スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年を振り返る 

今年面白かったアニメとか漫画とかいろいろ書いてみたいんですが、
ランキングつけられるほどたくさんのものを見てないので書けないワタクシ。

というわけで個人ブログらしく自分の今年一年間の足跡を振り返ってみようかと思います。


○1月~3月

幻水5発売に向けてうきうきしすぎてた日々。
そして発売後は幻水5漬けになってる日々。
私にとってはゲームで一番好きなシリーズでもあるのでそりゃ重要です。

幻水の面白さって何だろう?と考えてみました。
繋がってる世界観(シリーズファン限定)
 たくさんのゲームを知ってるわけじゃないので微妙ですが、
 外伝含めて世界を共有してるゲームは少ない気がします。
・「世界を救う話」ではなく国vs国であること。
 これは幻水においては重要かな。
 だからこそ世界を救う的な考えだった3のルックが浮いてるわけで。
 そして国vs国だったりとある国の内乱をメインに描くことで、
 世界観を共有させることができるんだと思います。
 毎回毎回世界を救う話じゃ、幻水世界が脆すぎます(笑)
 RPGですから本格的な戦記物とは言えませんが、
 RPGという枠組みの中できちんと戦争を描いてる作品じゃないかな。
108人の仲間
 これも幻水には外せない要素!
 幻水未プレイの方でも知ってる部分かな。少なくとも私は知ってた。
 実は幻水プレイする前は、108人全員が戦闘キャラだと思ってました。
 でも本拠地で施設(宿屋とか武器屋等)を開くキャラや
 戦争に参加するだけの将軍系キャラなど色んなパターンが実はございます。
 そしてキャラの中にもストーリー上自動的に仲間になるキャラから、
 自分でイベントをこなさなくちゃ仲間にならないキャラまで様々。
 この仲間集めも幻水を構成する重要な部分でございます。
 (108人全員集めなくてもクリア可能です)
 (しかし108人全員集めれば兵士が増えるので手駒増え戦争が楽に)
 (さらには108人集めなくちゃ見られないEDも存在します)
こんな感じでしょうかね?


アニメは舞乙中心。最後まで見ましたが感想は途中でストップ。
幻水5中心で生活が回ってたことがうかがいとれます。

私は二作をあえて比べるなら舞HiMEに軍配を上げます。
何でかと言いますと、ワタクシはハッピーエンド至上主義だからです。
すみません、完全にだめな理由で。間違ってますが個人的な意見なんで。
終わりよければすべてよし、というのがワタクシの信条。
それまでの展開がどんなに良くても最後が微妙なら私の中ではそれはだめな作品。
アニメは基本的にEDはどれもいいんですけどね。
舞乙のEDも感想見ていただければ分かりますが結構泣いてます。
EDで微妙と感じるものが多いのはゲーム&ドラマ。
ゲームなら私はFF8の方がFF7より好きです。
キャラとか音楽とかほとんどの面でFF7のが好きなわけですが、
EDのよさだけでFF8をFF7より高評価させていただいております。
いいED見せてもらうと、リプレイしようって気分が湧きますもの。
ちなみに幻水のEDも好き。
というか幻水のEDってある意味薄いんですけど、でも108人その後をバババっと出す演出だけですべてを許す気になれます。多分幻水のEDはそこらのノベルゲームに負けず劣らずのテキスト量でしょう。…さすがに言いすぎました。


でもキャラは全体的に舞乙のが好きでした。
二作通して一番好きなキャラは間違いなく舞乙のマシロです。
遥ちゃんはどっちでも性格同じなんで、どっちでも好きです。
(見せ場を考えたら舞HiMEのが美味しかったかな?)
ただコスチュームは舞HiMEのが全般に好き。メイド服より制服派。


漫画ではスパイラルが終了。
私は4巻まで出てる頃に買い始めました。結構長い付き合いでしたね。
正直1巻&2巻だけ読むと外れかなと思ったりもしますが、理緒編開始以降は本当に面白くて大好きでした。推理物の新境地とでもいいましょうか。
随分とアグレッシブな推理モノだなと思います。対決メインだし。
話として一番好きなのは理緒編。
毒水対決のひよののカッコよさに惚れます。あれで私はひよの好きになった。
でもグッとくるのはカノン編。長かった分終わったときの感動もひとしお。
特にカーニバルのラスト、そこでひよのが出てくるか!!!とめちゃくちゃ驚きそして感動した覚えがあります。それは気づかない。

外伝的な話のALIVEが続いてますのでもうちょっとスパイラルとはお付き合いしますが、一応本編は終了ということでお疲れ様でした!
ALIVEは香介が目立つようで嬉しいです。1巻読む限りはどこに香介の絡む余地があるのかは全然想像できませんが。コミックス発売が楽しみ!







○4月~6月

ホスト部アニメ開始。
アニメの完成度の高さにビックリしたものです。
同じ時期に主人公の名前が同じ「ハルヒ」である涼宮ハルヒの憂鬱という誰もが認める名作が放映していたので確実に優劣つけられましたしちょっと時期が悪かったなあとも思いましたが。
でも「上質」という言葉がぴったりなアニメでした。
坂本真綾ファンとしては、真綾さんがこの作品に参加してくれて本当に良かった!と思える作品だったと思います。ハルヒ役は本当に合ってましたし、すごく真綾さん自身楽しんでるようにお見受けいたしました。


ドラマではこの時期医龍にはまっておりました。
今年見たTVドラマの中では一番面白かった作品です。
腐敗した大学病院の話なんて食傷気味なテーマではありましたが、漫画原作らしく登場人物が魅力的で個性的だったのが素晴らしい。
個人的に出演者に好きな方が多かったのもでっかい。
稲森いずみ、小池徹平、佐々木蔵之介、夏木マリ
これだけでも面白いのに、そこまで今までは興味のなかった阿部サダヲや岸部一徳がすごく作品内で生き生きしてるんです。特に一徳にはやられました。素敵すぎる。悪い教授の役ですが大好きでした。
主人公+ヒロイン+ライバルが微妙でしたがそれを補ってあまりある魅力的な脇役たちに惚れた一作。原作を読んでる方々には不満もあるんでしょうが知らない私は素直に楽しめました。


スポーツでは交流戦でヤクルトが二位。
5月~6月がヤクルトファンにとっては一番楽しい時期になりました。
でもね、いつも言ってますがヤクルトはあんな貧弱な投手陣でよく頑張ってると本当に思いますよ。(私は石川ファンでございますよ!!!あんな小さな体でよく頑張ってると思うの。)
以前テレビで言ってた清原の言葉が今でも忘れられません。
「ヤクルトにはなぜか勝てない」
(ヤクルト以外には勝てるってことではなく、一見弱そうなヤクルトだけど試合をしてみると意外と勝てないことが多いって意味でございます)
野球を知ってる奴が多いらしいですよ。ベテラン偏重の唯一の美点(笑)
来年こそ優勝争いに絡むくらいの勢いを取り戻してくだされ。
優勝しろとまでは言いませんから。


そうそう真綾さんは風待ちジェットを発売。
スピカはなかなか心に響く素敵な一曲。歌詞が好きです。


漫画では幻水3の漫画版がめでたく終了。
とにかく素晴らしい最後だったとしか言いようがないほど綺麗にまとまってた作品でした。原作ゲームの足りない部分を補完するバランスが最高でした。







○7月~9月

8月から数ヶ月にわたりミンサガの日々になりました。

ミンサガはとにかく遊びやすくなったサガシリーズという印象。
でも戦闘の奥深さや自分で考えてプレイするという基本姿勢は今までと変わらず。

このミンサガの面白さは特に二週目以降に出るのかな。
すべてのイベントを無計画にこなすのは不可能です。
だからこそ、自分が何のイベントをこなすか、順番まで考慮した上で戦闘回数を調整し、必要な技や術を考えてお金も使う。
戦闘を重ねパーティを強くするよりも、手持ちの技や術、装備品を工夫しパーティが弱い状態でいかに勝つかが重要になるのがサガです。
ここまで考えるプレイが必要とされるRPGは珍しいかな。
ストーリーに期待するのが幻水なら、戦闘の面白さに期待するのがサガ。
連携や各技のグラフィックはやっぱり見てるだけで爽快!

一番使ったキャラはなんだかんだでダークかもしれません。術使いとしても細剣使いとしても優秀で成長しやすいしすごく使い勝手が良かったです。
あとやっぱりバーバラ・ジャミル・ホークも強いと感じますね~。
結局一番重要なパラメータは開始BPだった、と。
(素早さなんて使う武器によって変わりますしね。)


現在は6周目バーバラ編で止まってます。
今回は洞窟ジュエルビースト打倒を目指してるんでした。いつか再開しよう。





○10月~12月


コードギアス開始。
感想はさぼって書いておりませんが燃えながら見ておりますよ~!
やっぱりオレンジ君が最高です。予想外の良キャラに驚き。

11月に入ってからは、BOF4、遙か3、幻水2&5リプレイとなんだかゲームゲームな日々が続いてて我ながらビックリでございます。
(特に幻水5は11月-12月で二週してますよ。ありえません。)

BOF4は物悲しいストーリーが印象的でした。
がむしゃらにプレイしたのもあってあっという間に終わってしまったのが残念。
もう少しボリュームが欲しかったです。
ミニゲームのかなり攻略に関わってくるのでちょっとこれが大変でした。
アクション系は苦手なんですよ。。。
スキル鍛えてなかった私、ラスボス戦の戦い方が毎ターン連元気玉で粘るというあまりに酷いものでなんだか申し訳なくなりました。

遙か3は乙女ゲームらしくめちゃくちゃときめけるもので面白かったです。
お気に入りは敦盛。かわいい、本当にかわいいです。やばい。
自信家だったり尊大だったり本当に地位的に偉いキャラが多かった遙か3において、良く言えば謙虚で控えめ悪く言えば陰気で卑屈な敦盛の存在は癒しでございました。






さあ、2006年も残すところあと一日。
最後まで悔いのないよう目いっぱい2006年を楽しみましょう~!
スポンサーサイト

TVドラマ八つ墓村 

お昼に「八つ墓村」の再放送がやってまして録画しておきました。


とりあえず若村麻由美が美しすぎた。


私は若村真由美に弱いのか!?
白い巨塔でもひたすら若村麻由美演じる財前の奥様に惚れ惚れしてたんですよ。
この人の演じる高慢で愚かしい女性が大好きでたまりません!!!


秋吉久美子・若村麻由美・加賀まりこ
個人的に非常に好きな女優さんベスト3。
秋吉久美子の立ち振る舞いに惚れ、
若村麻由美の演技に惚れ、
加賀まりこの若い頃の本当に小悪魔のような可愛さに惚れております。



しかし八つ墓村面白かった!
私、推理小説というと東野圭吾くらいしか読まないんですけど、
やっぱり昔の偉人の作品は立派ってことでしょうかねえ。
それともドラマが良かった?原作読んでないのでこのあたりは判断に悩む。


お姉さんが死ぬあたりでうるっときました。切なかったです。
とりあえず辰弥の一人勝ちっぷりにびっくりですよ。
(いや、信一郎もわりと美味しかったか。というかあんな事件に見舞われてて勝ちも負けもあったもんじゃないというのが本当のところですか。)でも土砂崩れで生き埋めになったあたりで死んじゃったの?って焦りましたが生き残ってくれてよかったなあ。
まあ金田一を除くと彼が主役的な描かれ方してたし当たり前なのかしら。


今度の新作では秋吉久美子が出るようですし、国仲涼子好きとしては見といた方がいいのかしら。国仲涼子の可愛さもヤバイと思うんですよ。



さて、塾の方も29日をもって一旦冬休み。
お正月明けたら授業の日々に戻りますがそれまで冬休みを満喫させていただきます。

テレビっ子の冬 

年末のテレビっ子は忙しいのです。
でも今年はお正月特番で心そそられるものが全然ありません・・・。


とりあえず確実に見るものは、はねトびスペシャルと内Pスペシャルくらいです。
特に内Pは5月以来久々のスペシャルですので本当に楽しみ。
やっぱり内Pというくくりにすごく安心しちゃいます。好きすぎる。
ゲストは誰なんでしょうかねえ?
とりあえずレギュラーメンバー(さまぁ~ず、TIM、ふかわ)と猫男爵と出川氏はいるものとして、若手芸人で誰が出てくるか楽しみです!

やっぱり内Pが一番好きな番組です。
後半は確かにグダグダになりがちでしたがまさしくそれこそNO PLAN!
とりあえずレッドワールドという、素晴らしきレッド吉田氏の五文字の世界を教えてくれただけでも内Pに価値はあると私は思っておりますよ。


あと12/31深夜の吉本芸人祭りも外せません!
2007の運勢第一位は誰なのかしら。


しかしお笑いブーム真っ只中のおととしはテレ東吉本芸人祭りの裏でフジは登龍門やってたんですよねえ。基本的にテレ東なわけですが、登龍門にはマーさんが出てくるわけで気が気じゃなかった覚えがあります。
お笑いブーム終わったんですねえ。
あ、R-1グランプリも楽しみにしておりますよー!!



いいとも年末特大号、爆笑問題のリュークもすごいことになってましたが、個人的にはやっぱりさまぁ~ず三村氏の安倍首相のが感動。垂れ目で穏やかそうな表情が似ておりました。安倍さんが首相の間くらいはこのネタ引っ張っていけそうじゃないっすか?
このモノマネコーナーで一番印象に残ってるのは、何年前か忘れてしまいましたが、ココリコ田中氏の宗方コーチ(エースをねらえ)だったりします。あれもすごかったです。似すぎ。リアルコーチ。

バイトの日々 

冬休みということでバイトがたんまりでございます。
塾講師というバイト柄、長期休暇中のがバイトがハードになります。
クリスマスもクリスマスイブも普通にバイトでしたよ。
今年は中3生をたくさん担当させていただいてるので大変だったりします。
でも高3生よりは楽かなあ?
去年は高3生がたくさんいて正直かなり精神的に大変でした。
先生によっては、高校生の方が自発的にどんどんやってくれるし手が掛からないから楽って言う方もいますが私は中学生くらいが教えやすくていいかな。


教える科目は文系中心。
教えてて楽なのは断然英語です。英語は教えやすい教科です。
国語も基本的には教えやすい科目ですが、時々、「この答えになるのをどう説明したらいいんだろう?」と困るときはあります。選択問題に関しては説明が難しい場合もあります。

逆に大変なのは社会。特に歴史。
中学生にどこまで教えればいいのかという境界の判断が難しいのです。



ワタクシは社会が得意科目です。史学科生です。



高校生で学ぶレベルのことを中学生には教えたくないんですよ。
必要以上のことを教えてしまい、逆に頭を混乱させるのは良くない気もします。
でも、歴史の流れとかを理解するにはきちんと教えた方が理解しやすい。



その辺で歴史は説明が難しいなあと感じます。


源平合戦なら、中学生なら大まかに「保元の乱平治の乱があった→平清盛が太政大臣になって日宋貿易した(清盛関係はこれくらいしか聞かれない)→壇ノ浦の戦いで源氏が勝って鎌倉幕府開府」これくらいでいいのです。


高校生なら保元の乱や平治の乱で細かい人物関係をやりますし、頼朝が幽閉されて挙兵するまでもきちんと出てきますよねえ。
一切こんなことやりません中学生は。



一番の違いは江戸かな~と思います。



農民の生活関係で、農村に貨幣経済が入るまでの流れや、経済政策(貨幣の材質の比率についてとか)を高校生なら結構具体的に学びます。


でも中学生はあまり学ばない。
でもねでもね、「商品作物」が作られるようになったってのはやるの!
商品作物が作られるようになったってのは、農村に貨幣経済が入るまでの流れと関連して重要なところで、正直「商品作物」ってだけ出されてもその重要性がいまいち理解できないと私は思うんですよ。
まあ頭いい子ならそんなもんと割り切って覚えてくれると思うんですけどね。


というわけで社会を教えるのが一番難しいと感じる今日この頃でございます。
教えるのは英語が一番好きだなあ。

2006 M-1グランプリ 

やっぱり断トツでチュートリアルが面白かったですねー!!


参考:
2005 M-1グランプリ
2004 M-1グランプリ






○第一ラウンド

1.ポイズンガールバンド

洋服選びネタ。

もう一言で言うならねちょねちょ。
これがすっごいツボでした!
後半のズボン編より靴編のが面白かったです。
ねちょねちょの方がマグロよりなんかツボにはまりました。

ただシュール系はトップより中盤で見る方がいいアクセントになると思いました。トップからシュール系は微妙じゃないですか?
抽選ですし仕方ありませんが。






2.フットボールアワー

ヒーロー戦隊の主題歌ネタ。

最初の放置プレイがもう最高でした・・・!
何アレ!!!
このコンビはいつ見てもはっきりSな突っ込みとMなボケに分かれてて面白いです。見事な放置プレイっぷりに私は感動しました。そして助けを求める感じもまたいい。

でも正直私の予想より得点が高くてびっくりでした。
後で笑い飯も言ってましたが今年はわりと得点が高かった。
というか最初ですべての基準になるのPGBが高かったので全般に平均が上がったのかな。







3.ザ・プラン9

落し物の財布ネタ。

一つの設定を元に、いろいろなボケを繰り広げるタイプの漫才が好きな私は、4人もボケがいるこの人たちが結構ツボでした。

ただ「ペテン師と小熊」とか「未来人」あたりが出てきたとき、
どんなボケが出るんだろうとわくわくして見てたら意外とあっさりというかちょっと期待はずれな感じでそれが惜しかったです。








4.麒麟

ボクシングネタ。

物まねせいや!!!

もうここで大爆笑!!!
今年のM-1で初めて声を出して笑ってしまった部分です。
微妙なガッツ石松ネタは何なんだ?という見る側の戸惑いと、ボケツッコミが見事にピタリとはまったこの爽快感!いやーここはやばかったです。

「お客さんから見て左ストレート!」とか「ここで田村の一言」とか、
この辺もツボ過ぎてやばかったです。


正直麒麟はあまり好きじゃないんですけど、今回は笑わせていただきました。








5.トータルテンボス

グルメリポーターネタ。

私は好きでした。
この人たちの言葉遣いがすごく好きなんですよねえ。
普通の言葉使ったり若者言葉使ったり昔の言葉使ったり・・・。

「ラーメン作ってます」の連発も、ああやっぱりそう来るのね!みたいな期待通りにくる嬉しさがあってニヤニヤしながら見ておりました。

そして食べ始めてからのネタが特に好きでした。
「れんげ使えよ!」とか「熱かったろうに・・・」とか。
ただ劣化彦麿呂ネタが微妙なのが惜しかったかなあ。
JA共済とか段ボール箱とかはちょっと・・・。

でも面白かった。素直に好きでしたよ。









6.チュートリアル

冷蔵庫ネタ。

それは食いつかんのかい!
ポン酢やろー

もう全部が全部面白かったですねえ。
何がすごいってやっぱり徳井氏の変人っぷり。
最初は食いついてなかったのにあとで「それはすごいよ!!!」とか言い出したとき、素直にああやっぱりすごいと思ってたのか!と嬉しくなっちゃう自分がいましたよ。

本当に徳井氏がおかしい。
んでそのおかしい徳井氏に戸惑いながらちょっと冷ややかに見てる福田氏の構図が素敵です。

ネタの中に笑いポイントがたくさん散りばめられてて一番勢いがありました!








7.変ホ長調

すっごい個性的!

「お天気を踏み台にしてる人」とか
「高橋秀樹の娘」とか
「自叙伝で自分の役に安田成美」とか

さりげない毒にグッとくるお二人でした。
最後の橋田先生批判はいいのかしら(笑)







8.笑い飯

またやっちまいました・・・・


2004の悪夢再び。

っていうか序盤いらないよ!!!
後半の畳み掛けるWボケが始まるまでの時間が長すぎるんです!
あれをもっと早く持ってこなくちゃ!
正直去年のが面白かったですよ!!!

4分じゃなく5分6分あったら違う結果になってたのかなとは思います。

本当にもったいない。
やっぱり去年の笑い飯がベストでした。
(私はブラマヨより笑い飯に優勝してもらいたかった・・・)








9.ライセンス

ドラえもんネタ。

色んなドラえもんを編み出すっていうのは面白くて好きでした!
ただすみません、いかんせん笑い飯ショックが強すぎて・・・。


本当に笑い飯好きなのよ。あと一点。惜しいとしか言いようがない。
西田さんが好きなんです。
運動神経がびっくりするくらいない西田さんのドジっぷりに惚れ惚れなんです。
まあ愚痴ってても仕方ありませんね。








○決勝戦


1.麒麟

「台詞噛んだからだ!」

生ならではの面白さ。こういうアドリブが楽しいんですよねえ。

ただなんだか第一ラウンドよりおぼつかなかった気がします、全体的に。
緊張してたのかしら?






2.フットボールアワー

岩尾氏がめちゃくちゃ頑張ってるなあ。

なんか本当にパワフルですよねえ。
あれだ、品庄みたいな感じ。あれもパワフル。







3.チュートリアル

やっぱり徳井氏の変キャラっぷりが素敵。
もう本当にだめですよ、この人は!!!


暴走具合も勢いもすごくよくって、毎年感想で書いてますがやっぱり勢いってすっごく大切なんでしょうねえ。
畳み掛けるようなボケとツッコミの応酬こそ笑いの基本!

今回はこのお二方、レベルが違いました。



優勝は当然チュートリアル。文句なしですね!!
これからの活躍に期待でございます。
たむけんも同じようにもっと活躍してくれればいいと思います。
年明けのテレ東恒例吉本の芸人祭りが楽しみだー!!!!

幻水3漫画版総括 

ホスト部ゲーム化ですか。

ワタクシはゲーマーと言うほどゲームはしませんが、
わりとゲームは好きです。やるゲームがほとんど限定されてますが。

ただどうしても私の中で、
アニメや漫画などから派生したゲームに対する抵抗が強いのですよ(笑)
(しかもホスト部ゲームの制作会社さんがなかなか個性の強い会社のようで;;)

逆はいいの。
ゲームから漫画やアニメになるのは全然アリなんですよ。
ただどうしてもアニメや漫画がゲーム化ってのが苦手でですね。
面白くないだろうっていう偏見があるんです。
勝手な思い込みで申し訳ないのですが。
だからそういうゲームは昔からやったことないと言いつつも、一個ありました。
昔SFCで幽白のゲームが出まして、それはやった。
お兄ちゃんとよく対戦してました。ただ私の腕じゃ勝てないので私は戸愚呂を使ってました(笑)パンチだけでも桁違いに強かった記憶が。


そんなゲーム→漫画の派生の一つである幻水3漫画版。総括でございます。
本当に個人的に大満足な漫画版でした!!

▼... Read more ≫

声グラ&ホスト部ファンブック 

・声グラを立ち読み

前にも書きましたが声優雑誌のがアニメ誌よりずっと立ち読みしやすい(笑)
見た目だけなら普通の雑誌とそんな変わらないかと。
ウチの地元の本屋さんは、TV関係/アニメ関係/音楽関係でほぼ一まとめに置いてるのでバレてないよと言い聞かせながら立ち読みしております。(いや他人が何を立ち読みしてるかなんて誰も気にしないとは思うんですけど!でも抵抗ってあるでしょ??)


当然真綾さん目当てでございますよ~!
聖闘士星矢でインタビューを受けておられましたが、
これがかわいいんですよ、真綾さん!!

ネットでも星矢関係の記事が出てますが、それよりも声グラのがかわいいですよ。お洋服がね、個人的には声グラに出てるもののが好みでした。

そしてやっぱ真綾さんはショートのが似合うんだなあとしみじみ。
髪の毛のながーい真綾さんも見てみたかったんですけどねえ。
大人しくLucyで我慢ですか。


でも一番の収穫はネット記事で真綾さんの隣にいたひとが粕谷さんだと分かったことです。ずっと「三浦さん」なのか「粕谷さん」なのか気になってたんですよ(笑)
雰囲気が癒し系でちょっと気になってしまうのは私だけじゃないはず!!



内容は星矢のことについてなので私にはよく分かりませんでしたが、
なんか読んでるとちょっと面白そうだと思いました。真綾ファンなら買いっすか?とりあえずパンドラとやらは悪い女の人だということと男キャラから殴られるってことはよく分かったのですが(笑)



どうでもいいんですがネット記事読んで以来、まきばアリスの「手を伸ばす 開けコスモ」という一節を聞くたびにちょっと笑ってしまいます。





・ホスト部ファンブック

いまさらですが。

キャスト座談会が載っております。
ボリュームも盛りだくさんで読み応えもございますよ。
(ハニー先輩だけ欠席なのがもったいない!!)


いやー相変わらずすっごいキャストの皆さんが仲よさげ!!
もうこういうのを見ると、本当にホスト部見られて良かったと思います。


真綾さんのブラウスがかわいらしい。白黒なのがもったいない!!
楽しそうに笑ってらっしゃる真綾さんの写真なんかもございますよ!
本当に楽しそう。。。
真綾さんのファンになっていろんなインタビューなどを見てきましたが、ホスト部関係が一番テンション高いように見えるのは私だけでしょうか?そういう色眼鏡で見てるからかしら。それとも一緒にインタビュー受ける方々にもよるのかなあ。


真綾さんの言葉の中で印象的だったのは「現場では素の自分が出せた」というところでしょうか。熱く語る真綾さんが素敵でございますよー!
宮野氏は本当にいろんな人から愛されてるんだろうなあっていじられっぷり。
松風さんはかっくいい。かっくいいですよ。
双子は鈴村さんは真面目に深いお話されててびっくり(笑)失礼か。
藤田さんの「馨役が好きですから」という一言にはなんか感動。
モリ先輩も個人的にはツボでした。第二のネタキャラな気がする(笑)
という温かいキャストインタビューでした。
一言でまとめるなら鼻毛ボーン。



真綾ファンとしては、監督インタビュー内での「ハルヒは坂本真綾さん以外考えられなかった」って一文に感動してしまうところですが。



キャスト座談会でも監督インタビューでも脚本家インタビューでも「2期」についての質問が飛んでたのも印象的。まだまだきっと何も決まってないんでしょうが、いつかまたホスト部見たいなあと思ってしまいますねえ。

幻水5関係記事一覧 

今まで書いた幻水5関係記事リンク一覧でございます。

<<幻水5プレイ日記>>
ネタバレ全開プレイ日記。
19以降は二週目ですので、特にご注意をば。

幻水5プレイ日記1 紋章師に会いに行くところまで

幻水5プレイ日記2 闘神祭終了まで

幻水5プレイ日記3 「運命の変わる夜」まで

幻水5プレイ日記4 「初陣」まで

幻水5プレイ日記5 ラフトフリート防衛戦まで

幻水5プレイ日記6 本拠地入手まで

幻水5プレイ日記7 レルカー会戦まで

幻水5プレイ日記8 セーブル編

幻水5プレイ日記9 ニルバ島訪問編&仲間集め

幻水5プレイ日記10 ドラート編&石版入手

幻水5プレイ日記11 仲間集め&宿星あれこれ

幻水5プレイ日記12 プレイ雑感(暫定まとめ)

幻水5プレイ日記13 親征戦~「あの夜の真実」まで

幻水5プレイ日記14 騎兵団&奪還戦まで

幻水5プレイ日記15 奪還~ヤシュナ村温泉会談

幻水5プレイ日記16 ストームフィスト編

幻水5プレイ日記17 ソルファレナ編

幻水5プレイ日記18 エンディング

幻水5プレイ日記19 マルチEDなのでリプレイ

幻水5プレイ日記20 風呂イベントとか

幻水5プレイ日記21 ハードゲイスペシャル

幻水5プレイ日記22 リアリティの追求;;

幻水5プレイ日記23 闘神祭もしも話

幻水5プレイ日記24 特になにもなし

幻水5プレイ日記25 音楽編

幻水5プレイ日記26 イロモノメンバー育成

幻水5プレイ日記27 プレイ後雑感まとめ

幻水5プレイ日記28 特典DVD感想

幻水5プレイ日記29 幻水5恋愛考

幻水5プレイ日記30 二週目プレイ中

幻水5プレイ日記31 選択肢で遊ぶ

幻水5プレイ日記32 サブキャラ考&フェリド

幻水5プレイ日記33 群島諸国連合vsアーメス新王国

幻水5プレイ日記34 ベルナデットと二人旅 

幻水5プレイ日記35 ベルナデットとヤール

幻水5プレイ日記36 二週目プレイ中

幻水5プレイ日記37 ベルナデット像に向けて奮闘

幻水5プレイ日記38 ゴドウィン親子について

幻水5プレイ日記39 宿星感想

幻水5プレイ日記40 各キャラ感想(主要メンバー+ア行-カ行)

幻水5プレイ日記41 各キャラ感想(サ行-ナ行)

幻水5プレイ日記42 各キャラ感想(ハ行-ヤ行)

幻水5プレイ日記43 イーガン親子

幻水5プレイ日記44 各キャラ感想(ラ行-ワ行)

幻水5プレイ日記45 公式サイトキャラ紹介

幻水5プレイ日記46 三週目開始(~レルカー会戦)

幻水5プレイ日記47 三週目(~ドラート要塞攻略一回目)

幻水5プレイ日記48 三週目(~新女王親征戦)

幻水5プレイ日記49 三週目(~ソルファレナ奪還)

幻水5プレイ日記50 四週目


おまけ:
幻想水滸伝5プレイヤーに100の質問 定番でございます





<<幻水5に向けておさらい>>
幻水5発売に向け、今までのシリーズを振り返ってみました。
私は、幻水1&幻水2贔屓でございます。(3,4も好きですけど!)

幻水5に向けておさらい~歴代OPED編~

幻水5に向けておさらい~クライブイベント制覇編~

幻水5に向けておさらい~真の紋章編~

幻水5に向けておさらい~戦争システムと音楽編~

幻水5に向けておさらい~キャッチコピー編~

幻水5に向けておさらい~歴代軍師編~

幻水5に向けておさらい~印象に残ったイベント編~

幻水5に向けておさらい~ゲオルグ編~

幻水5に向けておさらい~歴代宿星編~

幻水5に向けておさらい






<<小話>>
幻水5のキャラを好き勝手に捏造。
そういうものが苦手な方は注意してください。

小話/サイアリーズ&ギゼル

小話/ミューラー(+リヒャルト)

小話/ヤール&ネリス

小話/リムスレーア


サッカーは難しい 

ワタクシ、サッカーの良さがまったく理解できません。

なんか最近すごい大会やってたようですがまったく分からないしW杯も興味がありません。かっこいい選手がいないかチェックするのは面白いけど。


というか私はサッカーの見方がよく分からないのですよ。


私が唯一好き!と言えるスポーツは野球なんですが、
(今シーズンは結局一回も球場に行けませんでしたが・涙)
野球はわりとシンプルじゃないですか。
常に投手vs打者。
この戦いを見てればいいので分かりやすい。
そこから派生してたとえば守備位置とか塁に出てる人数とかいろんな要素はありますが、一番基本にあるのは投手vs打者。


サッカーは難しいと言うと必ず「ゴールにボールを入れるだけでいいサッカーの方がシンプルで分かりやすい」と言われるのですが、正直そこに行き着くまでの過程が複雑すぎるんですよ、サッカーは。

パスがすごいとか良いところにボールが行ったとか、
そういうことが分かるようになればサッカーを楽しめるようになるんでしょうが、たぶん一生無理なんだろうなあと思います。



野球に関しても、私はいまだに球種の見分けとかはつきませんが、
それでも基本的なことは理解してるし個人的に見るポイントも出来てます。
全般にサッカーのフォーメーションとかよりは分かりやすいと思います。




というわけで来年こそヤクルト頑張って!!
セリーグにも是非プレーオフをと思うヤクルトファンなのでございます。
宮本の男前っぷりに涙。

幻水5プレイ日記50 

また最初から始めた幻水5。

飽きないものです。
というか本当に私は幻水自体が好きなんだろうと思います。。。
むしろ一回しかやってない4をやり直すべきだったかしら。


▼... Read more ≫

小話(幻水5/リム) 

ちょっとばかし小話をば。
そういうものが苦手な方はご注意を。


▼... Read more ≫

幻水&遙か3 

・冬期講習

冬期講習の予定がヤバイことになりました。


ほとんど毎日出勤ってどういうこったい!
予定が総崩れでございます。
夏期講習はかなりうまく調整できて無駄なく生徒と予定を合わせられたんですが今回はなかなかそうもいかなくてかなり困りましたよ。。。
中三の子が何人かいるのでその子達のことを考えたらワタクシも頑張るしかないんでしょう。一番大変なのはやっぱり生徒本人なんですから。


最近ゲーム漬けな日々でしたが当分はお預けになりそうです。
まあ頑張れば頑張った分だけお給料も上がると思えばやる気も出るってもんです!
あと生徒はやっぱりこっちが頑張ればたくさんのことを吸収してくれる。
それを信じてやるしかありませんねえ。
でももうあと本番まで二ヶ月切ったんですね~・・・。




・幻水5

クリアしました。
今回は最初にリムを探さなかったことなどが響いて強制的に旅立ちEDに。
ちょっと悲しかったです。

最終パーティはリヒャルト/ハヅキ/ノーマ/王子/ベルナデット/ウルダ
とりあえずリヒャルト&ハヅキの剣聖コンビ最強。
ハヅキが何でベルクートに負けたのか理解できません(笑)
ウルダはため息つかれながらも連れて行きましたよ。


あんまり意識してなかったのですがヤールとネリスは地進星&地退星。
幻水1は違いましたが、幻水2ならキニスン&シロ、幻水3ならジョーカー&ジャック、幻水4ならニコ&ウェンデル、とセット宿星なんだと思うと萌えました(笑)
そしていい加減天牢天彗をカップルに戻してほしいと思うのでした。


歴代108星一覧見てたんですが幻水1と幻水4は2/3くらいしか覚えてなかった。
幻水4は一周しかしてないんで仕方ない気もしますが幻水1は結構リプレイやってるのになあ。幻水3が一番キャラ覚えるの早かった気がします。


宿星順に見て最初に幻水4で分からなかったキャラはコンラッド
コルトンだっけ?あの美青年のお父さんは覚えてるんですが。
でもそのほかの天の宿星は全員覚えてた!意外と行けるものです。
というか天の宿星は自動加入が多かったり私が話しかけた覚えのある人が多かったりしただけかもしれませんが。


地の宿星で最初に分からなかったのはガレス。
歴代の仲間見る限りは本拠地施設要員っぽいんですが・・・。何者!?








・遙か3


すっかり書き忘れてたけどこちらは白龍&朔のイベントもクリアして、大団円EDも見ましたよ!

とりあえず主人公補正を本気で恨みたくなった朔ルート。

私、白龍ルートを先にクリアしてその後に朔編やったんですよ!
んで白龍は最後龍神と人間に分化して、神子と現代でウハウハじゃないですか。

だから朔ルートなら最後黒龍も白龍と同じように分化して、朔は黒龍とウハウハになれると信じてたんですよ、ええ信じてたわけですよ!!


そしたら黒龍死んじゃった。


もうめちゃくちゃショックでして。
あれですか、神子が幸せになれたのは主人公だからで朔は所詮主人公の親友だから無理なのかとかなり卑屈な考えを持ったりして、最終的には全部龍脈めちゃくちゃにした弁慶さんが一番悪いんじゃないの?とか思い始める始末(笑)
(ワタクシは敦盛贔屓ですが次に弁慶さんが好きですよ!)
(幻水5のエグバートの駒、ゼラセ様の駒を後ろから見ると弁慶さんっぽくてちょっと笑えました。いや黒いほっかぶりが同じってだけですが。)



まあつまりまとめると、やっぱり頼朝&政子夫婦最高

幻水5プレイ日記49 

幻水5プレイ日記49

ソルファレナ奪還!!

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記48 

幻水5プレイ日記48。

新女王親征戦が終了したところでございます。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記47 

幻水5リプレイ中~!

現在はドラートに侵入したところでございます。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記46 

幻水2が終わり、気づいたらPS2の中には幻水5のディスクがセットされておりました。
というわけで幻水5を再びやっております。
二週クリアしたデータからなのでプレイ時間が118時間を越えてました。びっくり。
三週目ということですね。


幻水3&幻水4は飛ばしてますが、私は世間の皆様ほどこの二作を嫌っておりません。

幻水3は漫画版での面白さがすさまじいですし、ゲームとしても戦闘システム&戦争システムは実は3が一番好みだったりします。
もちろん、幻水はサクサク進むところが売りでもあるので3のようなもっさりした戦闘システムは幻水らしくはないと思うんですが個人的には好きでした。
ジョアン&エミリーがたくさん殴る様は爽快の一言!
ヒューゴ&フーバーのライドオン状態での強さも好きでした。
戦争システムも、戦争として考えるなら微妙ですが、RPGらしくキャラの性能がそのまま反映されるのは嬉しく育てる意味をくれたと思います。


幻水4はストーリーがあっさりしすぎててトロイの存在意義が謎だったのがもったいないんですが、でも協力攻撃の演出が面白すぎます!
美青年攻撃とか本当にあほだよ、あれはアホ。
フレア&リノの親子攻撃の失敗パターンとか、ユニークなのがあって好きでした。
あと4はスノウというルカに続く幻水の代表的なキャラが生まれましたし(笑)
私はスノウ大好きですよ!
成長パターンといい真・友情攻撃といいちょっと反則な気がします。


と、ちょっと他2作についてフォローしたところで幻水5でございます。

▼... Read more ≫

太臓もて王サーガ5巻感想 

週刊少年ジャンプで明日を夢見て大好評連載中!

もて王五巻買いました~。相変わらずの濃さでございます。

▼... Read more ≫

幻水2プレイ日記6 

幻水2クリアでございます。

クライブイベントも滞りなく終了~。
所要時間17時間ちょい。
(実際はあきらめない使ってるのでもうちょっとかかってますが)
意外とギリギリでした。
ちなみに今年最初にやってたクライブイベントは15時間ちょいなんでちょっとそれより時間かかっております。この差は何だろ?

▼... Read more ≫

幻水2プレイ日記5 

幻水2プレイ日記5

ネクロード討伐グリンヒル解放ミューズ敗走で108星集めました!!

▼... Read more ≫
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
11« 2006/12 »01

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。