スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007幻水2リプレイ日記9 

キャッチコピーでもあるセリフ
「その強さがあれば、全てを守れると思った。
 誰をも傷つけることのない
 やさしい世界が手にはいると思った・・・・」


幻水2終了!
今回は素直にベストEDに進みました。

国王EDの方がジョウイの台詞に深みがあるし話の筋も通ってるとは思うのですが!
やっぱり最後にはキャロの町で笑顔で両手いっぱい広げて出迎えてくれるナナミがいなくちゃすっきりしないんです、精神的に。

「水滸伝」の名を冠してる以上、幻水は戦争を扱うRPGです。
軍師が重要な役割を担うし、
各108星には軍役があります。(探偵で調べなくては分からないけど)

けれど私にとって幻水2は2主とジョウイとナナミの物語なのです。
彼らの絆の物語なのです。
だから最後には三人でいてほしいんだ。


レオンvsシュウ兄さんは痛みわけということで。
軍師自らが命をかけるなんて下策と言い切るレオン。
シュウ兄さんもそれは分かってるけれど、でも命をかけることに意義を見出せることもある。
それを教えたのはナナミ。
2主を庇って命を落としたナナミの姿がシュウ兄さんを突き動かした。
いいじゃないー!!

前日のアップルとのやりとりも好き。
「私じゃ力になれないんですか?」と聞くアップルがかわいい。
私はアップルにはシュウ兄さんが一番合うと思ってたんだけどなあ。
まさかこれから15年の間にシーナと結婚して離婚までしてるとは衝撃でした(笑)

クライブイベントも滞りなく終了。
「光栄だね・・・・ぼうや・・・・・
 でもね・・・・
 もう、あんたには・・・・
 つかまえられないよ・・・・」

エルザかっこいい!
クライブには手も足も出せない場所へと。
そこは天国か地獄かは分からないけれど。
もういつまでも追いつくことのできないところへ旅立つエルザ。
こういう含みのある表現、上手いなー。

ルルノイエももう迷うことなく進めますぞ。

ゲンカクの親友ハーンとの一騎打ち!
「ゲンカク・・・・・
 やっと、わしも休めそうだぞ・・・・・」

ハーンはゲンカクの子供で輝く盾の継承者である2主に倒されて本望だったのでしょう。

シード・クルガンとも戦います。
「クルガン・・・・おれは楽しかったぜ・・・・・
 この国のことを想い・・・未来を想い・・・・
 ぞんぶんに戦った・・・・・・・」

信じる国や人が違っただけなんですよね。
彼らは彼らでハイランドを愛した、それは都市同盟の人間が都市同盟の土地や人々を愛したように。

ジョウイはピリカとジルを逃がしてます。
「別れをいやがるのではなく・・・・
 共にすごせる時を大切にするんだ。」

お前はいくつなんだよ(笑)
ジョウイは悟りすぎだよなー。

ラスボスを倒し、
本拠地大広間で大統領就任を断りいざ約束の地へ!
その前に熊さんと青い人から一言。
「多くの人間の想いをその身に受けている。
 だから、おまえは務めを
 はたさなくちゃいけないんだ。」

さすがオデッサの恋人だけあると思わせる台詞(笑)
「行かせてやんな・・・・フリック。
 必要なんだよ・・・・・それが・・・・・
 でもな・・・・***。
 忘れるなよ。
 おまえには、帰る家があるってことを・・・」

熊さんは最高の兄貴キャラでした!!!
でもすみません、2主にとって帰る家はナナミのところなのよ。
「あの子に帰る場所がなかったらかわいそうでしょ?そうでしょ?」
ナナミはそう言ってたのよねえ。

約束の地でジョウイと再会!
今ではきちんと約束の地までいけますが、昔は峠で迷ったものです。
キャロから入ってなぜかミューズ側に抜けてしまってたり(笑)

幻水2のキャッチコピー「その強さが」云々を聞きつつ感動のEDへ!
ジョウイとのラストバトルでの音楽がまたいい。

このゲームが大好きだと実感するリプレイでした!
今回は特に台詞に注目しながらプレイしました。
プレイ日記の頭の方で書いている通り私はまったく村山氏にこだわるつもりはないしこだわるのはアホらしいとすら思ってますが、この台詞回しだけは何にも変えがたい魅力があったなーとしみじみと思います。

今度は108星まとめ書きたいなー。


クライブイベント制覇 ジルも戦争に振り回された女性だよなあ テレーズとルシアはいい友人になりそうです
スポンサーサイト

2007幻水2リプレイ日記8 

最高のお姉ちゃんです

「で、でもね・・・・
 ちょっとだけ・・おねがい・・・・・・
 お、お姉ちゃん・・・・って呼んで・・・・」


ロックアックス解放でございます。

ナーナーミー!!!
何度プレイしてもナナミの言葉にこみ上げてくるものがあります。
やっといつものジョウイに戻ったとつぶやくところ。
ケンカしちゃだめとお姉さんぶるところ。
そしてみんなと出会えてよかったと言い残して事切れるところ。
どれもこれももうねー!!!

ロックアックス解放前に広間で全員集合する場面。
ここでキバ将軍が、
「わしの命はすでにあなたにあずけてある。
 思う存分、お使いくだされ。
 はははははははははは。」

っていう場面があるのですが…笑えないよ!!!!
キバ将軍の潔さが憎らしい…もっと生きることに未練を見せてもいいのに。
それだけ2主がリーダーとして期待されている証拠で、
ゲオルグとの約束でもありましたが、
2主ができることといったら最後まで戦い続けること、もう逃げないこと。
それに尽きるんだろうなあ。

ナナミ治療中・治療後の本拠地台詞は印象に残るものが多い。
「多くの悲しみが人生にはあるさ。
 そいつから逃げるってわけじゃないさ。
 受け取って、それからどうするか
 考えるんだ。わかるな。」(ゲオルグ)

「ふむ・・・・・・死す者には・・・
 死す者の・・・・・・・・
 不死たる者には、不死たる者の
 悲しさがあるのじゃ・・・・・・・」(シエラ)

「さすがのおれも・・・・・・"死"からは
 逃げ切れない・・・・・・・・・・・」(スタリオン)

「人はみな・・・・・・・そいつと
 むきあわなくちゃいけない・・・・・・・・
 "別れ"をかなしんでも、
 "死"をかなしまないことだ・・・・・」(ローレライ)


ローレライは偶然の一致ですが、
5のリオン負傷時には「こういうときにかける言葉が分からない」と言っていたのに、2ではきちんと言葉を紡いでいていいなーと思いました。
全員分書き出したいくらいでした。一人一人聞いてまわりました。
アレックスの「よく来た、うんよく来た」も何気にあったかいなーと思いましたね。

ジーンさんが「いつでも私のところにいらっしゃい、胸をかしてあげるから」と言ってくれた気がしたけど勘違いだったということをプレイ日記で書きましたが。
今回一人一人きちんと聞いてまわったおかげで分かったことがございます。
リィナがその台詞を言ってました、イメージ的にジーンさんと勘違いしてたわけです。ちょっとすっきり。

さて、ナナミ関係セリフ収集のために本拠地をめぐっていたら・・・
また黒いところに出ちゃった
またバグに遭遇(笑)今回は道場です。
医務室に通じる右側の扉から出ようとしたらなぜかこの状態に…。
これも今回初めて体験しました。ディスクの調子が悪かったのかな?

キバ将軍

ついついナナミにばかり気を取られがちですが、
ロックアックス解放戦ではキバ将軍のことを決して忘れてはなりません。

シュウ兄さんも忘れちゃいかん。
「一つはこのまま何もせず、ただ敗れ去る道。
 これはた易き道なれど隷従です。
 もう一つは、人々のために戦い勝利を得る道。
 これはイバラの道なれど王道です。」

こういう台詞回しが好きなんです。
幻水2の魅力はこのセリフによるところも大きい気がします。

2007幻水2リプレイ日記7 

テレーズ

グリンヒル解放でございます!

グリンヒル市民のテレーズ好きっぷりはすごいといつも思うんだ(笑)
志は素晴らしい人だけれど経験不足な感も否めない方ですが、
グリンヒル市民は志だけで彼女を評価してる。
同じ街に生まれた同族意識もあるのかもしれません。
そういうグリンヒルの雰囲気が私は好きだー!

ジョウイはここでもまだ「逃げてくれ」と言ってくるんですよねえ。
もうお互いに道が分かれてしまったことは気づいてるけれど、
それでも2主とナナミには戦いとは無縁のところで一般市民として生きてもらいたいっていうジョウイの友情。
レックナート様もさ、最初に「はじまりの紋章」の宿命を教えとけばいいのに(笑)

ルシアは3とのギャップがすごいよなあ。
この頃はまだ10代の女の子だから当たり前だけれども。
頑固者っぽいところは3と通じるものがありますが、やっぱり子供を持つと女は変わるのでしょうかねえ。

話は前後しますがグリンヒル解放前夜。
青い人は見た目だけではなく心も青い。
でも確かにオデッサは立派は女性でした。
むしろ1ならフリックよりオデッサの方が坊ちゃんに大きな影響を与えましたよね(笑)フリックはオデッサオデッサうるさい人くらいな印象しか…。
ゲンゲン隊長はかっこいい。
ツァイ親子は何気に重いぞ(笑)

さて、グリンヒル解放後はアップルの提案でミューズまで遠征。
「虚に実あり、実に虚ありだ・・・・」
シュウ兄さんはミューズに罠が張られてることに気づいてるのです。
何でもお見通し。

敗走後、最後の仲間集め。ここで108人集めねば!
というわけで各地をめぐりましたよ!
一部ダンジョンの奥まったところにいて激しく面倒な人もいますが(笑)

そうそう、大魔法使い様を迎えにティント坑道を潜ってたら…

最初は隠し通路があると思った…

よく分からないバグ発生。
適当に動かしてたらマップの周りの黒いところに出ちゃいました。
1のクロウリーを仲間にするときは黒い部分に隠し通路があったので、
今回も実は隠し通路があったのか!?と思ったらそういうわけでもないようで。
調べてみたところ頻発バグのようです。
私自身は今回初めて体験しましたが。

とりあえず各地めぐって108星コンプリートです!
次はロックアックス解放です。

まだ逃げろと言ってくれるジョウイの友情が切ない 全てお見通しなシュウ兄さん ルシアは変わった

2007幻水2リプレイ日記6 

平手打ちは色んな意味で効きました…

ティント編です。
見てお分かりの通り、逃亡ルートを選択しました。
リーダーとしては無責任すぎる選択ではありますがやっぱりこっちの方がナナミの優しさが光っていて好きなのです。外せません。

「***が戦わなきゃいけない
 理由なんかないよ・・・
 戦って、傷ついて、武器をふるって、人を殺めて、
 そんなことをする理由はないよ。
 どうして?どうして***なの?
 もっとふさわしい人がいるじゃない!
 ビクトールさんや、フリックさんや、シュウさんや
 リドリー将軍や、フリードさんや・・・・・」

「いいの!!
 ***はわたしが守るの!!!
 ゲンカクじいちゃんと約束したんだもん。
 わたしが・・・・わたしが・・・・・・・・」


本当にいいお姉ちゃんだよー!!!
2主のことしか考えてないけど家族ってそういうものでしょ?

ナナミ、ビクトール、シュウ、ゲオルグ、ジョウイあたりが印象的な台詞を多く残すキャラだと思うのですよ。
ジョウイを除く4人が逃亡ルートではそれぞれ味のある台詞を残すから憎らしい。
幻水2の台詞回しは本当にいい。

「おれは、多くの場所で多くのものを見た。
 全てをささげようと思った女性もいたし、
 かけがえのない相手と思った友もいた。
 真義と約束、そのために生きてきた。
 しかしなぁ、少年。
 時がすぎれば、すべては雲のように流れ去る。
 今は、これ以外ないと思えても
 それにとらわれる必要はないさ。
 義務感におされるのではなく、
 少年、おまえ自身の想う道をたどるべきだろうな。」


たったこれだけの台詞であまりにもインパクトを与えてくれたゲオルグ。
台詞の大切さを思い知らされた瞬間です。


ビクトールに励まされ、打倒ネクロードです!

昔はティント坑道で迷いまくってたわけですが、
もうすっかり道も覚え、さらさらっと抜けられました。
あ、メンバーにはスタリオン&ルックを。
スタリオンは逃亡要員。(クライブイベントもやっとります)
ルックは合間に回復なしのボス戦が2回あるので紋章要員です。
ネクロードには破魔がよく効きます。

幻水3漫画版の一巻が長らく行方不明だったのですが、
つい先日の大掃除で一巻を発見。
久々に読み返してみると…リリィお嬢様が大暴れしてました(笑)
(しかし幻水3漫画版のクオリティの高さは異常、一巻の濃さといったらもう!そのうち漫画版も一巻ずつ感想をつけていこうと思ってます)

2の頃からこの片鱗を見せてるような・・・?

キバ将軍に本拠地で話しかけるとこんな台詞が。
「敗軍の将に命はなきもの。
 すでになき命、あなたのために
 使いましょうぞ。」

今後の展開を思うと切なく響く台詞です…。
素晴らしい将軍ですよ、本当に。

現在は本拠地に戻りシーナを同行者にいれたところ。
これからグリンヒル解放に向かいますよー!

ゲオルグー!!! ナナミは優しすぎる 将軍ほんとうにすみません

2007幻水2リプレイ日記5 

最高の名悪役

「きさまらは千人でおれを殺したが、
 おれは一人で、その何倍も、
 きさまらの同胞を殺した!!!!

 おれは!!!
 おれが想うまま、おれが望むまま!!!!
 邪悪であったぞ!!!!!!!!」


ルカ様はやっぱりかっこいい!
自分の悪さを他のもののせいにしない清清しさがあります。
一応父親と母親の件で歪んだという設定こそありますが、
でもルカ様は自分の心の想うまま悪行を尽くした、なんとも天晴れな名悪役。

あと人間のままってのもいいですよね。
悪役にはモンスターと融合したり訳分からない力があったりするものも多いですが、ルカ様は生身の人間であり続けた。
そして誰よりも強かった。
もう完敗っす。

どんな作品においても「悪役」って大切なんだろうな。
倒したいと思う目標があるほど引き込まれるし倒したときの喜びはひとしおになる。

こちらが同情したくなるようなそんな敵も時には必要でしょう。
でも同情の余地もない悪役だからこその存在感がルカ様にはありました。

ルカとの戦争イベントでのキバ将軍が何気にかっこいい。

「アガレスさま、
 いや自分の父をその手にかけた
 貴様が何を言う!!!
 片腹痛いぞ!!!!!小僧!!!!」


ルカ様を「小僧」と言えるのはキバ将軍くらいです(笑)


坊ちゃんイベントもこなしました!
クレオに会えただけでもう満足。
私、1のキャラならかーなーりクレオが好き。
というかお役立ちキャラでした。
初期メンバーであることに加え、Lレンジで魔法もそこそこ使えるので回復役にもってこいのキャラクターでした。一時離脱のときは本当にショックだった。

話が逸れた。
あとグレッグミンスターではソニアの日記で切なくなる。
未だにテオを想い続けてるソニア、あんた一途すぎます。

その後は仲間集めをしつつ和平交渉。

幼いピリカまで利用して怒るナナミ。
2主を守るためならなんでもやってやる言わんばかりのシュウ。

ナナミはあくまで女の子で、あくまで2主のお姉さんとしてこの場にいるんだということを改めて教えてくれる部分です。
彼女には同盟軍に所属する兵士の一人としての自覚なんてまるでありません。
それでいいと思うんだ、ナナミは。
そういうキャラだから私はナナミが好きなのです。

さー次はティントです!
憎いネクロードを倒してやりましょー!!

シュウ兄さん グレミオー! ヒロインといえばカスミ

2007幻水2リプレイ日記4 



フリードがかっこいいのはこの辺だと思うんだ。
トランと都市同盟はもともとはあまりいい関係ではなかったわけで、
サウスウィンドウのお役人フリードはトランとの同盟に最初こそ否定的でしたが、都市同盟の勝利のため、個人の感情を捨てる。
いい奴です。

トランに行ってきましたよー!
やっぱりグレッグミンスターの音楽は好きだなあ!
幻水シリーズの街の音楽ならグレッグミンスターが一番好き。
あれがこのシリーズの世界観を形作ってると思うんですよね。
西洋風というよりは東洋風な曲というかなんというか。

トランとの同盟の後はルカ戦なわけですが、
ここが一番面倒なところ(笑)
ルカ戦対策のため、ひたすらレベル上げでございます。
18人の精鋭たちを引き連れてバナーと本拠地の往復の日々です。

めちゃくちゃ時間かかるし面倒だけど、
話自体は進んでないからプレイ日記として書くべきことは特にない。
なんて空しいんでしょう…。

レベル上げが終わると、ルカ戦ですっ!
その前にまずはリドリー将軍救出作戦。
今回もなななんと!救出成功でございまーす。

リドリー

でも将軍ごめんなさい。
ワタクシ、ティントでは逃亡ルートを選ぶつもりなのです。

仲間集めもなかなか順調。
毎度面倒なゴードンですが、今回はなんとこもんじょを二つGETできまして。光るたまとしおも利用してあっさりと規定金額稼げちゃいました。
ゴードンを仲間にし、その息子から「せいじのつぼ」を買っておきました。これで鑑定屋も仲間にできます。現在ラダトは占領中なんでしばらくの間お預けですが。

さーこれからルカ戦です。燃える!!


バレリアすまん キバ将軍は素晴らしい将軍なのです

2007幻水2リプレイ日記3 

いい市長だと思いますよ

グリンヒル&ロックアックス編終了~。

グリンヒルでは何気にニナも熱い。
フリックを追いかける恋する暴走娘の印象が強いのですが、
実はテレーズをかくまう手伝いをしていたことが判明、
テレーズがピンチに陥ったらフリックのことそっちのけでテレーズ救出に一生懸命になる、いい子じゃないですか!

「みんながよろこぶとでも思っているんですか?
 テレーズさん。
 みんながあなたを信じて戦ったように、
 あなたも、みんなを信じてください。

 みんな、みんな、あの戦いで…
 傷ついたんです!!!
 あの負けで…
 自分たちの手でグリンヒルを敗北にみちびいた…
 あの戦いで…

 それなのに、あなたを王国兵に引き渡したら
 グリンヒルの市民はもう一度、
 傷つかなければならないのですよ!!

 戦いに負けて、この街を失っても
 本当に失っちゃいけないことがあるのよ!!!
 それを失わせないで…ください…
 おねがい…テレーズさん……」


投降しようとするテレーズを説得するニナの台詞。
好きだな~。

グリンヒル編はハイランドにグリンヒルを奪われてしまいますが、
なんとなく「試合に負けて勝負に勝った」気分というかなんというか。
テレーズの志、それに応えるニナたち市民の想い。
いいエピソードでした。

このグリンヒル編に打って変わって騎士団領ロックアックス編では憎きゴルドーの登場です。
例えばルカ様は残虐非道ですが究極の悪役としてかっこよさすら感じます。
敵将も概ね、敵ながらかっこいい人が多いです。
ラウド隊長は小者だし途中でフェードアウトしちゃうし。

というわけで、ゴルドーが敵キャラの中では一番の嫌われ者な気がする(笑)
漁夫の利を狙う器の小ささに付け加えて、終盤のロックアックスでこのおっさんはしちゃいけないことをしちゃったからねえ。
あのおかげで(あのせいで?)二割増で恨んでますよ、私は。

ロックアックスで同じベッドで眠る主人公とナナミがかわいいな~といつも思ってます。姉弟だから問題はないのか(笑)

ついつい青い騎士にばかり目がいってしまいますが、
赤い騎士も素敵なのであります。

「騎士の名はなくとも、
 われらには剣の技と心があります。
 必ずや、あなたの力となりましょう。」


というわけでやっぱりロックアックスと協力を結ぶことはできませんでしたが騎士を仲間にして本拠地へ帰還!

これからキバ・クラウス親子との対決を経て、トランとの同盟交渉に入ります!


 

2007幻水リプレイ日記2 

頑張れアップル

「でも必要なら
 わたしのちっぽけなプライドなんかすてられます。
 それがわたしが
 マッシュ先生から受けた教えです」


2のアップルもなかなか好きなのです。
シュウ兄さんを仲間にするときのくだりが文句なしに好きだから。
目的を果たすためなら人前で土下座だってする、いい娘じゃないですか。

トゥーリバー防衛戦終了。

防衛戦ではチャコやリドリー将軍がかっこいいのよね。
種族が違おうとも、街を愛する気持ちはみんな一緒。
この街で育って、この街を愛しているから、この街を守りたい。
それは当たり前の感情。
アナベルさんも言ってました、生まれ育った街を守りたいのは当たり前のことだ、と。

やっぱり幻水はこういう物語なんだな~と改めて実感。
誰もが愛する土地を守るために戦っている、その姿を描いてる作品なのだ、と。

キバ・クラウス親子も現実を見据えてる将軍・軍師です。
運などではなく、人を導きまとめあげる力があったのだ、と、
2主やトゥーリバーの結束を認めています。

台詞も上手い。
私は村山氏にこだわるつもりは毛頭ございませんが、
時々、これが村山節かなって感じることはあります。

「この地を失って、どこへ行ける?
 この地を去って、生きていけというのか?
 われらの街を守るんだ!!! 」


リドリー将軍の台詞。
こういう台詞回しが好きなのです。
台詞の書き方も大切なんだな~と思います。


もちろん忘れちゃならないのは探偵!
リッチモンドかっこいいよ。
「仕事はパーフェクトに」…本当にありがとうございます。

主人公がリーダーになっていく中で、
ナナミだけが物言いたそうにしてるのもいい。
彼女だけは、なんで2主がリーダーにならなくちゃいけないのか、納得できない。
なんで、自分の弟が危険な大役を果たさねばならないのか。
しかも都市同盟は彼らの育った場所ではない。
そんな場所のために、なんで2主が命を賭けなくてはならないのか。

ナナミは世界平和とか土地の平和とかそんなことより、
自分の弟の幸せと平穏を願ってるのです。
ナナミにとっては、2主>世界なのです。

ナナミのこの家族としての愛情が私はとっても好きです。
彼女だけは、一個人として、弟として、常に2主のことを心配してくれてるから。


コボルト村でこもんじょをGET!
サウスウィンドウでは光るたまをGET。
ゴードンは本当に面倒くさい奴なんです。

ゲンカクの過去話で流れる音楽は本当に素晴らしい。
10周目(推定)くらいにしてトゥーリバーのウイング地区ではティント地域の街のメロディも入ってることに気づく。彼らはティントから移住してきた種族だから、ですよね。細かいな。


さーこれからグリンヒル潜入編!


リドリー将軍は渋カワイイ 探偵さん粋すぎるだろ… 敬語タメ口交じりの変なシュウ

2007幻水2リプレイ日記1 

ルカ様の名言


幻水2リプレイを開始!
ここ数日で結構進みまして、今はシュウ兄さんを仲間にしようというところ。
小粋な探偵の活躍が楽しみっす。

年に一回はリプレイしてる幻水2ですが今年はまだ一度もやってなかったと思い、ここらでやっとことうと始めました。

展開は全て分かってるけれど!
何度やっても面白いんだ、これが。

ルカ様の悪役っぷりにはしびれますし、
ナナミのお姉ちゃんっぷりには癒されますし、
ジョウイの幼なじみっぷりには複雑な心境になります。

幼なじみで親友同士の二人が戦う―…

どっかで見たことあるようなシチュエーション、
定番の構図。
私の中では親友、幼なじみ、戦う二人といえば2主とジョウイなのであります!

ナナミの優しさに何度救われたことか ジョウイもいい奴なのよ 熊さんの台詞は熱いものが多い
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
09« 2004/10 »11

Benri-Navi

benri-navi by myhurt

もうひとつのブログ

SUZUKISM
漫画・ゲームの話題はこっちでもちょこちょこ書いてます。
使いわけの境界線は非常に曖昧ですが。

ブログ内検索

スワローズガジェット

野球用ブクマ

野球用ブックマーク

石川投手登板カレンダー

3月・4月
     2829
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
5月
    123
4578910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
8月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
9月・10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011
12      
■…勝利 ■…敗戦 ■…勝ち負けつかず ■…雨天中止 ■…中継ぎ登板

プロフィール

スズキアイアイ

Author:スズキアイアイ
テレビ(ジャンル不問)感想中心ブログです。時々ゲームブログになります。
カテゴリ分けが大雑把なのでブログ内検索もご利用ください。
コメント・TBは現在承認制にしています。
坂本真綾と内村プロデュースと環境野郎Dチームは永久に不滅です。

プロフィールはこちら
(2007/10版)
TB・コメントについての注意事項
(基本的にTBコメントどちらも自由にしていってくださって構いません!)
サブblog
(漫画の話とかはこっちでどぞ!)

☆2011観戦成績☆

○05/03(vsD)
○05/04(vsD)
●05/05(vsD)
○05/15(vsB)
○05/26(vsBs)
○06/05(vsE)
○06/14(vsL)
●06/19(vsM)
●06/26(vsB)
○07/13(vsD)
○07/15(vsG)
△07/18(vsB)
●07/28(vsC)
--07/30(vsG)
--08/12(vsT)
--08/13(vsT)

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

雨が降る

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

TemplateDesignChange

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。