スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったー 

今月の電撃hpで「ビートのディシプリン」(ブギーポップの外伝)が終了なんですが、私はブギー読むためだけに買うには損だと思って買って無いのですが。

最後はビートと朝子ちゃんが良い感じになるらしい。
ほどほどな良い感じ。微妙に良い感じ。

いいねぇ!

ブギーポップは恋愛小説ではないので、(あたりまえです)
そういう描写は本当に淡白でさりげないものなのですが、だからこそいいのですよ。

正樹君と綺ちゃんだけは頑張って欲しいけど、他は淡白が一番。
匂わす程度。

やっぱり、ってことは以前にあった、「帰還と再会」は、
ビートと朝子ちゃんのことと考えていいんでしょうね。
2人の再会は妙に引っ張ってますしね。
ビートは朝子ちゃんに関してやっぱり動揺しすぎだと思いますが・・・。

------
(追記)
「帰還と再会」は微妙に違うっぽいという、雑誌読者さんの感想を読みました。
どうなるのか気になる・・・!
------

年末あたりまでにはもしかしたら最終巻が発売するかもしれません。
楽しみに待つことにします♪
スポンサーサイト

ブギーポップ紹介文 

ブギーポップとは・・・

都市伝説のひとつだとも言われている、女の子の間だけで有名な死神
・・・だったはずなんだけど、恐らく、最近はその設定はどこかに行ってしまった(笑)

まあ「世界の敵」と総称される種々様々な敵が起こす混乱を、
なんだかんだいって最後はブギーポップが世界の敵を倒して収束させる物語。

ブギーポップシリーズのポインツ

・毎回登場人物も舞台も変わる
・未だにメインストーリー、骨格は微妙に謎だったりする
・ブギーが敵を倒す話がメインじゃなく、その戦いから主人公達が何を得るかが一番メインな話だったりする
・最近はすっかりバトル系小説になりつつあるが、それはそれで面白い。

ブギーポップの登場人物

・ブギーポップ
とりあえず一番中核にいる人。
世界の敵を感知すると「自動的に」浮かび上がってくる不気味な泡のような死神。
マイスターシンガーと左右非対称な笑みが特徴。

・宮下藤花
ごく普通の女子高生にして、ブギーポップの受け皿。
本人は自分がブギーポップであることをまったく知らない。
でも試験当日にブギーポップになってしまい、うっかり入試をすっぽかしたりとさりげなくかわいそうな運命の持ち主。

・竹田啓司
宮下藤花の彼氏。
シリーズ第一作目の第一話の主人公なので、永遠の主人公扱い(笑)
彼は藤花=ブギーであることや、藤花にブギーとしての記憶がないことを知っている。
(というか、そのあたりの話が第一作目の第一話にあたる)

・霧間 凪
「炎の魔女」の異名を持つ謎の少女。
過去にブギーと因縁がある。
ブギー同様、「世界の敵」が現れるたびにその謎を解こうとする。
特殊能力は一切持たず、判断能力や戦闘能力に秀でた、ブギーと対を成す少女。

・末真 和子
ブギーシリーズ一番の「天才」にして、宮下藤花の親友。
異常なまでの知識量と肝の据わった判断能力を持つ。
だが、逆に優秀であることが今後の彼女の運命を変えていく。

・谷口 正樹
凪の義理の弟。(異父姉弟)
純情で真面目な少年である一方で、戦闘能力や判断能力は凪の弟として遜色ない力を持つ。

・織機 綺(カミール)
正樹の彼女。
統和機構の合成人間であったが、能力は低い。
そのためスプーキー・Eにいいようにパシられてた。
谷口正樹に出会うことで彼女の運命は変わっていく。
(正樹君と綺ちゃんの話が第二作目「イマジネーター」上下にあたります。)

・フォルテッシモ
統和機構に所属するMPLS。
「最強」として名高い戦闘能力を持つ。
だが、最近はもう一人の最強が現れたり、実は頭が弱いことが判明したり、ただの戦闘狂であるというのが一般的な考え方。
クレープなど甘いものが好物。

・リセット
統和機構に所属するMPLS。
「取り消し」という意味を持ち、FF同様「最強」として名高い。
FFより頭が良さげなカッコいいお姉さん。

・九連内 朱巳
統和機構に所属する少女。霧間凪とは良きライバル。
「レイン・オン・フライデイ」という特殊能力を持つとされてるが、真っ赤な嘘。
何の特殊能力も持っていない。
だが彼女の話術はシリーズ随一。
「中枢」に近い人物の一人。
本当に特殊能力を持っていないのか、本人すら気付いていない特殊能力を持っているのかはまだ謎である。

・柊(オキシジェン)
統和機構の「中枢」
運命の糸を手繰ることが出来るらしい。
現在は「中枢」の後継者探しをしている。

・ピートビード(世良 稔)
外伝的小説「ビートのディシプリン」の主人公。統和機構に所属する合成人間。
外伝ではあるが、もっぱら本編より面白いかもという噂。
2005/4現在、連載は終了してますが、私は雑誌の方を買っていないので・・・。

・飛鳥井 仁
現在隠遁生活まっしぐらな「提案者」
イマジネーターでその役割を終えたかと思われましたが、
ペパーミントを経て、ビートのディシプリンで見事復活。
「提案者」グループと呼ばれそうな、新たな第三勢力を組織している。

統和機構
敵なのか味方なのかすら分からない謎の組織。
国家などを超越した、世界の裏を握る存在らしい。
「中枢」と呼ばれるトップを中心とする。
様々な特殊能力を持つ合成人間を生み出すと同時に、
MPLSと呼ばれる一般人なのに特殊能力を持つ人間の保護と抹殺を主に行う。



シリーズ紹介
・ブギーポップは笑わない
記念すべきシリーズ第一作。
5話の短編で構成される小説だが、圧巻なのは、まるで関係のない五つの短編を読むことで初めて一つの物語が見えてくるという圧倒的な構成力。
ブギーポップと竹田くんの会話で癒され、濃ゆい愛を織り成す某カップルに驚こう。

・vsイマジネーター上下
第二作目は小さな恋のメロディを彷彿とさせる、ささやかな恋物語。
(絶対に解釈が間違っています。)
イマジネーターと飛鳥井仁の目指す世界に翻弄される少年少女の物語。
意外と今後の物語やシリーズの根幹に深く関わる人が多く登場している。

・パンドラ
あまりに曖昧な未来予知能力のある6人の少年少女の物語。
シリーズ最高傑作とも呼ばれる、感動の友情物語。

・歪曲王
「笑わない」の続編とも呼べる物語。
悔いの残った人々が、その悔いを黄金に変える歪曲王と出会うことで・・・。
悲しいかな、前半戦で活躍した新刻さん、最後の登場作品。(2005/4現在)

・夜明けのブギーポップ
炎の魔女に関する短編集。
笑わない同様、短編小説から構成される物語だが、やはり短編を読み解くことで明らかになる一つの物語。復活したあの構成。
凪がなぜ今、「正義の味方」顔負けの行動をしているのか。
ブギーと凪の因縁とは?凪は何故留年してるのか?
過去の事件が明らかに。

・ペパーミントの魔術師
悲しい失敗作の合成人間の話。
痛みを知るばかりで痛みを知ってもらえない哀れな合成人間。
彼の栄光と挫折、出会いと別れの物語。

・エンブリオ<浸蝕><炎生>
エンブリオと呼ばれる謎の物体を軸に構成される、最強とイナズマの物語。
記念すべきフォルテッシモ初登場のシリーズだが、
もうこの頃からヘタレっぷりを発揮してたんだなあ。
「イマジネーター」とブギーの因縁がだんだんと明らかになってくる物語。

・ハートレスレッド
傷物の赤、九連内朱巳と霧間凪の物語。
炎の魔女誕生秘話でもある。
九連内朱巳のあのギリギリだからこそのカッコよさは必見。

・ホーリー&ゴースト
ふとしたことで知り合ったホーリーとゴーストが伝説の犯罪者にのし上がる物語。
(違います)
様々なことに巻き込まれるばかりの二人がもがき苦しみながら見つける一つの希望とは?
読後感がすごく爽やかな、外伝的小説。

・ジンクスショップへようこそ
あまりに的を得たジンクスを売る店。
何故その店が生まれたのか。
四人の能力者の中に「敵」がいる。
オキシジェンの「後継者」など今後の展開に大いに関係してくる物語。

・ロストメビウス
全ての事象は結局自分に跳ね返ってくる。
強いのに弱い少年と弱いのに強い少女。
時間軸も力関係もあまりに滅茶苦茶な森の中でもがく2人の物語。
個人的には見所は正樹君と綺ちゃんの微笑ましさなのですが。

・ビートのディシプリン
「カーメン」の謎を追えという任務を受けたビートを待ち受ける数々のディシプリン(苦難)。
その過酷なディシプリンの果てに待ち受ける「カーメン」とは一体?
ブギーポップシリーズの登場人物も多数登場する外伝小説。
統和機構、ダイヤモンズ、提案者。
様々な勢力と思惑が入り混じって繰り広げられる物語は圧巻です。
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
03« 2005/04 »05

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。