スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界第二章殺人考察(前) 

パンフレット

観に行ってきました~!
一章とはいい意味で雰囲気が違いました。
もちろん別の話なので当たり前なのですが、ちょっと不気味で幻想的だった一章に比べるととても人間的に思えたな~。
98年度を基準に考えると過去の話になりますからなんだろう…初々しくて切ない。

以下ネタバレ感想。

▼... Read more ≫
スポンサーサイト

2007年お気に入り 

2007年、印象に残ったのものを書籍・テレビ番組・テレビドラマ・テレビアニメの四つの中からピックアップ。
あくまで「今年触れたもの」が基準であり、「今年発売されたもの」ではありません。

・書籍編

永遠の0 (ゼロ) 永遠の0 (ゼロ)
百田 尚樹 (2006/08/24)
太田出版
この商品の詳細を見る

今年一番の収穫はこの作品。
とにかく泣きました。
零戦パイロットの軌跡を描いた作品、彼の深い熱い想いの前に涙すること間違いなし。
これは本当におススメです!ぜひ読んでみてください。


ラッシュライフ (新潮文庫) ラッシュライフ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 (2005/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

すっかり伊坂作品にはまってしまったワタクシ。
その中でも一番のおススメはラッシュライフ。
構成に趣向が凝らされているので、その仕掛けが見えてくる終盤の面白さは秀逸。
また、テンポの良い会話も外せないポイント。

重力ピエロ (新潮文庫) 重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎 (2006/06)
新潮社
この商品の詳細を見る

おススメならラッシュライフなのですが、
好みでいえば重力ピエロの方が好きです。
兄弟愛や家族愛を感じさせる温かい描写が好きです。
「重力ピエロ」というタイトルの意味を感じてみてください。


・テレビ番組編

環境野郎Dチーム vol.2環境野郎Dチーム vol.2
(2007/12/21)
伊吹吾郎

商品詳細を見る

今年一番はまった深夜番組。
旬の芸人が出るわけでも若いイケメン俳優や可愛らしい女優さんが出るわけでもない、
オール50歳オーバーの団塊世代のベテラン俳優陣による環境バラエティ。
ま、ゲストで若いアイドルや小島よしおが出ていたりしたのですが。
ベテランだからこその劇画的な芝居に抱腹絶倒の30分でした!
DVDの何がすごいって150分超収録されていても4000円弱で購入可能なところ!
それで特典映像までついてるんですよ!?
こう考えるとアニメのDVDって高いですよね~。もっと安くしてほしい。
とりあえず東京都ではGパンの鉄は燃えるごみ扱いなんだって。

書き終わったあとに気づいたのですがめぐみちゃんってまだ40代?


・テレビドラマ編

医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX
(2006/10/27)
乃木坂太郎、小池徹平 他

商品詳細を見る

画像は医龍1のものですが今年はまったドラマは医龍2かな~。
今年は一月期に華麗なる一族・花より男子・ハケンの品格と話題になるドラマが集中してしまいその後はこれといったヒット作が出なかった一年ですが、やっぱり私は医龍が好きでした。
いい意味でチープな感じ、戦隊医療モノという新たなジャンルの構築、熱くてうるさい音楽。
この辺が大好きでした!

ヒミツの花園 DVD-BOXヒミツの花園 DVD-BOX
(2007/06/06)
釈由美子、堺雅人 他

商品詳細を見る

さてそんなドラマ豊作だった一月期にはまっていたのがこちら。
まあどうなんだろう?と思う部分はたくさーんあったけどそれでも大好きなドラマでした。
つい最近テレビ誌に四男の本郷くんのインタビューが載っていまして、そこに「去年のクリスマスは池田さんと過ごしました。今年も誘ってみようかな」ってあってちょっとにやついてしまった、そんな花園ファンであります。
キャナメのジャガーさんが何気に楽しみです。はまる気がする。

・テレビアニメ

おおきく振りかぶって 3おおきく振りかぶって 3
(2007/08/22)
吉田隆彦、黒田洋介 他

商品詳細を見る

基本的にアニメはアニヲタを名乗れるほどは観てないのであれですが一番はまったのはおお振りかな。
アニメの感想は原作知ってたゆえの書きにくさがあって途中で断念してしまいましたが、青春っていいな!と思わせる熱さがあってとっても良かったです。
原作最新刊の感想書かねば。


2007年もたくさんの素敵なものに出会えて満足な一年となりました。
来年も素敵なものに出会えるような一年になればいいなあ。
そしてそういうものを見過ごさない心を持っていたいものです。
どんなに素晴らしいものがあってもそれを受け止める自分がなければ意味ないですしね。



以下徒然。

・今年の幻水
もう新作は諦めるっきゃないのかなー!
未だに待ってますが全然情報出てきませんしね…。
今年は幻水2や3や5のリプレイをしたり、幻水3漫画版を振り返ってみたりとしてたわけですがやっぱり新作プレイしたい…。せめて外伝でも!携帯機でいいので!!

・今年のサガ
ミンサガで全キャラコンプリート。
こちらも新作の話はまったくないわけですがただサガはいつか何かしらまたあるだろうと信じてます。
個人的にはミンサガ2という名のロマサガ2のリメイク、ありですよ。
ただリアル蟻は気持ち悪そう…。

後で詳しく追記するかも 

相変わらずなブログを披露して物議をかもしてるM-1ですが。
私はM-1感想でも書いたけれどキンコンの漫才は嫌いじゃない、むしろ好きですよ!はねトびでは彼ら主体でない方が面白いと思ってるけど。

そんな中、ラサール石井氏のブログでもう大きく頷いてしまった。
氏は最終決戦でトータルに票を入れてたわけですよ。
やっぱ2戦目はトータルのがよかったよ…という私のなんともいえない気持ちが救われました(笑)
決勝戦だけなら圧倒的にサンドウィッチマンだったんだけど…。
笑い飯のコメントも納得。
去年とかあと数分あれば…と思うネタだった。
今年はすぐWボケに入ったけどそれはそれで微妙だったわけですよ。


・いいとも特大号

今度は小沢一郎かよ!
去年の安倍さんに引き続き二年連続の政治家ネタ。
三村氏は政治家顔なのかしら?


今、ガキの使いのSPに向けた総集編やってますが予告で一回医龍のBGMが流れてた!
さー今年の病院編も楽しみにしてますよ。警察署は散々笑わせてもらいました。

ロマサガミンストプレイ日記68(10周目/バーバラ) 

女の子パーティ結成

さよならダーク、こんにちはファラ。
柱戦が終了したのでここでメンバーをダークからファラに交代。
魔の島の期限までに思うようにファラが育ってなければ再びダークと交代してウェイ=クビン戦突入。

▼... Read more ≫

幻水3漫画版第5巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 5 (5) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 5 (5) (MFコミックス)
(2003/11)
志水 アキ

商品詳細を見る

「我らの側が純粋に正義であるなどと思ってはいない
 だが指揮権に従うまま評議会へ忠誠をつくすのが騎士道か・・・・・?」


紋章継承、ハルモニアのチシャ侵攻描いた第5巻感想です。

▼... Read more ≫

ロマサガミンストプレイ日記67(10周目/バーバラ) 



最近また始めたミンサガ。10周目はバーバラを選択。
ニコニコで各キャラのレフティフォークを検証という動画を見てミンサガ熱が再燃。
各キャラが同じ技を披露してるだけなのですがなぜだか燃えるんです。

▼... Read more ≫

BAMBOO BLADE第13話「先生たちと生徒たち」 

BAMBOO BLADE第13話。
折り返し地点の今回はなんだか真面目な剣道アニメだったなあ。


▼... Read more ≫

2007 M-1グランプリ 

よく言えば接戦、悪く言えばどのコンビもパンチ不足な最終決戦でした。
3組とも決勝戦の方が面白かったなあ。

とりあえずサンドウィッチマンおめでとうございます!

私個人の感想としましては、決勝開始前は笑い飯とキングコングを応援、決勝終了直後はサンドウィッチマンを応援、最終決戦終了後はトータルテンボスだろうなーという感じでした。

3組の中ではトータルテンボスが一番決勝と同等のネタを披露してたと思ったので…。

参考:
2006 M-1グランプリ
2005 M-1グランプリ
2004 M-1グランプリ

▼... Read more ≫

幻水3漫画版第4巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 4 (4) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 4 (4) (MFコミックス)
(2003/07/23)
志水 アキ

商品詳細を見る

「背負っているものが違うだけで殺し合いには変わらないよ
 いつだって戦争はそうだ
 だが殺さなきゃ殺される・・・・・それもまた事実だ」


クリスとユンの束の間の邂逅とヒューゴの戦いが描かれている第4巻感想です。

▼... Read more ≫

幻水3漫画版第3巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 3 (3) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 3 (3) (MFコミックス)
(2003/03)
志水 アキ

商品詳細を見る

「どうして国や生まれが違うだけで
 人と人が憎しみ合わなきゃならないんだろう・・・・・・」


ルビークの話になり12小隊が目立ってきた第3巻。
ヒューゴの心情も段階的に描かれています。

▼... Read more ≫

CLANNAD第12話「かくされた世界」 

CLANNAD第12話。
この状態でこれから二週間お休みとかキツイです。

▼... Read more ≫

ドラマ感想 

医龍最終話。

▼... Read more ≫

環境野郎DチームDVD二巻 

20071220213526
届きました!
早く観たいのはやまやまなのですが医龍最終話を観なくてはならないので少しお預け。

ベテラン俳優ネタが上手い王座決定戦が気になる~!

幻水3漫画版第2巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 2 (2) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 2 (2) (MFコミックス)
(2002/12)
志水 アキ

商品詳細を見る

「たとえ私を倒したとしてもまた別の騎士が私の後を継ぎ同じ様にお前の仲間を殺すだろう
 これは戦争だ
 一人の力ではどうする事もできん」


漫画版幻想水滸伝3第2巻感想です。
2巻のハイライトはラストのヒューゴvsクリスでしょうか。

▼... Read more ≫

幻水3漫画版1巻感想 

幻想水滸伝3-運命の継承者 1 (1) (MFコミックス)幻想水滸伝3-運命の継承者 1 (1) (MFコミックス)
(2002/09/21)
志水 アキ

商品詳細を見る

以前から書こう書こうと思っていた漫画版幻水3のレビューです。
せっかく9巻10巻11巻は感想があるのに8巻まではないという状態がとても気持ち悪くて。

雑誌に連載などはされておらず完全書下ろしコミックスという形で発表された漫画版。
戦記物という雰囲気を出しながらも各キャラクターの心理描写を丁寧に行い、美麗な絵でも魅せてくれた「漫画としての魅力」がふんだんに詰まっていた作品でとにかくファンとして大満足でした!

ゲームのキャラデザ担当の石川先生が漫画版の担当に志水先生を指名したそうですがこれは人選がよかったとしか言いようがありません。
綺麗な絵もそうですし志水先生が三国志好きなのも漫画版の質の高さに繋がってると個人的には考えていたりします。

これはぜひとも色んな人に読んでもらいたい一作なのですが、
唯一の難点は漫画のわりに一冊700円とやや割高なこと。
全11巻集めるとゲームより高くなってしまいます。いや、それだけの価値はあると思うけれども。

まずはヒューゴとクリスの過去をオリジナルエピソードを交えて描いた第1巻から参りましょう。

▼... Read more ≫

BAMBOO BLADE第12話「東の事情とメイの事情」 

BAMBOO BLADE第12話。
色んな話が同時並行で進んでいるようです。

▼... Read more ≫

ドラマ感想 

・金賢姫を捕らえた男たち~封印された三日間~

全く観るつもりはなかったのですが家帰ってたらちょうどやっていて軽い気持ちで観始めたら、これがとにかく面白かった!!!

お恥ずかしながら私は大韓航空機爆破事件について名前はなんとなく聞いたことはありますがよくは知らなかったので、そういう意味でも良かったです。

もちろんドラマ用に多少は脚色されてる部分もあるのでしょうが、
「事実は小説より奇なり」とでも言いましょうか。
ノンフィクションだからこその面白さがあったと思います。

外交官の方々がいらっしゃらなければ、日本と韓国の関係は悪化、日本はテロリストを出した国家だと思われ、また田口さんの拉致事件についても明るみになることはなかった。

ほんのわずかな情報から犯人を見つけ、犯人が日本人でないことを証明し日本の名誉を守ってくださった外交官の方々、ご立派です!


一つ驚いたのは、"エリートだから工作員になった"という部分。

「永遠のゼロ」という小説を思い出しました。

その中で主人公は大学出の特攻隊員たちを何とか生き延びさせようとあがくわけですよ。
彼らの力を生かせる場所は戦場ではなく平和な社会だと信じて。

北朝鮮の人々にとって大切なことと、私が思う大切なことは違うでしょうし国の体質の問題なのでいろいろと難しいことだとは思いますが、なんというか優秀な人が工作員というテロリストになってしまうというのはとても残念なことですよね。
もっとその能力を生かせる場所があればいいのに。
そういう国に生まれてたら人生変わってたんだろうな。


金賢姫に対して同情的とも思える書き方ですが、もちろん彼女は100人以上の命を奪った非情の人間。
彼女が平穏な暮らしをしているというのはご遺族の方々にとってはとても辛いことでしょう。
なぜ100人以上の命を奪ったこの人が生きていて、
何の罪もない人々は死ななければならなかったのか…。
政治という大きなしがらみの中では仕方のないことなのかもしれませんが…。

色々と考えさせてくれるドラマでした。

実際の映像などの交え方や音楽の使い方も巧みでした。
音楽については北朝鮮や中東を意識したオリエンタルな曲が多くて、本当に良かった!

CLANNAD第11話「放課後の狂想曲」 

kanonを思い出させるサブタイトルなCLANNAD第11話。
原作未プレイです。

▼... Read more ≫

ドラマ感想 

医龍のみ。

名前のクレジットは燃えるー!!!

第一シリーズでも第一回バチスタのときには手術メンバーの名前のクレジットが出ました。
準備し手術室に向かうメンバーの姿とともに名前が出てくるとそれだけで、ああこの手術は重要な部分なんだな…と盛り上がっちゃうのですよー!!

あと今回燃えた部分は、医師法に反してでも生体肝移植と心臓移植を同時並行で進めようと朝田が決意し、それぞれのメンバーも同意する場面!
挿入歌と同じメロディーに乗せて、一人一人がそれに同意する場面は熱いっ!
この熱さが医龍なのよね。

9歳であるゆうた君にはこれからドナーが現れる可能性が低い。
今回、明真での別件の心臓移植が急遽取りやめになったために回ってきたこのチャンスをみすみす逃すわけにはいかない、と!

しかし生体肝移植と心臓移植の同時並行はそれだけで難しい。
また移植される心臓を運んでいる伊集院の方でも交通事故で道が塞がれているという問題が発生。

伊集院は無事心臓を運べるのか。
生体肝移植と心臓移植を成功させることはできるのか。


来週の展開に期待しております!
もう最終話だー。

子供が苦手な外山がいびつな笑いを浮かべつつも子供と接する場面がなんか良かったなあ。
あと鬼頭のチームに行けと言われて驚く伊集院にも笑った。

予告では鬼頭が気になるところ!
彼女が出てくるだけで場面が引き締まるし第二シリーズではイマイチ医者としての見せ場が彼女にはなかったのでぜひとも活躍してもらいたいなあ。

タイトル分からないんだけど盛り上がる音楽が流れると、「いるだろ、アメリカ帰りのスペシャリストが!」→ヒールの音を鳴らしながら廊下を歩く鬼頭が浮かんでくるんだ。

朝田も鬼頭も互いに相手を敵と思ってはいない。
医者の鑑だな。


「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック
(2007/11/28)
TVサントラ、関山藍果 他

商品詳細を見る

以前から気になっている医龍サントラ。買ってしまおうかなー。

BAMBOO BLADE第11話「アニメーションとドリーム」 

BAMBOO BLADE、もう早いもので11話。
後半は特に笑ってしまった…同じ会社、ご縁のある監督さんなだけありますな。

▼... Read more ≫

一週間ほど前の記事ですが 


首都圏の鉄道混雑率、ワースト1は山手線・上野―御徒町

国土交通省は4日、首都圏の鉄道12社42路線の2006年度の混雑率を発表した。

 1位は3年連続でJR山手線の上野―御徒町間(外回り)で、混雑率は前年度と同じ216%だった。「体が触れあい、相当圧迫感がある」とされる200%を大きく上回った。

 上位10路線のうち、JR東日本が8路線を占めた。JR以外では東京地下鉄(東京メトロ)東西線の木場―門前仲町間が7位で、前年度より1ポイント上昇して199%となった。東京急行電鉄・田園都市線の池尻大橋―渋谷間は同率9位に入り、混雑率は同2ポイント上昇して196%だった。




私はJRをほとんど使わない地下鉄族ですのでこの記事を読む限り相当救われております。

が!
JR以外で入ってる二つ、東西線(木場-門仲間)と田園都市線(池尻大橋-渋谷間)はどっちも使ってるというこの不運はどうしてくれましょうか!?

といっても東西線については沿線に住んでいることもありまさに使ってるのですが、田園都市線は反対方向ですし九段下から乗り込んでいるので十中八九座ることができますし、今現在は使っていないので関係ないですね。

中高六年間半蔵門線にお世話になりました。
その頃は田園都市線の方までは行ったことがなかったため、終点の長津田や中央林間はどんなところなのかずっと気になっておりました。
大学に入って長津田まで行ったときにはちょっと感動したほどです。
中央林間は未だに行ったことがない。

東西線の朝ラッシュのキツさは異常。
一位の山手線上野-御徒町間を利用してる人にはそれくらい我慢しろと怒られそうですが(笑)

基本的に朝の東西線は時間通りに電車が来ず、全て遅れている状態。
というわけでひっきりなしに電車が来ています。
電車がもうすぐ到着するよというランプがずっとつきっぱなしになってるような感じです。

東西線は「今のところ」どの路線にも乗り換え可能なものすごーく便利な電車です。
(今度乗り換え出来ない新線が出来るようですが。)
しかし電車って使うもの限られてますよねえ。

私はほぼ東西線・半蔵門線・銀座線しか使いません。
私は何か銀座線が好きで渋谷・表参道行くときには必ず銀座線をチョイスします。
半蔵門線とどっちが近いのかは分かりませんが。
ちょっとせせこましい感じがたまらない。
あと有楽町線をちょこっと?
丸の内線とか日比谷線にはほとんど乗らない…。

JRしか使わないって人も多いんだろうな~。
私は山手線の内回りと外回りも分からない人間なのでありますが。
途中までは京浜東北と一緒ということしか知らない。田舎者か、私は。(東京出身東京在住者ですが)


・判官贔屓

めぞん一刻で好きなのはこずえちゃんと三鷹さん&明日菜さんのカップル。
特に最終話のこずえちゃん、幸せになってるのは分かるけどなんか切ない。
五代くんはわりとこずえちゃんに不誠実だったと思うのに、最後は笑顔でお別れしてて偉い子です。

タッチでは新田妹が大好き。
合宿で新田妹が料理頑張ってるのを知って南風に避難するのをやめる達也、このエピソードにいつも号泣。

ガラスの仮面では概ね亜弓さん贔屓。亜弓ジュリエットはそれはそれは美しい。
もっと具体的に書くならば亜弓ヘレン派でマヤアルディス派。

CLANNAD第10話「天才少女の挑戦」 

新章開始のCLANNAD第10話。
原作未プレイです。いい加減これを書く必要もないかしら?

▼... Read more ≫

ドラマ感想 

・TV LIFEベストドラマ

25周年企画ということで今までに印象に残ったドラマの読者投票をやっていたそうです。
それでなんと一位は僕の生きる道!!
なんだか嬉しくなってしまいました。
私も好きなドラマベスト5には必ず入れてしまう作品。
雰囲気の良いドラマでした。砂肝推奨ドラマでもある。

二位は白い影でした。
これも好きだったけど二位になるほどかな~?とちょっと驚いた。
こういうテレビ誌の読者投票におけるジャニーズファンのパワーはすごいということか。
一位も二位もSMAPだもんな~。
でも直江先生は確かに素敵でした。
河原でタンポポを見つけたときの竹内結子の満面の笑みも忘れられない。
ビデオレターくさくて結構!泣きましたよ。

テレビブロスはなぜかさまぁ~ず特集やっててコンビニで見て動揺。
とりあえず速攻ブロスを手に取りレジに行かせていただきました。

・医龍

一徳満載なわけで一徳ファンの私としては嬉しくもあったのですが、一徳はアクセント程度にちょこまか出る程度が一番いいんだと痛感したそんな一徳回なのでありました。
もちろん「ノー!ノー!!ノー!!!」とか魚と戯れて少年のように楽しそうに笑ったり口の開け方を真似してたり「人一倍喉短いんだよね」とお茶目なことを言ってみせたりする一徳は外せませんがね。

今回は2チーム分の登場人物がいるわけで飽和状態なんだなーと改めて感じた回でもあります。
伊集院が悩む姿が描かれていたのですが、意外とあっさり乗り越えました。
第一期のときには伊集院にスポットを当てた回が二回ほどあったと思うのですが、今回はあくまで二期メンバー中心ですし描く余裕もないのでしょう。

重要なのは朝田がいないところでのチーム間の繋がりってことだろうし。
手術の技術レベルの高い朝田・外山と伊集院という対立軸ももちろ重要なのでしょうが、それ以上にスーパードクターが伊集院を励まし立ち上がらせたってのがポイントなんだろうな。

朝田がいなくても絆はきちんと結ばれている的な。

つまりは伊集院のことを心配してるスーパードクター最高ってことですよ。

一徳が裏切るのは予定調和。
ここからどう物語が展開してくのか、楽しみっす!!
残りあと2話。

ドラマ感想 

・暴れん坊ママ

(嫌いなところなんか)ないです!!!
 (好きなところは)目が純粋なところ…」


明らかに友情の域を越えてるだろう…思わせる東幹久の大暴走に大爆笑の一時間でした!
ミッキー最高だよ!

とにかく大泉洋のことが大好きなミッキーは「嫌い」と言われたことを酷く引きずっております。
奥様である上戸彩のことを追いかける始末。

「嫌いなところがあるなら直すから言ってくれ!」
「このままじゃ仕事が手に付かない」
「川野…川野…」(とつぶやきながらうなされる)
「確認してたんだ、俺と川野の歴史をさ…」(とジャングルジムでたそがれる)
「俺は身を引くよ…」
「(川野が迷惑なら)もう会いに来ないよ、さよなら…」


しかし蓮くんがお受験に失敗したのはちょっと残念。
上戸彩&大泉洋がエールを送る場面はいいシーンだっただけにねえ。
せっかくのエールも水の泡。

以前観たときはともさかりえ演じるママさんにイライラしたものですが、
今週観ると一番魅力的なママさんはともさかりえに見えるから不思議。

次回は難関校に合格した片瀬那奈によるクーデターです。


・ガリレオ

釈ちゃんと真矢しゃんの2ショットっ!!
医龍での次男&四男の絡みは見られませんでしたが、
こちらではまさかの絡みを見せてくれました!


最近アンティークが再放送されてるのです。
小ネタ満載なのでリアルタイムのときには忘れてた&見逃していた要素もたっぷり。
タッキー藤木直人椎名桔平阿部ちゃん
なんて素晴らしいキャスティングなんだー!!!私の好みにクリティカル合致。
特に阿部ちゃんの影はもう素晴らしいとしか言いようがありません。
最終回はグダグダだったと思いますが。
…次に書くジーンよりはずっと良かったけれど…。


竹内結子月9登板なので再放送でまた不機嫌なジーンやってくれないかしら…と期待してますが大森さん&山口PがTBSでドラマやるので無理かな~?
ま、録画してあるから問題ないんですけどね!

最後ふたりが上手くいかなかったのは今でも不満。
話の筋としてはその方が自然なのは分かる。
ジーンが教授から与えられる幸せに満足するタイプだとは思えない。
男のエゴイズム(女性には自分の作る鳥かごの中で幸せになり、自分の遺伝子を残してもらいたいという願望)にジーンが頷いてしまったら、このドラマのテーマと外れるような気もするし。

でもやっぱりどんな作品でもハッピーエンドに越したものはないと痛感しました。
ご都合主義の超展開のハッピーエンドの方がずっといいよ!!!


大森脚本でいえば何気に「君はペット」が再放送されてました、深夜だけど。
これも大好きなドラマでした。
ペットの男の子と同居するキャリアウーマンの話…と書くとものすごい問題作だけど(笑)
これは最後まで幸せオーラ一杯の素敵な作品。
しかし蓮實先輩はかわいそうだよね(笑)

BAMBOO BLADE第10話「宮崎都の憂鬱と初大会」 

BAMBOO BLADE第10話。
とうとう二桁突入~。

▼... Read more ≫

エジソンの母続報 

・エジソンの母

山口P×大森美香脚本神コンビキタ━━(゚∀゚)━━ッ!!

公式サイト参照

あ!山口Pは今回はPではなく原案なのか。
でも大森美香登板はどう考えても山口P繋がりであります。


公式サイトの役名の書き方がもう山口Pっぽさ満載じゃないですか!
「エジソンの担任・規子」とかさー。
単純に名前だけではないところがEDクレジットにこだわる山口作品を思い出させてくれます!気になる人はビギナーや不機嫌なジーンを今すぐ観ましょう!

実は山口P登板ってところから大森女史来ないかな~とは期待してたのですけれども!
まさか本当に来るとは…。
フジテレビじゃないところがなんとも。
このコンビのドラマで主演を二回も張った竹内結子は1月放送開始の月9のヒロイン…不思議な因縁を感じます。

カバチタレ、漂流教室、ランチの女王、不機嫌なジーン。
…漂流教室は観てないんだけど、他はどれも大好きでした!
いつも書いてますが誰がなんと言おうとジーンは名作。
たとえ世間の評判は悪かろうと私はこのドラマが大好きでした。
向田邦子賞万歳!!!(不機嫌なジーンで大森女史は向田邦子賞を受賞)

あ、トマト(伊東美咲)vsなつみさん(竹内結子)か(笑)

とりあえず一番楽しみなドラマです!
しかしこの黄金コンビによるドラマをなぜもっとTBSは宣伝しないんだ!!!

エジソンの母&めちゃイケ 

パソコン直ったー!

・エジソンの母

女優の伊東美咲(30)が、1月スタートのTBS系連続ドラマ「エジソンの母」(1月11日スタート、金曜・後10時)に教師役で主演することが2日、分かった。小学校教師役で、ある天才児童に振り回されながらも、その生徒の可能性を信じ、悪戦苦闘する姿をコメディータッチに描く。最近の伊東はコメディーセンスあるところを見せており、今回も期待される。

 伊東が演じる鮎川規子は美人でまじめ、常識的にも教師として平々凡々、当たり障りなく過ごしている。担任する1年2組に人一倍、好奇心旺盛で奇想天外な質問、行動で教室を度々混乱に陥れる賢人が転校してくる。

 賢人や生徒の父母、先輩教師などに振り回される一方で、その男の子の才能に気づかされる。天才の卵を、常識に支配される大人たちがどう扱い、育てるのかをコメディータッチで描いていく。

 このドラマがモチーフしているのは発明家トーマス・エジソンの逸話。幼いころ「なぜ1+1は2になるの? 2つのコップに入った水を別のコップに入れるとひとつになるよ」などと好奇心旺盛な疑問で大人を困惑させたこともあった。教師の手に負えなかったエジソンは問題児扱いされ、学校を追い出された。しかし、母親が温かく見守り世界の発明王に育ったという話は有名だ。

 今作の加藤章一プロデューサーは「おしゃれで非の打ち所のない先生像にぴったりながら、コメディーのセンスもある」と伊東の演技の柔軟性を高く評価。「危険なアネキ」「山おんな壁おんな」などでコミカルな芝居も見せている。

 ◆坂井真紀賢人の母親役 学年主任役は松下由樹 あらゆる質問でクラスを引っかき回す“エジソンの卵”ともいえる賢人役には本格ドラマに初出演の清水優哉(6つ)を抜てき。賢人の母親役に坂井真紀(37)で、規子の元カレで賢人の才能に最初に気づく大学教授役は谷原章介(35)。規子のクラスの生徒の母親で、セレブ主婦役に杉田かおる(43)、小学校の学年主任役を松下由樹(39)が演じる。



スポーツ報知より一部抜粋。

記事内には山口Pの名前はありませんが、局Pが加藤氏で山口Pがドラマ制作会社側のPというようです。なんと持ち込み企画だとか。

障害児とその母親の話と見たときにはシリアスなものかと思いきや、コメディタッチということで余計に気になるじゃないかー!!!
山口P作品ならコメディ要素の強い作品の方が面白いと思うのです。

期待しすぎはイカンものですが、でもやっぱり楽しみな一作です。



・めちゃイケ

ミナミの帝王・竹内力に感動した!!
あ、本人ではなく双子の弟でしたっけ?面倒な設定だな(笑)
ものすっごいサービス精神旺盛な方だな~。
ノリがよくって腹抱えて笑ってしまいました。面白い!
小力パラパラ最高でした。

シンクロ、佐野アナの後継誰なんだろうと気になってたのですが、倉田アナ。
フジのイケメンアナといったら渡辺アナじゃなくて?

来週はフジテレビ警察!
もうこの季節かー。
フジテレビ警察を見ると年末到来!って気がしますねえ。


・セーラー服とブレザー

寒い季節になりました。
私は中高六年間セーラー服で過ごしました。
冬服のセーラーに黒タイツという出で立ちは気に入っていたのでセーラーでよかったと思ってますが、体温調節の面ではブレザーのがいいよなー。
セーラーはセーラーの上にセーター、それにコートが限界ですもの。
しかも一ヶ月間同じ制服着るわけですからねえ…。
夏服は襟を取り外して洗うことが可能なのですが。


カリキュラム作りが終わったと思ったら面談、
面談が終わったと思ったらテスト対策の補講ラッシュ(←今ここ)
補講ラッシュが終わったと思ったら冬期講習、
冬期講習が終わったと思ったら受験直前補講ラッシュ。

当分は休まる暇がなさそう。
早く春、来ないかなあ。三月のまったり感が待ち遠しい。
春期講習は精神的に余裕があって、外の春めいた景色も相まって平和なのよね。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11« 2007/12 »01

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。