて中学時代の映像が流れてくるのは覚えていたのだけれどね。

MAJORといえばロードオブメジャー。
なんか名前にまでメジャーとか入ってるし熱い曲調が作風に合っていてよくマッチしています。
「絶望を希望に・・・」ってところで引越し先で肩を故障させる場面入れるところとか泣けてきます。
ただ!隠れた名曲は記事タイトルにも入れた第二シーズンの後期エンディング!
海堂をやめるって展開になるのに映像は吾郎&寿也の友情を感じさせるものばかりで…。

-----
(追記)
4thシーズンは大友康平だそうで。
私はオリジナルよりグッさんが物まねをやる人というイメージしかない(笑)
今年もすでにグッさんのビッグショー(@年明け吉本芸人大集合特番)で観たばかりです。
-----

突然のMAJOR感想、それもこれもお正月に第二シーズンの再放送をやるのがいけないのです!
第二シーズンが一番好きな私としては決して見逃すわけにはいかず、ついつい観ていたらMAJOR熱が再燃してしまい上記のような感想を書くにいたったわけです。

高校生の頃、友達とサンデーのヒロインには健気な女の子が多いという話をしたのですが何気に清水もその口だろうなあ。小学生時代からですもんね~。
下の昔の感想でも書いてますが私は横浜リトルの涼子ちゃん一押しだったんだけど(笑)
ARMS好きとしてはカツミもこの枠にいれたいところ。

せっかくなのでこのブログで書いていたMAJOR感想を拾い集めてみました。
()は記事の日時を表し、一部第二シーズン再放送のものも含めております。(MAJORは各シリーズ終了後すぐにそのシリーズの再放送を同じ時間にやるので)

9割方寿也のことですのであしからず。

長いので続きを読むで。

▼... Read more ≫

幻水3漫画版第7巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 7 (7) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 7 (7) (MFコミックス)
(2004/09/03)
志水 アキ

商品詳細を見る

「我が主として運命を共にする事を許されよ!」

ダッククランにおけるグラスランドとハルモニアの戦を描いた第7巻。
ルックらが表舞台にとうとう出てきます。

▼... Read more ≫

幻水3漫画版第6巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 6 (6) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 6 (6) (MFコミックス)
(2004/03/23)
志水 アキ

商品詳細を見る

「強さを手に入れられれば満たされる何かがあると思っていた
 でも行き着いた先は空っぽの・・・・・・・空洞でしかなかった」


ワイアットを追いかけてグラスランドへ向かったクリスの旅の結末。
父と娘の絆が描かれた第6巻感想。

▼... Read more ≫

テレビ感想 

実はまだガキの使いの録画を観られてません…。
早く観たいのだけどお正月はテレビが普通に面白いのでなかなか観るタイミングが掴めない…!
ガキの使いは録画で実はフジの爆笑問題を観ていました。
意外と面白かった。期待値ゼロなのが大きかったのかしら。

・ほんまでっかニュース

途中から観ましたが今回はもしや佐藤さん不在?
私は経済評論家佐藤さんが大好きなんですけれどもねー。

その代わりにあの環境問題で有名なおっちゃんが出てました。
リサイクル問題になると熱い熱い!得意分野ですからねえ。
最近DチームのDVDで拝見したばかりなのでちょっと笑ってしまいました。

相変わらずこの番組は面白い。
評論家の方々の素人だからこその面白さ、
あとゲストの芸能人の方々も素晴らしい。
やっぱり東野幸治は天才なのかー!?Wコージはすごいということですかっ!?


・吉本芸人大集合

というわけでWコージが司会のやりすぎコージー特別版的意味合いの毎年恒例年明け吉本特番です。
録画してあるのですがまた半分も観てません。
いい旅板尾気分の途中。

出てる芸人全員が同じ事務所なのも大きいのかもしれません、雰囲気があったかい!
OPでのっけからココリコの離婚に触れたときにはさすがに笑った。
遠慮なくこういうことが出来るのは芸人だからこそだし何より同じ吉本芸人だからなんだろうなあ。

ヤッテQとか明らかにイッテQのパクリなわけですが(笑)
ダウンタウンと仲良しのウッチャンの番組だし問題はないだろうけど!
いい旅板尾気分に吹いた。
去年の板尾24に続く、板尾神の企画です。さすが神!
ってか大和田さんが本物のいい旅夢気分と同じようにナレーションを!!!
すげーよ!いい声だなあ、大和田さん…。

ヤッテQの解答者の並び順が司会者に近い場所から芸歴順のように思えたのですが(オリラジが一番端っこだった)、いい旅板尾気分の時はキンコンの方がチュートリアルより司会者に近い解答席にいましてなんか切なくなった。

女性芸人とイケメン芸人の部分はチラっと観ました。
リットン調査団の水野さんにスポットが当たってて嬉しかった。


・爆笑ヒットパレード

司会がナイナイでビックリ。どうやら初らしい。
テツトモのときは一緒に踊ったり、さすがだわ~。めちゃイケでもすごいコンビネーションだったものね。
柳原加奈子のネタはDチームでめぐみちゃんがやっていたやつのオリジナル版で笑ってしまった。っていうかオリジナルを見て感じたのは、めぐみちゃんの再現率がすごいということです。
キンコンはM-1ネタ満載。本当に悔しかったんだねえ。
さまぁ~ずとのぎこちなさがいい。

ここでレッドカーペットが登場。この番組も順調に出世を遂げていてとうとうお正月に登場。
ベテラン女優市毛さんに下ネタ漫才の感想を求めるのはどうなんでしょうか(笑)


・よく分からない番組

今フジテレビの番組を観ていたら幻水3の姫神の曲が流れてきました。
前もDチームで流れてきたのよね~。
どちらも同じフジの深夜番組なのを考えると音楽担当の方が一緒なのかもしれませんね。



何か物足りないと思ったら今年はアレですよ。
内Pスペシャルがないのです…。
でも年末年始、何気にウッチャンをよく観るけれどもねー。
しかしグラサンをしてないウッチャンもピコピコハンマー持ってないウッチャンもやっぱり違うと思ってしまう私は根っからの内Pファンなのでしょう。おとなしくDVD観てます。

テレビ感想は後ほど 

吉本芸人祭りが面白くて大満足な2008年元旦。
今年も一年よろしくお願いしまーす!

テレビっ子なわけで幸せだけど睡眠不足な日々が続きそうです。

しかしもう2008年驚きのニュースが一個出来ちゃった。
生まれて初めて指輪をいただいてしまった。
普通はクリスマスとかじゃないのかい?正月祝いとか聞いたことがない。
…でもこういうのってなんか普段使いにくいしお洋服に合わせづらくて困るなあ。
おいくらくらいなのか聞けなかった。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12« 2008/01 »02

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。