スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻水5プレイ日記15 


幻水5プレイ日記15。


今回は本拠地奪還~アーメス王国将軍との会談まで


プレイ時間は55時間ほど。
レベルは54です。


▼... Read more ≫
スポンサーサイト

幻水5プレイ日記14 

幻水5プレイ日記14。

竜馬騎士団との交渉(+遺跡攻略)~城奪還戦まで。


今回はルクレティアさんの知略が光る作戦が多くて…。
この人の手のひらの上で事態は動いているようで、
もうめちゃくちゃ軍師してますねー!!!



っていうか、シリーズお馴染み美青年コンビも登場したんですが、
もう…大爆笑イベントが一個ありました・・・!


只今のプレイ時間51時間ほど。レベルは52です。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記13 

幻水5プレイ日記13。


新女王親征戦~「あの夜の真実」まで

恐らく中盤最大の山場


それぞれの想いが交錯する名場面・・・。
涙なしには語れません。

イベントの長さ自体はたいしたことありませんが、
質が非常に濃い場面の連続だったので、今回は長いです、日記。

おっと。
只今プレイ時間44時間ほど。レベルは51です。

私は王子リオンリムミアキスゲオルグカイルサイアリーズフェリド女王もみんな大好きです…!


▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記12 


幻水5プレイ日記12。

今回は、今までプレイした中で感じたことまとめ。
(といってもまだ途中なので、暫定版です。)


<気になるところ>

ロード全般
 各所で言われてますが、長さより回数が気になる
 戦闘終了後に毎回「NOW LOADING」が出てるのはちょっと…
 実際の長さよりも、体感的に長く感じてしまいます。

 王者の紋章入手後は快適プレイ可能ですが、前半はキツイ

マップ全般
 広いのは百歩譲って許します、ただ非常に見づらい
 俯瞰型なので酔いはしませんが、視点変更できないので迷いやすい
 特に前半にきついマップが多いってのは間違ってると思う
 (ストームフィスト/闘技場が一番迷った…)

ちょっとキーレスポンスが遅い
 これは私は全然気になってませんが、よく突っ込まれてるので一応

・むしろキー位置記憶に関して気になる
 戦闘時、前のキャラが「防御」を選ぶと次のキャラもキー位置が防御に
 「おまかせ」機能がありますしいいのかもしれませんが気になります
 あとどうしてタイトル画面は「コンティニュー」を初期位置にしないの?


序盤10時間程度が「序章」である点について
 序盤10時間越えてくると、幻水らしい大河ロマンが始まりますが、
 ちょっと本題に入るまでが長いです。
 この10時間のおかげでキャラクターや人間関係に厚みが増してるので、
 まったく無駄な10時間とは言えませんが。
 掴みとしては、もう少し努力できたのでは?



<良かった点>

・とにかくストーリー
 今回はシナリオは非常にいいです。
 特に軍師を迎え入れてからは、普通に面白いです。

軍師の活躍/戦争全般
 戦争関係は今回すっごく面白い
 このシステムはわりと好きだったりします。
 あと軍師が軍師やってます!!!(笑)
 きちんと軍師の策に乗った戦争をしてる、久々だな~この感覚


キャラクターの厚み
 10時間使ったおかげでしょう、特に主人公周りは深みがあります。
 女王騎士の面々をしっかり描くことは重要だったのかも。


陣形システム
 陣形システムの面白みが分かってきました。
 陣形とスキルと紋章の組み合わせ次第で戦術が決められるので面白い


(・今までのシリーズとのリンク)
 これはシリーズプレイヤー限定ですが、リンク具合が良い感じ
 4は「表面的なことだけ1に似せました」って感じでしたが、
 今回は内容やちょっとした小ネタ、キャラなどでリンクさせてる
 これぐらいのリンク具合は良い感じです。
 (1→2と違い、時代が少し離れてることを考えれば十分)



こんな感じでしょうか。

シナリオキャラクターは良いのですが、
システム周り序盤10時間で足を引っ張ってる感じ。

シナリオ・キャラクターで十分楽しめる人もいるでしょうし、
逆にロードと序盤の自由の利かないお使いシナリオで挫折する人も多そうです。


とりあえず、時間に余裕のある方は、
最初の10時間ほどは、キャラクターを理解するための10時間だと思うと楽しめそうです。大らかな気持ちで取り組みましょう(笑)

幻水5プレイ日記11 

幻水5プレイ日記11。


今回は仲間集めに奔走いたしましたー。
現在78人くらい?
只今、プレイ時間41時間ちょっと。レベルは50です。
(でもどうやらまだまだこれからストーリーはあるみたい)

戦闘システムについてなどなど書きます!

石版入手しましたので、
ちょっと宿星の話なんかもしたいと思います。


カイル天暗星熱烈応援してきましたが、
カイルは天暗星じゃありませんでした。


でも天暗星以上に嬉しい宿星でした…!
▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記10 




幻水5プレイ日記10。


ミアキス祭り開催したいくらいミアキスがもう…!

ちょっとこれからバイトなので詳しいことは後ほど。
ミアキス最高です、ミアキスー!!!

序盤からいいキャラっぷりを発揮してましたが、
ここにきて、ミアキスイベント良かったです・・・!

------------

ちょっと上の書き方がテンション高すぎて恐いですが(苦笑)

今回はドラート要塞攻略編~石版入手まで。


ミアキスとの○○○○、最高に良かったです・・・



▼... Read more ≫

舞乙第20話 ニーナと呼ばないで 

当ブログはマシロハルカ贔屓なので、
今週はめちゃくちゃ燃え&萌えで満足です…!


あと私は舞乙カプコンビなら、アリカマシロに一番癒されるので、
この二人のやり取りは好きでした~!


マシロ成長フラグもたくさん立ってていい感じ。
予想以上にマシロたんの成長は丁寧に描いてくれていて、
なんだか嬉しい限りです。


的確に指示を出し、
そして民をまとめることのできるミドリちゃんのリーダーとしての姿


それは言葉よりも何よりも、マシロに語りかけるものが多かったはず。

これから彼女が何を出来るのか。
せっかくアオイが助けてくれた命です。
これからのマシロに期待。



ただ今週、絵が酷すぎません?

あんまり舞乙の作画のことは分かりませんが、
なんか後半とか泣けてきました・・・、酷すぎで。


詳しい感想は後ほど。かなり先になるかも…。幻水優先です。

幻水5プレイ日記9 

幻水5プレイ日記9。


今回は群島諸国との交渉&仲間集め編。
群島諸国登場にニヤニヤしております。


二日間、予定をやりくりして休みを取りましたが、
本日はバイトがあって、もう泣く泣く家を出ました。
予想以上に物語にはまってるようです。

原点回帰と謳ってるものは、大抵原点回帰してない。

そうよく言われますが、
今回はすっごい幻水らしいストーリーだと思います!
戦争物語としてはなかなか。


ただシステムは原点回帰どころか退化ですけど(苦笑)
でもロードもマップも慣れてきました。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記8 





幻水5プレイ日記8。

今回はセーブル編。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記7 

カイル

(当ブログはカイルリオンを贔屓してお送りいたします)

幻水5プレイ日記7。

本拠地入手~レルカー会戦まで。


戦争が本格的に始まってから楽しくなってます、幻水5。
シナリオは合格点というかもう十分!
ただ、街の広さと戦闘後のロードがキツイ。
あと盛り上がるまでに10時間掛かるってのはどうなんでしょうね?

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記6 

幻水5プレイ日記6。

レインウォール~本拠地入手まで
ちょっと長めですが、一気に。


一言。

幻水の面白さは軍師で決まる!!!


▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記5 

幻水5プレイ日記5


今回は、レインウォール~初の海戦(ラフトフリート防衛戦)まで。

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記4 

幻水5プレイ日記4

太陽宮脱出~レインウォールまで

戦争イベントもとうとう来ました!

▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記3 

幻水5プレイ日記3参ります。

闘神祭から帰ってきてから、「あの夜の事件」まで一気に。

…これぞ幻水だと思える物語展開ですが…、
かなり凹みました。
▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記2 

幻水5プレイ日記2。

今日明日と、頑張ってバイトお休み確保したので、
二日間で出来るだけ進められればと思いますが、
基本的に私はのろまなので、ゆっくりめで。

でも細々覚書として残せていければと思っています。


というわけで今回はストームフィスト・闘神祭イベント終了まで。



▼... Read more ≫

幻水5プレイ日記1 

幻水プレイ日記その1。

まだ一時間程度ですが覚書として。

視察の話などなどを終え、元老院に行くところ。


ほとんどキャラの話+ロードの話。


-------

追記。
もうちょっと進んで、紋章師に会いに行ったけど会えなかったところまで。


▼... Read more ≫

幻水V発売当日! 

とうとう幻水5発売日です。


私が幻水5発売を知ったのは2005年9月3日
(以前のブログにその日付で記事が合ったので。)

そうそう、ラプソディア発売直前という時期でした。

発売間隔が幻水4→(一年)→ラプソディア→(半年)→幻水5という今までのスローペースな幻水にはありえないくらいのハイペースぶりに、
幻水4とラプソディアは幻水5までの時間稼ぎだの、
そもそも幻水4とラプは最初から一つだったのをわざと二つに分けただの、
色々憶測が飛び交いましたね。




ゲオルグ登場確定に喜んだり、本当に色々ありました。





もう私は、ゲオルグが出て「女王殺しの過去」が明らかになるなら、
他はどんなことになってようが目はつぶる
と、
もうそれは修行僧のような決意をしておりますよ。

・・・もう少し期待してもいいのかもしれませんが、
でも幻水3、幻水4と立て続けにね、そのね・・・。


私は、個人的には幻水3や4も好きです。
幻水シリーズのファンになってるってのもあるので、
多少ストーリーがアレでも、キャラクターなどに魅力を求めるようにしたりとなんだかんだで楽しめていたりします。

マッチョになってしまって昔の面影ゼロなフッチだって素敵だと思うし
シルバーバーグ家の凋落を見ても耐えられますし
腕が痛い人すら愛しく思いますよ(笑)


でも、幻水1や2は人に自信を持って薦めることができますが、
幻水3や4はむしろ見なかったことにしてくださいと言いたくなるのよ。


大丈夫、5がどんな出来だろうと私は見捨てません。

思考が後ろ向きなことこの上ありませんが、
これくらいしとかなくちゃ恐いのが幻水でもあるのよ…。




幻水の面白さの一つに、「繋がってる世界観」もあるんでしょう。
そして、これがあるからファンを止められない(笑)


各シリーズで舞台とメインとなる真の紋章は違いますが、
全て同じ世界で起こっていることであり、物語同士が密接に絡んでいる。
だから全シリーズをやっときたくなっちゃうんですよね。


例えば地理的な位置は、

北幻水3(グラスランド・ゼクセン)
↑幻水2(デュナン地方)
↑幻水1(トラン地方)
↑幻水4(群島諸国)
南幻水5(ファレナ女王国)

になっているようです。

時代的な流れは、幻水4→(140年くらい後)→幻水5→(10年くらい後)→幻水1→(2年後)→幻水2→(15年後)→幻水3となっています。


こういう風に一つの流れと世界があると、
途中で切るのはもったいないと思ってしまうんですよね。。。


今回のゲオルグの「女王殺し」
これは既に決定してる過去です。

時代的に幻水5より後にあたる幻水2の時代に、
ゲオルグが女王殺しの過去でファレナに近づけない、
という情報が探偵調査により明らかになります。

その紐解きが幻水5で行われる。

それは倒述ミステリーを読むような感覚に近いのではないでしょうか?




楽しみでもあり、
でも不安でもあり。

泣いても笑ってもあと10時間ほどでプレイ開始です。




カウントダウンイラスト、ラストは、家族の絵。
ちょっとホロリと来ました。
クリア後にあの絵をもう一回見たら、どんな感覚になるんだろう?







っていうか今気づいたんですが、

ゲオルグの声優さんって、舞乙のヤマダだったんですか…!

ヤマダって情報屋ですよね?間違ってたら恥ずかしい。。。

幻水V発売前日! 

カウントダウンイラスト、河野絵降臨しました!!!!!


私の知らない間に…、くそ~!!!

河野絵のリオン、すごく可愛かったですvv

幻水5はもちろんゲオルグが影の主役だと思ってますが、
でもやっぱり王子リオンの表主役の活躍も楽しみです。
二人の絆、どんな風に描かれるのでしょう?



<カウントダウンイラストキャラ一覧>

あと22日:王子・リオン・ゲオルグ・サイアリーズ
あと21日:ギゼル&ギゼルパパ
あと20日:サイアリーズ・王子・リオン・ゲオルグ
あと19日:ガレオン
あと18日:フェリド&サイアリーズ
あと17日:王子&フィール(OZ主人公)
あと16日:ミアキス
あと15日:王子・ゲオルグ・カイル
あと14日:ラン&スバル
あと13日:ラハル&フレイル(石川さん担当!!!)
あと12日:王子&リオン
あと11日:ゲオルグ
あと10日:リオン・ゲオルグ・フェリド
あと09日:フェリド・女王・王子・リオン・リム・ミアキス(バレンタインデー)
あと08日:シウス・マルスカール・サルム
あと07日:サイアリーズ&ルクレティア
あと06日:リム
あと05日:ゲオルグ
あと04日:ゲオルグ(殺られる前に買え!!!)
あと03日:王子
あと02日:リオン(河野さん絵!!!)
あと01日:王子&ジーンさん




幻水3のときは、基本的には「どの日に誰を出すか」は前もって決まっていたようですが(一部例外除き)、今回は各イラスト担当者さんに任せてるって感じですね。
(幻水4・ラプは分かりません;;)


ほとんど、王子・リオン・ゲオルグ中心。
まあ、プレイヤーの関心もその三人に集中してますが(笑)


なにやら不安と期待が入り混じった非常に複雑な心境です。

皆さん言ってますが、やっぱり幻水はストーリーが肝心

多少ストーリーがアレでもね、
例えばサガシリーズなら戦闘システムで十分補えるし、
FFなんかは、魅力的なキャラクターで魅せるゲームになってると思うのよ。

ただ、幻水は特別戦闘システムが素晴らしいゲームでもなければ、
特別グラフィックがすごいゲームでもありません。

ファンはストーリーを求めてるのよー!!!

今回、「最深最長」を謳ってますが、もう不安でたまりません(苦笑)
いや、幻水4の最大不満ポイント、「短すぎるストーリー」は既にクリアしてるかもしれませんが、幻水独特の物悲しい戦乱物語は期待できるんでしょうか?


泣いても笑ってもあと一日ちょっと。
待つしかありませんね。


期待は厳禁!!!


予防線は張っておきます。



------------------------------

そして何度見ても欝になるCMもどうにかしてくれ・・・。


センス悪いよね~?

23日発売の他のゲーム(バテンカイトスやディスガイア)のCMはめちゃくちゃ面白そうなんですけど(笑)とくにバテンカイトス2。

もっとさ、他のゲームみたいに、
内容を匂わせるとか、ゲームの一場面を流すとかすればいいのに、
なぜに実写?

いや、FFとかリアル志向のゲームなら分かるし納得できますが…。
でも幻水はむしろアニメ絵に近いのに、なぜ実写?

ナレーションが櫻井さんじゃなければ投げ飛ばしてるところです。
(どうやって?)


ま、CMと内容の面白さは比例しない、と言い聞かせることにします(笑)

少女漫画感想/R-1グランプリ/幻水5 

ちょっと久々に少女漫画をたくさん読んでます。


桜蘭高校ホスト部

真綾さんが出るってのがきっかけで読み始めましたー!
7巻まで読みましたよ!

やっぱり鏡夜先輩が好きだな~。
メリットがキーワードな鏡夜先輩ハルヒの関係。
なんだろう、すごく好きです。

シンルナ好きとしてはも見逃せない?
双子なら実は馨派かもしれません(笑)
ホスト部は静かなキャラ?というか大人なキャラのが好きですね~。
鏡夜先輩、馨、モリ先輩と。
でも光のがハルヒとのおいしい場面は多い気がするので、ちょっと期待!


殿はぶっちゃけ微妙~とか思ってたのですが、文化祭編でやられた…。
私、ああいうキャラ弱いです。単純と言われようが好きだー!!!
なんかああいう背景があるんだと思うと、
本当にああいう殿でよかったと、私もしみじみと思っちゃいます。
辛いことも悲しいことも笑って吹き飛ばすのは、バカだからじゃない、強くて優しい人だからなんでしょうね。


ちなみに弟ズも好きです。むしろ弟ズ、かなり好き。
ハニー先輩よりハニー先輩の弟のが、なんか庇保護欲そそられません?




きみはペット(14)

最終巻!

もうスミレちゃんモモが幸せで何よりでございます。
なんか関係が変わったせいか、モモがいつも以上に頼れる子になってるよ…!
と思いつつも、なんだかんだいって頼りないご主人様をいつも守ってあげるモモという意味では、変わってないような?
というかモモ→スミレちゃんは全然変わってないけど、
スミレちゃん→モモが変わったのかもしれませんね。

明らかに男扱いしてるし、モモのこと。


本当にモモは出来た男ですね、あの若さで。
スミレちゃんの考えてることを全て理解して、スミレちゃんがどうすれば喜ぶかを知っていて、そしてスミレちゃんの幸せを自分の幸せと感じることができる。
うんうん、いい子だ。


いつもは飄々としてるのに時々本気を見せるモモにドキドキでした。
個人的には、11巻終盤からの、スミレちゃんに告白することを決意したモモが好きだったかな。
モラトリアムの終わりを前向きに迎えたモモが素敵でした!


でも私みたいな平凡な人間には、福島さんのようなたくましい生き方に惚れちゃいます。
自分の持ってる武器を最大限生かして打算で生きる、その考え方が素敵。
でも最後は、結局落ちぶれた?蓮見先輩を見捨てられなくなっちゃう。
そこが福島さんのいいところでもあるわけです。


最後まで幸せになれる、夢を見られる漫画でした。
あー、スッキリ!



十二秘色のパレット(1)(2)


「ガートルードのレシピ」の作家さんの作品。
独特の淡白な作風と、その中に織り交ぜられる短いけれど印象的なモノローグが好きな作家さん。

この漫画も例に漏れず、独特の淡白な作品になってました。
特にホスト部、きみぺと甘~い作品を読んでたので余計に(笑)

とりあえずグエル先生素敵!!!
もう、セロとグエル先生のやり取りにニヤニヤです。

ガートルードでもそうだったんだけど、
ヒロインがヒーローに対等であろうとする姿勢が好きだなー。

ガートルードでは、
ガートルードに興味がある敵に捕まったサハラが、
ガートルードが助けにくることは分かっていても、
彼が助けにくるまで何もしないで待ってる自分が嫌で、
罪悪感で謝って欲しくもなくて、無駄にあがくという話がありました。

この漫画でも、三つ子ちゃんに雪を見せてあげるために、高いところへ昇る。

雪は死んだ家族を思い出すから苦手なグエル先生。
でも同じように高いところが苦手なセロだけど、三つ子ちゃんたちに雪の花を降らすために街一番の高台へ昇る。
そのセロの姿勢が、グエル先生の心を変える。

セロが高台にいると知ったときのグエル先生の反応がめちゃくちゃツボでした…!

想われるだけでも想うだけでもない関係も好きで、
次のクリスマス話もツボでした。

「火傷は痛む?」「それほどでも」
このやり取りがすーーーっごくツボでツボで。


公式ページのセログエル先生の絵でまたドキドキ。
確かに本編の二人はベッドには程遠い関係かと思いますが(笑)
なんというか、「きゃー」と喜んでるような反応がセロらしいというか。
想い想われる関係って素敵!





○私の少女漫画履歴

小さい頃は多くの女の子と同じで「りぼん」を愛読してましたね~。

私は「姫ちゃんのリボン」が読みたくて「りぼん」を買い始めました。
(ちなみにウチの兄は、「ドラゴンボール」が読みたくてジャンプを買い始めたそうです。)

時期的には、「姫ちゃんのりぼん」「天使なんかじゃない」「ママレードボーイ」が連載されていて、なかなかいい時期にめぐり合えたのではないかと思ってます。

「ベイビィLOVE」の終盤くらいまで「りぼん」を買ってましたね。
(柊ちゃんとせあらが上手くいったところまでは読んでます。せあら中学生編の途中で「りぼん」を買うのを止めちゃいました。。。)



中学二年か三年あたりから、無意味に硬派ぶって少女漫画を読まなくなりました(笑)
そんな甘い漫画読んでられないよ、みたいな。
今思えばなんだったんだろう?って感じなのですが。


でもまあそんな時期を乗り越え、普通に少女漫画も読み始めるようになりますが。


一番はまったのは、カレカノかな?
個人的には雪野編と有馬編の合間の真秀さん編つばさちゃん編がすごーく好きでした。あの二組のカップルが一番好きかも。


好きな作家さんは、モチカリ!望月花梨は外せません。

独特の清潔感のある絵柄の中に含まれた色気というか。
とてつもないを含んだ、でも見た目は清廉潔白な。

そういう味が凄く好きです。

特に好きなのは「緑の黒髪」

親の再婚で義理の姉弟になった同い年の少年少女の話。
もうねー、この二人が姉弟という関係を維持するために工夫してることとかが、毒を含んでるというか。
ラストの余韻も好きです。でももうちょっとスッキリしてほしかった。
宙ぶらりんで終わってるのが唯一…。


あと「鍵」に収録されている「犬と夏服」

これはもうモチカリー!!!と言いたくなるようなラストに満足。
この毒こそモチカリテイスト。





R-1グランプリ

優勝した方、とんねるずのみなおかに出てますよね~?
ちょっと気になってた方なんですが、面白かったー!!!
アタック21の司会の児玉清の物まねネタなんですが、上手い!
ラスト、アタックno1に合わせたネタの部分はもうやばかった!
大好きでした~。

そしてあべこうじ。
私はあまりあべこうじ好きじゃなかったんですが、今回は好きでした。

「ウィンナーの話」「バイクの話」「三味線の話」、
色々な小話を展開させていくのですが、
全てが気づいたら「ウィンナーの話」に戻っている、という繰り返し(天丼)がたまらなくツボで、ウィンナーの話に戻ると、逆に嬉しくなっちゃうんですよね、不思議と。


マーさんが途中で敗退していてあまり興味のなかったR-1グランプリですが、予想以上に楽しめて満足でした!



幻水5

発売まであと三日とかあるともうドキドキが止まりません。

バイトのお休み準備は整えてあります。
といっても、二期生の生徒は今週末から来週頭にかけて期末試験が入るので、あまりお休みが取れなかったのですが;;
(親御さん直々に振り替え授業お願いしますとか言われたら断れない~!!)

でもテスト日程とうまくすり合わせをし、
なんとか発売日の2/23と2/24の休みはゲット!
この二日間は幻水三昧になりそうです♪
某佐川さんが指定通りに届けてくれれば午前中には届きますし…!


またブログの記事を読んで、今回は軍師に期待できそうで嬉しい限り!

やっぱり幻水といえば軍師
軍師の知恵の見せ所はイコール幻水の燃え場面になりますからね!
性格悪い軍師なんてウェルカムです。
そもそもシュウ兄さんの性格が良かったとは思えませんし(笑)
マッシュ先生は出来た人だったと思います。


ジーンさんの格好がすごいわけですが、
前々から何度も書いてますが私は3のジーンさんが一番好きだし、一番エロスを感じますよ、出し惜しみしつつ白い肌を際立たせる黒いドレス、セクシーじゃないですか。


あとキリィが楽しみ。
実はつい最近までキリィなんてどうでもよかったわけですが、
ローレライを仲間にするときのイベントを見てちょっと惚れました(笑)
意外と真面目に軍に参加してくれている感じのキリィが好きです。
生意気な小娘的なローレライにも惚れます。


リムに対しての思わせぶりな発言なんかも、
今回の幻水は結構重厚な物語を期待できそうな感じがしちゃうわけですが、最後に、一言。

期待しすぎはイカン!!!

予防線は張っときます(笑)

舞乙第19話 宿命の17歳 (^^;) 

今週は先週・先々週までの流れと打って変わり、
来週以降への溜めモードといったところ。


でも、アスワドの昔話はグッと来てしまいました。
色んな意味でラド(レイトさん)にドキドキでした(笑)
(関俊の声が好きなのよ~)
(今週はラドの台詞が多めだったので、ときめきながら聞いてました・笑)

「私のために・・・」というトモエは恐すぎでしょう…!
いや、嘘ではないが真実でもないというか。
愛するが故の思い込みは恐い・・・!
今後の活躍?が非常に楽しみな子です。かき回してほしい、色々と。


でも実はもう一人ドキドキした人が、チエ先輩・・・!

確かに学園は行方不明者独房に入れられた者気づいたらナギのオトメになってた子なんかもいて、皆バラバラで。
なんだかんだいっていつも一緒にいたトリアスのアカネちゃんやシホ、ナオもいなくて。
もう、トリアスメンバーがいつものようにあの部屋を歩いてるところを回想しているチエ先輩が切なくてね~・・・。

ところで手紙の相手は誰でした?
あとでビデオで見返しますが、アオイか上司になるハルカちゃんかそのまたさらに上司のユキノだと思うのですが・・・。


そうなのよ、いつも一緒にいたトリアスの仲間がいなくなったとたそがれるチエ先輩でしたが、アオイももういないのよね…。
それを知ったときのチエ先輩の反応が恐い。

トモエ黒化も含め、チエ先輩vsトモエはある気がしますが。。。





ってか学園長、わいせつ物陳列罪って・・・!

ってか予告も凄かったけど(笑)


でも一番ビックリは、「永遠の17歳」という台詞。

前作では碧ちゃんのギャグ台詞でしたが、
今作ではミドリちゃんの切ない台詞になっててめちゃくちゃビックリ!
言葉って・・・すごいね。



▼... Read more ≫

美女か野獣/Ns'あおい/その他 

○ドラマ感想

・美女か野獣

菜々子男前!!!!

最終話ラストの松嶋菜々子の男前っぷりに私、惚れ惚れでございます。

でもね、その後(前だったかな?)に見せた巧海に対する笑顔とかは、
本当に可愛くて素の笑顔って感じで、
今までの「フッ」って感じの不敵な笑みとは違くて、ここでも惚れ惚れ。
かわいいよ菜々子!!!

やっぱり松嶋菜々子にはこういう役のが合うのかも・・・。
(いや、一番のはまり役は桜子さん?私は若葉ちゃん派だったのですが・笑)

っていうかさ、松嶋菜々子福山雅治が並んでるだけでもう満足って感じのドラマでしたね。かっこいい二人でしたよ、本当に。
時々福山雅治のマジモードの話し方が鼻についたわけですが(笑)

脇も良かったこのドラマ。
アンカー桜井さん役の方は本当に声が素敵。
ダンディーとはこういう人のことを言うんでしょうか。
渡辺いっけいのヘタレっぷりもツボでしたし、
私はこういう、たくさんレギュラーがいるドラマが好きなんですよ。
(だから救命病棟2も好きだったのかも。)



・次(離婚弁護士)の次の再放送ドラマは・・・


ラブコンプレックス!!!!


うっわー、久しぶりのドラマですよ!!!
もう大好きで大好きでたまらなかったドラマ!
唐沢寿明の傲慢さとか無茶苦茶さとかもう全てが愛しかったドラマ(笑)

独特の演出、独特のキャラクター。
本当に大好きだったんですよ、このドラマ。
非常に楽しみです。
いやー、本当に滅茶苦茶というかなんというか。




・めちゃイケ

油谷さんの年(W杯の開催年)だと思ったら、本当に来たよ、コレ(笑)
四年に一回のお楽しみでございました。


・HEY×3

NO PLAN登場~!

Mステよりもみんなリラックスしてたのは、
やっぱり番組の違いかな?
(Mステはいかにも音楽番組ですが、これはそんな感じしないし。)

やー、でもみんな馬鹿でやっぱりこの人たち大好きです!
内P復活しないかな・・・。



・ジャぱん

一時間SPだったのね、ビックリしました!
でも嬉しかった。私はやっぱジャぱんが好きなようです(笑)
銀魂も楽しみですが、残り二ヶ月、楽しみましょう、ジャぱんを。
そして相変わらずBLEACHは見てない、と・・・。



・Ns'あおい


いい話でした!

今週は江藤が主役の話。

もうね、私は江藤みたいなキャラクター大好きなのよ。
イタタタ、みたいなキャラクター?
というか、弱さというかなんというかダメなところを抱えた未熟なキャラクター。
そしてそこから成長していく話に滅法弱いわけですよ、これ。
(種ならフレイ、あとウソップもそうでしたし(ただウソップはそういう場所から始まって「勇気」がクローズアップされるキャラだけど)、アイシールドの桜庭君も似た部分あると思うし、幻水4のスノウもそうですね。)


江藤が、初めて担当患者を任され、
柄にもなく張り切ってる場面はなんとなく微笑ましかったです。
彼だって、周りになんと言われようが、
彼なりに医者としての使命を感じてるわけですよね。


今週は、あおいが江藤を支える役になってて、
妙にあおいが男前だったのも印象的(笑)
黙って俺についてきやがれ的な強さを感じました(笑)


相変わらず高樹は高樹でかっこいい!
気管挿管の場面で、わざと江藤の補佐役に回り、江藤に対して敬語で話す。
これは、「江藤を一人前の医者として扱ってるぞ」という高樹なりの無言のアプローチで、江藤にああいう患者しか任せなかった田所とのいい比較にもなってましたね。


最後、お面を被りながら、ちょっと震え気味に、
あの患者に食事制限と禁酒を命じる場面も微笑ましかったです。
そんなに恐いなら言わなければいいのに~、と思いつつも、
今までの江藤なら逃げてたのにきっちり言ってるあたり、
江藤は江藤のペースで成長してるんでしょうね。


さて、小峰さん!!!
大丈夫なんでしょうか、様態は・・・。
来週、深刻に思いつめてるようですが、まさか最終回前に杉田かおるが退場だとは思えませんし、安心して観るつもりですが・・・。

あとは高樹の奥様も登場で、今後の展開が気になるところ。

ガンソードエピソード+詳細 

私の知らないうちに、
ガンソードエピソード+(ドラマCD第2弾)の内容が出ていたようなので、
まとめサイトより転載。


ガンソード エピソード+(プラス)
本編で語られなかった大切なエピソードと、キャラクターソング収録
3/08発売予定
------------------------------------------------------
1 prologue
2 第一幕『ep. 16.5 出発の朝に』
3 The Ballad of Wendy / ウェンディのバラード
4 幕間劇『続・レイさん』
5 第二幕『ep. 0.4 停車駅』
6 幕間劇『秘密のカルメンさん』
7 第三幕『ep. 4.7 流転』
8 幕間劇『勇者は眠らない』
9 第四幕『ep.15.2 来る日のために』
10 エンディング・テーマ 愛ノチカラ
11 epilogue
12 出演者コメント




-------------------------

エピソードの付け方が、リヴァイアスっぽい!!!

ep.16.5っていうのは、16話と17話の間の話ということで、
リヴァイアスのドラマCDもこういうタイトルの割り振りがされてたのですよ。
sere.25.**とか。(25話と26話の間の話)
(詳しい数字は忘れちゃったけど;;)



特に気になるのは、やっぱり「続・レイさん」でしょう!!!

第1弾収録「レイさん」の続きってことで、どんな話になることやら。
(「レイさん」は、プリシラが暇つぶしにレイとしりとりをやるというお話。プリシラの名前を「プリ…プリ…プリプリ」と言ったり、ネガティブな言葉しか思い浮かべられなかったり、最初は無視してたのに案外マジモードになってたりと、レイ兄さんが哀れ素敵なお話でした・笑)

今回もプリシラと何かしら対決でもやるのかしら。


「勇者は眠らない」はエルドラの話でしょうか。
これは結構熱いものを期待できそうです!


今回はパラレル物じゃなく、真面目な話が期待できそうで楽しみです。


あとは15話・16話前後の話が二作。
15話・16話は、ウー編ということで、話はウェンディヴァン中心なのかな?
でも本編でこの二人とウーが描かれてたので、
ウー編の最中、他のキャラクターは何をしていたのか、みたいなアプローチってこともありえますか。
どうなることやら。

出発の朝と書かれると、ウェンディヴァンの出発を想像しますが、
これは16話ラストで描かれてましたし。
個人的にはジョシュアプリシラを予想。(希望的観測)


CDドラマ第一弾感想は→コチラ

CDドラマ第一弾は→こちらで視聴可能ですよ。

舞乙第18話 ホワイトアウト 

ア~オ~イ~!!!



今週の展開もヘビーでした…。

全てはマシロの我侭な悪政が原因だとは思いますし、
マシロが大切なものを失ったのは因果応報だと思う。


でもアオイさんに罪はないだろー!!!(涙)

アオイさん、いい人すぎる…!
私だったら売り飛ばすよ、あの場面。
なんで、アオイはあの場面で、マシロに笑いかけられるのよ…(涙)
マシロの我侭に一番振り回されてた人ですが、
マシロの内面に潜む寂しさとかに気づいてくれてる人だったんですよね…。


あれですか、毎週誰かしらが消えるような展開になっちゃうんですか!?
(最後は全員復活エンドだと信じてますが・笑)



アバンのマシロたんで既に泣きモードで、
ハルカちゃんのアホっぷりとか石頭っぷりとか、相変わらずな学園長ナオに癒されてたりしたのですが、やっぱり後半のマシロパートで涙涙。


因果応報の一言で片付けるには重すぎる展開でしたー!
まさにマシロの正念場がやってきましたね・・・。
アリカとの約束を力に変えて欲しい。
アリカとの友情を思い出して欲しいです、頑張れ…!


あー、アオイさーん・・・。



詳しい感想は後ほど。



最後に一言、先週よりEDは空気が読めてましたね!





▼... Read more ≫

幻水1&2、PSPに移植発売! 

パッケージの配置の仕方が省エネで笑えました




幻水5発売に合わせて、幻水1&2がPSP版として発売されます。


やっぱり幻水ファンにとって、1と2ってのはすごく意味の大きい作品

これを機に新規のユーザーが増えてくれれば、と思いますが、
ぶっちゃけこういうのは、ファンしか買わない気もします(苦笑)




CERO12のマークがついてますが、
やっぱり原因はルカ様でしょうかね?
「ブタは死ね」「俺は心ゆくままに邪悪だったぞ」はRPG史に残る名言だと私は思いますが、さすがに残酷描写すぎますよね;;

でも、戦争を通しての悲惨な描写も真正面から描いていくのが、
幻水なのよね~とも思います。

幻水といえば、主人公の身近な人の死っていうのもつき物ですしね。

でも戦争は人が死ぬもので、幻水はそこから逃げませんよね。

「なぜ人は争うんだろう?」みたいな哲学的な問いかけは幻水には存在しません。
「戦争はいいか悪いか」なんて問いかけも存在しません。
平和な世界を得るため、時に傷つきながら時に迷いながらも、
でも戦っていく。
それが幻水の物語の基本なんでしょうね~。



ティント編夜逃げルート時のビクトールの台詞が胸に突き刺さります。

「よぉ、主人公。

 リドリーのことは気にすんな。
 ヤツも軍人で戦士だった。
 戦いの中で、一人の戦士が死ぬ。
 よくあることだ。

 リドリーのことに涙するなら、
 今までの戦いで死んでいった全ての兵士に涙する必要がある。

 だから今は先を、未来をよおっく見据えて、
 涙を流すなら、後にしておけ。」




ビクトールは本当に1でも2でもおいしい役回りをしますよね~。
どこかの青臭い人とは大違いです。(青い人も大好きですけど)


オフィシャルサイトに、幻水1&幻水2のキャラ紹介があるんですが、
何、このビクトールとフリックの差は?と問いかけたくなるほど。



ビクトールの説明

トラン解放戦争で解放軍の主力として活躍したが、最後の戦いで行方不明に。
以後はミューズ近辺で傭兵部隊を組織し率いていた。
一見がさつな雰囲気だが、心の裏には悲哀が見え隠れする。
それを決して表に出さない生き様が多くの人を引き付けている。



フリックの説明

赤月帝国で解放運動初期メンバーとして活躍。
ビクト-ルとは3年前からの腐れ縁。
戦士の村の出身で成人の儀式の途中だが、村に帰る気はないようだ。




何、この扱いの違い!!!


ビクトールとフリックは腐れ縁コンビだと思うのですが、
でも明らかにおいしい場面はビクトールのが多いよね~。
幻水1でのフリックといえば、オデッサ関係での青臭さ丸出し、
幻水2でのフリックといえば、やっぱりオデッサのことで青臭さ丸出し。
でもそういうフリックが私は好きですよ?
(戦闘で使ってたのはビクトールだけど。)

ガンソードDVD第5巻 表紙はカルメン 






ガンソードDVD第5巻はカルメンでしたー!!!



妥当です!
(最近再びとあるドラマにはまっていて、「妥当です!」とつい言いたくなってしまう…)


ここまではある意味予想通りだったわけですが。
収録内容とマッチした表紙の人選で、納得の限りなのですが。


6巻以降はどうする!?


私は、プリシラとオリジナル7とカギ爪とエルドラを順次登場させると予想してたのですが、
(プリシラ/ミハエル/ファサリナ/双子/ウー/ガドヴェド/カギ爪/エルドラユキコ)
でもカギ爪がDVD表紙ってどうよ!?
ってかエルドラとユキコって人数多すぎて入る!?
とか冷静に考えてみると問題があったりしたわけですが…。


とりあえず、6巻でガドヴェドが来るかどうかが見もの、でしょうか。
ここにガドヴェドが来たら、予想は当たると思うんですが…。


あ、プリシラ表紙のときはピンク基調ってのは確定でしょうね!
一応、色も各キャラのイメージカラーに揃えてるのよね…。


詳しくは、ガンソード表紙予想をご覧ください。




一部噂では、谷口監督が今年10月から新アニメをやる予定だとか…。
待ち遠しいものです。(気が早すぎ)



舞乙のOPのネタバレ具合とかすっごく好きだったのですが、
ふと、ガンソードは一切ネタバレのないOPEDだったなあとしみじみ。
あのOPED形式にネタバレも何もないのかもしれませんが、
でも本編で登場しなくちゃOPEDに追加されないってのは面白かった。
黒塗りシステムはアレでしたが。(スクライド…)


(でも冷静に考えてみると舞乙のOPも大してネタバレしてない…よね?)
(マシロ+アスワドの意味深なカットとトモエシュバルツくらいな気が…。アリカvsニナになることは予定調和すぎますし…)



深夜枠、しかもテレビ東京のみの放映という中で、
手の込んだ仕掛けが一杯だったアニメ。

本編の内容に応じて変化していくOPとED。(キャラ追加・削除)
最初の提供バック絵では月の形が変化。(だんだん満ちていく)
本編の内容は言うまでもない。
ED曲は特別なバージョンが複数存在。
(A Rising Tide(通常ED曲)・SOS(17話)・Paradiso(9話11話)・calling you(24話)と計4曲。それに通常EDのアコースティックver.(22話)と二番ver.(13話)と、正直手間掛けすぎだろって思うくらいありましたね。)
(ただしこれはスポンサーとの絡みとかもあるんで、ビクター製作なおかつビクター音楽だからこそ出来たことなんだとは思います。)
そして谷口作品ではお馴染み、最後の提供バック絵は書き下ろしオリジナル絵。


OPから「次回もお楽しみに!」の文字が出るまでがアニメなんだ、
ということを本当に感じます…。
あー、こんな熱い作品にまた出会いたいものです!


ドラマCD第2弾も楽しみにしております!
今回は、シリアスというか、前回のようなパラレル物ではなさそう…。
切ない話を期待してますが、
日常の間を切り取ったコメディなんかも見てみたいなー!

「本編で語られなかった大切なエピソード」って公式サイトには書かれてましたが、これだけ読むとシリアスっぽいものな気もするし、でもあのスタッフがこう書くと、逆にめちゃくちゃ下らない話な気もするし…。


プリシラのキャラソンは「愛ノチカラ」
これはヴァンへのラブソング決定ですね(笑)

ウェンディのバラッドは、もう桑島さんのラジオで流れてたそうですね。
歌詞はかーなーり、切ない感じだったので、こちらも期待。
(最終話、最後再会するまでのウェンディの心情を書いた詞だったと思います。)




ところで、コナンにジョシュアが出たってマジですか!?(笑)


野田ボイスで空気の読めない天然ウザキャラという、
まさにジョシュアだろ!!と言いたくなるようなキャラだったとか…。
見たかったわー。
(*私はガンソキャラでジョシュアが一番大好きですよ、マジですよ。)

今後も出る可能性があるようなので、ちょっとコナンもチェックしてみようかな(笑)


しかしコナンも長く続いてますね。
私も頑張って45巻くらいまでは読んでましたが、そこでストップ…。
特に私の場合、コナンで一番好きなキャラはジンですから(笑)




---------------------------

以下雑記。

○ご懐妊の兆候があるとかないとか

いっつもニュース見るたびに不思議に思うんですが、

皇位継承が男だとか女だとかってそこまで議論しなくちゃいけないことなの?


いや、男の子も女の子もいるなら、男の子が皇位継承するってのは普通の流れだと思うし別に不思議にも思わないんですが。

ただ、女の子しかいないなら別に女の子でいいじゃん、とか思うんですけど。

代々続いてきた伝統云々っていうのも大切だと思いますし、
そういう意味では、どっちもいるなら男の子ってのはアリだと思いますが、女の子しかいないからどうしようかって論争が起きるのは、女として面白くないな~、と。


昔は女性天皇だって許されたのにね。(いつの時代の話だよ…)

血が途絶えるのがダメだって?
ってか天皇家だって一度は途絶えてるわけでしょ?(大昔の話すぎます)


我が家は、母親も祖母も、「お婿さん」をもらった人です。
(祖母は姉妹だったし、母は女の子の一人っ子だったので。)
(祖父-祖母はお見合い結婚でしたので、そういう前提で結婚したんだろうと思います。祖母は、いきなり祖父の勤め先(電電公社)に連れられて、「あの人が結婚相手だ」と言われたそうです。すごい時代です。)
(父と母は、父親が次男だったってこともあって婿入りになったんでしょうね~。ウチの母親は、よく、「ウチが父親の実家に結納のお金とかも払ったのよ~」なんて恩着せがましく言ってます(笑)でも絶対にウチは母親が父親にベタ惚れだと思う…!)
だからうちは、きっと代々続く血脈なんてないんだろうな~。


(庶民と天皇家を比べるなんて失礼極まりないことは分かってますが。)



そもそも私は「神武天皇」なんて言葉を聞くだけでも鼻で笑ってしまう人間なんで、ダメ人間なんだろうな~。

しかし日本人って皇室の話好きだよね?(私もですね・笑)

白い巨塔/美女か野獣 

○Ns'あおい


見逃した(涙)
見たかったよー!!!





○白い巨塔


最終話までドキドキしっ放しの話でしたねー!!!

もう財前の生き方には惚れる。

財前は名誉にこだわってた部分もあるけど、
でも里見が裁判で言ってくれたけど、他の人もそれを知ってるけど、
決して人の命を軽く見るような医者ではないのよね!

人の命の重さを知っている医者だと思うのよ。
やり方が強引で、
そりゃ、里見みたいな生き方の方が理想的なんだとは思うけれど。

でもなかなか他の人に理解されにくくても、
里見はそれを理解してくれてた、それは嬉しいことですね。

そして東教授も、そういう部分は知ってたのかも。
ただ、確かに強引すぎるから嫌われるには十分すぎる理由もあるけど(笑)

鵜飼教授と東教授も微妙に対立していったと思いますが、
「財前五郎」という医者を理解してたのは、
財前の味方だった鵜飼教授ではなく、
財前と対立してしまった師である東教授だったんでしょうね~…。

やっぱ東教授が一番好きです(笑)


財前派としては、里見シンパの佐枝子お嬢様にイライラ(苦笑)
このお嬢様が一番頑固だったんじゃないでしょうかねえ。
里見も素晴らしい医者だけど、
財前のことだって少しは認めてくれたっていいじゃないか!


そして奥様にドキドキ。
財前が愛していたのは、きっと愛人の方だと思うけど、
でも奥さんに対して、情はあったんでしょうね。
家族愛というか、ずっと一緒にいたらそりゃ自然に湧くだろう的な感情。

「あいつは何も失ったことがないから」と、
財前がこれから夫を失ってしまう奥さんのことを心配してくれたことがちょっと嬉しかったです。


最後まで痺れる人間ドラマを繰り広げてくれた素敵な作品でした!



○美女か野獣

松嶋菜々子と福山雅治のドラマ。
ライトに楽しめる1話完結が基本のドラマで、個人的に好みだったドラマ。
再放送が開始されて嬉しいです♪

裏で「魔女の条件」もやってましたが、
松嶋菜々子にはこういうクールな役のが意外にあってるかも?


渡辺いっけいが出てるのも嬉しい!
私、渡辺いっけいファンなんです(笑)


「救命病棟24時2」も好きドラマの一つだったんですが、
(好きなのは2であって、1でも3でもない・笑)
このドラマでの渡辺いっけいの役どころがね、凄く良くて!

上からは低予算で売り上げアップを言い渡され、
下からは過酷な救命現場の愚痴を聞かされ。

そういう中間管理職の悲哀を感じさせながらも、
それでも上からの圧力にめげず、いつも救命スタッフのことを守ってくれる頼れる医局長の役をやっていましたねー。

しかも最終話(正確には最終話の前話のラスト)でこの人が…!(涙)



って話がずれた。

というわけで楽しみにしております。
ラストは、松嶋菜々子が非常に男前だった記憶があるのですが…。



○ジャぱんとBLEACH

これも見逃したー(涙)
BLEACHは別にいいんですが、(今オリジナルだし…)
ジャぱんは見たかったよー。あと数ヶ月しかないのに!




○次は離婚弁護士

美女か野獣の次は離婚弁護士の再放送開始のようです。
これも好きドラマだったから嬉しい限り♪

天海祐希が4月から月9をやるようなので、その対策かな?

離婚弁護士は1のが面白かった作品よね…。
救命病棟は2のが好きだったけど。

幻水5に向けておさらい~歴代OP・ED編~ 





(幻水2とも幻水5とも関係ありませんが、幻水3漫画版、志水先生のHPの日記に「カラーページがすごいことになってる!」って書かれてたんですが、何が起きてるんでしょうかね…!)
(10巻ラストはワイアット(恐らくセラの幻術)がクリスの目の前に現れたところでストップですが、…どうなることやら。)
(最終巻表紙も気になるところ!主人公ズルクセラか…。)
(108人表紙も見たかった気がしますが、日記で否定されてたしなあ・笑)
(背表紙はレックナート様だと思いますが…)





さて、今回はOPの話。

ゲームにおいて、OPって結構重要だと思うんです。
私は、ゲームをやるとき、電源を入れた後、何もボタンを押さないで、
まずはOPを見るようにしてます。


幻水関係なく言うと、一番印象に残ってるのはクロノ・クロス
あれは音楽が最高でしたね!
今聴いても燃える音楽でした。盛り上がるのに切なくて郷愁もある曲。


あと最近リプレイをしたアーク3も好きです。
最後、仲間たちが順に立ち上がって決める場面はカッコいい!
爽やかなアーク3らしいOPでした。
(アークシリーズのOPはよくニュースとかで流れてますよね)

音楽といえば、FF9
「いつか帰るところ」は個人的にかなり好きな曲。
エーコ好きとしては彼女に添えられてる言葉が「孤独」で切なくなります。



・・・最近新しいゲームをやってないことがバレるなあ。
(私は幻水は好きだけど、ゲーマーではないので;;)
(最近のゲームは幻水とシャドウハーツ以外本当にやってませんね)



それでは幻水シリーズのOP。


○幻水1

荒削りだけど、それすら愛しくなるOP(笑)

多くの人に指摘されてますが、誰かの会話と思われる台詞、
あれを幻水3をやった後に見ると、なんか深く考えちゃいますね。
(あれがレックナート様とルックの会話かと思うと本当に…)


実は某所でサターン版のOPも見ました。
かなりの評判で楽しみにしてたのですが、本当によかった!

かなりゲームの内容を暗示する描写がサターン版OPには多い。

黒背景で、テオオデッサグレミオテッド君が浮かび上がってくる場面。
ゲームをプレイした人ならこの人選の意味が分かる、
「ある共通点」を持つ人たちなのよね~(涙)

オデッサのピアスやグレミオの斧、テッド君の手袋なんかも出てくるんです…。

帝国将軍たちの出し方も上手くて、熱くなるOPでした。



○幻水2

幻水2が一番好きな私、当然OPも2が一番好き(笑)

2主とジョウイが浮かび上がって、輝く盾の紋章と黒き刃の紋章が重なっていく最初の部分は、音楽がいいですね。
こういう民族的な感じが幻水には合ってる気がします。

そしてハイランド側のキャラクター紹介から始まる部分。
2のOPで一番好きな部分です。

アガレスから出てきて、ジル・キバクラウス親子・ソロンジー・クルガン・シード、そして屍の上で雄たけびを上げるルカ様。

倒したくなる感じがすごく出てたと思います、特にルカ様素敵です。

キバクラウスのカット、クラウスは全身像なのにキバは胸から上のカットが浮かび上がってるだけで、ちょっと笑ってしまいました。(不謹慎です)

対照的に爽やかな同盟軍サイド。
最初と最後を2主・ジョウイ・ナナミで締めてるのもよかったな~。
幻水2はキャロっ子三人の話だと私は思ってるので。

ゲンゲン隊長とガボチャが破格の待遇なのも見逃しちゃいけませんね!

あとシュウ兄さんも一人なんだかおいしげな描写。さすが軍師。

幻水1より爽やかな印象の残る幻水2のOPでした。




○幻水3

音楽が最高に良いOPだと思いました。姫神最高!
なーこめーななーこめー

一部嘘カットが混じってるのもご愛嬌よね(笑)

リリィお嬢様とヒューゴ、OPみたいなイベントがあったらよかったのにと今でも思いますが。この二人の間に深刻な空気は一切流れませんでしたね。


心残りなことがもう一つ、OPにシーザーがいないよ、シーザーが!!
一応軍師よね?シーザーって軍師よね?
幻水において軍師は一番重要キャラでしょうが!
アルベルトはちゃっかり出てるのに!
(アニメ製作チームさん、シーザーとアルベルトを取り違えちゃったんでしょうかね?)

まあでもゲーム中の活躍度を考えるとOPでハブも仕方ないのかもしれませんが…。


OPで黙って立ち去るフランツと涙するイクを見るたび、
何でイクはフランツなんかに惚れたんだろう?と疑問に思ってしまうのもここだけの話。
(いや、フランツも好きですよ?青臭い人好きですよ?)



○幻水4

音楽がおしゃれ関係。(なんだか誤解を招く言い回し)
海が舞台の幻水4に合った音楽で、これまた個人的には好みでした。


まずシリーズプレイヤーへのサービスとしてテッド君
使い方が上手いわね。
(でも私はテッド君が出てることを知ってたのであの後姿がテッド君だと気づきましたが、知らない人は分からないかも?)


後半は、騎士団メンバーの日常を切り取った描写で、
それはもう戻らない日々の象徴であるのよね。

ただ、今までの幻水は「もう戻らない日々」は本当は戻りたい日々でもあったと思うんです。
坊ちゃんなら、偉大な父親のいる家で、テッド君やグレミオ、クレオ、パーンと仲良く暮らす日々。
2主なら、ジョウイやナナミと一緒にキャロの街で暮らす日々。
3の場合、ヒューゴなら、ルルたちと一緒に仲良く暮らす日々。

でも、4様の場合は、海に出て幸せだったと思うのよね~、ぶっちゃけ。
スノウの小間使いの日々が戻りたい日々だとは思えないのよ。
いや、私は4様とスノウの友情とか好きだけどさ、それとこれとは別でしょ。

無実の罪で追われたには追われましたが、絶対に出て行った方が幸せだったじゃんと思えるのが不思議。
ってめちゃくちゃ話が逸れました。




幻水5はどんなOPになるのか、今から楽しみです!



-------------------------


ついでにED。

幻水のEDは毎シリーズ同じで、「108星のその後を一人ずつ3-4行の文章で紹介」+「ED一枚絵」という形式です。

が、1と4は紹介される108星の順番は宿星順ですが、
2と3は、縁のあるキャラクターを宿星に関係なくまとめていました。

個人的には2や3形式のが好きです。
主人公は最初より最後にあるほうが燃えるよ!

(1と4は宿星順なので、主人公から紹介されてた気が…)
(坊ちゃんとグレミオって最後でしたっけ?)

(2はシュウ兄さん・ナナミ・主人公で〆)
(3はユーバー・セラ・ルックで〆でした)


2や3は、いくつかのパートに分けて紹介してたのも印象的。
バックの絵も変わるのよね。

特に3は、ヒューゴ編・クリス編・ゲド編・トーマス編・シーザー編(実質その他編)に分け、音楽なんかもいい感じで展開していったのが印象的でした。
(ゲドパートなんて、カレリアを思い出させる音楽だった気がする)

ジンバはクリス編に入れられてたね~、しみじみとしてしまいます。


幻水5が2や3形式だったら、最後はルクレティア・リオン・5主ゲオルグ・リオン・5主で〆になるのかな?


幻水1だったら、マッシュ・グレミオ・坊ちゃんで〆。
幻水4だったら、エレノア・スノウ・4様で〆になってたんでしょうか。
(リノ・スノウ・4様かな~?)
(テッド君・スノウ・4様もありえそうですね。)

幻水2お話まとめ(長い…) 

幻水2ストーリーまとめ。
自己満足及び備忘録。
ま、ニコニコのまとめを見るほうが早い気もしますが(笑)




力?
ぼくらは力を求めているのか?

ぼくがはじめて
 君に会ったあの日・・・・・
ぼくはいつしか
 君と友達になった・・・・・
君がいたから
 ぼくはさびしくなかった

あの時が
 永遠に続く気がしていた・・・・・


僕らは、同じ道を歩いた


生も死も
 ともに選んだのだから・・・・・


信じていた・・・必ずと・・・・・
多くのものをともに・・・・・
▼... Read more ≫

幻水5に向けておさらい~クライブイベント制覇~ 




(ミアキスと見るとなんとなくセシル(3)を思い出しちゃうのは私だけじゃないはず…!)
(何より声がメイリン(折笠さん)ですか…!)



○クライブイベント制覇!

ちょっと時間があったので、クライブイベントを行いました。


エルザとクライブの微妙な関係、もう少し突き詰めた形で見たいものです。(外伝で、エルザ視点で掘り下げられてるようですね。外伝未プレイなので;;)

感情をあまり表に出さないクライブが、
いつも黒いマントを身にまとっているクライブが、
最後の最後に、エルザの前で感情を出してる場面は切なかったです。
普段マントを身にまとってるから分かりにくいクライブの金髪がよく見えて、辛かったです。

「もう私には追いつけないよ」みたいなことを最期に言うところとかも!
なんというか、微妙に歪な関係といいましょうか。



所要時間は15時間ちょっと

でも実際には、「あきらめない!」→「リスタート」を何回かやりましたので、実質は20時間以上掛かっちゃってますね。(ダメじゃん)
(前半からロックアックス方面に行ったときと、ルカ戦対策にレベル上げしてるときに使っちゃいました。)


少し気を抜くと、台詞とかしっかり読んじゃうから大変でした。
(クライブイベント中は、台詞なんて読んでる暇は無い。)

特にシュウ兄さんの台詞は本当に読みたくなりやすい(笑)
カッコいいんだもん、軍師!!


ヒックス&テンガアールゴードンで半ば切れそうになりながらも、頑張りました。
メイザースペシュもむかついたけどね!
でもやっぱ一番辛いのは、ゴードンかなあ。
グレッグミンスターに行くのが面倒だし…。
(これって、坊ちゃんを仲間にするのにわざと手間をかけさせるってことかな。)




そんな中、実は今回のプレイで私、初めて、

リドリー将軍を救出できましたー!!!

クライブイベント中ですから、早く終わらせたかったのですが、
こんなときに限って、上手くいくものなんですね~。びっくり。

リドリー将軍がめちゃくちゃクリティカルを発動してくれまして、
あれよあれよと周りの敵兵が消えて行っちゃいまして。
ちょっと嬉しかったです。




○幻水5に向けて


キリィとローレライ、幻水5に出ることが確定していますので、
ちょっと幻水2でのローレライを仲間にするときのやりとりを覚書。


(赤:キリィ/青:ローレライ)

「相変わらずだな、ローレライ。
 得ばかり考えている女に、シンダルへの道は開けないぞ。」


「あんたは!!キリィ!!!
 ファレナ女王国に行ったんじゃないのかい!?」


「行ったには行ったさ。
 お前の情報でな。
 たいしたもんだ…
 シンダルの道どころか、ついた途端に警備隊に捕まって、
 牢にぶちこまれた。」


「ふん、ドジなことだね。
 それくらい、考えていたらどうだい?
 残念だったね。」


「そうでもない…」

「まさか!!!何か見つけたのかい!!?」

「さあな、言う必要はあるまい。」

「冗談じゃない。あの”情報”はあたしが…

「私は、今オレンジ軍に手を貸している。
 まあ一人増えたところでどういうことはないが、人手は欲しい。」


「くっ汚いわよ!!」

「どっちがだ…」

「分かったわよ…その前に…
 (2主をじろじろ見る)
 ふーん、なかなかのもんだね…
 キリィ、あんたの見る目も、衰えてないね。
 主人公、あんたの力になるよ、
 あんたには、勝利の女神が微笑んでいそうだしね。」




今まであまり、キリィとかローレライとか気にしてなかったのですが、
ちょっと上の会話見て、キリィに惚れそうになりました。
キリィって意外と、真面目に軍に参加してくれてるみたいね。
(でも仲間になるときも、2主の名前をよく聞いていて云々とかって言ってたっけ?どうしてもアレックスを脅してたイメージしかなくて・笑)



しかし、同じ幻水5の戦争に参加しておきながら、
「女王殺し」に関わってるキリィと関わってなさげ?なローレライ。

「女王殺し」の謎は深まるばかりです。
(前も書きましたが、「女王殺し」が幻水5のイベントなら、キリィもそうだしゲオルグが「ファレナ女王国のあたりをうろつけない」っておかしい気がするんです。バルバロッサを倒した坊ちゃんはトランで英雄になってるのに。このあたりの真相が気になるところ。)


そもそも「どの女王が殺されるか」も分かってないのよね~。
アルシュタート(現女王/王子の母)なのか、
それともゲーム中で他の女王が現れたりするのか。(リムあたり?)


王子たちとキリィやゲオルグが険悪な雰囲気で終わることがないよう願ってます。





○おまけ

実は終盤の好きイベントの一つ、ジョウイとジルの別れの場面
台詞覚書。


(青:ジョウイ/赤:ジル)


「お呼びですか。」

「入ってくれ。
 君に頼みがある、ジル。」


「何でしょうか?」

シードとクルガンが時間を稼いでくれているが、
 この城はまもなく落ちる。
 そして、ハイランドは消え去るだろう。
 
 その前に、この子を、ピリカを連れて逃げてくれ。

 ハルモニアの片隅に、家を用意してある。
 召使いたちにも、よく言い含めてある。
 
 君はそこで……
 ブライト王家の人間ではなく…
 新しい名で生きるんだ……。」


「・・・・・・・・・
 ・・・・・・・分かりました。
 それで、終わり・・・・・ですか?」


「そうだ・・・・・・
 ・・・・・・・・・。」


「では、失礼します。
 いらっしゃい、ピリカ…。」


「すまない・・・・・ジル。」

「なぜ、わびるのですか?
 ・・・・・どうして、そのまま!!」


「ジル・・・・・・?」

「あなたが、私を利用していたこと、
 あなたが父や兄に何をしたのか、
 あなたが何を手に入れようとしているのか、
 全てを、私は知っていました。

 それでも、それでも、
 私はあなたの心を、あなたの想いを、
 あなたの目指すものを知っていたから
 全てに目を伏せて、私はあなたを愛したのに、
 なぜ、あなたは私に詫びるのですか?

 あなたは、あなたの想うことを行い、
 それを詫びる必要はありません。

 それが、私の夫・・・・
 私の愛した人なのだから。」


「・・・・・・・・・・・・・。」

(ジル、部屋を去ろうとして立ち止まる)

「もし、私が死んだら
 あなたは涙を流してくれますか?」


「・・・・・・・生きてくれ
 ジル。」


(ジル、振り返りジョウイの元へ走っていきながら暗転)

「これが・・・・最後の・・・・・」

「ジル・・・・・」

「さよなら…ジョウイ。」

「さよなら…ジル。」



これを見ると、ピリカとジルの元へ行くエンディングがあってもよかったような気もするし、でもここで別れたからこその美しさなのかもしれませんし。

グッドED時にジョウイが二人を遠くから見ただけで去っていったのは、
二人には自分と関わりのないところで幸せに生きてもらいたいと願ったからなのかな。
(ジョウイと関わったことが二人にとって不幸だったとは思わないけど、でもジョウイと関わったことで二人の運命は大きく揺れ動いていきましたし。)





クライブイベントをやりながら、猛スピードでリプレイした幻水2。
やっぱり面白いな、幻水2(笑)

幻水5はどこまで追いつけるか。
ちょっと恐いですが、待つことにいたしましょう。
期待しすぎはいけません。


(CMのナレーションは櫻井さんで確定でしたね!)
(本編にも出るのかなあ?CMのみの出演って関係なさすぎですしねえ…どうなんだろ。)





○以下おまけ

セシルとミアキスが似てる…。
(でも書いてて気づきましたが天魁星に対して健気ってところはリオン?)




・天魁星




・軍師(シュウ兄さんを見ちゃうと軍師の偉大さを感じます。シーザーは再登場してほしいな、リベンジ!)





・兄貴的存在





・父親(幻水に出てくる父親はご立派な方が多い/死亡率高め…)
(テオ・キバ将軍・ジンバ・グレン団長…)




・運が無さそうな人






つまり、私は石川さんの絵が大好きなのです。(関係ありません)

舞乙第17話 蒼の舞/想い、散るとき 

エルスちゃーーーん!!!


想い、散るときというサブタイトル。
散った想いは、エルスちゃんの想いであり、アリカニナエルスの三人の夜空の約束であり、・・・・、悲しいよー!!!!


しかし、今週は急に色々爆発させすぎですから!!!
(正直詰め込みすぎじゃない?)
(セルゲイ関係とエルス関係は分けてくると思ってました。)

欝展開突入でございますよー…(涙)

「黎人さん!」と呼ばれてたラドにどきどき。
次回予告は誰だ!?
大して活躍してない学園長萌え。
もっと活躍してないアスワドのみなさん萌え。


そして何より、
雰囲気ぶち壊し空気の読めてないEDに大爆笑!(不謹慎です)



詳しい感想はまた後ほど。




▼... Read more ≫
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
01« 2006/02 »03

Benri-Navi

【月別アーカイブ】

 2006年02月 

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。