スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞乙 3話4話手抜き感想 



舞乙、感想が書けなくてすみません…!

とりあえず、二週分まとめて感想の前に。


4話、実は寝てたり録画忘れてたりで、最初10分くらい見てません。



遥ちゃんを見逃した・・・(涙)


予告で遥ちゃん声聞けましたが、動く遥ちゃんが見たかったー!!
暴れる貴女を私は見たかったのよ!!!!!


相変わらずテンポはいいですし、普通に楽しんでます。

ただ唯一気になったのが、今回の乙女設定。

前作のHiME設定は「大切な想い人と引き換えに力をもらえる」ものでした。
また、私は途中微妙に見てなかったりしてアレなんですが、
HiMEは選ばれた12人、先天性のもののように思えました。

ところが今回は、処女を誓える子なら誰でもいいといった感じですし、
むしろ処女というところで、今回は百合重視なのかなーと思えて、ちょっと残念。

私は女ですが、別に百合が嫌いとは言いませんが、
やっぱりノーマルな恋愛燃えを期待してたのでちょっと残念。
(前作は舞と楯とか弟と晶とか結構ノーマル恋愛燃えがあったので。)

でも普通に楽しめそうなので問題ありませんが(笑)


とりあえず要チェックはナツキの「アイツ」、これでしょ!!

ナツキとライバルなアイツってあのシルエットの人ですよねぇ。
お名前はやっぱりマ…


とりあえず来週からは真面目に見ようかと思います。

ところでナツキは4話はノーパンでしたか?
スポンサーサイト

不機嫌なジーン・花より男子2話・ブラザー☆ビート3話 

待ちに待った不機嫌なジーン再放送開始!


いやー、マジでこのドラマやっぱり好きだと実感。

もうジーンと教授の再会シーンなんかやばいよ、腹抱えて笑ってしまいました。
大好きです、教授…!

健一君と別れてからのが個人的には好きだったりします。

最終話…ってかラストさえなければ、本当にいいドラマだったんですが。
今回は分かってる分ある程度、心構えはできますが、でもそれだけは欝になりますね。

あとで詳しくレビューやりたいわ。


あと今週見たのは、花男とブラザービート。

花男は相変わらず松潤に尽きますね!
とーっても魅力的。
なりきってるってか、一つ一つの動き表情全てに引き込まれます。
目からして、道明寺って感じですよねぇ。
松潤ってこんな演技上手だったっけ…?
ハマリ役ってのもありそうですが、今後も楽しみ。

つくし役の井上真央ちゃんもすっごくいい。
もちろん女優さんですから、実物を見たら可愛いんだと思いますが、
画面上では、いい意味で平凡に見えてそこがすっごく好感。
でも芯の強さを感じたりできて、ヒロイン役としてすごくいい感じだと思います。

そして上でも書きましたが松潤はヒーロー役としてすごく魅力的。
道明寺ってつくしをいじめる役でありながら相手役でもあり、
そういう意味ではすっごく舵取りが難しい役柄かなーとも思いましたが
すっごく松潤の演じる道明寺は魅力的で、
つくしと幸せになってもらいたいなーと素直に思えます。

小栗旬くんも、いい感じ。
少し間のずれたぼーっとした、でも決めるときは決める花沢類って感じで素敵でした。
主人公の憧れる相手として十分でしょ!
(最初はどうかなーと思ってたんですけどね;;)

来週から本格的に道明寺とつくしの恋が進みそうですし、
何より菜々子ですよ、菜々子!なので楽しみです(笑)


ブラザービートは展開がスピーディでびっくり!
番宣で、今回の三男坊の恋が取り上げられてたから、全編を通して描かれるのかなーと思ったら随分とあっさりな仕上がりで。

でもライトに楽しめるいいドラマだと思います。

来週は、国仲涼子と玉鉄の恋が動きそうでこれまた楽しみ!

1リットルの涙第3話 

先週感想を書けなかった「1リットルの涙」


今週は、病気と向き合うとはどういうことか
がテーマだったような気がします。


先週、水野先生から、病気の話を聞いた両親。
ただ、あまりに彼女の病気は重く、
亜也のことを思って、彼女に本当のことは話せない二人。


でも、病気をしているのは亜也自身。
たとえ病名を知らなくたって、病気のことが分からなくたって、
確実に症状となり、病気は彼女の身体に自分の存在を訴えかけてきます。


今週印象に残った部分は二つ。

まず、亜也自身の決意の部分。

偶然水野先生が担当してる他の患者さんを知ってしまい、
自分の病気を知ってしまった亜也。

けれど、まだ確実かは分からず、
でも確実に身体には症状が出ていて、その狭間で悩む亜也。

辛くて泣いて泣いて、でも、最後には、
病気を受け入れる決心をする。


最悪の答えかもしれないけれど、
昔の自分には戻れなくなっちゃうかもしれないけれど、
それでも合唱の練習の場面で遥斗に微笑んで見せた亜也の強さに泣きました。

たった15歳の女の子が、自分の病気と向き合いこっそりと決意をする。
それは、想像するだけでも、あまりに辛いことだと思いました。


そして家族の葛藤。

両親は亜也のためを思い、病気を言えずにいる場面。
分かるんです、その気持ち。

でも亜也を心配するあまりに、そのしわ寄せが妹の亜湖に来てしまい、中学生の彼女には、そんな両親の微妙な心境を受け入れるほどの心の余裕なんてあるわけないんです。

病気がすごく重いことなんて分からないから、
「病気になればよかった」と言い、平手打ちを受け…。

なんか、思うからこその空回りが切ない場面でした。


私が以前見た病気モノのドラマ「神様、もう少しだけ」と「僕の生きる道」
どちらも病気を先に知るのは、病人本人(主人公)の方でした。
そして彼らの視点から、両親に打ち明けるまでの葛藤が描かれてたりしました。
(特に僕の生きる道の打ち明け場面は本当に切なくて…!思い出しただけで泣けます;;)

ところが、このドラマでは両親が先に知り、両親の葛藤が描かれていて、
そこがまた切ないなーと思いました。

先週、お母さんが、
「私は食事だけには気をつけてきました」って先生に言う場面がありました。

あれってね、病気の子供を持ったお母さんなら誰でも考えることなんですよ。

実は私の昔病気をしたことがありまして。入院までしました。
そのときの親の言葉表情を覚えてるから、
なんかそういうものと重ね合わせて、辛くなりました。

両親が亜也に病気を黙っていたことが、
結果的には亜也を戸惑わせることになってしまった。

けど、そこに確かに両親の愛があることが分かるから、
それぞれの想いが切なくて、また深い感動になるのでしょう。


本当に、このドラマ。
両親役の薬師丸ひろ子と陣内孝則がかなり光ってます。
この二人の優しくて深い愛のある演技、いいですね。

もちろん、亜也・亜湖どちらもいいですし、
本当に丁寧でいいドラマになってるなーと思いました。


--------------------------------

実は昼間に薬師丸ひろ子繋がりなんでしょうか、
「ミセスシンデレラ」という結構前のドラマの再放送がやってました。

このドラマといえば、内野聖陽さんの出世作でございますよ!

もうね、見ながら出るたびに、「教授ー!!!」と叫んでおりました。
最終回には今でも腹立ちますが、
それ以外の部分ではすごく満足したドラマだったんですけどね、「不機嫌なジーン」

なんか女性に優しいロマンチストな役柄も教授に繋がる部分があって、笑ってしまいました。

ちょっとこれから楽しみ。

-----

追記。

不機嫌なジーン、再放送決定!

びっくりした、ヤフーのテレビ番組表見て驚いた。
こりゃビデオ録画決定ですな!
ああビデオ買いだめしとこう。

不機嫌なジーン、視聴率悪かったり評判は芳しくないみたいですが、
私は非常に好みなドラマでしたよ。
竹内結子も可愛かったし、何より教授が素敵すぎました。

最終回がなければ、神ドラマ認定したのに…。

ガンソード第17話 座標Xを追え 

ガンソード、神回でした、17回!


めちゃくちゃ弾けてましたよ、内容が…!
製作者さんたちが楽しんで作ってるのが伝わってきて、しかも、視聴者に楽しんでもらいたいっていう熱も伝わってきて、本当に毎回楽しみになってます。



とりあえず、DVDでは規制は外れるんでしょうかね(笑)

----------

追記

というわけで、神回だったガンソード17話「座標Xを追え」

まずOPでは先週倒されたウーがカットから消滅…したんですが、
端っこにいたため、もとからいなかったような感じになっちゃいました(笑)


とうとう集合した一同。

ジョシュアがジョシュアでジョシュアっぽくて満足でした(笑)
「僕です、ジョシュアです!!」この段階から無意味に萌えてたんですが、
「ああ…やっぱりヴァンさんだ…」でもう最高潮に…!

いいよ、こんなバカな男ジョシュア大好きです。

そしてかくかくじかじかで男子禁制の女人だらけの楽園での乙女の戦争が始まると。

とにかく水着水着水着自主規制自主規制自主規制で、
自分が男だったらもっと楽しめるんだろうなーと思いました。
(それでも十分楽しんでたんですが)

ウェンディは、スクール水着系統。
ウェンディに求められてるものをきっちり理解されてますね、製作サイドさんは。

って後ろがヤバイスクール水着ってそれ…!

他のキャラがロバさん規制受けてる中で、
一人、文字通り自分で自主規制してるウェンディが可愛かったです。

ちなみに私が一番好きだったのは、プリシラー!!!
もっとプリシラの水着を見せろと思ってました(笑)
足上げてる場面とかやばかったよ。

ってか女性陣がカナヅチばっかだったことが判明。
泣く泣く、一番弱いウェンディがミズーギィ女王の部下と戦うことに。


一方、お留守番の男性陣はというと。

ジョシュア:水着強制着用の王国での下着の存在が気になって気になって眠れない様子。

もうね、ジョシュアとヴァンのやり取りに笑ってました。
CM明けがそれかよ!

寝ろ眠れません寝ろしかし…寝ろ

バカだよね、二人とも。

そこにマンソンさん登場。
女王との過去を語ってくれます。
どうやら二人は夫婦だった模様。

しかし。

「おいおい、そんな下着は地獄のディナーショウでも履けないよ」

このマンソンさんの台詞が痛く女王を傷つけ二人は別居。
王国は男子禁制に。

ってね、このマンソンさん、声優さんが関智だったんです。
最初、関智を起用するほどの役かなーと思ってたんですが、
この語りってか上の台詞がね、もう関智節利いてまして、
ナイスキャストだと確信。
ピエロを思い出してしまいました…!


んでこの下らない過去話が下らないまま終わるかと思ったら、
さすが谷口監督倉田脚本。

ヴァンが切ない台詞を

「お前は幸せだ、お前の女は生きてるんだからな」

うーん、切なかったですねぇ。


そういえばファサリナさんは女王から何かをもらってました。
それは「夢の実現により近づく」ものらしいです。

そこにあったのはImpregnable Armor Stock
堅固な鎧の補充物資?
このあたりは公式サイトで確認してまいりましょう。


そして部下との対決ではカメオがとんでもない働きをしてくれて
見事ウェンディの勝利、と思いきや、なんと王国が崩壊。
地下水がくみ上げられてしまったようです。

それを遠くから見ていたジョシュアとヴァン。
「カルメンさん、被害者は出さないって言ってたのに」
「いや、ウェンディかもしれん。」

正解は…
「こんなところに地底湖が…。いかん地盤が崩れるな。」

レイ兄さんでした。

初めて、レイとジョシュアの血縁関係を認めたくなりました。
天然で人に迷惑をかける、まったく困った兄弟です。


そして女王とマンソンさんは再会、なんとか仲直りに。
・・・もう何も言うまい。

ロバさん規制はDVDで外れそうですが、
マンソンさんの規制は外れなさそうですね(苦笑)
需要がなさそうだ…。

ちなみに、デッキの上で押しつぶされた女王のオブジェを持ち上げようとするプリシラに非常に萌えました。
やべー、プリシラが可愛すぎます!


そしてED曲はなぜかSOS@ピンクレディーのカバー。
味方女性陣が歌ってます。

いつも思うんですが、時々ED曲を変えたり、
谷口監督なのか誰が仕組んでるのかはわかりませんが、
最後の一分一秒まで手を抜かないその作り方には脱帽です。

非常に最後まで美味しく楽しめました。


そして次回予告は(大人になったかもしれない)ミハエル兄さんです!
水着カットが多かった今週、
最後はミハエル兄さんのケツでした。(はしたない言葉で失礼!)
来週は兄さんが主役…なのかな?

とりあえず次の死亡者が誰なのか気になる今日この頃。
双子かな、やっぱり。

ラストの提供クレジット絵は女性五人の水着姿ロバ規制付(笑)

WJ感想 

モテ王が相変わらず熱すぎる…!

今週はガラスの仮面ネタが満載で、
モテ王に多そうな読者層に通じるのか心配でしたが;;

冷凍庫でおしくらまんじゅうなんて絶対に読んでない人には分かりませんよ!

(冷凍庫でおしくらまんじゅう:ガラスの仮面でマヤと亜弓さんが役作りのために月影先生に冷凍庫に閉じ込められてしまうんです。そこで二人は寒さを和らげるためにおしくらまんじゅうをするという話。)

でもそんなネタをどうどうとやってのける大亜門先生が素敵すぎます。


このままではモテ王のコミックスを買ってしまいそうで怖い。


ワンピが無いのでちょっと物足りなかったです。
ただ今度の日曜のワンピアニメは非常に熱い話なのでビデオ録画必須!
ウソップファンは要チェック!

詳しい感想は後ほど。
これからガンソード見てきます!

夕凪LOOP 

真綾さんニューアルバム「夕凪LOOP」もうすぐ発売ですが、
公式サイトで視聴できる曲が地味に増えてたりラジオで聴いたりしたので、
その感想をば。

(この記事は、発売してしっかり聴いたら追記しますね。)
(密林で今日予約したんで、もしかしたら明日には届かないかも・涙)

・ハニーカム

ラジオで一番を聴きました。

ファンサイトではアイドル曲調に不満の声も高いのですが、
私は好きです、やっぱり。
特にAメロがいい!出だしのところがすっごく好きでした。

「冬ですか」とあわせて、h-wonderさんの曲調っていうのは全体的、あーゆーキーボード満載?のかわいらしい曲なんでしょうね。あ、でもループは微妙に違ったけどでもかわいい曲でしたし。


・月と走りながら

これがね、やられた。
最~終~電~車が~(「に」かも;;)っていいよ。
落ち着いた静かな曲で胸に沁みるのがよく分かります。

・NO FEAR

とにかく真綾声を楽しめそうな一曲。
ピアノソロ曲なので、真綾さんの声がいい意味で目立って響いています。
とくにサビ部分の高音部の伸びは本当に綺麗。
真綾さん歌上手くなりましたねー。

・夕凪ループ

これもかなり好きでした!

作曲の中塚さんといえばループのカップリング「ハイタッチ」の方なので、ああいう明るい曲をイメージしてたんですが、いやいやいや、どちらかというと暗めの曲でした。

すっごくよく耳に入ってきそう。
ハニーカムとかは聴いて疲れそうなんですが、
これは何気なく聴いて、真綾さんの暗めの低い声を楽しみたいです。


というわけで、アルバム表題にもなってる「夕凪ループ」が私的にはかなりお気に入り。

(アルバムの曲でハニーカムを一番プッシュするのは絶対に間違えだと思う;;)

花より男子とかその他もろもろ 

とりあえずアニメ以外のテレビの感想。金曜~日曜分

・花より男子

松潤が予想以上に良かった…!

私、花男ってほとんど知らないんですよ。
なんとなくストーリーは知ってるし軽く古本屋で立ち読んでるんですが、深く読み込んでるわけじゃないんで細かいイベントとか分からないんですね。

その中で、一番松潤にグッと来たのは、
一話ラスト、つくしに殴られて、ハッとした顔でつくしを見るあの表情!
すっごい良かったです。
引き込まれるってあーゆーことを言うんだろうなと想いました。

井上真央ちゃんのつくし役もとってもぴったりで好感持てたし、
これは結構楽しみなドラマになってきました…!


しかし、松潤のドラマを全部見てるわけじゃないのではっきりとは言えませんが、
漫画原作ドラマと非常に松潤は相性がいいですね。

ごくせんの男の子(名前忘れちゃった;;)、
きみぺのモモ、
そして花男の道明寺。

どれも面白いほどしっくり来ます。

モモなんか、最初は微妙にイメージ違うかなーと思ってたんですが、意外にはまり役だったと思います。

いや、いいよ松潤、いいです。


・日本シリーズ

ロッテ二連勝ですか…!

一戦目はほとんど見てないんですが、二戦目。
渡辺良かったですね、感動しましたサブマリン!
(私は清水ファンなんだけどねー、一戦目はなんか見られなかった;;)

阪神がこのまま終わるとは思えないので、
甲子園に帰ってどう変わるか、注目ですね。

いやー、渡辺良かったよサブマリン。


・菊花賞

ディープインパクト、三冠オメ!!

いやー、本当に感動しました!!!
前のときもそうでしたが、今回も競馬放送をビデオ録画してしまいました(笑)

私は、競馬のギャンブルの部分には一切興味がないのですが
(馬券の仕組みもあまり分かりません;;)
とにかくディープインパクトの走りっぷりが大好きでして。

何度見ても、爽快ですよね~!

今回は結構ギリギリまで競ったというのもあって、
今までとはちょっと違う感じでしたが、本当にすごいです!
おめでとうございます。

武騎手のスリーピースに感動!
1、2と増えて、最後は三冠!!


・内P

内Pと書いてまったく正しい、内村プロジェクト(笑)

当然、私は後半の方が大好きでした。インパルス!!
そろそろ若手ではインパルスも内Pの準ファミリーになってきた感じで微妙に嬉しかったりします。

いやー、よかった、本当に良かった。

次の目標は冠番組GETですね。

今晩にはどんどん手をつけていきます 


書きたいことがいくつかあるんですが、
ちょっと時間がないので、軽く自分メモだけ。



内P、今晩復活!!!


待ってましたよ、このときをどれだけ待っていたことか!
今晩七時から、内P復活SP楽しみにしてますvv
内Pは私の原点ですよ。(そんな原点嫌だ・・・。)


あとは、ガンダム&デス種感想書きたい。(ブライト萌大爆発です。)
あと、舞乙感想書きたい。(はははははは遥ちゃーん!!!)

それでは、今日も一日頑張ります。・・・日曜なのにー!(涙)

大ショックー!! 



ブラザービート見忘れた・・・・(涙)

ありえねー、ありえねーよ。


なんかすっかり忘れてました。
昨日まではきっちり覚えてたはずなんだけど…。


今日は、バイトが延びて家帰るのが九時過ぎたんですね。
普段は木曜日は八時半ごろには家に着くんで、そのつもりで、最初から録画予約を一切してませんでした。

ところが生徒の模試が帰ってきたりして、
電話で色々話してたら、すっかり帰るのが九時過ぎちゃってまして。

もうそのときの私の頭は、インパルス@食わず嫌いのことで一杯一杯で、他のことをすっかり忘れちゃってましたー!!!

今週は国仲涼子と玉鉄が本格的に絡んできそうで楽しみにしてたのにー!!
能天気に、笑ってた自分に悔しさばかり残ります。
でも正直、食わず嫌い、面白かった!!!

10時すぎからはDTDXの芸人SPを見てました。
(SPってほどでもないけど。)

そこで、普通にナイナイの話なんかも出てきてて、
時代が変わったのねーと思わされました。
まっちゃんの口から「ナイナイ」ですよ。
(よゐこがナイナイに思い切り抜かれてるじゃんって話でした。)

浜ちゃんはめちゃイケに普通に出てたりしますが、
いつかDTお二方とナイナイの共演って見られたりするのかなあ…!



古本でHUNTER×HUNTERを購入。
もうねずーっとずーっとコミックス買いたいと思ってたんでようやく。
WJ本誌で読んでいたりするのですが、やっぱ冨樫ワールドにしっかり浸るためにもコミックスが欲しかったのです。大満足。
(といってもまだ12巻までですが;;明日残りを買ってきましょう。)

インパルスと政治の話 

今週はインパルス週間なんでしょうか・・・!?


最近、サボっててインパルスの出演番組チェックとかしてなかったんですが、
そのわりに、月曜日から毎日インパルス見られててちょっとビックリしております。
しかも明日(実質今日ですが)は、食わず嫌いに登場ってそれ・・・!


これは私の想像ですが、この前のはねトびの共演で目を掛けてもらったりしたんですかね。
単純に番宣だとは思いますがなんとなく。
ウンナンも、ネタバトルで100万円GET→内Pといい感じに流れてますし、本当に頑張っていただきたいです!



月曜日はまず危険なアネキ。
昼間にやってた番宣で、どう見ても板倉さんにしか見えない人が予告映像で出てて、
念のため録画しておいたら、やっぱり板倉さんでした!
本当に録画しておいてよかった。
(でも私は板倉さんだけ出てるんだと思い込んでて他のところは一切見てないんですよ。しかもすぐに上書きで別の録画しちゃいまして。堤下さんも出てたようでショック…。)
今の髪型のおかげで板倉さんを発見しやすくなりました。


火曜日はリンカーン。
これは最初から見られたわけじゃないので残念でしたが、
でも良かったです!
徐々にこれから目立っていければと思いますが、若手の方は毎週出るわけじゃなさそうですね。


水曜日はもちろんはねトび!

特に嬉しかったのは、グローバルはねるとの復活!
この二つは特に好きなコントだったのでかなり嬉しいです。

正直グローバルの秋山さんは天才だと思う。いや、マジで。
あれはすごいよ、マジですごいよ。

はねるとに関しては、板倉さんの女装に尽きるかと。
澪美・秘書と並んで、三大板倉女装キャラと名づけたいくらい。
女装やらせたら一番なんじゃないでしょうか、板倉さんは。

はねトび時間移動、一時間に時間拡大は正直どうなんだろう?と思ってました。
特に私には、笑う犬の冒険的な失敗が起こるんじゃないかと不安でした。
でも、これはなかなか幸先のいいスタートなんじゃないでしょうか。

コント中心から徐々に、企画モノも増えてきてますし、
コントだけでなく芸人さんご本人のキャラも認知されてきていて、
わざわざコントする必要も無くなってますし。

これはめちゃイケの後継、狙えるんじゃないでしょうか。
(買いかぶりすぎ?)


インパルスは、これでダウンタウン・とんねるず・ウンナン・爆笑問題とベテランの芸人さんたちとの絡みが多くなってきています。この調子で頑張ってください!


----------------

次は真面目に政治の話。

小泉さんの靖国参拝が話題になってますが、
たまたまこのニュース、TBSのニュース23(筑紫さん)とフジテレビのニュースJAPAN両方で見ました。
特色が出てたなーと。

筑紫さんは予想通り、どちらかといえば反対派でしたね。
明確に反対は示していませんが、
「賛成派の人たちは、死者を悼むことは当然だと言いますが、その人たちがなぜ死んだのかをもう一度考えてみてください」と否定的に〆ていました。

一方フジのニュースJAPANはこちらも予想通り、どちらかといえば賛成派でしたね。
中国韓国の動きに捉われることなく、強い気持ちで小泉さんには参拝をしてもらいたい、というような報道をしていたと思います。

中庸のニュースって難しいんだなと思わされます。

ちなみに私はどちらかといえば、賛成派、かな?
というか私はフジ派なんで。(筑紫さんとか久米さんとか私は苦手なんです、なんとなく。)
和田解説員を見るたびに嬉しくなってますよ、マジで(笑)

ガラスの仮面 「カーミラの肖像」 

ガラスの仮面 「カーミラの肖像」

私は、このカーミラの肖像は亜弓さんの演技の中では1、2を争うものだと思うんですよ。
物語の重要度から言っても、亜弓さんがマヤのために演技をする、亜弓さんがあの憎き乙部のりえの鼻を思い切りへし折ってくれる、すっごい良いエピソードだと思うんですよ。
(ちなみに前も書きましたが、私は亜弓さん演技ならカーミラとジュリエットが2トップです。次点が奇跡の人。奇跡の人はマヤ<亜弓さん派。でもふたりの王女はマヤ派なんですが・笑)


ところがどっこい、それがAパートで終わってしまいましたよ!
いくらなんでも詰め込みすぎでしょう、製作サイドさん!!!

今週入ってたストーリーは、
・カーミラの肖像
・速水社長のマヤ復活大作戦
・泥団子舞台

これ、それぞれが一話使ってもいいくらい濃いエピソードだと思うんですけど…。

どうやら本編は梅の谷編まで詰め込む気らしく、
来週からもとんでもない猛スピードで進むようです、物語が。



それでも、今週ずーっと一人で萌えたりしてたのは、
一重に原作のレベルが高いからでしょう(苦笑)


カーミラの方は随分とあっさり終わりました。
原作では亜弓に視線が集まってることが強調されたり、最後のカーテンコールで亜弓が小憎たらしい演出をしたり、ともっと亜弓が良い意味で乙部のりえをやっつけていくんですが、アニメでは実にあっさり。


一方のマヤと速水社長の方はというと。

詰め込みすぎ感はありましたが、個人的にはわりと良かった(笑)

今週は二人の初キス(ただしマヤに意識はない・苦笑)がありましたが、
2chの実況を見てたら、
「自己弁護をしながら意識のないマヤにキスをする真澄」という表現があって笑ってしまいました。
いえ、事実そのままではあるんですが。

確かにいちいち「11も年下の少女に」って自己弁護うるせーよ!
結局キスするんだろ、諦められないんだろ(笑)


ちなみに原作知らない方へ。
次の二人のキスシーン(と呼べるかどうか分かりませんが一応)は非常に笑えます。白目マヤだった気が。
(私が言ってるのは、ふたりの王女終了後の二人のデートの場面での間接キスの場面ですよ。あのおもちゃ取り上げてってやつ。なんか笑えます。)

逃亡したマヤの潜伏先に現れるときの演出は最高でした(笑)
初めてアニメ版を褒めたいくらい、良かったです。

原作ではマヤがお買い物から戻ってくると、保育所の前に速水社長と取り巻きたちがただ立ってるだけなんですが。

アニメ版では、マヤがお買い物から戻ってきて、
視界に保育所が入り、さああとは一直線で帰るぞってところで、それをさえぎるかのように速水社長のベンツが横切ってくるわけですよ、しかも視線が意地汚い(苦笑)

実況ではストーカーストーカー言われてましたが、
この粘着はストーカーだね、確かに。
(大好きですよ、この二人。幸せになってもらいたいと思ってますよ。)


しかし一番美味しい場面がカットされてた。
相変わらず、どうして良い場面ばっかりカットするかな、アニメ版。

雨に打たれてずぶ濡れのマヤを速水社長は自分の家にお持ち帰りします。

それで意識が混濁している彼女の洋服を取り替える場面があるわけですが。

このとき、速水社長は彼女の洋服を自分で脱がせることができず、女中さんに代わりに頼むんですよ。
以前に(石の微笑/マヤが人形役をやった演目の練習時)、怪我をしたマヤを心配してすぐさま洋服を無理やり脱がせたときとは好対照なわけですよ。
(コナンの中で、昔はコナンと一緒にお風呂に入れた蘭が、コナン=新一だと疑い始めると一緒にお風呂に入れなくなったのと同じ理屈、・・・少し違うか;;)

この場面好きだったんだけどなー。
いや、原作なら小さいコマ3つで終わるような場面なんですが。


でも全体的には良かったです。
ここからこの二人の仲がじょじょに進展していくんで、そのあたりも楽しみにしてますよ!

ちなみに来週はもうビアンカ上演しちゃってるようです。
早いなー相変わらず。

ただしビアンカ・通り雨・パックまでの流れ、私かなり好きなんです。
ガラスの仮面の中で一番好きな部分と言っても過言じゃないくらい。
なんで楽しみです!

ガンソード第16話 「輝くは電流火花」 

詳しいことは今日の夜か明日にでも追記しますが。


ガンソードやっぱ最高!


最高に笑わせてもらって
最高に物語に引き込ませてもらって
緩急のバランスってレベルじゃないですよ、本当に。

いい意味でも悪い意味でも「超脚本」な倉田脚本の虜になってしまいました。

先週のウーのヴァンに対する言葉ガドヴェドの言葉エレナの言葉パズルすべてが一つにまとまった瞬間のあの鐘の音とパズルの音のハーモニーに射す朝日

そしてヴァンの声が大きく響く。

この一連の流れ。もう、やられました。
倉田脚本大好きだよ、谷口監督大好きだよ。

いや、マザコンの暴走具合とか、ナチュラルにエロイウェンディとか色々楽しませてもらいましたが、やっぱり今週はヴァンの復活までの一連の流れが大好きでした。


--------------------------------

それでは追記をば。


今週は、先週初めて恐怖という感覚を知ったヴァンの葛藤編だったわけですが。

上でも書きましたがヴァンがその恐怖を乗り越えるまでの流れが、馬鹿っぽいんだけどまっすぐで、ストレートで、熱くてとにかく個人的には激燃えでした。
(正直ここまで谷口節がツボにはまってるのは自分ぐらいな気がして申し訳ないんですが。)


カギを握っていたのは、やはり永遠の師匠ガドヴェドでした。
(本当にいいキャラだったよ、ガドヴェド・・・。)

昔、ガドヴェドがヴァンに言った台詞

「半端に考えずに邪念を除くようにしろ」

それが全てでした。

恐怖から様々なことを考えてしまったヴァン。
でもバカなヴァンに、そんな様々なことを考えて、それを処理できるわけないんです、最初から。

でも考えてしまうヴァン。

そして無意識に動く指が、あのパズルをとうとう解く。

流れる音楽。
それに同調するかのように鳴り響く鐘の音。
差し込む光。

ヴァンの心に、音楽が鳴り響き光が差し込み、
そしていつまでも心にある存在を知る。

エレナという存在を。

たとえ復讐を放棄したって、
彼がエレナを思う限りエレナは心に居続けるんです。
ヴァンとエレナは切っても切り離せない存在なんです。

それを知ったとき、ヴァンの心は一つになる。

恐怖が消える。

全てはこの台詞に集約されてました。

「エレナー、愛してるー!!!
お前に夢中だ、エレナー!!!」


バカっぽいけど、でも熱くて熱くて本当に大好きな場面です。


あとは細々と。

○マザコンのツボ行動

母上(の絵)に「ただ今戻りました」と帰還の挨拶をするマザコン。

母上(の絵)に「大勝利です」と自分の仕事っぷりを逐一報告するマザコン。

(自分の妄想の中の)母上に「今日まであなただけを求めていた」と鼻血を出すマザコン。

ウー、愛してる!!!
お前に夢中だ、ウー!!!

なんてさすがに言いませんが、でもすっごいツボでした。

オリジナル7はもちろん、ガンソードで唯一の常識人と言われてた頃が懐かしい。


○捨てる者と捨てない者

今週印象的だったもう一つがこの捨てる者と捨てない者の対比。

カギ爪の男がミハエルに言います。

「貴方には色々と経験をしてもらいたい。」
「経験?」
「はい。経験を積んだ上で捨てる勇気まで知ってほしい。
いずれ分かるはずです、貴方なら。」


一方、ウェンディはウーに恐れをなして敵前逃亡しようとするヴァンにはっきりと言います。

「でも私は行くわ!途中で倒れても前に行きたい。
指一本でも兄さんに近づいて、自分の決めた道を確かめたいの!」


そして勝負が決したときのヴァンとウーの会話。

「この程度で我が愛は消えぬ。
そのために捨てたのだ母を、あの方のために!」


「じゃあ無理だ。捨てる奴に俺を止められない。」


最終的に捨てない者になったヴァン。

そしてこれから捨てる者になるかもしれないミハエル。

大切な肉親を捨てるミハエル愛する女性を捨てないヴァン
ウェンディを捨てるミハエルミハエルを捨てないウェンディ

こういう対立軸になったら面白いのにと思います。


そういえばヴァンとウェンディの最後の会話。

パズルを首に掛けとけというヴァン。

理由が実は亀が嫌いだからってものでしたが。

私はあれはヴァンなりのウェンディに対する感謝の表現なんじゃないかなとも思いましたが深読みしすぎ?
(まあウェンディは今回特別ヴァンに対して影響を及ぼしてはいないんですが、なんとなくね。)


○次回予告

えー、次のターゲットはファサリナさん!?
早いよね、まだ早いよ。
ファサリナさんは貴重な女性要員なんだから大切にしてくれ!
(ミハエル兄さんだってこれから大人の階段を登っていくんだし!!)

私の勝手な予想では、双子→ファサリナ→ミハエル→爪(→ラスボス?)の順だったんですが。

あと予告でカルメンさんジョシュアさん他にもいっぱい、とプリシラの名前を言わなかったのは、ウェンディのプリシラに対する地味な嫌がらせですか?

とにかく倉田節谷口節にはまりながら、毎週楽しんでますガンソード。
やばいよ、明らかに他の人の感想読むと自分だけ浮いてる。
ジョシュア以上に空気の読めない子になってる自分が怖いです。


そういえば、ガンソードのメルマガ。
今回のサブタイが【また時間変更か???】と、なんか自虐的で笑ってしまいました。

リンカーンとジャポニカロゴスとBLEACH 


リンカーンとジャポニカロゴス。


まず何が悔しいって、リンカーンが今日からスタートだってことをすっかり忘れてました!むしろ確認してなかった!!!

もうすっごくショック・・・。
とりあえず10:00からは見ました。
コーナーとしては、ベタなボケを書くやつのラスト三問くらい…。

いやーでも楽しませてもらいました!
ダウンタウン・雨上がり・さま~ず・インパルスが出てる時点で個人的にはかなりヤバイって感じだったのですが、楽しめてよかったです。私は結構好きでした。

しかし、今までの番宣見てて、毎週9:00からだと思ってたら、基本的には10:00だったんですね。
島田紳助ヤツの後番組だったのね;;

でも火曜日は今は九時からドラマを見たいので、九時十時十一時とかなりテレビ漬けになりそう(笑)
しかも七時からはアニメも見てるわけで;;
やばいよ火曜日。


そしてジャポニカロゴス。
なるほどー、美人と美女の違いに驚きました。
たくさん使われる言葉は、使われていくことでその価値を失っていく、と。
日本語も調べれば調べるほど、色々なものが見えてくるんですね。
深いです。


アニメはじゃぱんとBLEACH。

BLEACH、EDのテロップになぜか現世組が出てておかしいとは思ってたのですが、
まさかあんな登場の仕方とは、笑ってしまいました。

舞乙HiME第2話 乙女の園を駆ける疾風!? 


舞乙面白いです!

とにかく深く考えないで楽しめるところが好きです。

先週はほとんど見られなかったのですが、今週は最初からバッチリ見られました。

相変わらずキャラが立ってるし、テンションは高いし、
意外とこれからの燃え要素を感じさせるような展開で個人的にはかなりツボでした。




▼... Read more ≫

ブラザー☆ビート 

本日はブラザー☆ビートを観ました~!


第一話の掴みとしては良かったかな、結構。
まだドラマ的に動いてない部分も多いですが。


今回は第一話ということで、長男の達也(玉山鉄二)を中心に描いてましたが、最初に持ってくるエピソードとしては微妙だったかな、っていうのが本音です。


達也は、家族のことを思って、自分にとって都合の良いお見合い話を断っちゃうんですね。「婿養子」という唯一の条件がどうしても、母子家庭の長男である達也には飲み込めなかった。

この達也の気持ち、ものすごーく分かるんですが、
どうしても押し付けがましく感じちゃうんですよね。

私が女だからかな?
わりと春さんの側に立って観てるのかな、無意識のうちに。

あとどうしてもあのお見合い相手の女の子の気持ちを考えるとさ、
かわいそうじゃない。
どうしてもそのあたりに引っかかりを覚えてしまいました;;

とまあネガティブな感想はここまでにしておいて、
なんだかんだ言って結構気に入っちゃいました、このドラマ。

真面目くさった長男、軟派な次男、心優しい三男。
みんな見ていて癒されますねーvv
いい男だからでしょうか。

喧嘩場面に関しては結構体当たりで迫力あっていいですねー。
あとはもう少し面白い喧嘩を見たいなー、口の言い争いっつーか。

面白い喧嘩っていうのはやっぱり言い争いが基本だと思うんですよ。
男同士だから掴みあいは普通なんだけどね。
大森脚本に多くある、ああいう喧嘩が見たいものです。
(カバチタレとか。女同士だからうまくいくのかな?)


楽しみなのは、達也と来週から本格登場っぽい国仲涼子のロマンス(笑)
私、ものすっごい国仲涼子も好きなんですよ。
めちゃくちゃ綺麗ですよねー、かわいいっていうか。
(痩せません?すごく細くなってて心配になっちゃいました;;)

玉鉄との並びからいっても見栄えのいいカップルになりそうですし。
来週からのこの二人の進展に期待!



どうでもいいんですが、今離婚弁護士の再放送やってるせいか、
出来る男の玉鉄に違和感を覚えてしまいました(笑)



あ、セカンドチャンス終わりましたねー。
面白かったです。
もう10年近く前の作品だと思いますから忘れてるところも多々ありました。
観てて一番思ったことは、堂本剛演技うまー!
剛くんは何でもできますね。歌もうまいし演技も出来てる。
私の友達に剛ファンがいていつも煩いんですが、なんか少しだけ気持ちが分かってしまいました(笑)
そして赤井秀和との絡みを観て、人間失格も見たいなーと思っちゃいました。
痛い場面も多いし私は毎回泣いてましたが、でもそれでもやっぱり人間失格好きでした。

ガンソードOPの変遷 

ep.1 op無し
ep.2 冒頭のヴァンの刀・ウェンディの銃、ヴァン・ウェンディ・カメオ登場
ep.3 冒頭のカルメンのヨーヨー、カルメン登場
ep.4 変化無し
ep.5 変化無し
ep.6 冒頭のレイの銃、レイ登場
ep.7 変化無し
ep.8 変化無し
ep.9 ジョシュア登場
ep.10 冒頭のカルメンのヨーヨーが回転
ep.11 変化無し
ep.12 カロッサ・メリッサ・ウー・ガドヴェド・ファサリナ・ミハエル登場
ep.13 カギ爪の男登場
ep.14 ガドヴェドがブラックアウト
ep.15 プリシラ登場・謎のヨロイのシルエット追加

15話までのOPの変遷が2ちゃんに載ってましたので勝手に持ってきました。
相変わらずこだわってますねー、OPED…。
毎回そういう楽しみがあって非常に嬉しかったりしますが。


ちなみに提供バックかなんかの「月」の位置も話数が進むごとに変わってるみたいです。
14話でちょうど半月だったと出てました。
私の手元には14と15しか無いと思いますが確認してみましょう、あとで。
(12、13もあると思うんだけど探すのが面倒なんで・笑)
(ガンソード専用のビデオ作らなくちゃいかんですね、これは。)


そして面白かったのが、ガン×ソードというタイトルからの展開予想。
ソード(刀)を持ってるのはヴァン。
ガン(銃)を持ってるのはギャレット兄妹です。

人によって、最後、ヴァンがウェンディを殺すんじゃないの?やヴァンがミハエルを殺すんじゃないの?という予想があって面白かったです。

ヴァンがオリジナル7全員を一人で相手にするとは思いにくいんですが、ミハエルあたりはヴァンが戦うことになるのかな?にしては因縁が無いんですが、でも別に他キャラもヴァンと特別因縁ないですしね。


銃を持ってるキャラといえば他にレイもいますが、まさかガンはレイのことってこともありえますかね。

うーん、私には分からないことも多いですが尻上がりに盛り上がってきてるんで非常に楽しみ!

ジャポニカロゴスとガラスの仮面 

・ジャポニカロゴス

とうとうレギュラー化しましたねーvv
私はタモリにこういうアカデミックな番組はものすごく合ってると思うので本当に楽しみです。
SPは今までかなり楽しめましたし。
勉強もきちんと出切るしその中に面白さも含んでる、そのバランスが好きです。
塾の生徒に勧めてみたいと思いましたが、小学生の子なんで、11:00からは見られないかなー?

新明解はですね、うちの塾にありまして。
もう最初に放映された頃から大人気でしたよ(笑)


・すぽると

青木選手おめでとうございます!


・ガラスの仮面

先週からOPが変わりましたが、改めて今週見て、ヤバイと思いました。
結構、好きかも新OP。

歌詞がね、ものすっごい速水さんから見たマヤの歌詞って感じでずーっとにやけてしまいました。
ヤバイでしょ、ヤバイよね。
なんか、君は僕にとって心に花を咲かせてくれる存在だ、そして僕は君を照らす光になろう、君が羽ばたくのを見届けよう、みたいな曲なんですよー!!!くそー、やられたよ。

そして新EDも見ましたが、こっちは亜弓さんとマヤの歌になってて、こっちもすごい好きでした。
似すぎている私たち、みたいな歌詞で。

某囲碁漫画の主役とライバル、某ガンダムの主人公と親友以上にお互いのことが気になって気になって大好きでたまらないってのがマヤと亜弓さんだけど、それが百合っぽく感じられないのは演劇っていう熱いものがお互いにあるからなんでしょうねー。
この二人の関係は熱いです!

ED絵は「ふたりの王女」のものでした。
これはやっぱり、最後の劇はふたりの王女で〆?
(個人的には亜弓ジュリエットとかEDに入れて欲しかった~!!)

ちなみに本編はマヤ追放編開始です。
来週はカーミラの肖像ですよ!
これは絶対に必見ですよ!!!

1リットルの涙にはまりました…! 

ちょっと一日で何回記事書くのかって思われそうなんですが、
なんか火曜日って書きたいことが多いのかなあ?



まずTV。
久々にはまれそうなドラマが来ました。

1リットルの涙!!!

面白いです、導入は良かったですvv

病気モノで主人公に死が訪れるのがほぼ確定的なドラマと言われると、私は、「神様、もう少しだけ」「僕の生きる道」が出てくるんですが、ヒロインが高校生の女の子ってこともあって「神様~」にテイストが近いかなと思いました。


いやー、まず主人公の女の子がかわいかったです。
雰囲気は、深田恭子に近くて(笑)いまどきの女子高生の役なのかなって思ったら、いい子ちゃんな役でした。
優等生タイプ。

そして家族がねー、いいよ。
陣内孝則演じるお父さんはもう役者さんのイメージそのままって感じで、薬師丸ひろ子がね、意外に良かった。
優しくて温かいお母さんって感じで。


そして医者役が藤木直人っすよ。
何を隠そう、私、藤木直人ファンなので(笑)

錦戸君も良かったよ。

内容もね、すごく好き。

一番グッと来たのは、お母さんかな、やっぱり。

水野先生に検査の結果が出たから、至急、できたら両親揃って病院に来てくれってことで、お母さんはある程度、悪い結果が出てることを覚悟するんですよね。

それでもお父さんの仕事の都合もあって、お母さんは一人で行きました。

それで微妙な表情をする水野先生に対して
(きっと悪い宣告をするから、一人で絶望しないように二人で来てくれって言ったんでしょうね)
お母さんは、「看護師の経験もあるので大丈夫です。なにより、私は母親ですから」って言うんです。
この場面でもうだめだと思いました。

ありきたりな感動モノと言われようが私はツボでした。
今年最後にまた面白いドラマが来てくれて嬉しいですvv


あと、最近再放送のセカンドチャンスにもはまってます。
今日は同じ時間に離婚弁護士があって、本当に辛かったです。
どっちも大好き。

セカンドチャンスの亜流とも思われるブラザービートも楽しみ。
私、玉山鉄二も好きなのよ。
(ミーハーですが何か?もこみちはいいや、玉鉄が好きなのよ)

花だんは見ちゃいそう、一話だけは。
松潤は絶対にはまり役だと思うんですよねー、道明寺。
そういやきみぺ最新刊読みました。
これからも続くようでビックリ。てっきり二人がくっついたら終わりだとばかり思ってましたよ。

愛の歌だっけ?菅野美穂と玉置浩二の。
役者さんはどっちも大好きなんだけど内容がどうかなーって感じで。
見るか見ないかは一話の様子で。


とりあえず今のドラマはこんな感じ。

スパイラル本誌最終話(ネタバレ、たぶん無いと思います) 


スパイラル~推理の絆~は今月号で最終回です。



まず一言。最終回まで読んで悔いは残らないな、というのが私の感想。
これ以上は、反転および続きを読むの方で書きますが。

色々な噂が流れてることと思います、本編怒涛の展開ですから。
(もう少しして、気持ちが落ち着いたら最終話感想書くつもりです。)

でも大丈夫、ハッピーかアンハッピーかは私には判別できませんが、
私はこの最終回で、今までスパイラル読んできたことを後悔するような結果とはまーったく思いませんでした。



あ、あとこれは書いて大丈夫ですよね。


来年からスパイラル・アライブ連載再開!!

これ結構面白くて好きだったんで、楽しみです。
410円無駄にしないで済んだ(笑)
ブレチルネタも関わってそうだし、メインのスパイラルで全てを明かしてからの方が物語を作りやすいのかもしれませんね。

ガンソード第15話 ネオ・オリジナル 

時間が無いので深夜書きますが…。
→書き終えました!


ガンソードはやっぱり最高!!


もう腹抱えて笑ったり、でもバトルシーンでは素直に燃えたり!
緩急のバランスも音楽も声優さんも演出も全部大好きです。

谷口監督作品、やっぱり私は相性が良いのかも。



---------------------------------

というわけで追記でっす!

今週はなんか濃かったですね。
ターミナルみたいな大きな駅で皆が集まってガドヴェド戦やったときの方が物語的には大きな意味を持ってたかと思うんですが、なんか今週はすっごーく濃かったです。


まずOP。

プリシラ追加~!
やっぱ可愛いよ、プリシラ可愛いですよ大好きです。
そして残念ながらジョシュアは消えなかったね(笑)


そして本編はなんなんでしょうね、もう。

熱い燃えバトルに微妙なバァンとウェンディの萌え関係、そして妖しい雰囲気に微妙なエロスまで含んだこのてんこ盛りな濃い本編でした、そういうところが大好きなんだけど。

まずバァンとウェンディ。

先週に引き続き、プリシラの名前をすぐ覚えてしまったことが面白くない様子のウェンディ。
こういうところが子供らしい可愛さと意地っ張りさとそれを隠せない素直さが表れててかわいいですねー。

そして周りの女性が綺麗に着飾ってる中で、一人だけ完全に旅用の動きやすい悪く言えば小汚い格好をしていることが恥ずかしく感じるところなんか一人前の女性らしいですね。

ツボだったのは食事の場面での借り物のドレスを着てきたウェンディに少し驚くバァンとの会話。
「(小汚い格好じゃこういうところには)場違いじゃない。」
「そうか?」
「…おかしい、かな?」
「おかしい」
「!?」
「あ、ああ、いい意味でおかしい」

こういうところを見ると、やっぱりバァンの方が大人なんだよなーと思わされちゃいますよね。
「いい意味でおかしい」っていう表現がものすごーく子供であるウェンディに対する鈍感だけど大人な男であるバァンらしい台詞でなんかすごく好きでした。


あ、あと飛行機に乗ったときに「人任せで空にいるのはちょっと」とずーっと足踏みしてたバァンが面白かった(笑)


そして飛行船の前にウーの鎧が現れ、バァンとの対決になる。

引渡し要求に応じようとしない飛行船に対し、「ならばその要求は許可しない」とのたまうウーが非常にバカっぽくて好きでした。(褒めてますよ)

一方のバァンも「おっはよう!俺が夜明けのバァンです!」
どっちもどっちです。


そこで印象深かったのは以下の台詞。

「常にゆとりを掲げ相手をきちんと見据えようとしない。
それはすなわち自分の命を正面から見たことが無いということだ」

「お前には到底不可能だろう。
何も恐れてはいないと心を欺き、一時の情念に自らの命を隠しごまかす奴には。」


どちらもウーがバァンに対して言った台詞です。

一時の情念とはつまり、エレナのことに関するカギ爪への復讐心ということですよね。

バァンは普段から飄々としています。
それは子供であるウェンディから見たら、大人の男の持つ余裕に見えるのかもしれない。

でも本当は?
少し意地っ張りなところもあるけれど自分の気持ちを隠しきれない子供であるウェンディ。
これは素直と見ることもできます。

バァンは?
自分の本当の部分を復讐心に燃える心で隠すことで、何かから逃げてるのかな?
エレナを失った哀しみや辛さから逃げてるのかな?

そして復讐心で自らを塗り固めてるうちは、
「感覚」とやらをもう一度掘り起こすことは出来ない、ということでしょうか?

(でも確かガドヴェド戦では、カギ爪を見つけたことで、パワーアップしてましたよねぇ。まあガドヴェドとウーは違うし、そのあたりは来週はっきりと分かるとは思いますが。)

あともうひとつ、気になったのはカギ爪の男の台詞。

「人には復讐とか手柄とかそういう心はもう必要ないのです。
自分のなすべきことをなすべきときに。
それだけで世界は美しく変わるのです。」



これはエレナの復讐に燃えるバァンとの対比のようにも思えました。


ウーの前に恐怖を抱き、そして敗北したバァン。
彼の心が来週どう変化していくのか、そして「感覚」を取り戻すことができるのか、注目ですね。


そしてそして。

ミハエル兄さん・・・!

あんた大人の階段を登ってしまうんですか(笑)
ファサリナさんの言い方が妙に色っぽくてドキドキしちゃいましたよ。
ファサリナさんがフレイに見えたのはここだけの話。
(ってかフレイの声は妹ですね;;)

なんかギャレット兄妹が心配で心配でたまりません。

改造とかされちゃわないですよねぇ、ミハエル兄さん…。
妹を泣かせんなよ。


あと予想通りプリシラとジョシュアが合流。
ジョシュアかわいいー。
この二人の旅路、ものすごーく心配。大丈夫?


○次回予告

初めて会ったとき、私にとってバァンはヒーローでした。
街を救ってくれたヒーローです。
そこから一緒に旅しているうちに、だんだんだらしないとことか見えてきたんですけど。
そしてあの夜、私の前にいたのは生身でむきだしのバァンでした。
私はそんな彼がとてもいとおしく見えたことを覚えています。



おー、こりゃ二人のやりとりに期待大っすね!
(ただしガンソードの次回予告はわざと大げさに書くからなあ・笑)


今週のED絵はウェンディ@おめかしverでした。


最後にラルクお姉さま~!!!!

(真綾さん出演のOVAのCMがやってまして。ラルクお姉さま大好きです!)

WJ感想~木嶋ゾーン発動中~ 

木嶋ゾーンってそれ反則!!



というわけでモテ王に全部持ってかれました(笑)
この漫画のいいところはジャンプ好き漫画好きアニメ好きに分かるパロディネタをふんだんに取り込んでくれるところですよね。

残念ながら私の中では、キラといえばキラ・ヤマトですしアルときたらエルリック弟なんですが(笑)
(先週くらいのネタですかね??)

男キャラのね、実はあんな漫画だけどかっこいいキャラ多くありません?
私はヤイコ会長に憧れてるあの少年が大好きっすよ。
シスコンもいれば勘違い男もいるし。
でも一番好きなのは、あの王子の側近ですね。かっこいいよ彼!
(名前忘れてる時点でどうなんだろう、とは思いますが;;)

いやー木嶋ゾーンは反則ですってそれ…!


・ワンピ

ウソップがふんだんに出てくるかと思ったら先週でひと段落でちょっと残念。
このシリーズで「三人目」が出てくるのか、それに要注目。

・アイシ

いいっすねー、アイシ!
アメフトって基本的にルールなどを知らない人が多いので構成が大変だと思うのですが、いつも明確にテーマが一つ決まってますよね。この前のシリーズなら、ランとキャッチだったように。
今回はキックですか、キック。
そして本物対決。
ここで一回り大きくなって欲しいものです、セナには。


・Dグレ

リナリー出撃!
これは、あれですか。
リナリー出撃→リナリーピンチ→所変わってアレン修行→アレン、リナリーピンチに気づく→アレン、イノセンス取り戻す→アレン、リナリーのピンチに登場!!みたいな王道パターン?
と思ったところで時間の流れとして無理があるか;;
まあ楽しみにしてますよ。
アレンが前にリナリーの涙とか思い出してなんか言ってた気がするので、そのあたりの伏線を利用してアレン復活まで進めるのかなーなんて考えたんですが。


・BLEACH

結局、一ルキなの?一織なの?
そればっかりが気になるBLEACH。

私はどちらかを選べといえば一ルキなんですが。
今週の二人とか良かったですよね。
なんというか、一護とルキアの関係は、一護と織姫の関係と少し違いますよね。
男の子と女の子してるのが一織、
そういうものはあまり無くて、なんというんでしょう、精神的な繋がりを感じさせるのが一護とルキア。

その違いが最終的にはどう描かれるのか。うーん、どっちなんだろ。

恋次はお前何しに言ったんだよ、浦原のところに。
ルキアとなんか埋め込まれてた玉のことを話に行ったのか。
個人的には思わず「ルキアを人間として生かす方法を相談しに行ったんじゃ」と思いましたが、逆にルキアに人間になられても嫌だなーと思ったのでこれは却下。

とにかくやっぱり一護とルキアのやりとりは好きです。

そして10番隊も大好きですよ。
隊長はどこに泊まるつもりなんでしょう。
乱菊さんも相変わらず乱菊さんで大好きですよー!!
(ギン戦には関わってくれますよね、乱菊さん!)

ガンソードトレーラー~ギャレット兄妹の行く末~ 


金曜日より、ガンソードの第一話&トレーラーの無料配信が始まりました。

第一話から見てない私にはすごーくありがたかったりしますvv


まだ第一話は見てないのですが、トレーラーのみ見ました。
結構上手くまとまってたと思いますね。

この時期に出してきた理由も少し分かりました。
この前の月曜日でおそらくOPEDに登場するキャラが全員出てきたんですよ。
それでやっと、バァン陣営vsカギ爪陣営の構図っぽく演出できるのでやりやすいんでしょうね。

ガドヴェドの姿を見て泣けてきちゃいましたよ・・・。


んでね、トレーラーではウェンディ&ミハエルの兄妹を印象的に使ってるなーと思いました。
OP曲が入る直前が、ウェンディとミハエルの再会場面。
そしてトレーラーの〆もやっぱりウェンディとミハエルでした。

この二人のこともしっかり描いてもらいたいですね。
なんかもうミハエルの声も慣れてきちゃえばこんなもんでしょ(苦笑)


ガンソード公式サイトはこちら

やってしまいました;; 


舞乙見逃した…


めちゃくちゃショックです…。
今クールで唯一楽しみにしていたアニメと言っても過言じゃないのに。

というかね、なぜか2:00開始だと思い込んでたんですよ。
そしたら1:40ってそれ…。
普通にビデオ録画予約して別のことしてる間に終わってたようです。
これならしっかり番組表確認しておくんだった…。

まあ2話から見ますよめげませんよ。
マシロ姫が楽しみです。シズルさんも見たいー。


来週からは同時間帯でTo heart2も開始。これは結構楽しみ。
こっちもPS…PS2とかに移植されてないかな。
というか調べてないから分かりませんが、2って全年齢対象なのかしら。なんかどっかのブログで祝To Heart2、18禁化って書かれてたのを見たような気がします。あとで調べてみましょう。

ちなみに昨日ARIA?女の子ばっかのアニメ見ました。
これがね、癒されるのよ。ちょっと驚きました。
毎週見たい!とまでは行きませんでしたが、余裕があったら見ようかなと思ってます。


最近、種のためにアニメ誌を買い始めた私。
今月はアニメージュとアニメディアを購入。
いや、だってシンルナファンだしね(笑)
今度、アニメ誌レビューもやってみようかしら。

ガンソード第十四話 スウィフトブラウニー 

ガンソード第十四話 スウィフトブラウニー

美味しそうなタイトルです;;
(関係ないんですがブラウニーといえば、私が高3のときに学校の文化祭に有志で喫茶店をやったんですよ。そのとき私はブラウニー係でした。結構大変でね、料理作る人は保健所の検査?みたいなのが必要で検便やったりして。電車通学だったんでものすごーく嫌だった記憶があります。高3で受験生なのに有志で文化祭参加、今ではいい思い出です。)


んでガンソード。

まずOP…ガドヴェドー!!!


ビックリしましたよ、なんで真っ黒なのさ。
死亡キャラは真っ黒になっていくのね…(涙)
当然敵キャラから一人二人と消えていきそうですが、あんな手前にいるミハエル兄さんもそのうち消えちゃうんですかねー。
あの憎たらしい目が見られなくなると思うと残念です。
(まだ死んでません)(というかウェンディとの兼ね合いで最終話まで残ってそうです;;でも一人二人と減らしていくっていうストーリー展開になるんでしょうかね)(来週ジョシュアが消えてるとかはないですよね・笑)


先週までの重い物語から一転、今週は軽めに楽しむお話でした。

まずプリシラ可愛すぎる…!

明らかに狙ってるキャラですが、
狙ってるなら素直に狙われるのが私の信条ですので問題ありません。
いいよ、かわいいよ、普通にかわいいよ…。


面白かったのはやっぱりジョシュアでしょうかね!
相変わらずいい味出してます。
そして決めるときには決める子だから恐ろしい子…!
(何度見ても先週のジョシュアはかっこよかったよー。兄さんの情けなさと合わせてジョシュアが大好きでございます。)


そして最後、あっさりプリシラちゃんの名前を覚えるバァン。
何ででしょうかねー。
たぶん、同じ鎧使いだからかな、なんて考えてますが。

そしてむくれるウェンディ(とカルメン)が可愛かったです。
そりゃ面白くないよねー。

あれ、まだ一回もウェンディの名前読んでないっけ、バァンは。
最終話とかで読んでくれたら泣いちゃいますよ、私。

いったんプリシラとは別れましたが(意外でした!)、OPのシルエットはプリシラのようですし、もう一回再会がありそうですね。もしかしたら入院中で残留してるジョシュアと一緒に登場もありえる?


そして来週は久々にバァンとウェンディの二人きりの話。
うーん、楽しみです。しかも大貫作画でございますよ!


あ、10/7から期間限定で第一話&トレーラーが無料配信されるようです。(メルマガより)私は一話を見逃してる途中参戦組なので非常に楽しみですvv


--------------------

その他アニメ感想など
つーか火曜日夜、見たいテレビが多すぎて困りました;;
ガキ使SP、世にも奇妙な物語、爆笑問題と見たいものが盛りだくさんでビデオフル稼働でした(笑)
爆笑問題については父がリビングで録画していたので、私はガキ使を録画、そして世にも奇妙な物語を見ようと思ったところで予想外に「赤い運命」を見てしまい、しかも面白かった(苦笑)
火サス的なチープさはあったかもしれませんが、でも、あの主役の女の子と殺人しちゃったお父さんの父子愛に完全に涙。こういうの駄目です、弱いです。しかも昼間にはセカンドチャンス再放送やってて(懐かしい…私が小学生の頃だよ、やってたの)、そこでも親子愛があった気がしたのでくそーって感じです。
っていうか本音言うと、玉木宏が好きなだけなんですが、ごめんなさい。


あとBLEACHSP見ましたよ。
OPED変わってましたねー。特にOPがよかったです。
やっぱりキャラが多いアニメってのは、適当にキャラを静止画で順々に映していくだけでも様になるのが強みですね。タイトルカット前の死神仲間入り乱れてのカットはカッコよかったです!
あと前期OPは恋次vs一護だった戦闘カットが今回は白哉vs一護になっててそれでも熱いと感じさせるところはやっぱり少年漫画なんですね。
結構、BLEACHはキャラモノって言われてるみたいですが、私の塾の生徒なんかも読んでて(中学生の男の子、いつも色々な単行本を塾に持ってきてる子なんですよ、電車で読んでるんだって)、やっぱり男の子にも人気なんでしょうね。
最後一護とルキアの2ショットだったのはちょっと切なかったですね。

じゃぱんは見忘れた…。かなりショック。非常にショック。
前も一時間SPのとき見逃したんだよなー、じゃぱんは。
じゃぱんは一時間SPやらないでくれ…!


ガラスの仮面もOPのみ見ました。
内容は私的には痛くて見られない部分なんで。
おそらくマヤが追放されるまでは当分本編見ません。かわいそうすぎるんだもん。

んでガラスの仮面新OP。
以前と結構雰囲気が変わりましたねー。
まず一言、亜弓さんなら走ってるマヤの横を素通りなんてしません!
いや、これはどうでもいいことか;;
速水社長が顔を見せず、車の中から紫のバラだけ差し出す場面はやっぱりよかったですねー。

今のところ、アニメは一年間と期間限定のようですが、
どこまで本編でやってくれるのかな。
半年で文庫版で9巻あたりまで進んだことを考えると、「忘れられた荒野」か「ふたりの王女」までだと思うのですが。
忘れられた荒野はわりと速水社長との恋の部分も取り上げられてましたが、物語的には「ふたりの王女」のマヤと亜弓さんの競演で締めた方がスッキリしそうですね。
どちらにしても物語的に紫のバラの人の謎解きは出来なそうですし。
オリジナルでこのあたりは進めるのかな。

そういえば新OP、里美さんはほとんど出てませんでしたね;;
桜小路君は出てたのに(笑)まーすぐ退場しちゃうから仕方ないか。
前も書きましたが、私はアニメ版の里美さんは許せません。
あんな髪型の里美さんは里美さんじゃねーよ!



新作では、まずクラスターエッジに挑戦、やっぱ駄目でした;;
私は女なのですが、どうしても男キャラばっかのアニメは無理。
というか一人でも女の子が出てたら話は別だったんだけど、とりあえずOP見る限りは一人もいないじゃん?無理だ…。

明日から始まるもののCMもありましたが逆にそれは完全に女キャラばっかなのよね…。
極端すぎるよ!

とりあえず舞乙は見るつもり、一話は。
舞-HiMEくらいの萌えと燃えのバランスのアニメが見たいものです。
今思えば本当に好きでした、舞HiME…。

あとTo Heart2も見る予定。キャラ全然知らないんだけど;;
っていうか舞乙と被ってるんだけど、これも1が好きだったんで。
(いや、さすがにPC版は未プレイですが。私はPS版のみやってます。)

WJ感想~ウソップ物語の布石~ 


WJ感想
相変わらず暫定版です。そして完全版にならないまま終わるんですが;;



・アイシールド

セナの正体明かしイベントってのはやっぱりセナのためだけのものではなく、まもりのためのものでもありました。

先週はセナサイドの正体明かしイベントが起こりましたが、
今週はまもり側が描かれました。

いつも自分が守っていたあの子が本当は強かった。
まもりは「少し考えれば分かりそうなものなのに」と呟いていましたが、どこかで気づきたくなかったのかもしれませんね。
セナにとってもう自分がいらないということに気づきたくなかった。

セナに早くしっかりした子になってほしいと願っていながら、
どこかでいつまでも頼りないセナでいてほしいと願っていたのかも。
うーん複雑な乙女心ですね。

でも丁寧なイベントになってて本当に大満足。
まもりの涙には私も涙してしまいましたよ。


そして、本当にセナ鈴ヒルまもになっちゃったんですねー、カップルは(涙)
私はセナとまもりが好きだったので残念。
覚悟はしてましたが(鈴音ちゃんが出てきたときからね)、でもやっぱり寂しいです。こればっかりは設定変更だと信じてます。

正直鈴音ちゃんが出てきたことで、正体明かしイベントのカタルシスが減少するんじゃないかと思ってましたが、でもやっぱり良かったです!


・ワンピース


きゃー、エルバフが出た!巨人巨人ー!!!

本当に尾田っちは小憎たらしいです!(褒め言葉)

ここでエルバフを出してくるという演出に泣きました・・・!

思えば私が本格的にウソップ好きになったリトルガーデン編。
(あ、私はワンピならウソップが一番好きなのですよ。というかもう全ての漫画キャラで一番好きと言っても過言じゃなくらい好き・苦笑)

あそこでウソップはエルバフの勇敢なる戦士2人と出会ったわけです。
そしていつか自分も彼らのいる島へ行きたいと夢見ていましたよね。

リトルガーデン編はウソップ編とも言っていいくらい、ウソップの夢(勇敢なる海の戦士になること)が取り上げられてて、最後には、今までのウソップのほら話が実は現実だったという、またもやグッとくるオチをつけてたわけです。

まるでそれは、ウソップのあまりに無謀な夢すらも実現できるのかもしれないという隠れたメッセージのようでもありました。


その、その巨人族と今また出会ったわけですよ!

ルフィ海賊団の一員としての自分に疑問を抱き離脱したウソップが、自分の夢の象徴である巨人族と出会った!
なんて素敵な運命でしょう。

ここからウソップはどうなるのかな。
このシリーズで自信を取り戻して復帰なのか、それとも巨人と一緒にエルバフかなんかに行って成長してからの復帰なのか。

うーん、俄然楽しみになってきましたよ!


・森田先生の新連載

とりあえず様子見です。
というかお笑いモノってハードルが高すぎでしょう;;

真綾さんのアルバム発売~ 

まずはこちら→[夕凪LOOP]

真綾さんの5thアルバム「夕凪LOOP」発売記念の特設ウェブサイトです!

ジャケットがね、すっごく神秘的で可愛いんですよー。
これは日光で撮ったみたいなことをラジオでおっしゃられてましたね。
早朝の撮影で前日から行ってたりして大変だったそうですよー。

でもものすごく綺麗でこりゃ楽しみですアルバム。

ただ一つ残念なのはコーラスが真綾さんオンリーじゃないことですね。
曲作りに携われた方々がみなさんご協力なさってるそうです。
うーん、私は真綾ソングの真綾さんっぷりが好きだったのでちょっと残念。(真綾さんの曲はほとんどが真綾さん一人で歌われてるんですよ。バックコーラスみたいなハモリ?の部分も。)

------------------------
音楽も視聴しました。
某真綾さんのファンサイトで管理人さんが「h-wonderが悪いんだ」と愚痴ってましたが、なるほどと視聴して思いました(苦笑)

今回のアルバムには何人かの方からの作品提供があるんですが、
h-wonderさん以外のお2人の曲はなかなかいいんですよ、これ。

特にNO FEARは真綾さんにぴったりの欝な曲で(褒め言葉)
改めて真綾さんには明るいポップな曲より、少し影のあるような切ない曲の方が合ってるんだなーと思いました。
いい曲でした。。。

菅野さんのプロデュースから離れて、結構心配してるファンも多いと思います。私もそうでした。
でも意外といい感じにまとまってそうです。
鈴木祥子さん、ファンになってしまいそう。。。
---------------------




今日から女の子週間突入でございます。
昨日の夜、寝るときに異常に腰が痛かったので、これは来るなーと思ってました。
私の場合、基本的に軽いのでほとんど問題ないのですが、
来る直前になると眠れないくらい腰痛があるんですよ。
でもおかげで備えておけるので便利な体だなーと我ながら感心感心。

ってか今回はすごくずっしりな女の子週間です。
体から血が抜けてく感じだ・・・。
(女性なら分かると思いますが、女の子週間も軽くあっさりなときと重くしっかりなときってありますよねー。)
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
09« 2005/10 »11

Benri-Navi

【月別アーカイブ】

 2005年10月 

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。