スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻水2関連記事一覧 

幻想水滸伝2関連記事一覧
と言っても少ないのですがプレイ日記がちと見苦しいので。

<<幻水2プレイ日記一覧>>
進行状況を併記していますが、
序盤のプレイ日記で普通に結末に関する話も書いてるかと思います。

2007年版プレイ日記
*トップに記事が来ないよう、投稿日時を2004年に設定してあります
プレイ日記1 本拠地入手まで
プレイ日記2 トゥーリバー防衛戦まで
プレイ日記3 グリンヒル&ロックアックス編
プレイ日記4 トランとの同盟交渉&リドリー救出作戦
プレイ日記5 ルカ戦&坊ちゃんイベント&和平交渉
プレイ日記6 ティント編
プレイ日記7 グリンヒル解放
プレイ日記8 ロックアックス解放
プレイ日記9 ラストまで

2006年版プレイ日記
プレイ日記1 シンダル遺跡攻略直前
プレイ日記2 シュウを仲間にするまで
プレイ日記3 ルカ戦直前
プレイ日記4 ミューズ停戦交渉
プレイ日記5 ティント編~ミューズ敗走
プレイ日記6 ラストまで

2006年版プレイ日記ver.2
プレイ日記

幻水2あらすじ 長いですが話をまとめてみた自分用備忘録
スポンサーサイト

BAMBOO BLADE第5話「室江高と町戸高」 

BAMBOO BLADE第5話。
もう練習試合なことにびっくり!

▼... Read more ≫

象と耳鳴り 

象と耳鳴り 象と耳鳴り
恩田 陸 (1999/10)
祥伝社
この商品の詳細を見る

夜に急に何か活字に触れたくなりまして。
でも時間が時間なので買いに出かけるわけにもいかず、
かといってこの衝動は止められない!というわけで父の書棚を漁りこの本を発見。
恩田さんは名前こそ知っていますが初めて読む作家さんです。

元裁判官の関根が遭遇する不思議な事件を描いた短編集。

リアルタイムで起こっている事件は少ないです。
ジャンルとしては「安楽椅子探偵」と言うようで。ほー。
すでに起きた事件に関根が触れ、限りなく事実に近い、というか事実としか思えない「推論」を披露するもの中心の展開。

すでに起きたものに後から触れているせいもありましょう、
各短編で登場人物が変わるせいでもありましょう、
全体的に淡々と、作品と読者の間に一定の距離がある雰囲気が印象的です。

私は登場人物に感情移入をしたり、そこまでいかずとも一人一人の人物の気持ちを想像しながら読み進めることが多いのですが。
作中で関根が「天井から見下ろしてるように記憶してるもの」があると言ってましたが、
まさにそういう作品。
あくまで第三者として読者として距離を置きながら読んでいました。

特に好きだったのは給水塔の話かな。
あの結末のブラックさが非常に好みでした。
表題作もそういう意味で好きでしたね。

逆にいくつかリアルタイムで事件が起きている作品もあり、
それはやや魅力が半減するような気もいたしました。

秋の夜長にぴったりな本でした。

急に思い立って本を読むときに短編集はもってこいだな~と感じました。
一粒で二度も三度も美味しいを味わえますし、読みやすい。

CLANNAD第4話「仲間をさがそう」 

少しずつヒロインの事情が見え始めたCLANNAD第4話。
原作未プレイです。

この作品には感想を書いていて、
どの場面も取りこぼしたくない書き残したいと思える魅力があります。
久しぶりに感想を書くのが楽しいと思える作品に出会えて幸せです。

▼... Read more ≫

テレビ感想など 

・めちゃイケ

板東英二に感動っ!
めちゃイケファンにとっては本人云々より、「ゆでたまごの物まね」でおなじみの方。
これはあれですよ、布施明氏が登場したときのような感動が(笑)

そしてシンディーと課長のめ安箱は相変わらずのクオリティ。
この二人が一番好きです。

色とり忍者は最初は微妙な企画だと思ってましたが、
「ブルーな気持ち」のおかげで楽しめるようになりました!
毎回ブルーな気持ちのターンだけが楽しみ(笑)



・医龍

藤吉がお金を返して、バカにしたように片岡に笑う場面が最高によかった!
片岡のことを軽蔑しているような哀れんでるような、そんな想いが込められたあの笑い、表情で気持ちが伝わるって本当に素晴らしい。
それに同調するかのように他のメンバーも笑ってるところがいい。

一徳の医療ミスはうやむやなまま終わってしまい負け気分でしたが、
あの小ばかにした笑みで全てが報われた気がしました。

お金なんかで動かされない大切な想いがある。
大きな権力には勝てない、立ち向かう勇気もない。
でもそれは決して逃げではないんだろうな。
そして彼らはそんなものに惑わされない大切なものを知っている。

医療ミスは重要なことだけれど、
でも朝田たちにとって一番重要なのは患者の気持ち。
患者が納得できるのならうやむやでも構わない。

そして患者さんにとって大切なのは今、健康体であること。
同窓会を楽しみにしてるおばあさんのために身体を治したかった、それだけ。
一人先に逝くわけには行かない、ただそれだけ。

病院の体裁や売り上げばかり考えてる教授や片岡とは根本からずれているのです。

大塚寧々と伊集院の絡みが面白かった。
いちいち真面目に返す伊集院はもうかわいいなー!

一徳は相変わらずの一徳節全開で文句なし。
手術中ですら一徳節は冴えているのです(笑)

片岡の隠し玉は鬼頭!
彼女が今回は教授側につくということで…。
そんなことより鬼頭のおなじみの名台詞、「チームは掛け算」が聞けて大満足なのですが(笑)

大塚寧々はどうやらなかなかの麻酔医のようで、今後どうなるか気になるなー。
来週の患者役って黒川嬢かしら?

1は後半こそ燃える展開になりましたしはまってましたが、
正直2にはあまり期待をしていなかった医龍。
でも1より楽しめてる気すらしてくる。

これで加藤ちゃんがいれば完璧なのに!!



・美女か野獣

順調に再放送進んでおります~。
いっけいメイン回を観て、やっぱりこの人ほど中間管理職をやらせて上手い人はいないと確信しました(笑)
ザ・板ばさみ男ですよ。
そんな板ばさみで苦しんでた人が男を見せる瞬間が最高にかっこいいのです。
最後奥さんに怒鳴ったところ、しびれました!



・ガリレオ

今週は「幽体離脱」の話。
原作で大好きな話だったので楽しみにしてたのですが、
こんなときに限って見逃してしまったんだなー、これが。
9時までには帰ってこられるだろうと録画予約してなかったのがまずかった。



・11月は伊坂月間

新作「ゴールデンスランバー」が来月発売予定。
楽しみに待ってます。
そして漫画版「魔王」も来月発売。
こちらは全然チェックしてなかったのですが、ふと思い立って少年サンデー公式サイトであらすじを見たらだいぶ設定が変わっててびっくり。
能力バトル物の作品に仕上がってる模様。
一巻だけでもチェックしてみようかなー。



・正義感溢れる記者

テレビや新聞の報道って中立であってほしいと思うのですよ。
それは政治に関することだけでなく、どんなものに対しても。

だから最近、謝罪会見等で相手を強く批判するような質問を飛ばす熱い記者を見ると少しイラっとしてきます。

私が思う報道する人の仕事はあくまでも「事件をありのままに伝えること」であって、正義感や使命感に駆られて悪い人を追及することではないと思うんですよ。それは警察や裁判所のお仕事だと思うし、誰が悪いとか何がいけないとかそういうのを判断するのはニュースを受け取る私たちだと思うの。

BAMBOO BLADE第4話「ピンクとブルー」 

BAMBOO BLADE第4話!
今週はミヤミヤとサヤのお話です。

▼... Read more ≫

誰もがやっぱりな…と思った瞬間 

容疑者Xの献身映画化!

予想はしてたけどね(笑)
誰もがガリレオシリーズドラマ化の時点で容疑者Xの映画化狙ってると思ったことでしょう。むしろ映画化のためのドラマ化くらいに…。

ガリレオシリーズで評価されてるのは容疑者Xなわけで、
それを無視して短編集だけドラマ化するなんて不自然だものね。

石神は誰になるのかなあ?
もちろん靖子&美里も気になります。

参考記事:ネタバレ要注意
容疑者Xの献身感想


----------------------------
(10/23:こっそり追記)

チームバチスタの栄光も映画化なんですねー。
主演は竹内結子とテレビの芸能コーナーで観まして、
この作品の主役は男だしメインで若い女性なんて容疑者候補の看護婦さんしかいないしでもそんな役に竹内結子はもったいないし…と想いまして。
そういうわけで最初は白鳥を性別変更して竹内結子が演じるのかなと思ったら、田口ですか!
阿部ちゃんが白鳥でいいのかな?

死神の精度も映画化!
重力ピエロも映画化、こちらは配役は決まってないそうで。
重力ピエロは伊坂作品で一番お気に入り、結構楽しみだなー。
ラッシュライフのが構成はすごいと思うんだけれども、
小説だからこその作りだから映画化は難しい作品…かな。

CLANNAD第3話「涙のあとにもう一度」 

CLANNAD第3話。
原作未プレイです。

▼... Read more ≫

テレビ色々感想 

天素vsボキャブラ芸人めちゃめちゃ観たい!!

正月特番ならナイナイか爆笑どちらか呼べるんじゃないかしら?
ボキャブラは爆笑にこだわらなくても人気どころの芸人さん多いけど天素はナイナイ雨上がり以外は失礼ながらショボい…というかスペシャルでなくても普通に出てくれそうな芸人さんばっかだからな~。

めちゃめちゃ気になる!

でもアメトークの正月特番は恒例のミドル3なのかなあ?

ガンダムSEED芸人や出川ナイトもかなり気になるところ。

・医龍
相変わらず一徳が輝いてます!

チーム分解は残念だ。
朝田伊集院藤吉のオリジナルメンバーに今回からのメンバーを加えた新しいチームを作る方向になるようですね。

最後には加藤ちゃんも含めたオリジナルメンバーが揃うといいな~。

ちょっと浮かれ気分だった伊集院に藤吉がきつく諭す場面が好きでした。

あと北洋の院長が素敵。
朝田を北洋にやったことはあなたたちの最大のミスだ、と…。
悪意が渦巻く中でこの院長さんだけは良心であってほしいな~。

美女か野獣を観ているせいで北洋の院長を鶴巻さんと呼びたくなります。
藤吉先生は美女か野獣ではヘタレな役だったので、信念を抱くしっかり者な内科医の役になんか違和感を持ったり(笑)

・美女か野獣

今回が大好きな雪の話。
第四話だったのね。

「技術スタッフは!?」
「みんなあなたが取材に出しました」

このやりとりの直後の松嶋菜々子の表情が最高でした。
うまいこと言葉で表せないのですがこのときの鷹宮の気持ちはその表情からビシビシ伝わってくるの!

お腹が鳴ってしまう場面も好きだわ~。

鷹宮と永瀬の距離感もたまらない。

普段は上司と部下として永瀬は敬語で鷹宮と話すけど、ここぞという場面ではタメ口になる。
「あなた」とか「鷹宮さん」と普段は読んでるのに決める場面では「お前」と呼ぶ。
そのギャップが良いのです。

二人の過去を断片的にしか出さないのがいいのかな。
付き合ってたこと、別れたときお互いに自分が振られたのだと勘違いしていたこと、手編みのマフラーの一件、鷹宮が父親に彼氏を紹介しようとしたのは今までに永瀬だけだったこと。
二人がいい付き合いをしていたのは伝わってくるのだけれど、映像にはしない。想像に委ねる。
その寸止めな感じがいいのよ。
分からないからこそ、映像にしないからこそ、幅が広がる。いろんな可能性が生まれる。

とにかく面白い作品は何度観ても面白いということです。
結末まで知っていても面白いの。


医龍にコトーに白い巨塔に、木10の医療モノにはずれなし?
私が歴代木10作品で一番好きだったのはラブコンプレックスなのですが。
(まとまりで考えればカバチタレなのですが中盤までのラブコンプレックスの盛り上がりっぷりはそりゃすごかった。)

みつばちマーヤの冒険(加筆あり) 

New Single『さいごの果実』 カップリングタイトル決定しました!(10/16更新)
2007年11月21日発売
OAD『ツバサ TOKYO REVELATIONS』メインテーマ
「さいごの果実」
作詞:坂本真綾 作曲:鈴木祥子 編曲:斉藤ネコ

c/w ミツバチと科学者」 
作詞:坂本真綾 作曲・編曲:soraya

¥1,155(税込) VTCL-35008



みつばちマーヤキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

真綾ファンならなんとなく反応せずにはいられないタイトルです。
やったね!h-wonderじゃないよ!!とかそんなことより衝撃を受けました。


今夜ビタミンMでさいごの果実が流れるわけですが、
こんなときに限ってラジオ聴けない…アンテナが折れてました。
この前、お部屋の大掃除をしたのでそのときに壊れたのでしょう。


これだけでは寂しいのでまたドラマ感想を付け加えとこう。

・美女か野獣第2話

相変わらず松嶋菜々子が素敵。
登場人物の中で誰よりも男前です。
髪型も衣装もこういう感じがベストです。松嶋菜々子は断然ロング+ウェーブ派。
真綾さんはストレート+黒髪派。
柴咲コウは黒髪+髪下ろしてる派。
長澤まさみはショート派。朝のセーラー服再放送観て思った。可愛い。
あ、コニタンはロング派。なんで髪の毛切っちゃったんだ…。

話がどんどんずれてしまった。
とにもかくにも、松嶋菜々子が素敵というだけも観る価値のあるドラマなのです。
雪の話が一番好き。確か第3話だと思うのでわすれずに録画をば。


・ガリレオ

内海に怒られてちょっと動揺してる湯川が素敵でした(笑)
あと、あの素直じゃない回りくどい謝り方も好きでした!

原作では理系が苦手な私にはちょっと難しいと感じたトリック、
でもこうして映像で観てみるとだいぶ分かりやすくなってる?
ドラマが分かりやすく作り直してるのかもしれませんが。

理系大得意な人にはガリレオのトリックはどううつるのかしら?

東野作品ならガリレオシリーズよりいい作品はたくさんあります。
というかガリレオシリーズはあくまで短編集ですしね。
「容疑者Xの献身」は長編ですが。

なので、これで「意外と東野作品ってたいしたことないじゃん」って思われたらちょっと残念。

推理小説ってドラマ向きではないのかもしれませんね。


-------------------------

アンテナが折れてるからってラジオが聴けないと誰が決めた?
…まるで湯川にそんな感じで怒られそうですが、
というわけでね、もしかしたら聴けるかもと思って試してみたら聴けた、ビタミンM。

やっぱりactionよりは好きですねえ。
入りが非常に好みでした。声が綺麗です。

切ないメロディーがこれからの季節にはぴったり?


ついでにガリレオ原作を読み直す。
ドラマと随分と違ったのに驚きました、すっかり話忘れてた…。

ラストは原作のが好きだったなあ。


上で女優さんと髪型のこだわりを書いてますが、
でもまあ、やっぱり桜子さんは桜子さんで魅力的だよな~とか思うわけで。髪の毛短いコニタンはコニタンで可愛いとか思っちゃうわけで。内海スタイルの柴咲コウだって可愛いじゃないかと思うわけで。
難しいところだ…!

「可愛さ」とか「綺麗さ」だけで判断するのはいかがなものかと我ながら思いますが、でもやっぱり見ていて飽きない人っているんですよね。

私は高校時代、とある女の先生に憧れてて(年齢は28歳くらい)、いつもジーっと見ていてあるとき先生の身体的変化に気づいてそれを指摘したらクラス中から「セクハラセクハラ」とブーイングを受けた経験がございます(笑)具体的には、私は一番前の席だったので教壇を右に左に行き来する先生の白い足にいつも目が行ってたのよ。
女、しかも女子高生(当時)がよ、女の先生に指摘するのにセクハラも何もないと思うんですけどね!

とにかくそれくらい女の人を眺めるのが好きなの。

注意しておくと、私は決して怪しい趣味はございませんよ!

俳優さんでも素敵だな~と思う方はたくさんいらっしゃいますよー。

BAMBOO BLADE第3話「ブラックとブルー」 

第3話はミヤミヤが主役!
やっとキャラクターの名前を覚えましたぞ。

*今週のタイトルと来週のタイトルを入れ違えてました。
だって似てるんだもん…!修正しておきました。

▼... Read more ≫

美女か野獣再放送! 

美女か野獣再放送開始~。
児玉清に渡辺いっけいに佐々木蔵之介とたまらないキャスティングのドラマ!

松嶋菜々子もクールビューティで素敵なのよね~。
桜子さん(やまとなでしこ)より好き。

同クールにやっていた僕の生きる道は深い感動を呼ぶヒューマンドラマでしたがこちらはそれとは対照的なライトなドラマでした。でもその軽さが魅力なのです。
録画せねば!

スパイラルアライヴ3巻感想 

スパイラル・アライヴ 3 (3) (ガンガンコミックス) スパイラル・アライヴ 3 (3) (ガンガンコミックス)
城平 京 (2007/09/22)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

発売日当日に買ってすぐに感想を途中まで書いたのですがなんとなーくそのまま放置されていたアライヴ3巻感想です。

▼... Read more ≫

CLANNAD第2話「最初の一歩」 

CLANNAD第2話。
原作未プレイです。

▼... Read more ≫

携帯を変えました! 

20071013130355
携帯を変えました~。
auのW53Sです。
売りはジョグダイヤルのようですがこれは使いにくいかな。ダイヤルが小さいので確定キーが押しにくいのです。
ただメールはかなり打ちやすいです。

選んだ理由はデザイン。
あまり携帯を使わないので値段は気にしてません。
見た目が好みなものが判断基準。
メールが打ちやすいのは儲けものでした。一番使う機能なので。

今までソフトバンクってかVodafoneだったので初めてのauに緊張してます。
(真綾さんの携帯サイトは親の携帯借りてました・笑)

本当は家族割狙ってDoCoMoにする予定だったのですが好みの形や色がなくて。

携帯に疎いので売り場見てビックリ。
とにかくピンクが基本だろうと思ってましたが今ってピンクが少なくなりつつあるんですね。ゴールドが増えてた。

とにかく満足なお買い物でした。

医龍 

痛恨の録画ミス…!

CNC最初の20分しか録画されてなかったー!
軽くチェックしたところSARUKEをやってるところでした。
踊るラスト2話はバッチリ。本当に踊るは何度観ても面白いから困る。

9:30すぎに帰宅してすぐにテレビをつけたので、
医龍は最初の30分以外はなんとか観られました。

・真綾さん

新曲ジャケット公開~。
ストレート…誰もがこの日を待っていました…。
もうそれだけでいい、何も言うことはありません。

角度にもよると思うのですが少し痩せられた?
頬がシャープになってるような。


・医龍2

「朝田ちゃん」にやられた(笑)

1でも呼んでたかな?
やっぱり一徳といえばチャン付けは外せないのです(笑)

一徳は相変わらず光ってました。
もー観てるだけでイライラするしむかつくけど、すごい魅力的なの!
むかつかせてくれる演技がものすごくいいの。
にかーって笑う姿が最高でした。
髪型はまああれはあれでいいんじゃないでしょうか。
1に比べて微妙に垢抜けてる感がニュー野口を演出してるわ。

上でも書いたとおり最初を見逃してるのですが、
加藤ちゃん不在の理由とかは描かれてるの?
気になるな~。
(見逃した序盤に一徳の名台詞「○○好き~?」もあったようで…)

チームドラゴンチームドラゴン言ってるけどさ、
やっぱり加藤ちゃんがいなくちゃ本物ではないと思うのですよ。
「加藤先生が作ったチームなんだ」って言ってたじゃん。
誰一人でも欠けちゃいけないんだって。
(実は、最終話あたりで、最後の助っ人として参上してくれるんじゃないか、と期待してるのですが…)

でも面白かったわ~!
私はまーったく専門的なことは分からないけど、手術シーンの見せ方が上手いと思う。
というか、知らないからこそ楽しめる。
きっと専門的な人なら、所詮はドラマの作り物と感じてしまうのでしょうが、何も知らない分、素直に入り込めます。

そしてそういう演出が上手いんだよな~。
何がどうなってるのか、わりと分かりやすく作られてる。
何分以内に手術しなくちゃいけないらしい、とか、
どうやら難しい手術らしい、とか。

手術室で一難去ってまた一難は医龍のお約束(笑)
前作、一回目のバチスタでは、うまくいったと思ったら人工心肺が壊れて…という問題が発生。
ラスト手術の三回目のバチスタでは、赤ん坊にもう一つ病気が隠されていたり、自殺を図った霧島が運ばれてきたりとてんてこ舞いでした。

ただ「一難去ってまた一難」に関しては毎回毎回そうだとマンネリするので控えて欲しいな。前作もたぶん上記二回の手術だけだったと思うし、このパターン。
1話は掴みの話だからこの手法もありですけど、
あとは中盤に一回、ラストに一回くらいでいいんじゃないかしら。

ここまで手術室の中での様子を描いてる作品って珍しいですよね。

で、音楽!
相変わらず医療モノとは思えない激しい音楽が鳴ってます。
これが手術シーンでは味を出してる!

医龍で一番いいのは音楽かもしれない、と思ってます。

1とほぼ同じ音楽が使われてたのも嬉しい限り。
特に挿入歌が同じだったのには感動。あの歌は問答無用で泣かせてくれます。

鬼頭&霧島は美味しいとこどりでした。
第一シリーズではあまり好きではなかった霧島ですが、正直今回みたいな出方は反則だろう!!!!普通にかっこよかったっす。
鬼頭は、演じてる夏木マリがハマリ役すぎ、歩いてるだけで圧倒されます。

チームドラゴンはもう言うことなし、みんな最高っ!

伊集院はちょっと医局のカラーに染まったけど、やっぱり白いまま。
藤吉もミキも荒瀬もみんな最高だった!

伊集院が朝田みたいにエア手術やってた場面はちょっと笑った。
もっと成長したらあの一番高いところまで行くのでしょうか(笑)
あと走り方が相変わらずで良かったわー。手をぐるぐる回す感じ。
小池徹平はやっぱり可愛い。

荒瀬がかおりちゃんと結婚してたのにはびっくりだ!
でも今回の再放送でまた8話を観たあとだとうれしくなってしまう。
前も書いたかもしれませんが、前作では8話と10話が特にお気に入り。
8話は阿部サダがすごい、10話はネタ晴らしするときの小池徹平の笑顔が全てです(笑)


話としては病院の買収が関わってくるようで。
脚本の方がハゲタカも書かれてた方だそうです。
すごい評判よかったですよね。私はテーマが合わず途中脱落組ですが。

来週は大塚寧々登場?
どんな役柄なのかな。公式サイトはほとんどチェックしてません。
このままのんびり楽しんでいきたいと思ってます。

正直、あまり期待してなかったので、意外と面白くてびっくり。



・金八

途中で金八も今日からだったことに気づいて慌てて視聴。
医龍録画でこちらを10:00から観ました。なので半分。

こっちは激しい医龍とは対極のまったりテイストでした。

夫婦道のせいで、本田先生と金八が夫婦に見えて仕方なかった(笑)



・アメトーク

先輩後輩はっきりさせよう、というなかなか興味深いテーマでした。

「芸歴」で考えるのか「年齢」で考えるのか。

確か、芸人さんの世界は基本的には芸歴でしたよね?

以前、テレビ誌で放送作家の高須さんのコラムでもこのテーマが取り上げられてました。

吉本の芸人っていうのは、上下関係・先輩後輩というのがはっきりしていて重んじるので、その分、絡みに迷いがなく面白くなるそうです。
確かに敬語を使うべきかどうか分からないとその分タイミングがずれたりしそうですもんね。

で、雨上がりと極楽はどっちが先輩か曖昧なので、絡みに迷いがあるらしいです。
なので、この二組が共演してるときはそういうところに注目してみてくださいって書かれてました。
めちゃイケのかま騒ぎぐらいしか最近の共演は思いつきませんが。


・医龍の音楽

ニコニコに音楽集があって聴いちゃった…!
やっぱどれもいい曲だわ。
ついでに挿入歌のもあってこれは泣けてきた。

特に「Red Dragon」が好きかな。挿入歌は別格なので除いてね。
自然と廊下を靴音響かせて颯爽と歩いてくる鬼頭の様子が頭に浮かびます。
アメリカ帰りのスペシャリストー!!!

「Pain」も良かった。

作曲家の澤野さんは1980年生まれだそう。お若い!
ウチのお兄ちゃんと同い年ですよ。9月生まれなところまで一緒。

アニメの曲とかもやられてるみたい。

ごもごもごもごもごもっともー! 

チンパンニュースチャンネル、今夜復活…!!!

最近、アニメの規制・放送中止が話題になってますが、
その話題を見るたびに思い出していたのがCNCのことでした。
今年の2月(3月だったかも)に予定されてたスペシャルがなぜか放送延期になってしまいまして。動物を扱っていることから、動物愛護団体とかその手のところからクレームが来たのでは?みたいなうわさもございました。
結局のところどうして延期になったのかしら?

それがとにかく今夜復活!嬉しいわー!!!
久々にゴメスに会えるのねー!!!


テレビ予定表
14:00~医龍番宣
14:30~踊る再放送(終)
19:00~CNC
21:00~医龍
25:55~CLANNAD

録画準備はバッチリです。
私の部屋だけではまかなえないのでリビングのレコーダーもフル稼働。

…問題はこれだけ録画しても観られるかどうかですね。
ま、とりあえず録画だけはしておこう!


さー、今日も一日頑張るぞー。



先週コールドマウンテンを観てちょっと感動したワタクシ、
真綾さん繋がりでマイガールを観ました。
かなり前に放送されてたものを録画しておいたのですよ。
その後、観ることなく放置していたのですがせっかくなので。

・・・・・泣く。

切ない!
小さな女の子の繊細で複雑な心情について描いてる作品。
真綾ファン的見所は終盤、お葬式の場面。
必死に話しかける姿、泣く姿、どれも圧巻です。
ボロ泣きでした。

BAMBOO BLADE第2話「ブレードブレイバーとお弁当」 

先週はともすれば部長が主役にも見えましたが、
今週はきっちりかっちり珠ちゃんが主役でした!

▼... Read more ≫

コールドマウンテン+テレビ感想 

・コールドマウンテン

真綾さんが声の出演するのは知ってたのですが、
当初は観る予定がなかったのですよ。
DTDXもスペシャルだしみなおかの食わず嫌いのゲストがタモリだったりで気になる番組がいっぱいだったし、なにより私は映画があまり好きではないので。
(私、有名洋画はもちろんディズニーや宮崎作品すらほとんど観てません)

でも結局なぜかこの作品を観てしまいました。
微妙にDXも食わず嫌いもつまらなかったってのもありますが、
それ以上にこの作品は面白かった!

面白いって表現だと語弊があるやもしれませんが、
戦争って何だろう、何のためにしてるんだろうって考えさせられる話でした。
戦争をしている兵士さん視点ではなく、
送り出す女性の視点で描いてるところが奥深い。

真綾さんの演じてる役はおなじみのナタリーポートマン。
夫が戦死してしまい、赤ん坊と二人で慎ましやかに暮らす女性の役でした。

もうね、この女性のエピソードにボロ泣き。
拷問?にかけられようとも子供のことだけを心配していて。
食べ物よりも自分自身の身体よりも、ただ子供のことだけを想っていて。

そんな彼女が最後、直接的に何も彼女に危害は加えなかった(そして赤ちゃんのことを気遣っていた)兵士を撃ち殺す?場面なんかは考えさせられますねえ…。
この場面、撃ち殺したのか弾は当たってなかったのかちょっと分からなかったのですが。


・ドクターフー

放映開始前の特番は観たのですがそれっきり観ていなかったフーをこの前初めて観ました。
・・・・・面白いっ!!!
ドクターがめちゃくちゃ素敵です。惚れちゃいそう。


・めちゃイケ

はねトびファンのちびっ子ばっかりなのが切ないわ~!
私もはねトび大好きですけど、やっぱりめちゃイケ世代です。
メンバー勢ぞろいの場面が一番楽しかった。
やっぱりみんなそろってこそのめちゃイケです!


・Mステ

あまり音楽番組も観ないのですがゆずのためだけに録画してまで観ました。
やっぱりすごいわあ岩ちゃん…!
あの高音は一つの才能ですよねえ。あまりの伸びっぷりに圧倒されました。

CLANNAD第1話「桜舞い散る坂道で」 

楽しみにしていたCLANNAD第1話です。
原作未プレイです。

▼... Read more ≫

環境野郎DチームDVDvol.1感想 

環境野郎Dチーム vol.1 環境野郎Dチーム vol.1
TVバラエティ、伊吹吾郎 他 (2007/10/03)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

一番笑ったのはこのシーン。

東原嬢「殿下っ!」
小野寺さん「・・・大人をからかうんじゃない」

少女漫画顔負けの名シーンでした(笑)

▼... Read more ≫

action 

actionを聴きました。
たしかに可愛いかも。
作詞に関する話で映画の撮影所を想像したってところにほ~という気分に。
想像力がございますなあ。

早くさいごの果実も聴きたいです!
当面はactionで食いつないでゆきましょう。
我が家だとbay-fmは雑音交じりにしか聴けないので、なかなかすごい音になってますがでも最近少しだけ電波状況がよくなってるのよねえ。ラジオで初めて流れたときのユニバースを聴いてましたが今より酷い。


もう一つのお楽しみである環境野郎DチームのDVDも明日届くようです!
夢のような3時間…早く味わいたい!!!


…これだけじゃ寂しいのでえーっとドラマ再放送で今「踊る~」やってる!
医龍とセットで録画してます。

医龍は本日(10/2)放映分は第6話、バチスタ手術第一回目の話。
この話で医龍に本格的にはまったんだな~としみじみ。
特に朝田が加藤ちゃんに頭を下げるところが好き。
朝田の患者を救いたいという気持ちと、仲間を大切にしてるからこそ自分の気持ちを伝えようとする姿に胸打たれました。
それに対して手術を続行すること、教授からの電話を切ることで答える加藤ちゃん&藤吉も素敵でした!言葉でなく態度で示すところが心憎いわ!
一徳も相変わらず最高。
加藤ちゃんに対して怒ってるのですがそれでも常に「加藤ちゃん」って呼んでるの。
「止めさせなさい加藤ちゃん!止めさせなさい加藤ちゃん!」って。
加藤!と呼び捨てにするわけでもなく、
加藤先生と慇懃無礼に呼ぶわけでもなく。
怒ってるんですよ、本気で。
でもやっぱり呼び方は「加藤ちゃん」なの。
そんなところが可愛くて好きなんです(笑)

リアルタイムの感想でも一徳が素敵って書いてますね。

夏木マリはすごい。
一言一言の重みが段違いです。

岸部一徳について少し調べてみました。
なんでも沢田研二と一緒にバンドを組んでた、ミュージシャンだったの!?
ベーシストですってよ、びっくり。
沢田研二ってジュリーでしょ?
トーキーオッの人でしょ?
すごい人と組んでたのね。

で、一徳と岸部シローは似てると常日頃から思ってたのですが、
実の兄弟だったのですね。これも衝撃だわ…!


踊る大捜査線は和久さんが座った椅子に爆弾が仕掛けられてた話。
やっぱり何度観ても踊るは面白いなあ!


ドラマ繋がりでいいとも秋の祭典も観ました。
が、今回は微妙だったな~。
理由は簡単で爆笑問題があまり弾けてなかったから。
「沢尻会って本当にあるんですか?」くらいかな、笑ったのは。
いえね、主役は俳優女優の皆様ですから弾けなくてもいいのかもしれませんが。
でもやっぱり私はこの番組、爆笑問題の弾けっぷりを楽しみに観てるのよね~。
毎回恒例芸人を呼ぶ企画はさすがに面白かった。
ムーディ<藤崎マーケット<小島よしおは少し意外だったかも。
ムーディはもう少し稼いでいそうですよね。

ニューハーフ集合のところで、坂口憲二が気を利かせて「卓球下手ですけどいいですか?」ってボケてたのに全然司会の二人は聞いてなくて何度も言い直していて会場は微妙~な空気に。(個人的には好印象でしたよ!俳優さんなのにボケようとするなんていい人だな~)
その後の福山雅治の「ずっと目が合ってましたよね」というボケ?はすぐに司会の二人に伝わって会場の雰囲気も面白い感じに。

なんかスター性の差を感じた瞬間でした(笑)



これ、カテゴリは坂本真綾ではなくテレビドラマ感想にするべきかしら?

BAMBOO BLADE第1話「竹ぼうきと正義の味方」 

一昨年の今頃はガンソードにはまってたな~としみじみとしながら観ていました。

▼... Read more ≫

今日から10月! 


組曲にのせて10分で分かる幻想水滸伝2。
アンインストールのグリンヒル潜入編と鳥の詩のロックアックス編は泣ける。しかもここ続けて!(そういうコンセプトではないのかもしれませんが・笑)後半のアクエリオンのグリンヒル奪還編もホロリときた。
そしてフッチのくだりの「なんでブライトって名前つけたの?」には笑った。
たしかに敵が「ブライト王家」なのにブライトってペットに名前つけるのはねえ(笑)

幻水2はね、本当に一度はプレイした方がいいゲームだと思いますよ。


ヒストリーXを見忘れました…

どうしたんだ私!
なんのための覚書だ!!
これはいけません!!!!

(伝説の名実況「なんのための前進守備だ!!!」風にお読みください)

*伝説の実況とは…

8月23日の対巨人戦、9回表の同点、1死満塁の状況からバックホーム体制を敷いているにも関わらず、ファーストゴロで先に一塁を踏みに行き、その間に三塁走者が生還。決勝点を与えてしまう。この際、実況で「何のための前進守備だ佐伯!」と言われてしまった。

(Wikipedia佐伯選手の項目より引用)

佐伯もびっくりの忘れっぷりです。

さてヒストリーXといえば内P、内PといえばヒストリーX。
(補足説明)
ヒストリーXはお正月恒例の内P特番の裏で第一回を放映。
内P特番前半に放映された内村ノーベルがあまりにつまらなかったので、
ヒストリーXを観ていたのであります。


・・・・・あれ?
内Pって3月からスペシャル放映してない・・・・・?

お正月にスペシャルなかったら本当に内P終了なんだろうなあ。
寂しいです。深夜に時々でいいからこっそりゲリラ的にやってほしい。




さて10月になり新番組が始まります。

そんなことよりめちゃイケ&はねトびがようやく復活するのが嬉しいのですが(笑)
ここ数週、特番で潰れていたもので。


10月のテレビ視聴予定は以下のとおり
(アニメ)
CLANNADとBAMBOO BLADEの2本のみ。
バンブーブレイドは原作者が「清杉」の人らしいのでちょっと興味が出ました。月曜深夜なので私個人の生活リズムの中で観やすいのも大きい。
CLANNADはもちろんAIR、kanonと楽しませていただきましたのでめちゃくちゃ期待してますよ~!

(ドラマ)
医龍2、ガリレオですね、確実に観るものは。
火曜10時のフジは結構気になってます。お小遣い3万円のやつ。
あとSPも気になる、だんだん増えてるぞ(笑)
ドラマはアニメと違ってテレビつけたらやってることも多いので、
その中で観られるものは観ていきたいなぁ。
(アニメは深夜が多いので「テレビつけたらやってました」という出会いは少ないのですよ。このパターンで出会ったのは舞HiMEくらいです。)



もう2007年も残すところ3ヶ月なのですね。あっという間だわ~。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09« 2007/10 »11

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。